小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっとだけフローラS

<<   作成日時 : 2009/04/26 22:23   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 30 / トラックバック 2 / コメント 11






フローラSのピースについてちょっとだけ。

前走から今日までの調教も含め
目標としていたトライアルレースを終えた今
『あー疲れた〜』というのが正直な感想。

でも…ある意味において
『心地良さが同居した疲れ』というか
レース前にできることをやり
そのうえで出た結果なので
スッキリとした疲れ。

レース内容も満足。
津村Jはソツの無い騎乗をしてくれた。

スタート後に好位置で折り合ったときには
『これなら負けても納得、というレースになりそうだな』
と思った。


それにしても
今日の道中の走りは
お姉さんそっくり。


結果的には大敗となったが
一言で言えば現状では力不足。

力不足といっても
『持っていない』のではなく
『出せない』力不足。

凄く上手に走っていたし
津村Jも『前が開けば行ける』
と感じていたようだ。

でも前が開いても
追い出してからは頭を上げた。

耳の動きに闘争心が見られなかった。


現時点で不足しているのは
やっぱり闘争心なのかな…。

レースが終わってもケロッとしていたし
目一杯は走っていないように感じる。


『走りも上手でしたしいい感じでしたよ!
芝も全然大丈夫です』
とジョッキーがコメントしてくれたのが救いだ。

開幕週だったのに
前に位置した馬達は
勝った馬以外全滅。

レース直前の芝を歩いたら
まだネチャッとした感じが残っていた。

『ノメってはいませんでした』
と津村Jは言ってくれたし
道悪の得て不得手はハッキリとしない。



まあ、これだけ負けたのだから
今は何を行っても言い訳になる。

これまで応援してくれた人や期待してくれた人の為にも
どこかで力を発揮させられるようにするしかない。

次走予定を含めて
力を出す為の考えは色々とあるが
まずはピースの状態を確認してから。


とりあえずはレース後も
無事に厩舎に帰厩。

今のところ心配は無さそうだ。



たくさんの横断幕をはじめ
今日は応援有難うございました。

ピース共々
次のレースへ向けて頑張ります。




明日は中山競馬場でJRAブリーズアップセール。
これからDVDなどで最終チェックをするので
人間も馬も休む暇は無さそうです。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
春の夢の終わり
ピースエンブレムのオークス出走の夢はついえました。僕自身は、9時過ぎに東京競馬場に到着。指定席も確保してその時を待ちました。とはいえ、せっかく競馬場に来たからには生で馬も見たいという思いも強いですし、メインレースのために早めにパドックに陣取らなくてはい... ...続きを見る
TCHAIKOの楽屋
2009/04/27 20:24
春の夢の終わり
ピースエンブレムのオークス出走の夢はついえました。僕自身は、9時過ぎに東京競馬場に到着。指定席も確保してその時を待ちました。とはいえ、せっかく競馬場に来たからには生で馬も見たいという思いも強いですし、メインレースのために早めにパドックに陣取らなくてはい... ...続きを見る
TCHAIKOの楽屋
2009/04/27 20:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
小島先生、お疲れのところブログ更新ありがとうございます。
今回は残念でしたけど、先生や厩舎スタッフの皆様に目をかけて貰ってピースは幸せだなあと思いました。
また復帰戦楽しみにしています。
ツヨシ
2009/04/27 00:07
お忙しい中、更新してくださる先生には大変感謝しております。

ピースの結果は残念でしたが、約半年間、いろいろと楽しませていただきました。
今後、どういう路線に進んでいくのかわかりませんが、とりあえず人馬ともどもお疲れ様でした。
GUMI
2009/04/27 00:12
先生、お疲れ様でした。って、今日もお仕事なんですね(><;)
ちょっとだけといいつつ、詳しいご説明ありがとうございます。
ピース、やっぱりキモチの問題なんですね…。あんまり走るの好きじゃないのかなぁ〜(´Д⊂
といいつつ、目標としていた大舞台には「出演」できそうにないけれど、実を言うとそれほど悲観はしていません。
夏を越したり、古馬になってから「化ける」馬はたくさんいますし、親ばかですけど、きっかけさえあれば頂上を目指せる馬だと思ってます〜(^^)
ざます
2009/04/27 05:22
お疲れ様です。
本当に頭上げたのでしょうか?
素人の私の目にはわざわざ外に進路を変えたように見えます。
それと、芝からダート、ダートから芝とコロコロと変えるのは
馬には負担はないのでしょうか。ちょっと、疑問。
ニシヲ
2009/04/27 13:49
小島先生、スタッフのみなさん
お疲れさまです。
こうしてすぐにコメントいただけることに感謝します。
なかなか思うようにはいきませんね
まあ、これが競馬というものなのでしょうか
しかし闘争心というのは厄介ですね
どうやったら闘争心を引き出すことができるのか
走り出したいという気持ちをゆっくり待ちたいと思います。
見捨てられないようにピースには頑張ってもらいたいですね
競馬はマダマダ続きますからね
忍耐強く活躍を待ちたいと思います。
しんちゃん
2009/04/27 16:30
ツヨシさん、GUMIさん、ざますさん、ニシヲさん、しんちゃんさん、コメント有難うございました。
ピースのレースについて、結果が悪かったにかかわらず皆さんの前向きなコメント心に沁みます。これが実力ではないのは確かなので次走以降、期待に応えられるよう頑張ります。
ニシヲさんが疑問とされている芝とダートについては、ここではスペースが少ないので、あとでブログに書こうと思います。今しばらくお待ち下さい。
『頭を上げた』という記述について、ちょっと表現不足だったようですがこの場合は『走るのを拒否した』とか『脚が一杯になった』という意味。調教でも余力がありながら『頭を上げる』時があるので気を付けていましたが、マダマダ調教での工夫が必要なようですね。
調教師
2009/04/27 21:44
『外に進路を変えた』という事について。もちろん内に入りたくて探っていたようですが、通常の場合は逃げている馬が『脚が一杯』になるとフラつくのを避ける為にジョッキーが内ラチを頼らせて走らせます。パトロールフィルムを見ていただければ解りますが、逃げていた馬の騎手は外からステッキを入れていますし、ここで内に入って不利を受けても『あそこは入るところではない』と注意を受けるパターン。
外の馬が右へ動いてくれた事でスペースができたので進路を変えましたが、いずれにしても同じ結果だったのかなというのが私の感想。
もちろんレースは生物ですし色々な意見があって良いとは思いますが、私自身は納得しているので、今は次走以降どうやったらあそこで抜け出せるようになるかで頭が一杯です。
調教師
2009/04/27 21:45
先生、丁寧な対応ありがとうございます。ピースのクラシックは終わってしまいましたが、その過程は楽しむことができました。気性面は厄介ではありますが、まだ成長する余地もありますし、何より脚元の丈夫さはピースの良さだと思います。一つ勝っていることですし、津村騎手も指摘していた馬具や調教方法、レース条件など、いろいろ試していけばよいと思います。これからもよろしくおねがいします。
ワラビシチー
2009/04/28 11:34
素人目にも、津村さん上手に乗っていましたね。
レース後のコメントも、これから強くなるピースさんを信じているもので嬉しかったです。

先生の「どこかで力を発揮させられるようにするしかない」とのお言葉に
ピースのみならず、人生未出走のわたくしも大変励まされました。
多謝
たらふく
2009/04/28 14:25
初めまして
blogを見つけたので、
これからチョコチョコのぞきたいと思います☆
 
レースお疲れさまでした。
馬の耳に闘争心が無いとは、
どういう状態なんですか?
教えてください('∀`|
優美
2009/05/07 01:06
ワラビシチーさん、たらふくさん、優美さん、コメント有難うございました。ピースの今後の馬具の工夫について、津村Jのコメントとして載っていましたが、実は私が津村Jに投げかけて、それを同調してくれた津村Jがコメントしてくれたものです。次走まで効果的なものをじっくりと考えましょう。
優美さん耳に闘争心が無いという表現、ちょっと難しかったですね。
馬は耳で感情をよく表現してくれる動物で、ジョッキーを始めとした関係者は耳の動きを『どうしたら良いか』と考える材料にします。
後ろから馬が来たり、並んだりした時に闘争心がある馬は『耳を寝かして(背負って)』感情をあらわにします。ピースにはまだ抜かれる事に対する闘争心が養われていない為に、今回は怒った耳になってくれませんでした。
馬の近くに行く機会があったら、是非耳の動きを観察してみてください。耳だけで色んな事を訴えながら自己主張してきて面白いですよ。
調教師
2009/05/08 22:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっとだけフローラS 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる