小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆9.12〜13の競馬

<<   作成日時 : 2009/09/12 00:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 38 / トラックバック 2 / コメント 18














今週は
土曜も日曜も一頭ずつで
ちょっと寂しい。


でも少しずつ我慢した結果も現れてきて
成績も状態も上向き傾向。



変則の札幌も終わり
夏競馬も完全に終了。


忙しさも小休止。



久々に厩舎一同集合し
夏の反省を兼ねたミーティングと
世話になったジョッキー達を呼んで
恒例の安着祝い。

今週から気持ちも新たに秋競馬開始だ。




今日は
馬主さんから声を掛けていただいたこともあって
朝一番の飛行機で北海道へ行き
管理予定馬を一緒に見させてもらい
終了後に速攻Uターン。


帰りには東京を経由し
ジクジクしていた腰と左足の治療をしたので
人間も状態は万全だ。




土曜日にはピースエンブレムが
秋華賞トライアルに出走予定。

まだまだ全姉に追い付くには時間が掛かりそうだが
持っている力を出し切ればチャンスはあるはず。


今回も色々書く事があって
コメントは長いです。


ちなみに
クラブの公式発表で
『コメントが長い』
と評判になっているらしい件。



厩舎の場所が正門近くということもあって
クラブのスタッフさんが
だいたい最後に寄ってくれる。


ほとんどの厩舎の取材を終えて
それから来てくれることもあって
私もゆっくり時間が取れるので
馬房で馬を見ながら話をすることがほとんど。


他の先生は
忙しい最中に見つけて取材したり
慌しい中でのコメントにならざををえないが
厩舎の位置的なこともあってじっくりと話しができる。


長いと10分くらいは話をしているから
全部載せたら一冊出来上がるのではないか…。


今回も一冊とは言わないが長くなりました。

ピースを通じて
皆さんに厩舎のレース選択や
ジョッキー選択について
競馬に向かう経緯を知ってもらえればと思います。












12日(土)





◎中山11R ピースエンブレム 紫苑S 芝2000m 的場勇人


一つ上のお姉ちゃんに
お母さんのお腹の中にあったはずの闘争心を
少し多めに持って行かれてしまったのか…。

走る気
負けたくない気
もう少しそれを育む事ができれば
前走だって勝っていたはず。

勝てば紫苑S
そう思って臨んだ前走。

春よりも
自分から動く
自分の意思で走る
そういう姿勢が出てきていたから
どういう勝ち方をしてくれるか
そういう期待で一杯だった。


岩田Jは
『久々もあったでしょう』
『2着馬を外に出したくなかったから
早め早めに動いた分もあります』

そう言ってくれたが

『お姉ちゃんだったら最後に馬体が併さって
意地でも抜かせなかったのでは?』
と思う。


『紫苑Sどうしよう…』
と思ったレース後。



岩田Jから
『全然悲観しないでもいいと思いますよ』

『能力も感じるし…
でもまだ調教で感じる走りを
実戦ではできない部分はありますね』


『ゲートでは震えていたのもあるし
牝馬だから調教の良さが出せるのを
レース使いながらゆっくりと待ってあげるほうが
ええんちゃいますか』
そう言われた。



『でもな…
春もそうだったんだけど
俺達もあまりいじめたくないな…
って調教を控えると負けるんだ』


『古馬牡馬並みに攻めたほうが
結果が出るんだよ』


そんな会話をしながら

(そうだやっぱり攻め足りなかったのかな…)
と思い返した。




『勝ったら紫苑S行きたかったんだけど…どう思う?』
そう投げかけると

『軽い走りで芝はいいと思いますよ』

『追い切りに乗った時にも
芝でも良さそうと思いましたから』
と言ってくれた。



1000万下で堅実に行くのも有りだが
やはりトライアルでもう一度力試し。


メンバーが揃うローズSはともかく
紫苑Sはそういったメンバーが中心となるレースだし
『全姉が勝ったレースに向かうか否かの最終判断をしよう』
そう決めてオーナーサイドに紫苑Sに向かいたい旨を伝え
理解していただけるようお願いした。


問題はジョッキー。

休養明けで勝って
紫苑Sも岩田Jにお願いする。

紫苑Sで良い結果が出せれば本番でも…。

そんな目論見だったのに
復帰初戦から説得力の無い着順に終わり
これでは同じ日に行われる重賞で騎乗する馬を
断ってまで来てもらうことは出来無そう。

過去に騎乗したジョッキーの中で
松岡Jは本番での騎乗馬がほぼ確定。


ジョッキーのエージェントに
一通り調べてもらったところ
その時点で上位ジョッキーは仮予約で一杯。

その中には500万下の馬や
出否が未定の馬もいたが
急がなければ墓穴を掘る可能性さえある。


ピースに乗ってくれた事があり
いつも動向を気にしてくれている津村J
というプランも考えたが
結局選択したのは的場J。


ピースを応援してくれているほとんどの人が

『???』

そんなことも予想できたが
いつも言っている

『Best』
ではないにしても

『Better』
の選択をしたつもり。




以前グリーンチャンネルで的場Jの特集があった。

岩田Jが美浦に追い切りに来て
それでは…と的場Jと私と3人で食事をし
そこにその特集の取材が飛び込みで来たので
実は…と話した事がオンエアされたので
覚えている人もいるかもしれないが
デビュー当初の的場Jとは付き合いも無く
普段は挨拶程度。

全然興味も無かった。



でもある時
夏の北海道開催中に
いきなり『調教手伝わせてくれませんか…?』
と厩舎にやってきた。


『悪いけど手伝ってくれても
ほとんど乗せられる馬はいないよ』

レースでの騎乗数を増やすために
若手が調教を手伝うのはよくあること。

いまの競馬システムでは
なかなかデビューしたての若手に乗せられるほど
厩舎の事情も良くない。


『いえ調教だけでいいんです』
『お願いします』
そう食い下がるので
本当に調教だけを
ずっと手伝ってもらった。


そしてたまたま
『減量ジョッキーが必要だし
この馬なら馬主さんにお願いして
乗せてもらう事ができるかな…?』
という馬に乗って
その時に結果を出してくれた。


過去にもたくさんの若手が手伝ってくれながら
乗せてあげられずに日が過ぎて
結局は調教も乗らなくなってしまった
というケースはたくさんあった。


せっかく手伝ってもらいながら
『申し訳ないなー』という思いを抱く
とういうケースが多いのだが
長く競馬に乗せなくても
ずっと手伝ってくれていた。


あとで
『何でウチの調教を手伝おうとしたの?』
と聞いたら

『先生のところの調教は
ちょっと変わっているな〜と思ってたので
手伝って何を考えているのか知りたかった』
と言う。


勝ち鞍が増えて
手伝いを頼まれるケースも増えた今では
調教も多忙な状態のようだし

『結局は暇だった』

というのも間違いなくあるだろうが

『今日は調教忙しくないから乗らなくてもいいよ!』
と言っても

『じゃあ馬場まで調教を見に行っても良いですか?』
とついてくる。


グラスワンダーやライスシャワーなど
数々の名馬に騎乗した名ジョッキーである
父親の的場均現調教師の影響もあってか

本当に競馬が好き

そんな若手である。


今ではウチの厩舎の依頼ジョッキーとして定着しているが
決して毎回満足できる騎乗をしているというわけでもない。

お前もうちょっと頑張れよ〜
そう思った事も何度かある。


しかし
『こいつスゲーな〜』
という騎乗も何度かあり
田中博や北村友
といった同期が重賞勝ちをする中で
まだ重賞勝ちは無いが
勝ち鞍も連対率も悪くない。

あとは良い馬に恵まれる事が必要だ。


『スゲーな〜』という騎乗をした時や
『あのレースはどう思う?』という会話になった時
身近に素晴らしい教科書たる父親がいるからだろう
レースの話をすると
これが結構深くて面白い。




まだまだその受け継いだ知識や
ジョッキーたるDNAを
生かし切っているとは言い難いかもしれない。


でも
何となく今のピースと似通っていて
一緒にチャレンジさせても…と思った。


物議をかもすだろーな…
という思いも併せ持ちながら。


あまり良い話ではないが
『運が悪いなー』
ということも多い。


1000万下で好走しているフリソのデビュー戦。
オーナーにお願いして
乗せていただいたのだが
ダートに投票も
除外されて芝で凡走。

次走は他のジョッキーで
ダートに出走して大楽勝。



秋華賞で3着したプロヴィナージュの
初勝利が掛かった競馬。

こちらもオーナーにお願いして
乗せていただいたが
苦手の道悪で大凡走。



勝負の世界
運は大切な実力でもある。





ウチとの相性や
本人への期待度以外にもいくつか。


全姉のブラックエンブレムはもちろん
ピースにも調教で何度か騎乗している。

そういう経験値での可能性。




そして
岩田Jとの絡み。

岩田Jが中央移籍した年に
的場Jもデビューしたため
免許を一緒に受け取った変則同期。


そういうこともあって
結構可愛がってもらっているようだ。


岩田Jが色んな悪戯をするので
的場J自身は結構嫌がっている時もあるが
真面目な顔をして的場Jにアドバイスしている事も多々ある。


岩田Jが仕込んだ馬を
的場Jが勝たせたり
その逆もウチの厩舎では多い。

私の目論見通り
先週の日曜日に新潟のジョッキールームで2人に会った時には
既にピースエンブレムの話をしていたようだ。




今回の起用を理解してもらおうと思って
こんな話を書いたわけではない。

私もいちファンだったら
『的場かー』と思っていただろう。


正直言って今の的場Jの位置はその辺だ。

良い結果が出るかどうか
ドライバーも馬も
今までの成績では
チャレンジャーの域を出ていない。


だからこそ一緒に頑張ってきて欲しい。


ジョッキーの話で長くなってしまったが
肝心のピースは北海道からの輸送にもへこたれず。

今週は攻めの姿勢で一杯に追った。


課題と目的は

『やる気』

3頭併走の真ん中で
引っ張るだけ引っ張って

『走りたい!』
という気持ちを溜め込んで弾く。

期待していた通り
最後の直線で併走馬を突き放したが
こういう動きをした時には結果は良。

今回も同じ結果が出る事を願う。

天気が渋りそうな予報。
ピース自身の適正は判らないが
道悪が苦手だった姉を思うと
良い馬場での競馬を望みたい気持ちだ。











13日(日)







◎中山9R ヴィヴァーチェ 芝1200m ハンデ51Kg 藤岡康太
 

前走は
作戦や厩舎の意向が
上手く伝わらなかったようで
自分の競馬ができなかった。

ジョッキーも
『ハミを噛ましちゃって
上手く乗れなかった…』

『全然追えなくて…スミマセン』

再度仕切り直しだ。

短期放牧中も
牧場で順調に乗り込み
札幌競馬場を経由して美浦に帰厩。

最終追い切りは
坂路で単走。

動きは良かったが
調教助手の話では
『少しズブくなってきたかな…?』


開幕週の芝だけに
控える競馬が自分のスタイル
というヴィヴァーチェには課題も多いが
51sというハンデを生かして
前々走の様な走りを見せて欲しい。











































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
小島師に聞け・紫苑S
中山11R 紫苑ステークス OP 毎週、自厩舎の出走馬の状況について詳細に書いて ...続きを見る
雲國齊の無謀
2009/09/12 08:45
ザレマが京成杯AHを制する
ひとこと ※秋競馬になっても、なかなか回収率が改善しないのう。 注目記事 ◆三浦 皇成騎手のイギリスにおける騎乗成績【9月12日(土)】 ◆三浦皇成騎手、海外初騎乗初勝利 ※こういうところで初勝利するあたり、確かに「持ってる」んだとは思う。が、逆にやっぱり武一家はさらに凄いんだなということを改めて思ったりするw ◆サマーシリーズ ポイントランキング(最終結果) ※秋山騎手が優勝。 レース結果 ◆【... ...続きを見る
BrainSquall【競馬ニュース&コ...
2009/09/13 23:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
騎手選択も頭痛いですね。それにしても最近のエージェント制は調教師さんには手間が省けていい面もあるでしょうが、我々ファンにとってはなんかしっくり来なくて一長一短のような。
ファーブ4
2009/09/12 01:33
先生、ピースがいつもお世話になります
会員の中には「コメントが長い」と感じる方もあるようですが、
出資者としては詳しくコメントが見れるのが嬉しい限りです。今後もよろしくお願いします

先生のそうした姿勢に好感を持っていますので、今新規出資募集の時期ですが、先生の厩舎予定のマンハッタンカフェ産駒にも興味を持って検討しているところです。先生のところには、出来れば毎年出資したいです。

ただ、折角のトライアル出走なのに、フローラSの時が津村騎手、今回が的場騎手と格上挑戦の度に、鞍上が弱化するのは、正直「なんとかならないか?」と思ってしまいます

馬の自己条件より上のクラスでケイバするのですから、ここは有力どころのジョッキーのお力添えが欲しいところです。関西に重賞があろうが、関東の有力どころの騎手は、実際紫苑Sに乗りますので、素人目にはあまり関係無い様に感じます。

松岡騎手が騎乗できなければ、先生の厩舎の馬は、若手になってしまうんでしょうか?失礼ながら、先生の厩舎の騎手人脈の限界を勝手に想像してしまいました。ですので、「長いコメント」が却って「言い訳」に見えたのも事実です

そんな素人の外野の声も結果が出れば、一蹴されるはず。今日のピースの走りに期待します。頑張れ、的場騎手&ピース
マスタング
2009/09/12 03:05
紫苑には追憶という花言葉があるそうです。
姉を思い、我々は走りを見守ります。
チャレンジャー上等
どんどんチャレンジして行ってください
応援しています(^o^)
野柳
2009/09/12 05:45
先生と的場Jのコンビと言えば冬の小倉でのマチカネフクノカミを思い出します。
中舘Jとの一歩も引かない逃げ争いできっちり主導権をとって逃げ切ったレースだったと思いますが、あれで的場Jをかなり見直したことを覚えています。
今回も的場Jにはあのレースくらいの思い切った騎乗を期待してピースを応援したいと思います。

りりかる
2009/09/12 06:12
1頭で寂しいとのことでしたが、トライアルに出るだけで賑やかじゃないですか。
ここで権利取って本番にいったら穴人気しそうなのが難点ですね(笑)
もくに
2009/09/12 08:08
先生のコメント並びにblogいつも丁寧に書いていただき感謝しております。

今回の件でお気を悪くなさらないか心配です。
これからもどうか続けてください。
遠浅
2009/09/12 09:59
小島先生、おはようございます。
長文のコメントは特典みたいな感じで出資する時の判断材料にもなってますよ。
いつもワクワクしながら読まさせて頂いてます。

中山は雨ですね。
ピースには姉に負けないパワーがあります。
馬場が渋ってもこなすと思いますよ。
あめ
2009/09/12 10:06
的場Jはナイスですよ。今回の起用はとても楽しみです。
新潟では、A着入線後に@着繰り上げがあり、そのすぐ後に@着入線したものの降着という試練を経ています。なかなか辛酸をなめているジョッキーです。いい結果を祈っています
たらふく
2009/09/12 10:59
岩田J、真面目な顔して後輩にアドバイス
してあげてるときもあるんですね(笑)
好きだなぁ〜、岩田J*^-^*
ayu
2009/09/12 12:55
こんにちは
いつもお疲れ様です。
ピースの今回のトライアルに関しての
感想はマスタング氏が統べていってくださいました。
ちょっと残念に感じています。
ダートもぱさぱさは?がつきますがダート路線で
これからはがんばってもらいたいと思います。
ニシヲ
2009/09/13 17:59
こんにちは
いつもお疲れ様です。
ピースの今回のトライアルに関しての
感想はマスタング氏が統べていってくださいました。
ちょっと残念に感じています。
ダートもぱさぱさは?がつきますがダート路線で
これからはがんばってもらいたいと思います。
ニシヲ
2009/09/13 18:27
小島先生こんばんは。
紫苑ステークスは、口取りの権利も得ていたこともあり、
非常に残念な思いで肩を落として帰宅したのですが
それでもピースエンブレムの成長と出世を信じて、
また口取りで先生とご一緒させていただける日を夢見て待ちます!!

私は先生の長〜いコメントもブログも大好きですよ。
状況を知る手段がそれしかないなかで
詳細にいろんなことを教えてもらえるのは
出資者冥利に尽きるというか、
それだけでも小島先生のところで良かったと心から思えるのです。
TCHAIKO
2009/09/13 21:23
こんばんわ。
私も先生の長いコメント大好きですよ!
人それぞれ考え方は違うので全員が賛同しないのは仕方ないかもしれませんが、
私は馬の事を良く考えて大事にしていただいてるんだろうって思えるのですごく嬉しいです^^
クラブ会員は馬が走る週末以外に、近況読む楽しみもあります。
長いとお得な気分になれます(笑)
話す先生も大変でしょうし、メモしてHPに載せるKさんも大変でしょうが、私はぜひ継続して欲しいと思っています!
爽やかな笑顔のKKコンビの活躍を今後も楽しみにしてます(*^_^*)
JEN
2009/09/16 21:00
こんにちは〜
いつも丁寧なお話、じっくり読ませて頂いています
正直「え?的場J・・・」と思った一人です^^;
このブログを読まなければ真意の程が分からなくてきっと不満を抱えたまま過ごしていたと思います
そういう意味でも先生のコメントには助けられています
愛馬の活躍を望まぬクラブ会員さんはいませんものね
これからもピースの事本当に宜しくお願い致します
休養を挟んで成長した姿を楽しみにしています♪
お市
2009/09/18 07:47
ファーブ4さん、マスタングさん、野柳さん、りりかるさん、もくにさん、遠浅さん、あめさん、たらふくさん、ayuさん、ニシヲさん、TCHAIKOさん、JENさん、お市さん、皆さんコメント有難うございました。

まずはピース残念でした。
現時点での課題はやる気。総合的に言って力不足ということでしょう。

負けてガッカリという方も多いと思いますが、まずはいくつかのコメントにあったジョッキーの件。選んだ経緯は書かしていただきましたが、書いた事で理解を得られる事は期待出来ないだろうとは思っていますし『えーっ?』と思う人もいるだろうからあくまでも経緯の説明です。

常々こういう場合は説明=言い訳と捉えられるのはしょうがないとは思っていますが『また言い訳と捉えられるのだろうな…』と思いながら説明するのも疲れるものです。
調教師
2009/09/19 21:13

ちょっとジョッキーについて書きます。
基本的に個人馬主さんであれ、クラブ所属馬であれ、厩舎でも成績上位ジョッキーに乗ってもらいたいのは皆同じ。

しかしジョッキーエージェントが増える中で、受ける側も、より良い馬を選択しようという意図が生まれてくるのは自然なこと。

続けて乗ってくれている走る馬なら、先方から『どこを使うの?』と言われることがありますが、条件馬だと続けて乗ってくれている馬以外は『少し時間をくれますか?』と保留にされることが多いものです。

『早く返事を下さい』と言っていても、引っ張るだけ引っ張られ、前の週くらいにこちらから聞いて『あっごめんなさい、それ乗れないわ〜』と言われたこともあります。

酷い時には快諾してもらっていたのに、急遽良い馬が回ってきてドタキャンというケースも。

ピースの初戦は、お姉さんに初重賞を取らせてくれた関東の松岡J。
春に上手くクラシック路線に乗っていれば、もちろんそのまま松岡Jが乗ってくれていたでしょう。

松岡Jも今では関東の超人気ジョッキーですから、かなり前から乗ってもらうという事で頼んでいたレースで直前になって横槍が入り、エージェントもジョッキーも八方塞となってしまった事さえあります。この時の相手馬は全く成績的に頭打ちでもありましたが、説明しがたい力でゴリ押ししてきたケースです。
調教師
2009/09/19 21:16
夏を越えた時点でピースの成長を感じましたが、春の主戦を期待していた松岡Jは既に本番では無理そう。そこで北海道にいるジョッキーの中から岩田Jに依頼。ここで力のあるレースをすれば引き続き紫苑Sに乗ってくれる可能性もあったと思いますし、紫苑Sの結果次第では本番も…そんな賭けでした。賭けに失敗した以上は都落ちもしょうがありません。

札幌で勝って、それでも岩田Jが乗れないとなれば秋華賞馬の下というバックボーンもあってエージェントからの推薦もあったかもしれません。
秋華賞馬の下ですし、期待する人が多いのもわかります。
しかし一頭一頭血統も何も関係ない馬という事で考えればピースは、ジョッキーサイドから見れば、その他大勢の条件馬。


身内に内心の期待はあっても、上位ジョッキーが手を伸ばしてくる位置にいないということです。

以前、馬主さんからの依頼で乗せたジョッキーから、レース後『この馬はこの程度だ』と言われて唖然とした事があります。もちろんその場に居た厩舎スタッフも凍り付いていました。
『次は少しでも上の着順を』というモチベーションで頑張っているウチの厩舎には信じられない発想です。

騎乗の確約をもらっていたのに追い切りに乗ったら『歩様が硬い…』とボヤキ、その後『他に騎乗する馬ができた』とドタキャンされたこともありました。もちろんウチの馬はその馬を負かして僅差の2着。スタッフ一同溜飲を下げました。嫌な気持ちを持って乗ってもらうよりは良かったと思いますが、見えないところで大変なのです。

レース後に『お前の乗っている安馬とは違うんだぞ!俺の馬はいくらすると思っているんだ!』と前でフラフラしていたジョッキーに怒っている場面を見たこともあります。何か釈然としませんでした。
調教師
2009/09/19 21:40

こういうことはウチの厩舎だけではなく関西も含めて上位の厩舎でも起こっている出来事。関係者が喜んでくれるネームバリューで行くのか、厩舎とコミュニケーションが取れるジョッキーを選択するかは難しいところですね。

色々と意見があるのは分かりますが、一緒に現場にいてくれたら解り易いだろうになーと悩ましくもあります。ジョッキーについては長い長い課題です。まだまだ書き足りませんが、きりが無いのでここまでにしましょう。
調教師
2009/09/19 21:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆9.12〜13の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる