小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆6.14の競馬

<<   作成日時 : 2009/06/14 00:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 13










ヨーロッパで
2000ギニーと英国ダービーを勝ち
2冠馬となった『シーザスターズ』


技術調教師時代に行っていたアイルランドで
メインステーブルとしてお世話になっていた
ジョン・オックス厩舎の管理馬だ。


人柄が素晴らしく
人格者として知られていて
本当に悪く言う人がいない。


過去には
英・愛両国のダービーを始め
凱旋門賞やキングジョージなど
たくさんの栄冠を手中にしている実力派だが
最近は勝鞍数は安定しているものの
大レースでは出走さえ少なくなっていたので
心配していた。


オックス師にとって
シーザスターズは久々の超良血馬。

兄弟にそうそうたるGT馬がいたのだから
そのプレッシャーも大きかっただろうが
大舞台でキッチリと
仕事をやり遂げた事を知り
『やっぱりここぞという時にはやる人だなー』
と思った。



日本人の研修者も
たくさん受け入れている人で
そういう意味で世話になったジャパニーズは多いはずだ。



『ニューマーケットの調教場で乗りたい』
そんな私のリクエストに
その場で直ぐに電話をしてくれて

トップトレーナーの
マイケルスタウト師のところにも
何度も行かせてくれた。




正直言って
アイルランドは良くも悪くも牧歌的。

調教場は羊で溢れ
馬場に寝そべった羊を
避けながら調教している。

時には羊が原因で馬が転倒したり
母羊を追いかけた子羊が
走っている馬に突っ込んできたりと
マジかよー
ということだらけ。

どこの厩舎も
『いい加減だなー』
という部分があったし
それが良さだと感じたこともあった。


そんな中で
オックス師からは
人間的な大人の部分を学んだ。

もちろんこのブログを見ているはずはないし
見ても解るはずもない。

でも心からお祝いを申し上げます。


ウチの厩舎には
オックス師の下で長期研修をしていた調教助手もいる。


アイルランドの親方に負けないように頑張ろう。







先週の日曜日は
キャロットさんのサマーパーティー。


出走馬が無かったので
安田記念後に家を出たが
予想外の大渋滞。


通常美浦から東京は1時間半。
混んでいても2時間半。



それがそれが3時間半も掛かってしまった。
もちろん遅刻。


開演18時半が
到着したのが19時半。


たくさんの方達に待っていただいたようですが
本当にスミマセンでした。


ゆっくりと話をしたかったのですが
話せなかった方達もいるようで
次の関東での開催は2年後でしょうし
本当に申し訳ありませんでした。


終了後はいつも直ぐに帰るのですが
会員さんの中に高校の同級生がいて
他のクラブでもウチの管理馬に出資してくれていたり
いつも応援してくれているのに
全然話できなかったから…。


ホテルの中のバーで
しばらくお話をする事にさせてもらいました。




何も食べていなかったし
『皆は何か食べないの?』

『いやー大丈夫ですよ』


『そう…じゃあー』と
パスタやら
ガーリックトーストやら
唐揚げやら…と
ひと通り頼んだ。



最初に来たのがパスタ。

小さなテーブルが3つ並び
そこに7〜8人座っていたので
テーブルの上は飲み物で既に一杯。


これ美味そうだな…
と思って頼んだガーリックトーストが来た時には
目の前は一杯だったので
『ちょっと…そっちにいいですか』
と離れたテーブルに置いてもらった。



しかし…
次にガーリックトーストを見た時には

もうお皿だけ…

みんな
お腹空いていたんじゃん


でも気にしないでね。

それほどお腹空いていなかったから。

もう可笑しくて可笑しくて
その時に言おうかと思ったんだけど
みんな恐縮しそうだから止めた。



でも皆本当に馬が好きで
楽しそうで良かった。



パーティーでお話する機会があった
会員さんたちもそうだったけど
どの人の顔を見ても
馬が好きなんだな〜と

それが嬉しかった。



競走馬って夢があるし
でも現実は厳しいところもあって
だからそれを少しでも知ってもらって
みんなに競馬の奥深さを知ってもらいたい
そう思ってブログを始めた部分もあるから。



そういう意味では
ピースエンブレムなんかは
注目度が高いし
競馬を知ってもらうには良いきっかけに
なっていると思う。


会員さんだけでなく
たくさんの人がブログを覗きに来てくれている様だし。



調教師も騎手も
普段は発信源が少なく
一方的な憶測や感情で攻撃されたり
歪曲した情報が独り歩きをして
嫌な思いをしている人も多い。




いつでも完璧にというのは難しいけど
全員に納得してもらうのも難しいけど



でも…
調教師も一生懸命気持ちを込めているんです
というのを知ってもらいたいし
その経緯や過程を知ってもらうには
ピースちゃんは好材料(失礼)。



クラブの会員さんだけではなく
こういう注目馬を通じて
たくさんの人達に
勝つだけではない
馬券を当てるだけではない
競走馬の深みを知って欲しいと思っています。



ピースの質問に答えたりして
いい人だー
いい人だー
言ってもらえるのは嬉しいが
それほどいい人ではありません。

結構、嫌らしい心も持っていますが
先程登場のジョン・オックス師に倣って
一生懸命我慢しているだけ。



みんなに競馬を知ってもらうには良い機会という
ブログをやりだした以上は伝えなければという責任感
どちらかというとそんな感じです。






単純に競馬が好き。
それだけは間違いない。
だから出来るのだと思います。



というわけで
これからも皆さん
頑張っているたくさんの馬達を
目一杯応援してあげてください。





馬が好きな人たちが
喜ぶ姿をみるために
これからも無い頭を使って
老い始めた身体に鞭打って

頑張ります。





そうだ
来週から札幌開催。

いよいよ夏競馬。
今日は札幌で調教に乗ってきました。


今年は札幌の馬房が少なくて大変だけど
夏休みを利用しての皆さんの来場をお待ちしております。





それと…
調子に乗って書きすぎて
一杯一杯になったので
コメントへの返事は少し待ってください。








14日(日)






◎東京1R マチカネヒヨドリ D1600m 的場勇人


初出走となった前走は
スタートで遅れてしまっただけでなく
皆が出て行ったのを見て驚いて
前に向かわず横に逃げて行こうとした。


立て直しながらの追走は
ステッキを数発入れられて
やっと進んで行く感じだったが
気持ちが前に行きだしてからは
砂を嫌がることも無く
頑張って走りきった。


“The初出走”
と言える若さを見せたレースだったが
上がり時計は
出走馬中で3番目。


そんなレースを経験しただけに
レースで受けたダメージがの大きさが心配されたが
驚く事に走るのが楽しくなってくれた様子。

乗り手が皆が
『楽しそうに走っているから
このままノビノビ走らせたいね』
と口を揃える。


追い切りは結構ビシビシ


大丈夫かな?
と思いながら調整しているが
持って生まれた筋肉の良さが
強い調教にも耐えさせてくれている。

毎週のように
3頭併走の真ん中で厳しい調教を課し
今週も同じように消化。

そして動きも目に見えてアップ


2戦目で若さを出さなければ
成長した姿をレースで出せれば
かなりの前進が見込めるはずだ。










◎東京7R フレノカトリーヌ 芝1800m 幸 英明


栗東に長期滞在して
確実にパワーアップ。

短期放牧に行った牧場でも
『凄く馬体が変わりましたね』
と驚きの声が聞かれた。

栗東帰厩後から
ちょっと間があっての出走だけに
少し馬体のボリュームは落ち気味だが
マダマダ貯金はありそう。


1週前の追い切りは
坂路で余裕十分に先着。

今週も
今までは遅れ気味だったWコースで
しっかりとした走りを見せて併入した。


右にモタれるところがあるので
左回りだとスムーズに走れそう。


以前は
坂を苦にした感じがあったので
東京コースでの出走を控えていたが
栗東坂路で鍛えた効果を期待しての東京エントリー。

幸Jが
どう導いてくれるかも楽しみだ。







◎東京7R メイシーズパレード 芝1800m 田中博康


地方転出後の
いわゆる出戻り。

3歳時は
急に飼葉食いが悪くなったり
精神的な脆さや
体質の弱さが災いし
能力を出せず。


地方で揉まれる経験をすれば
精神的な成長も見込めると
期待しての転出だったが
さすがに適性外ばかりで
ダートの短い距離しかない地方競馬では
好走止まり。


帰厩してからも
『マダマダ本当の状態ではないな』
という手応えではあるが
期待通りの精神的な成長は見られる。


本当は
前回在厩時の失敗を元に
予定を決めずメイシーに合わせる
という考えで調整を進めていた。


ところが
先週の追い切りで
『気分に任せてフワーッと走らせて…』
という指示ながら
ビックリするような好時計。


その時点で競走馬登録が
完了していなかったこともあって
マスコミの時計班の人達からも
『あの馬は何モノ?』
と聞かれまくった。


軽すぎるくらいの走りをするし
馬場が悪い福島は嫌だった。

小柄な牝馬の転入初戦だし
いきなりの阪神遠征は嫌だった。


新潟までノンビリかな…?
と思っていたのに
これだけの好時計で
しかも余裕十分。

息もケロッ!


このまま引き伸ばして
馬体が細化する可能性よりは
一度出走させて久々の中央芝を経験し
じっくりと次走へ向けて調整する。


オーナーに事情を説明して
急遽そういう選択をさせていただいた。


今週はもう時計が出過ぎないよう
控えめな調整を心掛けたが
それでも終いの伸びは上々。


先週決まった出走だし
そんなに甘くは無いと思っている。


体質の弱さからくる
慢性的な皮膚病も
まだポツラポツラと残っている。

でも能力は認めるところだし
いつもより強そうなメンバーが揃った500万下での
見通しが立つ競馬を期待している。








◎東京9R オオトリオウジャ エーデルワイスS 芝1600m 吉田隼人


前走はガッカリ。
デビュー以来の3戦全て
ゲートが遅かったのは
意識して出さないようにしていたから。

でもダービー出走を目指しての
プリンシパルS出走だったから

『今日はどうしましょう』
と吉田隼Jに聞かれて

『全部任せるけど
ダービーを目指す以上
今日はスタートだけは出そう』

『早く出ろ
とは言わないから
皆と一緒に出るくらいの意識で…』

『後は任せる』



まさかあんなに出ちゃうとは…
それにスタート良すぎて
他馬は思った以上に控えるし
逃げる事になるなんて
思っていなかった。

レース後
『ゴメンな隼人…
俺が出せなんていうから…』
という私に


『いや、僕は納得しています』

『いつもの出し方だったら
内枠でゴチャついただろうし…』

『逃げたと言っても
結構物見しながらでハミは抜けていました』


『やっぱりこの仔は
距離が短いほうが良いですよ』


そう言ってくれる吉田隼Jと一緒に
パトロールフィルムを見たが
確かに1800mくらいまでは頑張っているが
残り200mでバッタリ止まった。



2戦目くらいから
『マイルの方が良さそうな気が…』
と言っていた吉田隼J。



調教での折り合い易さや
落ち着きから考えて
『ダービー出走を目指しているんだぞ
そんな弱気な事を言うなよ』
と言っていたが
もう気持ちはハッキリとした。



『初戦は
競馬を知らなかったから良かったんです』

『2戦目は
突き抜けると思ったのに僅差になって
それで距離じゃないかな…と感じました』

『毎日杯も
ビュッと突き抜けそうで止まった』

『競馬を覚えてからは
レースに行くと凄く気が入り易くて
リラックスできる距離なら
凄い脚を使えるはずです』


毎日杯の後にも
距離の話を聞かされたが
その時はダービーへ向かって
という気持ちがあったし
休み明けもあったから…
と解釈していた。


でもプリンシパルで解った。


今回はキレる(筈)

先週のユニコーンS出走プランもあったが
2戦続けて苦しい競馬をしたあとに
今度は初ダートで揉まれて
散々になる可能性よりは
『もう負けられない』
と必勝を期した選択をしたつもり。


追い切りも上々。


デビュー2戦目までは強さを見せているオウジャだが
正直言ってこの仔の完成はまだ先。

咽喉に弱さもあるし
馬体の張りも
調教師の目から見て本物ではない。


でも3歳同士の1000万下なら
負けちゃ困ると思っている。

強い勝ち方をして
しばらく御無沙汰だったオウジャの強さを見せてくれれば
秋から古馬にかけて更なる成長
そういう期待を抱かせてくれる走りが見たい。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
小島先生こんばんは。特にピースについては、調教の内容の意図をブログで丁寧に書いて下さっているので、知らなかった競馬の奥深さの部分を知れて、ピースの出資者である以前に1競馬ファンとして見聞が深まって小島先生のことを知っていて良かったと思います(笑)これからもよろしくお願いします。

調教については、とにかく好時計だけを採り上げる競馬マスコミにももうちょっと伝え方を考えて欲しいものですが・・・まあピースのような「走ることに集中させる為の特訓」みたいな内容より「好時計!」の方が分かりやすいし文章も簡単だし、ラクな方に逃げてしまうのでしょうか・・・

さて今週はオウジャですね。前走は正直、はた目からは、抑えていけばいいのに前に付けすぎた吉田隼Jのミスと思っていたのですが、裏にはそういう経緯があったのですね。距離の件は今まで全く意識していませんでした。前走で人気も凄く落ちていますので、距離短縮での巻き返し、馬券的にも注目させて頂きたいです。
とっぷろ
2009/06/14 00:52
お忙しい中、今週も更新ありがとうございます!
マスコミからの情報は、競馬ファンにとっては一方通行ですが、小島先生のブログを通し競馬の奥深さや面白さを小島先生と共有しているような気がします。
私たち一競馬ファンからしたら、小島先生は「調教師の鏡」ですよ!自分の良さは自分では、なかなか気付かないものです。
サマーパーティーでの先生の人気、ブログへのコメント数・・・・毎週毎週小島先生に愛馬を預けられて幸せだと思っています。
明日も全出走馬が無事に&好成績を残せるよう応援します。
まきやま
2009/06/14 02:21
小島先生
出走馬の状況だけでなく、競馬サークルのいろいろな話が聞くことができ、大変参考になります。
いよいよ来週から新馬戦が始まります。是非先生の管理馬たちのご健闘をお祈りします。
私は知り合いのオーナーさんが「こいつで桜花賞に行く」という馬がいるそうなので、一緒に夢を追っていきたいと思っています。
もくに
2009/06/14 08:23
どのような分野でも、必要を感じたら素人にもその面白さや深みをうまく伝えられるのが真のプロだと思いますが、小島先生は "The Proffesional" でいらっしゃいます。毎週こちらのブログで拝読できるのはまことに有難い喜びです

吉田隼人騎手、たいへん評価の高い方ですが、怪我が多いです。ご無事で大成されることを祈ります
たらふく
2009/06/14 10:25
オオトリオウジャにはペースが遅かったですね。前走と一転して最後方、これも驚きました。いい感じで伸びましたが最後脚色が一緒に…。
それと、シーザスターズ&オックス師と先生にそのようなご縁があったとは。シーザスターズは正に世界一の良血ですね。その父はCape Crossで日本ダービー馬ロジユニヴァースの母の父もCape Crossという何か因縁を感じます。
ファーブ4
2009/06/14 18:10
初めて、コメントさせていただきます。
今日のオオトリオウジャの距離短縮は見事にはまったと思いますが、
東京1600mで大外を回していたら結局1800mぐらい走ってることになるような気がします。
展開等もあると思いますが、今日は勝ち負けだったような気がしました。
生意気言ってすいません。
これからもブログは楽しみに見させていただきます。
ゼットン
2009/06/14 20:09
初コメです★★
『気分に任せてフワーッと走らせて…』
全然、具体的な指示じゃない所がいいですね(≧∇≦)b
ayu
2009/06/14 22:09
オウジャは新馬戦から応援してた馬で、毎日杯はさすがに現地応援はできなかったものの、そのほかは全て応援に行っています!!

今回もすっと出てくれるかなーっと思った矢先の最後方w 最後の伸びは素晴らしいーって思いましたが残念でした!!><;;;

でも、上がりタイムがメンバー最速っていう情報に思わず目が輝きました!!!オウジャは絶対強い馬だと思っています!!!応援しているので、今はゆっくりと休ませて、今後の活躍に期待です★

頑張ってください!!!
秋桜
2009/06/15 21:57
オウジャくんお疲れさまでした☆
先週も競馬場でオウジャ&隼人騎手を張り切って応援してたんですけど、どうやら私の応援がまだまだ足りないみたいですね(>_<)
競馬雑誌で小島先生のレースコメント読みました。
次走はオウジャの力が出しきれるといいのになぁ♪
今度オウジャに会えるのは秋頃ですか?
その日を楽しみに待ってます☆
Aki
2009/06/16 11:35
遅くなってしまいましたが、キャロットのパーティーではありがとうございました♪
今思うと、もっと聞きたかったこと、もっと伝えたかったこと、たくさんあったなって思います。
またああいう機会があればうれしいです☆
いよいよ今週から札幌での開催が始まりますね。
馬運車を見かける機会も増えて、なんだかうれしくなってしまいます。
リズモアちゃんのデビュー戦を札幌で見届けることができたらうれしいですが、
どこになってもできるだけ駆け付けたいと思っているのでよろしくお願いします。
うえ
2009/06/18 02:01
小島先生、こんにちは。はじめてのコメントです。
キャロットのサマーパーティ、お疲れさまでした。
先生ともお話したかったのですが、結局、先生をつかまえることができず、、、。
競馬ファン歴は長いものの、一口馬主は今年の2歳馬から複数クラブで始めました。
大学時代の競馬研究会の友人がスポーツ紙の競馬記者をやっているので、預託先厩舎を重視する私は彼に、「どの厩舎の預託馬に出資すればいい?」と単刀直入に聞きてみました。
頭が良くて、研究熱心で、馬の適性を見極めながら使ってくれるところ、といったあたりを最低条件にして。
そしたら、彼が最もすすめてくれたのが小島先生でした。
「小島先生は、それに加えて、競馬ファン出身でファンの気持ちも分かってくれる人。自分なら小島厩舎の馬にする。」とのこと。
そろそろ来年に向けた出資募集が始まりますので、今度は「小島シフト」でいこうかと思います。
僭越ながら、肩入れして応援していこうと思いますので、このブログでも、参考になる情報お願いしますね。
Saint
2009/06/18 12:08
とっぷろさん、まきやまさん、もくにさん、たらふくさん、ファーブ4さん、ゼットンさん、ayuさん、秋桜さん、Akiさん、うえさん、Saintさん、皆さんコメント有難うございました。

まずはキャロットさんのパ−ティー。お話できた方も、出来なかった方もいたようですが、私の遅刻の為に皆さんにはご迷惑をお掛けしました。
今後も機会があれば可能な限りイベントへ参加させていただくつもりなので、見かけたら躊躇せず声を掛けて下さい。

リズモアも楽しみにされている方が多いようですね。まだ入厩時期は決まっていませんが、今後も順調に行って札幌でのデビューができるよう期待しています。

オウジャもファンが多いようで感謝です。
今春は残念な結末に終わりましたが、これで休養し今後の活躍に備える予定ですので引き続き応援宜しくお願いします。
調教師
2009/06/23 19:47

初コメのayuさん、『気分に任せてフワーッと走らせて…』これってある意味業界用語かもしれませんね。馬乗りは『乗り手の自己主張』よりも『馬の気持ちに乗る』ということが重要なので、結構こういった表現が多い気もします。ある意味、これが判って尚且つ、その通りに乗れないと、周りからは『一人前の馬乗り』と認めてもらえないでしょう。

Saintさん、その友人の記者さんにくれぐれも宜しくお伝え下さい。褒めてもらった以上は食事でも奢らなければいけませんね。ご友人記者さんの推奨に恥じぬようこれからも良い仕事ができるよう頑張ります。

調教師
2009/06/23 19:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆6.14の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる