小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆7.3〜4の競馬

<<   作成日時 : 2009/07/03 21:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 6














先週の競馬は3場で大忙し。

私はもちろん
3人の調教助手も総動員で
競馬に行かないスタッフも
残された馬達の面倒を見るため
各場でテンヤワンヤだった。


私は土曜日に美浦で
チョコチョコと調教に参加して
福島へ移動。


福島競馬後は
飛行機で関西へ。

小倉競馬参戦前に
阪神競馬に出走するため
栗東に滞在している2頭。

その2頭の日曜調教のために
栗東へと向かった。

そして調教終了後は
阪神へ移動。


調教師が大変なのは
3場で出走させている時。

可能な限り全場のレースを見なければならないために
どこかの競馬場で待機しなければいけない。


この日も
札幌が9R
福島が4Rと6R
阪神が9Rと11R。


福島競馬から始まる全てのレースを見るために
阪神に急いで行っておく必要がある。

臨場できない競馬場のレースも
しっかりと見て把握し
その上でスタッフからの説明を聞いて
馬主さんへの報告をしなければいけない。


ここだけの話…
自分がいる競馬場のレースが忙しくて
『あっ!終わっていた』
ということも無くはない。


そんな失敗をしないように
携帯のスケジュールを
レース時間に合わせて
アラームを鳴らしたりもするが…

いざアラームが鳴った時に
『何だ…このアラームは?』
と忘れているようなドジも無くはない。



他厩舎の臨場業務を頼まれていたり
何だかんだで
ゆっくりできないものだ。


日曜日の阪神は
美浦で調教を終えた調教助手が
レースの手伝いに駆けつけてくれたが
レース終了後は慌しく競馬場を出発。


宝塚記念当日だけに
混雑を避けるのに大変。


おまけに
私は北海道の牧場へ行く予定だったので
最終便に乗れるかとヒヤヒヤ。


2人で大汗を流しながらの移動となった。



伊丹空港からの千歳便。

いつも思うが
何であんなに小さいんだろう。

予約はなかなか取れないし
機内は狭いうえに2時間の飛行。

何度乗っても疲れだけが残る。


到着後は
さすがにバテて千歳泊。

しかし明朝は早くから移動を開始して
浦河まで行って帰ってきた。

あちこち廻って
走行距離も400キロを超えたのだから
けっこう頑張った。

でも調教師にとって
一番忙しい時期だけに
上には上がいて
皆が走り回っている。


ほとんどの調教師が
身を削って頑張る時期だ。



月曜日のうちに美浦へ帰ったが
さすがに到着は遅く
しばらく疲れが残ったのは
完全に歳のせいだと実感。


今週も
美浦から函館
そして競馬や馬産地めぐりと
予定が一杯。



そんな中
開業以来お世話になっていた馬主さんが亡くなられた。

毎年のように一頭ずつ預けていただきながら
あまり芳しい成績をあげられなかった。


せめてものお詫びと
今までのお礼を伝えたくて
函館調教後の馬産地巡りを
急遽変更して東京へUターン。


人の不幸に直面するのは
本当に辛い。









前に質問があった件。

具体的に言うと
ティンバーセブンの特別登録を
福島、阪神、札幌と3場全てで行った意図について。


当初は福島の芝長距離一本の予定。

しかし阪神の芝2000mも頭数が少ない。

札幌にも芝1200mがあったが
昼頃まで7頭程度の登録のみ。


こういう時は
頭数が少なくならないようにと
『頭数が少ないよ〜』
とJRAから中間の告知がある。



その告知のお陰か
結果的にはソコソコの頭数が登録を済ませたが
それでも蓋を開けてみなければ分からない。


30頭以上が登録しながら
出馬投票した馬は凄く少なかった
というケースも過去に結構ある。


特に特別レースは
登録を済ませていなければ出走できないので
迷った時には
一応やっておいた方がいい。


何度か
特別登録しておけば…
と後悔したこともある。


もちろん登録料は必要だし
出馬投票しなかったレースについては
払いっぱなしということになるので
馬主さんには少なからず負担をかける結果となる。


だから迷うところなのだが
こういう頭数が少なくなる可能性が高い時には
絶対やっておいたほうが良いのだ。







現時点のティンバーセブンは
まだまだ1000万下で揉まれる必要がある。


ビュッという脚が無いティンバーが
よりチャンスを上げるためには
頭数が少ないところで動き易くすることで
チャンスが広がる。


一番良いのは福島芝2600m。


でも阪神芝2000mや
札幌D1700mでも
頭数次第では自分の競馬がし易くなる
というわけだ。



結局は芝2600mに出走となったが
札幌の行く場合は
その後のレース選択
美浦に帰厩するのか
北海道に残るのか。


阪神に行く場合も
出走後は…?

と悩みは多い。



同じケースで
先週3場全てに登録していたヴィヴァーチェ。


当初第一希望は
福島D1150mだったが
恐らく除外対象。

一応は
阪神芝1200mにも登録して…
という予定だったが
ティンバーと同じように
札幌芝1200m少なし…という告知。


急遽札幌も登録して
結局は一番少ない札幌に決めた。


輸送のリスクや
久々の芝という部分もあったが
札幌の芝は
阪神よりも後方からの馬が
伸びてくる傾向があるということ。

その後のレース選択も加味して
リスクが多そうでも
一発が有りそうな札幌に収まった。

結果5着なのだから
失敗ではなかったと思う。


この時期はとにかく大変。

函館行きの飛行機を待ちながらのブログ作成だが
本当にやることは多いのだ。



でも7月に続くセリ終了までは
調教師稼業の頑張り所なのだ。








3日(土)


◎札幌3R シンセイサクラ D1700m △宮崎北斗

前走後は函館に移動。

開催が行われている札幌の
自己馬房数が少ない事から
近くの牧場に短期放牧に出すか
函館に移動するか悩んだ。

札幌の少ない馬房を
有効活用しなければならないし
2つしかない馬房のために
乗り手と厩務員を滞在させておくこともできない。


牧場か函館か…
いずれにしても移動のロス。

牧場の方が近いが
再度入厩させた時に
その時の馬房使用状況によっては
結局函館行きという事もある。

ということで函館移動が決定。


先週は阪神で宝塚記念ということで
想像以上に少なかった札幌未勝利。


連闘での出走か否かも考えたが
さすがにレースの疲れも大きかったようで
回復を図るために連闘は諦めた。



ところが今週は
先週少なかった反動なのか
先週以上に出走意思のある馬がが多くなった。

中1週では困難か…?
とちょっと困っていたのだが
見事抽選を突破。

たまには良いこともある。

中間の調整は
疲労回復に重きを置き
回復が見られた今週は
いつものように
気分良く走らせることを念頭に置いた追い切り。

前走と比較して平行線の印象だが
今度は函館からの移動もあるし
結果がどうでるか。

それでも前走は
少し控えめな乗り方での結果。

『バテないスタミナはあるし
次は少し攻めの競馬をしても良さそうだな』
とレース後に会話した宮崎Jに
再度頑張ってもらいましょう。










4日(日)


◎阪神11R ブリオーサ 芝1400m 酒井 学


久し振りの阪神参戦。
転厩当初は神経が細やかで
輸送にも気を使ったレース選択をしていたが
最近は飼葉食いもモリモリ
馬体も充実して体重増。

まだ細やかな部分は残っているが
『輸送で行って良さそうだな…』と判断。


新潟開催まで待つ
という選択肢もあったが
馬場が渋ると全然ダメなブリちゃんには
今週の快晴予報が後を押してくれた。

馬場の良いところで出走させたい。
それが阪神輸送に踏み切った最大の要因。

もちろん具合は良い意味での平行線。

芝1400mと距離が短縮された事で
競馬もし易いはず。

気になるのは
最近は東京や福島、阪神で
外からの差しが利くケースが少ない事。

『外が伸びないんじゃなくて
前が止まらないんだよな…』
という声もよく聞く。


どうしてもソーっと乗りたいブリには
不利な傾向だ。

鞍上は酒井学J。


同じオーナー所有のプロヴィナージュに
秋華賞の前のレースに騎乗。

そのレースでは振るわない結果に終わったが
勝負所の3〜4コーナーで
両脇からプレッシャーをかけてきた2頭に負けず
最後まで頑張らせてくれたことが
その後のプロヴィナージュの成長に繋がったと
私は感じている。

今回もブリオーサに
そういう諦めない気持ちを植えつけて
次走以降の躍進にも繋がって欲しい。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
小島先生今週も更新ありがとうございます&お疲れさまです。
本当に目まぐるしい日々を送られていますね。ティンバーセブンの解説とても分りやすく、一競馬ファンにも理解できました!!
このご時世、仕事が忙しいというのは羨ましいことですが、まずは小島先生ご自身の体があってのことなので、あまり無理をなさらないでくださいね!!
まきやま
2009/07/04 00:46
忙しさの極致でも更新して下さるお気持ちに感謝一杯です。
保田隆芳先生が亡くなりました。競馬を築き守ってきて下さった偉大なホースマンのご冥福をお祈りします。
たらふく
2009/07/04 09:25
こんばんわ。
ブログを拝見するのをいつも楽しみにしています。
調子が整えば出走予定ということだったクィーンスプマンテが巴賞に登録がありませんでしたが、まだ仕上がり途上だったんでしょうか?
函館記念に出走できることを期待してます。

これからも体に気をつけてがんばってください。
さらこ
2009/07/06 21:19
小島先生、大忙しの中ティンバーセブンの複数レース登録の意図の質問に答えて頂きありがとうございます。

益々、競馬は奥が深いなぁ〜と感じました。こんな素人にも親切に説明して頂いて、感謝です。

これからも、色々勉強して色んな角度から、競馬が楽しめたらと、思っています。

カメ
2009/07/07 12:23
まきやまさん、たらふくさん、さらこさん、カメさん、コメント有難うございました。

保田隆芳先生は、私が競馬場に入った頃は、まだ現役で調教師をされていて『この方があの有名な…』という感じでしたね。
現役を引退された後も、よく東京競馬場には来られていましたが、本当に残念です。私達も偉大なホースマンに少しでも近づけるよう頑張らなければいけませんね。
調教師
2009/07/10 17:33

クィーンスプマンテの巴賞登録は迷ったうえで止めました。
帰急後の状態は決して悪くなかったのですが、さすがにオープン馬が相手。
例年頭数が少なくなる傾向がある巴賞だけに『今年は札幌開催だけで余計に少なくならないか…?』という読みで『登録頭数とメンバー次第では…』と思っていましたが、予想に反して頭数が多く、しかもほとんどがオープン馬。これなら、もっと良い状態に出来ることに時間を費やした方が良い、との判断です。
一応は函館記念も視野に入れていますが、巴賞のメンバーが、このまま流れて行くようなら、ちょっと無理かもしれません。函館記念も毎年少ないんですけどね…。
とりあえず今は函館競馬場で調教中。良い状態で出走できるよう頑張っています!!
調教師
2009/07/10 17:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆7.3〜4の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる