小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆6.27〜28の競馬

<<   作成日時 : 2009/06/27 00:37   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 6









早朝の調教中から
マイケルジャクソンのニュース。

色々と書きたいこともたくさんあったが
今週後半は予想以上に強行軍となってしまい

疲れた…。


函館での調教後に
移動して牧場周り。


美浦へ帰る途中で
ブログ作成をしたが
まだ未完成。


今週のティンバーセブンのように
3場全てに特別登録をした意図
という質問にも答えたかったし…

先週のユリカの件
マサノウイズキッドについても
書きたかったのですが…

ゴメンなさい。

絶対書くから
ちょっとお待ちを。



とりあえず競馬頑張ります。












27日(土)





◎福島10R ティンバーセブン 信夫山特別 芝2600m ハンデ52Kg 大野拓弥


久々の芝競馬。

前走後は
しばらくダートの長距離番組が無いことから
障害練習をしながらの出走準備。

障害練習の感触次第では
試験を受けて
障害と平場の2本立て
というプランも考えていたのだが
現時点では平場に専念することとなった。


どうしてかというと
障害に恐怖心を持たないから。

障害飛越については
基本的に飛越する勇気だけでなく
障害を意識する慎重さが必要。

初期の障害練習では
横木と呼ばれる棒をバーにし
その馬のレベルによって
高さを調節して練習をするのだが
どの高さにしても恐怖心が無いことから
バーを倒してしまう。

飛越する気が無いのだ。

普通は脚に横木が当たると
少なからず痛いので
痛さを避けるために
脚を上げることを覚える。


しかしティンバーは
何処に当たろうがヘッチャラ。

脚で倒すだけでなく
思い切って胸の高さにしてみても
飛ぼうとする素振りはほとんど見られず
胸で体当たり。

全く憎めない
何とも可愛い奴だ…。


ということもあって
時期尚早か
障害不向き…
と路線を再修正。

最近は肢元も良好なので
芝長距離への出走へ変更。

状態は特に変化なく推移。
追い切り時計は数字的には遅くなったが
馬場の正面から出て
7ハロン位からずっと平均的にハイペース。

しかもずっと大外ラチ沿いに走った結果。

逆にこれだけ長めからビッシリやれた効果に期待したい。


前回の芝出走時に騎乗してくれた大野J。

久々のコンビになるが
当時はまだ気性も幼かったし
思い切って行かせてみたが潰れた。


今回はじっくりと構える競馬で
ティンバーの持ち味を生かせる流れになることを期待している。







28日(日)







◎福島4R ハルノドトウー 障害芝2750m 柴田大知


前走直後は
あまり疲れていないように感じたが
次走へ向けての調整を続けていくうちに
あっちこっちと疲れを見せ始めた。

様子を見ながら自己回復を図ったが
長引きそうだったためショックウェーブ治療を行い
更に間隔を空けて電気針でのマッサージを施したことで回復へ。

楽をした分
ややフックラした感じもするが
福島への輸送を考えれば
丁度良くなってくれると見ている。


日曜競馬なので
土曜日の昼に美浦を出発。

通常は輸送を考慮して
輸送当日の朝は軽運動のみのところを
朝の調教で軽めのハッキングを行って
硬くなりやすい筋肉を解すことにした。

他にも
今回はブリンカーも少し深めにする予定。

指一本分くらい深くするだけだが
初めて浅いブリンカーをした時の反応を考えれば
ドトウには十分効きそうだ。


色々と工夫をしてみた効果が
どう現れるか。

今回は天気も馬場も大丈夫走そうだし
良いところを見せてくれ。











◎福島6R ホーカーハンター 芝2600m 柴山雄一


なかなか本気になってくれない。

今週の追い切りは
坂路で併走。

調教で動く古馬相手に
一杯に追われたとはいえ
食い下がってみせた。

時計はエラーだったが
推定でも50秒は切っている。

もちろん追い切り後もケロッとしていて
やはり力があるのは間違いない。

前走まではダートで出走。

肩に張りが出易いこともあっての
レース選択だったが
東京を最後にダート長距離も無くなり
芝長距離へ活路を求める事にした。


本気にならないホーカーには
追い負けないジョッキーをということで
柴山Jを起用。

先週の追い切りに騎乗して
感触を確かめてもらったが
ビッシリと追いながらも

『聞いていたよりはズブくない印象でした』とのコメント。

担当厩務員からは
『レースに行ったら本当にズブいから』
と言われ覚悟は十分だろう。


最終追い切りに騎乗してくれた的場Jも
『何ていうんですかね…
一杯に追われているけど
バタバタとかバテているんじゃなくて…』

『自分から動いていく気持ちが全然無くて
自動というより手動なんだよな』
という私の表現に

『そうそう、そんな感じです』と同意。

『気持だけなんですけどね〜』
と首をひねる。

Wコースで追い切るとクモズレで擦過傷を作ってきてしまうという
右前肢球節の小さな傷以外はほとんど心配無し。

今回本気にならなければ
いよいよ短い距離でも使って
刺激を与えるしかない。

そろそろ頼むぜホーカーさん!






◎阪神9R ハイオン 垂水S 芝2000m 松岡正海


先週の安達太良Sを除外。
3頭しか除外されなかった中に
入ってしまうとは本当に腹が立つ。

しかしここは好転機と捉え
2週後のダート戦を待つよりも
翌週にあったこのレースを使うことで
前から機をうかがっていた
久々の芝挑戦に踏み切ることを選択した。


今回の休養理由となった
飛節の張りも固まっていると判断。

調教は坂路を控えて
Wコース中心のメニューにしているが
週を重ねる毎に動きがグングン良化。


これで良いレースができなければ
『芝がダメだ』と結論付けられる
そんな仕上がりにはなっている。

初騎乗となる松岡Jも
水曜日は栗東で宝塚記念の追い切りに騎乗のため
火曜日の調教に騎乗して感触を確認。

『どうだ芝でも大丈夫そうか?』
と聞く私に

『スミマセン
初めて乗ったから分かりません!』



素直な奴だ…



『芝がダメという感じは無い?』
と再質問すると


『大丈夫です
それは無いです』
と一応は安心させてくれた。


追い切りは調教師が騎乗したが
その追い切り直前には
本場馬で軽いキャンターを行い
フットワークを確認。


馬場が渋れば
更に自信持って臨めるイメージだったが
天気良さそう。


父ホワイトマズルに
母父リアルシャダイ。

同じ配合の
イングランディーレのようなイメージで
良い結果が出てくれることを願うばかりだ。







◎阪神11R フリソ 鷹取特別 D1800m ハンデ53Kg 上村洋行


ユニコーンSを除外され
レース選択に迷った。

中京に3歳同士のレースがあったが
同じ中京で走った昇竜Sの内容から
先行力が無いと勝負にならないのは
身に沁みている。

それならと
今後を占う意味でも
古馬と戦ってみる事を選択した。

幸いハンデ戦のため
少しは斤量で恵まれるということも目論んでいたのだが
予想より1Kg重いハンデとなったのは
休み明けの府中で良い勝ち方をしてしまったせい?


まあそれでも
降級してきた古馬相手で
しかも『骨っぽい』を通り越したくらい
強そうなメンバーを見てしまっては
正直言って荷が重そう。


でも
『ここでどれだけ走れるか』
と思って臨んだレースでは
全て強い勝ち方。

まさかここでも…
というほど競馬は甘く無いだろうが
『このメンバー相手に良く頑張った!』
くらいは期待していいかも。


状態に関しては良い意味での平行線。

これで一旦休養かな?
と思っているので
お休み前の爆走をお願いします。







◎札幌9R ヴィヴァーチェ STV賞 芝1200m 藤岡佑介


1000万下に昇級してからは
東京で2着があるものの
なかなか良いところが出せないでいる。

ダートの適距離が
混雑気味ということもあって
久々の芝出走を選択してみた。


中間はいつも以上に疲労が抜けるのが遅く
ヴィヴァーチェ自身初めてとなるショックウェーブを使った治療。


直後は揉み返しのような症状も見られたが
以降は回復速度も早くなり
今週の出走に間に合った。


当初は一番出走したい福島のD1150mが
多頭数で出走できない可能性があったので
その場合は阪神の芝1200mをメインに
と考えていた。


ところが
特別登録の段階で
札幌のSTV賞が少頭数。


昼過ぎの時点で5頭しか登録が無かったため
ウチの厩舎を始め少頭数を狙った馬が

『念のため…』

と登録を行い
頭数が増えた。

というわけでヴィヴァーチェも
札幌出走の可能性を持ちながら投票日を待つことにした。


追い切りは
開催3場全てが
距離は違えど輸送があることを考えて
余裕を持たせた調整。

あとは輸送後の微調整で
ピントを合わせる方法を取った。


想定では
福島が抽選対象で
阪神がフルゲートで出走可。

札幌については
やはり少頭数で出走できる見込みとなった。


オーナーとも相談させていただいて
直前輸送のリスクを見込んだうえでも
札幌へ行くことに決定。

木曜日の午後に出発し
金曜日に無事到着。

『飼葉もしっかりと食べています』
と報告が入った。

以前芝で走った時は
初勝利直後で
馬体も疲労気味。

ソエも少し気にしていた記憶がある。

今回は
心配していた輸送を無事にクリアしたことで
以前と違う新味に期待。

ダートと同じように
じっくり構える事になるだろうが
藤岡佑Jの手腕にも期待したい。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
かわいい かわいい
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
小島先生、今週も更新ありがとうございます

ティンバーセブンの障害練習とても興味深く読ませていただきました。
十人十色とは言いますが、馬にもそれぞれの性格(?)個性(?)を持っているんですね

今週は3場で出走ということですが、小島先生はどこの競馬場に行くんでしょうか?出走場の多いところ、一番勝つ確立の高い馬が出走するところ等なにか理由があるんでしょうか??
お忙しいのに質問してしまいすみません
それでは、今週も応援させていただきます
まきやま
2009/06/27 06:22
小島先生おはようございます。
ティンバーセブンのコメント可愛い過ぎて爆笑しながら読ませて頂きました。
大人しいと言うかおっとりと言うか…人間で言うと天然系ですかね(笑)
今日も可愛いセブンの好走を願って応援してます☆

お忙しく体もキツいと思いますが、体調管理に気を付けて頑張って下さいね!
horse
2009/06/27 10:09
小島先生お疲れ様です。

ティンバーセブンの障害練習の状況を教えて頂きありがとうございます。

私のイメージ通りのマイペースさに笑わせて頂きました。

今日は、久しぶりの芝のレースで馬体重+10キロ小島先生の評価はどうだったのでしょうか。

でも、無事にレースを終えられて良かったです。


カメ
2009/06/27 15:42
ティンバー、ある意味、頑張り屋さんですね(≧∇≦)b
ayu
2009/06/28 08:35
まきやまさん、horseさん、カメさん、ayuさん、皆さんコメント有難うございます。
ティンバーセブン人気者ですね。
+10Kgでの出走については何とも判断しがたいというのが正直なところです。最終追い切りは、かなりビッシリやりましたし、私も『プラスじゅうだ〜?』と装鞍所でよく馬体を観察しましたが、太くはなかった様に思いますし…実はこの日、軒並み馬体重増の馬が多かった様で『えっ?』という声が他の陣営でも聞かれました。しかも輸送しての結果なので『???』ですね。
レース後は久々の芝で、しかも福島の硬い馬場だったせいか、少しトウ骨に痛みが出て気にしていました。今後はダートに戻すか、柔らかい芝の競馬場を選択するか今は迷っているところです。
調教師
2009/07/10 17:17

さて競馬開催日の臨場についてですが、基本的には調教師が一番遠い所にいくケースが多いような気がします。調教助手は早朝の調教後に移動する事が多いため、近くが良いというになりますが、私も調教に乗ってから移動することがあるため、日によっては大変です。
あとは新馬戦や障害レースは、ウチの厩舎では可能な限り調教師が行くようにしています。どこに行くか迷った場合は、馬主さんが応援に来られる予定の競馬場を優先したり、パドック等で手伝いが必要な馬が出走する競馬場を優先したり…。
木曜日の出馬確定前から、その週の人の動きについてシュミレーションをしておいて、出馬確定後に慌しく動きを決める。
場合によっては飛行機や新幹線のチケットの手配など…色々と大変なんですよ。


調教師
2009/07/10 17:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆6.27〜28の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる