小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 先週(27日・28日)と交流競走(1日)の結果

<<   作成日時 : 2007/02/01 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

最近は流れが良い方に向かっている。

昨年中旬頃から馬の状態については少しずつ手応えを感じてきていたのだが、いまひとつ数字に結びついていなかった。

今は流れが向いてきている手応えを感じる。勝負事には流れが必要だ。流れを止めずに今週以降もしっかりとやって行きたい。



27日(土)

◎東京2R ティンバーセブン D2100m 1着

 今年の中央競馬での初勝利。馬主さんにとっても記念すべき初めての勝利となった。
今回の勝利は一頭の馬が犠牲になって、その他にも複数の馬や人が痛い思いをした結果で手にすることができたのだから正直複雑だ。

でもティンバーセブンが頑張ったから手にすることができたのも間違いない事実。まずはティンバーセブンを褒めてあげたい。

スタート後のペースが思った以上に速くて逃げることはできなかった。正面スタンド前でジョッキーが逃げることをあきらめて好位をキープした時は『あ〜やっぱり行けないか・・・』と渋い思いだったが向う正面で第2グループの先頭を楽に走っている姿を見て『上手く走れているな』と少し気持ちは落ち着いた。

3〜4コーナ−で外から人気馬が上がってきた時に吉田豊Jは『付いていかなければ』と頑張ったらしいのだが馬也であっさりと交わされた。

それでもティンバーセブンと吉田豊Jは諦めずに長い直線をジリジリと追い上げてゴール前は2着は確実という態勢になってくれた。

そこで起こったアクシデント。
大差で、馬也で、流している状態で・・・起こるはずの無いアクシデントだと思う。
この仕事をしていると多かれ少なかれ経験する、めぐり合ってしまう悲しい出来事がそこで起こった。

今回はティンバーセブンが勝ちを得る結果となったが、いつ自分が当事者になるかわからない。『あー楽勝だ、良かったー』なんて思いはなかなかできることではない。その状態からいきなり地獄に落とされる。その関係者の人達も同じサークルで毎日のように顔を合わせて挨拶をして同じように頑張っている人達だ。

レースはいつも勝者と敗者がいるのは事実。でも少なくとも勝者も敗者も無事であってほしいというのが皆の願いだろう。

ティンバーセブンも直線でジョッキーはもう少し内側に寄せて併せる形にしようと思ったらしい。でもきちんと伸びていたのと広い所で走らそうとの判断で無理に寄せなかった。運があったのだ。

ティンバー自身もアクシデントを目の前で見てビックリしていたらしい。今後は気持ちのケアも必要かもしれない。

距離が伸びたのは間違いなく良かった。ジョッキーは『しっかりしてくれば芝でも良い気がするがいずれにしても距離は長いほうが良い』と言ってくれた。
クラスが上がるとダートの長距離が無いので芝を選択しなければならないかもしれない。

ソエが有るので慎重な判断が必要だが3戦目での初勝利。無念な思いをした馬や人達のためにも今回の勝利は無駄にしないようにしなければならない。





28日(日)


◎東京1R エアソワレ 牝D1300m 4着

 もう少しで優先出走権の3着。残念だったが未勝利で勝負になるだけの力を確認できたので安心した。前走がほとんど追わなかったとはいえ案外。レース後のジョッキーのコメントも芳しくなかったので今回のレースは厩舎でも『本当の力は?』という思いで臨んだレース。

前半に行きたがっていたのは好スタートから良い位置を得るために気合を付けたためらしい。
ずっと前が狭くて出るに出れないような感じだったので『開けば出られる脚があったのか?』とジョッキーに聞いたが『ちょっと抜け出すには苦しかったかも・・・』と。

それよりも前半に気合を付けないでスムーズに流れれば1800m位まで距離が持つのではないかと感じたようだ。血統的にいきなりの大幅な距離延長は疑問だが今後はその点にも留意をしておきたい。

パドック、返し馬、全てに予想以上に落ち着いていた。
今後は短い休養を挟む予定でいたが『左回りが合う』というジョッキーのコメント。
『今日はスムーズなレースだったからあまり疲れていないと思いますよ』という話を信じて、もう一回府中での出走を考えている。

でもきちんとレースをしてきたおかげでレースから帰ってきたソワレの表情は前走よりも一生懸命走ったものだった。
せっかく未勝利で通じるところを見せてくれたのだから来週以降の状態を慎重に判断しながら次走予定をたてて行きたい。


◎東京2R プークン D1400m 10着

 現時点では左回りがダメらしい。
元々少し左に頸を傾げる走法。左回りでは右の肩から外に逃げるような格好になってしまい終始修正しながらのレース。結局ちゃんと追えたのは直線だけだった。

外に逃げる格好になって走っている間は修正しなければならないこともあってハミが掛かりっぱなしになる。そんな状態だから後方から行っていても直線での余力も残らない。
その割にはジリジリ伸びていたとは思うが殆どレースにならなかった。

もっと体質が強化されてくれば走りのバランスも良くなるが今のところは右回りの方が良さそうだ。

咽喉はレース中は鳴らなかったらしいが止めにはいってからは前回より酷かったらしい。
レース振りからもう少し距離が有っても良いかなと思ったが咽喉の事もあって吉田隼Jは『今のところは1600mくらいが限界だと思う』と言っていた。
レース中には鳴らないので良いのだが『止め際の酷さを考えると距離を延ばせばレース中に鳴るかも・・・』と言うのだ。芝も試してみたいとの事。

そんな訳で今の所は右回り芝1600mが最善のレースのようだ。



◎東京7R サンデーコバン D1600m 2着

 惜しい!!
予想以上、想像以上の走り・・・いや予想していた通りの走りかな・・・?

前走後に疲れから休養に入ったが、その機会を利用して以前から気になっていた頭の高い走法と直線で抜け出してからフワッとする気性の改善に時間を掛けた。

門別の加藤ステーブルに宮崎県で乗馬クラブをやっているカウボーイの宮田さんという人が月一回くらいのペースでやってきて、若いスタッフ達と癖馬の矯正や走法の改善を施しているのを知った。

直ぐにピンときたのがサンデーコバン。そんな訳でお願いしたのだが直ぐにコバンの癖を見抜いて的確な施しをしてくれた。

頸に余計な筋肉が付いていたのも原因だったのでそれを取ってからの改善。もちろんそれなりに時間も掛かった。本当は昨年末には帰厩して復帰の予定だったのだが走法を変えた事で飛節への負担が以前より増したようで熱感と腫れが出て少し楽をさせなければならなくなり復帰が遅れた。

以前に比べて変わったところは悪い事をしなくなったというところ。とにかく我慢強くなった気がする。乗り手を落とす事もあったのだが、そういった子供っぽさが無くなった。

それと、力んで走らなくなった事も素晴らしい。フワッと走れる分だけ無駄なエネルギーを使わずに済むので終いの余力も充分残っている。

ただ、走法が100パーセント改善したわけではなくレースできちんとした結果を出せるかも走ってみなければ判らない。さんざん馬主さんを待たせておいて結果が悪ければ悲惨な事になる。

力んで走らなくなった分1600mという距離に不安はあった。短いと思っていた。
目標は東京3週目のD2100m、今回はその前のひと叩きになるかも・・・。
ところがそんな不安は全て解消する走り。

スタートの悪さは久々と癖(?)のようなものなのでしょうがない。
道中の走りは予想通り。前を行く馬がフラフラしていたので何度か引っ張る場面もあり、外に出したくてもなかなか出せず結局内でずっと我慢。追ったのは正味50mくらいか?

それでも馬也で上がってきた手応え、抜け出す指示を待つ姿勢と気持ち、そして反応、ケチのつけようが無かった。

D1600mでこれだけの内容ある競馬ができれば文句は無し。
今回内容があるレースができた事で予定変更。次走も再びD1600mになった。

次走はキッチリ勝って欲しい。
行く行くは上のクラスで安定した成績を残せそうだし距離が伸びても良いはず。
もちろん芝のレースも試して見たい。

とにかく今後が楽しみになってきた。


◎京都2R ヘルバースト D1800m 6着

 だんだんレースを覚えて競馬が上手になってきた。
初めて無理をせずに好位追走。道中も今までよりは楽な手応えで上がっていった。
直線で思ったほど伸び脚を使う事ができず脚色が一緒になった感じでの6着だったが見所はあったように思う。

グリーンチャンネルで見たパドックの感じは大人しかったが返し馬からは煩くて大変だったらしい。いつも大人しくて手が掛からないので今回担当として帯同した厩務員も発走地点に行かなかったようだ。

この点は反省すべき材料だ。以前にも初めての長距離輸送で馬体重が想った以上に減っていた2歳牝馬の時に帯同した厩務員が発走地点に行っていなくて注意した事がある。
その時に他のスタッフへも注意を促したはずなのだが・・。

今回も初めての長距離輸送。今までの競馬では大人しかったとは言っても発走地点へは行かなければいけない。ジョッキーは『特に影響は無かった』と言ってくれたが何か起こってからでは勿体無いし、ジョッキーの気分というか精神的な負担も減る。

何より少しでも馬が平常心でいられるのならそうしなければいけない。
配慮が足りない事は今後への課題となった。

レース後のジョッキーのコメントは『感じはいいのでレースになれれば直ぐに順番も回ってきますよ』『もう少し距離があってもいいかも・・・』

初出走時はD1000m。だんだん距離を伸ばしてとうとうD1800mまで来てしまった。
父はアドマイヤコジーン。正直、体型を見てもマイルまでかと想っていたが初戦のD1000mの時は『何で負けたのかよく分からない』と言われ、2戦目以降は毎回、しかも3人とも違うジョッキーに『もっと距離が伸びても良いのではないか・・・』と言われ続けている。

東京の4週目にはD2100mがある。
よく考えると今まで乗ったのはみんな関西エリアの騎手ばかり。
今週は小倉と京都に行く事になりそうなのでもう一回みんなに聞いてみよう。



◎小倉1R ヴィヴァーチェ D1000m 1着

 完勝です。
安心しました。小倉輸送後は角馬場のみの調整。というか前走、正月競馬初日1Rで2着に負けてからは短期放牧先での調教を含めて角馬場のみ。

馬体重の事もあったし、前走で見せた力の違いを信じたうえで決めた調整方法だがそれだけに結果を出さなければいけなかった。しかも帯同させる事ができる適当な馬がいなかったので担当者はヴィヴァーチェの為だけに一頭で小倉に滞在。

もちろん美浦に一頭残して行ったので残ったスタッフにはしわ寄せが来ている。
残された美浦も大変だし一人で行った担当者も結果を残さなければいけないと頑張ったはずだ。そんなリスクを背負っていった以上は勝たなければいけない。

まずは思った通りの馬体回復。道中は予想以上に競られたので見ていて嫌な感じがした。競ってきたジョッキーは中舘さん。こんな展開では敵に回すと一番嫌な存在になる。実際4コーナーでの手応えは一瞬『あれっ?』と感じた。

最後はみんな止まってくれて脚色が一緒になった事が分かり安心して見られたが調教が軽かった分、あの競られ方と4コーナーの手応えは正直『ヒヤッ』とした。

調教が軽かったわりにはレース後の息の戻りが良かったらしい。
あとで改めてレースを見て感じたが本当にスタートは上手い。

担当者には勝っても負けても美浦へ帰ると言ってはいたが馬体重が増えていた場合に限り、勝てなかった時の連闘も僅かな可能性としてだが心の隅で考えていた。

レース後にオーナーの希望から連闘での萌黄賞出走を検討。
今週の状態次第でということになったが今日出走が確定した。
馬体の維持で気を使う事を考えると美浦帰厩後の調整よりは在厩している小倉で連闘する事が賢明という判断だ。

少しピリピリしているらしいが馬体重も回復傾向にあり、あと2日の調整で更に良い状態に持っていけるよう期待している。




2月1日(木)

◎川崎8R ウインクトゥーラ ウインタースター賞 競走除外

 残念ですが競走除外となりました。
先週の追い切り後に歩様に違和感を感じて以来、出走させることを第一に軽めの調整。
昨日の調教で調教助手も『多分大丈夫です』と言ってくれたし私の目で見ても『これなら当日は大丈夫だろう』と判断できた。

調教で少しくらい違和感があっても競馬に行くと馬自身が興奮して見せなくなることが多い。
特に気性の勝った馬はそういう傾向があるので競馬では歩様が改善する。
だからこそ騎手の安全確保を考えて慎重に判断しなければならないという事もある。

ところが今回の返し馬以降の歩様は明らかに違和感が見られた。
左海Jもいつも乗っているウチの厩舎の馬だから『少しくらいは気にしないで乗ろう』と思っただろうが、あれでは泣きをいれざるを得ない。本当に申し訳ありません。

オーナーには『右肩を再検査して今後のことを考えます』『代わりに今週連闘のヴィヴァーチェで頑張ります』と謝罪した。

ウインクトゥーラ自身は返し馬で終わった事に不思議そうな表情でいた。
厩舎に帰ってきてからもそんな感じ。明日の検査で今後も頑張れるような結果が出る事を祈りたい。

馬券を買っていた人もいるだろうし本当に皆さんご迷惑をお掛けしました。




おまけ

 先週のレース後、日曜日の夕方から北海道に移動して千歳から浦河に向かった。
とにかく今年は雪が少ない。

一番驚いたのは朝だ。まず車の窓が凍っていない。いつも凍っている窓を解凍するのに時間が掛かって牧場到着時間が予定より遅くなりがちになるのだが今年はそんな事が無い。

そして今回は道路も凍結していなかった。快適だが違和感も感じる。
そして浦河で見られる山の景色も雪が少なくて異常に感じる。

そんな気持ちで『運転は楽だな・・・』と、のん気になっていたら新冠辺りから怪しい感じに。
千歳周辺では大変な状態。久し振りに雪で路面の凹凸が見えない状態を経験した。

写真で凄さが伝わるかな?
画像

途中、ラジオからは飛行機の欠航や遅延の情報が聴こえる。
いち早く当日の遅い時間と翌朝の飛行機、そしてホテルの予約を済ませる事ができたので良かったが空港に着いた時には飛行機に乗れない人であふれかえっていた。

これでも平常より予約が少ない日なのだと聞いたが長蛇の列であふれている。
今回は航空会社が早くに全便欠航を決めてくれたので諦めてホテルに移動。
かえってゆっくり休む事ができたが待たされていたらと思うとしんどくなる。

というわけで火曜日の調教は想わぬ休みをもらってゆっくりしたのだが朝一番の成田便に乗るために向かった空港は既に長蛇の列。

おまけに昨日欠航になっている便に乗る人達だったので『ピリピリ、イライラ』という感じだ。
だいたい観察していると団塊の世代?くらいのおじさんは我慢できない人が多い(?)気がする。

私もイライラしないわけではないが他の人が『イライラ、ピリピリ』しているのを見ると、みっともなく見えて逆に冷めてしまうのだ。まあ、皆さんこんな時こそのんびりしっかり行きましょう。



今日の川崎は残念だったがしょうがない。
在厩馬管理か川崎競馬臨場か考えたあげく川崎行きを選んだのだが高速を降りた後に混んでいたのと昨年末の事故で自家用車を修理に出しているため、ナビの無い厩舎用の車で行ったため道を少し間違えたのもあって到着が遅れた。

到着した時には既にパドック。JRAの担当者さんにも遅れる旨を伝えてもらっていたので、いつも親切で最近絶好調の武藤調教師が装鞍してくれたりと皆さんの協力で調教師が遅刻しても滞りなく進んでいた。

ところが競走除外。川崎競馬場に滞在したのは30分くらい・・・?
調教師が遅れたのが除外の始まりかもしれない。

優しい妻からは『今後のためにナビゲーションを付けたら?』と言ってもらったのが唯一の救いだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。改めまして先週の2勝おめでとうございます。
今週は日曜は京都ですか?私も日曜は京都で3頭出しなので京都に行きます。幸いガチンコはありませんので1Rから応援させていただきます!!
☆109☆
2007/02/01 23:56
小島先生、ウィンクトゥーラ、大事に至らなければよいですね。人間も大変でしょうが、やはり馬が一番、かわいそうです。次走は余計に応援したくなります。

サンデーコバンのレース評価、興味深く、読ませて頂きました。結構、イメージ通りな部分もありました。その中で凄く面白く感じたのが目標を2,100Dから1,600Dへ変更されたところです。今回の落ち着いたレース運びと母父にスズカコバンがいることなどを考慮すると中長距離を冒険したくなるのは当然だと思います。恐縮ながら私の素人な意見を言わせて頂きますと、おそらく同馬は芝、ダートを問わず、2000メートル以上で相当、化ける気がします。しかし、ここがやはり先生を始めとして関係者のプロ意識が生きてるのではと感心します。間違っていたらごめんなさい。今回のレースでマイルのダートで勝てるという確信をお持ちになられた以上、ここで必要のないリスクを取るべきではないと判断されたのですよね?とにかく、次走が楽しみです。また、声が嗄れるぐらい、サンデーコバンを応援させて頂きます!
マンハッタンパフェ
2007/02/02 00:48
小島先生、遅くなりましたが先週の2勝おめでとうございます。
今週、グルーヴィンハイの出走を楽しみにしていましたが・・・。
今年に入って先生同様除外の嵐が、私にも吹いていますが、じっくり調整する時間ができたと良い方向に考えることにします。18日は、府中にいけると思うので一緒に口取りできたらと願っています。また、ノアルの近況を楽しみに待っています。

ところで、千歳の写真のような雪道にならず、雪かきいらずなのは楽ですが、ドリフト遊びができず少し不満な暖冬です。(おっさんのくせに)
miya
2007/02/02 11:48
☆109☆さん有難うございます。
今週も応援宜しくお願いします。お互い頑張りましょう。


マンハッタンパフェさん有難うございます。
ウインクトゥーラは今日の精密検査で以前からあった右肩関節痛の再発という診断が出ました。今後は牧場で早期復帰を目指します。
コバンについてはマンハッタンパフェさんの読み通り。あまりに的を得ているので恐れ入っています。行く行くは色々と試してみたいのですが今回のレース内容を見て無理にリズムを崩す必要がないと判断しました。サンデーコバンの今後の適正については夢が膨らんで楽しみです。今後も温かく見守ってやってください。


miyaさん有難うございます。
グルーヴィンハイの除外は残念でしたが東京4週目に良い状態で出走できるよう調整。口取りでお会いできる事に期待です。
シャルロットノアルの近況は皆さんお待ちでしょうから早くできるよう頑張ります。暖冬とはいえ寒い日もあると思います。お互い気を緩めて身体を壊さないよう気をつけましょう。

調教師
2007/02/02 14:55
ヴィヴァーチェの勝利おめでとうございます。
馬主さんも、育成所もご近所でお世話になっている所なので
こちらにも喜びが伝わってきます。
 一昨日チェスさんに伺ったら、「わざわざ先生がご挨拶に
寄ってくれた」と喜んでいましたよ。
 そういったことでもスタッフのやる気は変わってきますね。
今週も注目しています!!

 ところでうちから九州に行った2頭は元気にしているでしょうか?
ハピネモ
2007/02/02 20:10
ハピネモさん有難うございます。
関係している馬が勝つと皆で喜べるからいいですね。
九州に行った2頭は順調と連絡が入っています。『いい馬ですね〜』と褒めてもらいました。そろそろ見に行ってみようかと思うので機会があったら状況をお知らせします。
今年は暖かいので美浦近郊へ動かすのも早くなるかもしれません。早期デビューを期待です。
調教師
2007/02/02 21:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
先週(27日・28日)と交流競走(1日)の結果 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる