小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆8.29〜30の競馬

<<   作成日時 : 2009/08/29 01:02   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 13





















函館滞在も26日(水)で終わり。
水曜日の調教後に
ほとんどの馬が札幌へ移動。

最後の最後まで
札幌に滞在できる馬房探しで苦労したが
色々な方達のお陰で
何とか最低必要分は確保できた。

ご協力していただいた皆さん
貸していただいた調教師の皆様
本当に有難うございました。

水曜日の調教後は
私も車で函館から札幌へ移動。

元々は
札幌に置いていた車だったが
札幌から函館に移動する時に
飛行機に乗り遅れたため
しょうがなく車で函館まで移動。

今回はそのせいで
再び車で札幌へ移動するはめとなった。


正直言って
車の運転は疲れて嫌なタイプ。

でも
馬房確保作業のために
気が張っていたためか
何とか夕方には無事札幌着。


借りた馬房の位置が
札幌競馬場の向こう端から
こっちの端といった感じで
あちこちにあるため
スタッフも大変。


あと2週間の札幌滞在で
その大変な分の
成績を残したいところだ。




今日(厳密には昨日)は
札幌での調教終了後
浦河まで行って
そこから美浦へ帰宅。


移動中に…
と思っていたブログだったが
何だかんだ甘かった。


こういう時に限って
色々と面倒な事が起きるんだ。



何が起きたかは内緒。
大した事ないケースと
ちょっと問題な事と。


だから
こんな時間になってしまいました。

何度もブログを覗いて
『まだ更新されていない…』
そんな思いでいた人がいたとしたら
本当にスミマセン。



小倉滞在馬の一頭が
眼を傷めてしまったり
相変わらずのバタバタだが
もちろん出走する馬のほうは大丈夫。

自信を持って臨みます。


明日は朝イチで
美浦在厩馬のチェックと
簡単なミーティング。


すぐに再び札幌へ向かう予定だが
その車中と機中で
コメントへの返事をまとめられるよう
人間にも気合を入れます。
















29日(土)


◎新潟3R ニホンピロピンキー 牝 D1800m 吉田隼人

必勝を期した前走は
スローペースの内で
最後まで手を出せず
直線でやっと抜け出した時には
既に遅し。

中1週で臨む今度は
中間も微調整で
調子を落とさないように
少しでも上げられるように努めた。

最終追い切りは
初めての騎乗となる
吉田隼Jに騎乗してもらい
Wコースで単走。

少し時計は遅かった気がするが
ジョッキーは十分感触を掴んだようだし
追い切りを見ていたスタッフ達も
満足できる動きだったようだ。

今週も函館で調教に参加していた私には
その後の厩舎スタッフによるチェック
獣医によるチェック
その双方で
『前走以上に良い感じ』
という報告が入った。

あとは
牝馬限定戦特有の
遅い流れに左右されないよう
その辺はジョッキーが
十分解っているはずだ。







◎新潟7R アプロディール 芝1400m 高橋智大

前走後は
レースの疲れが抜けるのに
時間が掛かり
短期放牧に行った牧場で
じっくりと回復を図りながら
時期を待っての帰厩。

帰厩当初は
やはり本来の状態に無いな…
という印象が強かったが
調教を重ねながら
アプロディールらしさが復活してきた。

今週は
高橋智J騎乗で
Wコースに入って
単走追い切り。

終い重点の予定で
併走馬がいなかったため
他厩舎の馬を目標にした。

目標に定めた
他厩舎の馬を追い掛けるために
内目を通ったので
掲示された時計は速くなったが
全体的にはユッタリとした流れ。

『全体を流して
終い重点にしたわりには
ちょっと最後の1ハロンは
遅かった気が…』

と高橋智J。

『でも数字を見ると遅いけど
乗っていた感触は
良かったですよ』

と付け加えて安心させてくれた。

前走の感じから
芝1400mが第一目標。

ダメならD1200m
という予定。

スタッフやジョッキーのジャッジでは
『完調一歩手前
でもだいぶ良い感じになっています』
ということ。

残されたチャンスで
良さを出せるよう
前進を期待している。





◎札幌10R ピースエンブレム 牝 D1700m 岩田康誠

圧勝となった前走後は
放牧休養。

新設重賞となったレパードSか
このレースを目標に
調整してもらっていたが
今後のための賞金加算が第一
と判断して
牝馬限定戦となる
このレースを選び
余裕を持っての帰厩。

帰厩して一番感じたのは
春に苦労して調整していた
走行フォームの安定という成長。

春はピース自身も
辛いところがあったのだろう。

馬体をまとめた
無駄のない走りをさせようとすると
そのフォームから
逃げようとしていた。

全身を使った走りを嫌って
手先で走っていた感じだった。



走りにまとまりが出てきて
以前とは違って
馬体の収縮が
無理をせず
できるようになっていた。

こうなると調教は簡単で
張りやすい部分を
ケアしながら
調整を続けるだけ。

走法が安定した分
走りも軽くなって
乗り手は手こずらず
楽に調整が続けられた。

一週前の追い切りに騎乗してくれた岩田Jも
『動くし
乗り易いし
反応いいし…』

と悪いコメント無し。

『このままで大丈夫だろ?』
との問いにも
『全然大丈夫です』

以前は
名前の通り平和主義で
ボーっとしていた感じだったが
戦闘的ではないものの
ピリピリッとした部分が
持続できるようになっている。

このレースは
次へ向うための勝利
となってくれるはずだ。








30日(日)





◎新潟3R ホーカーハンター 芝2000m 柴山雄一


前走は
ほとんど良いところ無しでの
仕切り直し。

出走回数は
既に5走を超えているため
着順によっては
最後のレースになりかねない状況だ。


以前
福島でスタート良く前に行けた時
『終いの伸びが
想いのほか物足りなかった』
ということで
じっくりと乗って
後半に捲る
という作戦を取った前走が不発。

捲り切る前に
手応えが怪しくなり
それでいて
最後の直線は
またジリジリと伸びている。

まだ集中力の持続に乏しいため
ロングスパートではなく
前半と後半にエネルギーを使う乗り方が
良いのではないか。

レース中盤では
どうやって気持ちを抜きながらも
他馬に遅れないようにするか
そんな工夫が必要な気がする。


前走後も
追い切りでは
好時計を連発。


とても未勝利で
チョロチョロと走っている馬の
時計ではない。

せめて
際どい上位争いくらいは
できるはずだ。


しかし
その好時計も
乗り手の感触では
『走らされている』
というレベルを
脱していない。


馬場に行くのを嫌がるでもなく
淡々と走るし
決して走るのが嫌なのではない。

いわゆる無機質というか
感情の伝わり方が弱い。


『兄弟は皆
走る意欲が強すぎるので
注意が必要』

と聞いていたのに
まだその片鱗も見せてくれない。

何とか…
という気持ちで
最近は少し馬体重を減らす努力。

人間も動物も
空腹状態のほうが
神経が鋭敏になる。


あまり満たされていると
鈍感になるという考えからの
苦肉の策だが
その馬体重も
私の希望ほどは
減っていない模様。


しかし
最終追い切りに乗って
状態を確認してくれた柴山Jは
『良い感じになっているようです』

『前走よりは
気持ちが乗っています』
とジャッジ。

能力はあるんだけど…

頼むからそんな気持ちのまま
未勝利最後の競馬を迎えないで欲しい。











◎新潟6R ユリカチャン 芝1000m 高橋智大

出走取り消しとなったレースも含め
エントリーしたレース全てで
天気が悪かったという
雨女のユリカだけに
天気が心配だが
今回ばかりは持ってくれそう。


前走後は
短期放牧に出て
直ぐに帰厩予定も
蹄に熱を持ったり
歩様が硬くなって気になったり
帰厩までに時間を要した。

気になるところが解消してきて
美浦に帰厩してからは
徐々に徐々に
本当に少しずつ
歩きのバランスが良くなってきた。

追い切りは相変わらず楽に好時計。

いよいよ芝での出走になるが
軽い走方から期待は大きい。

期待されながら
悪天候による馬場のせいなのか
運が無いのか
一度も良い競馬をしていない。

このところ
ウチの管理馬で
良い結果を出してくれている高橋智J。

新潟直線1000mでの成績も良いし
たぶん残り2走となる残されたチャンスを
ユリカの今後のために生かしてきて欲しい。





◎札幌2R スノーオブサハラ D1700m 田中勝春

右にモタれる癖があるため
前走は待ちに待った左回りのつもりが
左手前で走る最終コーナーで
右後肢の踏ん張りが利かなかった。

完全に裏目。

再度右回りで
出走間隔が短くても出走し易い
札幌にチャンスを求めて遠征してきた。

しっかり追って投票した先週は除外。
今週は再度仕切り直しの投票で
好調を持続。

休養前より
歩様はかなり安定してきているし
追い切り後に硬くなり易い馬体も
その解消への時間が短縮傾向。

たまたま重賞騎乗で
札幌へ来ていた田中勝Jが
引続き乗れるのも強み。

なかなか手強そうなメンバーだが
血統背景から考えると
これくらいのメンバーなら
負けずに頑張ってきて欲しい。















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
小島先生、北海道滞在などでお疲れの中、
更新ありがとうございます。

いよいよピースの復帰戦、
志半ばで引退してしまったお姉さんの夢を継げるような走りを
期待したいです!
お姉さんの主戦ジョッキーだった岩田騎手に乗り代わりですが、
跨がった感触の違いなども知ることができたら嬉しいです。

小島厩舎のみなさん、残る所あと少しの夏競馬ですが、
秋競馬へ向けて頑張ってください。
平和の象徴
2009/08/29 01:30
お忙しい中、お疲れでしょうに更新、 有難うございます。
全馬のご無事とご活躍を祈っております
たらふく
2009/08/29 01:55
更新お疲れ様です。
ピースエンブレムの出資者です。

ピースエンブレムの復帰戦で勝利する姿を見たくて
明日は大阪から札幌まで応援に行きます。
秋に向けて、去年と同じコンビで同じレースを勝てれば良いなという妄想が現実味を帯びてくるような走りを期待してます。

それでは、明日ウィナーズサークルで会える事を心待ちにしております。
しき
2009/08/29 01:57
おはようございます(^-^)今新潟競馬場に並んでいます!声援おまかせください(^O^)
スズラン
2009/08/29 09:00
ニホンピロピンキーは積極的に勝ちに行ったレースをしたんでしょうね。
残念です
たらふく
2009/08/29 11:09
ピースもったいなかったですね
下馬評が高かったのが災いしましたね。次はもっと気楽な立場で走れればいいんですけど…
秋綾
2009/08/29 18:14
先生、アプロディールがお世話になっております。
おかげさまで何とか次走の権利はもらえました。
なんとかしてやってください。
本当に本当にお願いします。
リーピンティーチャー
2009/08/29 18:50
ニホンピロピンキーは完全に吉田弟の追い負け・・・非力だから追い負ける。一勝損したね。

2009/08/30 01:26
こんにちは^^
いつもブログ更新ありがとうございます。
お忙しいのに各馬の状況やスタッフさんの苦悩が伝わり、競馬界を身近に感じることが出来ます。
いつもありがとうございます。
はるぱぱ
2009/08/30 08:12
お忙しい中、ブログの更新ありがとうございます
ピースは残念でした
でも初物づくしの中良く頑張ったと褒めてやって下さい
ちょっと人気し過ぎでしたよね (苦笑)
ウィナーズサークルでお会い出来るのを楽しみにしていたのですが・・・
これからも宜しくお願いします
お市
2009/08/31 07:43
スノーオブサハラのレースを札幌で見ていました。
ずっと逢いたいと思っていたので、逢えて本当にうれしいです。
今回がラストチャンスだったのでしょうか。。。
もしそうであっても、また地方とかで逢えたらいいなと思っています。
3歳の未勝利馬が1頭でも多く勝ちあがれますように心から願ってます。
うえ
2009/09/05 19:08
平和の象徴さん、たらふくさん、しきさん、スズランさん、秋綾さん、リーピンティーチャーさん、神さん、はるぱぱさん、お市さん、うえさん、コメント有難うございました。

遅々として進まなかったコメントへの返事、一気にやらせていただきます。




ピースもピンキーも残念でしたが、どちらも一生懸命頑張っての結果。
次こそは皆さんの期待に応えられるよう人馬共に頑張ります。

ピンキーについてはジョッキーが『非力』だとか『追い負け』だとか言うコメントもありましたが『脚を余して負けるのだけは嫌だから積極的に乗ってくれ』と依頼した結果。決して追い負けではありません。
追うという技術については力が全く要らないわけではありませんが、基本的にはバランスとタイミング。今回に関しては指示した調教師のミスで、馬主さんにも説明してご理解していただいていますが、馬券で損させてしまった方達には申し訳無かったと思っています。
調教師
2009/09/11 18:57

一方でアプロディールは嬉しい初入着。高橋智Jの功績も大きく、最近では少なくなってきた渋い仕事をしてくれるジョッキーだと思って依頼したので良かったです。
『もっと走れるはず』という思いが形に出来て嬉しいレースでした。残された一回のチャンスをどう生かすか、アプロディール共々頑張ります。


スノーオブサハラは状態は良かったのですが色々とあって…。
ジョッキーは『俺が悪い』と責任を感じていたようですが、もう一回、いわゆるスーパー未勝利でもう一回頑張りたいと思います。


調教師
2009/09/11 18:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆8.29〜30の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる