小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆10.4の競馬

<<   作成日時 : 2009/10/03 22:17   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 8















未勝利馬にとっては
いよいよ最後のチャンスとなる週。

ウチの厩舎でも
最後の一頭となってしまった馬が出走。

今週は一頭だけの出走ということもあって
余計に力が入る。

他の未勝利馬達は先週までの結果を経て
それぞれの行き先を決定。


繁殖へあがれる事になった馬。

地方へ新天地を求める馬の中には
成績次第で再入厩を考えている馬もいる。

一番残念だったのは
デビューすらさせられなかった馬が
数頭いたこと。

競走馬に生まれた以上は
競馬場でその勇姿を見せる
ということが最低限の目標。

それすらさせられなかった事は
責任を感じる。

この馬をお借りして
馬主さんと関係者の方々
応援してくださっている皆さんに
お詫びさせていただきます。

ウチの厩舎でも
ボチボチ2歳世代の入厩が増えてきているが
今までの世代で発生した反省を元に
少しでも責任を果たせるよう
更に努力が必要だ。










4日(日)






◎阪神5R スノーオブサハラ D1800m 高橋智大


最後の未勝利戦。
最後のチャンス。

前走は『今度こそ勝てる』
という手応えを感じての出走だった。

後肢にウィークポイントがあるので
スタートが遅いのは織り込み済み。

ジワッと内に入れての
スムーズなレースを考えていたが
外の馬から内に押し込まれ
ノビノビ走っていたサハラは
馬体をギューっと押し込められてしまい
ウィークポイントに負担が掛かったのか
バラバラな走りとなってしまった。

更に流れが落ち着いた向こう正面で
手前を変えられず
変えたのは3コーナー手前。

結果として
最終コーナーを逆手前で
終始外へ外へと張ってしまう
チグハグな走りとなってしまった。

見ていて故障したのかと思ったくらい。

ジョッキーも
全く競馬にならなかった事を悔やみ
自分を責めていたが
サハラのキャリア不足が出てしまったのもあるだろう。


仕切り直し。


残された一回のチャンスで
同じ間違いを繰り返さない為に
今回は調教とレースを可能な限り結び付けられるよう
そういうジョッキー選択をした。

高橋智大J。

最近になって
ウチの厩舎の調教を
何頭か乗ってくれるようになっているが
他厩舎ではG1クラスの調教を任されている。


我々がこの世界に入った頃は
ジョッキーが調教に参加するケースは当たり前だった。


最近でも調教に参加しているジョッキーはいるが
以前のように『癖馬は任せろ!』とか
一から仕上げることを求められなくなってきている。

滞在競馬で
自分が付きっ切りで調教をつけて
それで馬の作り方を勉強する。

時代の流れのせいか
ジョッキーにそんな事も求められなくなってきた。


そんな仕上げを経験してきた
最後の世代とも言える騎手だ。

夏後半から
未勝利馬を中心とした何頭かを
レース騎乗込みで調教に参加。

私や厩舎スタッフと
意見交換をしながら
追い切りを中心に
手伝ってくれているが
レースに騎乗してくれた馬
他のジョッキーが騎乗した馬
ほとんどの馬が着順を上げ
信用を増している。

サハラのオーナーにもお願いして
高橋智Jにレースでの騎乗込みで
馬作りに参加してもらう事にした。

サハラに乗って直ぐの第一印象は
『内に入れるよりは外を回して
ノビノビ走らせたほうが良さそうですね』

前走のように
内枠に入ってしまった時には難しいだろうが
直ぐにそれを感じてくれたのは有難い。


良くなってきたとはいえ
少しソエの症状は残るので
そういった点も考慮しながら
厩舎の馬作りに参加してくれた。


予定していたD1800mは
中山に1レース
阪神に2レース。

メンバーを見て
その追い切りと前走までのコメントを見て
最近の状態を情報収集して
天気を見て
結果として選んだのがこのレース。


天気は予定通りで良馬馬になりそう。
枠も外目でバッチリだ。

ジョッキーは
サハラの為に他の馬を断っての阪神行き。

サハラの今後の為にも勿論だが
そういう色々な苦労が
実を結んでくれるレースになることを願うばかりだ。

状態は以前と違って安定し
比較的良い状態で出られる。

スーパー未勝利で
わざわざ阪神まで遠征し
関西馬相手に戦いを挑んでいくのも珍しい。

バリバリの関東仕様で初勝利といきたい。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
スノーオブサハラの必勝を祈願します。
調教パートナーはアイアムレギュラーだったんですね。
調教覧に名前を見つけて嬉しかったです。
高橋騎手にとっても すごく大事な勝負です。
お天気で力のいる馬場になりますね
たらふく
2009/10/03 23:37
スノーオブサハラってゴールドアリュールの下なんですね。
良血を維持するためにも頑張ってもらわないと・・・
もくに
2009/10/04 09:27
ラジオで聴いていましたが2度しか名前が挙がりませんでした。後肢が弱いからダッシュがつかず,どうしても後からになってしまうのでしょうか。悔しいです。
たらふく
2009/10/04 12:54
当該週ではないので、どこにコメントを残すか悩みましたがこちらへ。

ピースエンブレムの件の先生のコメントを読みました。何度も。
私は騎手起用に関しては納得しています。
TRに出走する以上、本番を意識した騎手起用、松岡さんは本番で無理、岩田さんにも断られた、その時点で有力騎手を探せっていうのが無理な話だと思っていました。
的場さんより多少実績がある騎手よりも調教パートナーの方がいいと判断したのはベストでないにしてもベターだったと思っています。

紫苑S当日はウイナーズサークル付近で見ていました。
本馬場入場の際、どの陣営よりも長く最後までピースを見つめていた姿と
(最後の方はターフビジョンで朝日CCの模様を見ていたようですが…)
レース終了後、どの陣営よりも早く状態を確認しに行った姿は心に残りました。
結果は残念でしたが、先生はじめ関係者の皆様にはあの時点で最善を尽くしてもらったと思っています。
がんも
2009/10/05 11:56
続き。(長くてすみません)

正直申し上げて、ピースに出資を検討していた2年ほど前、小島厩舎って大丈夫なんだろうかと思っていました。
でも、全姉も入厩しているようだしうまくやってくれるかもって思ったコトを覚えています。
今のところは思惑以上に可愛がってもらっている気がします。
紫苑Sの印象的な姿と詳しい報告など、今は小島厩舎の馬に出資して良かったと思っています。
大成するかどうかはわかりません。
もし、大成しなくても最善を尽くしてもらえたと思えば満足できます。
だから、今後も今と変わらず、出来る限りの愛情を注いで下さい。
欲を言えば、小島厩舎でダメだったのなら諦めもつくって思えるような成績の厩舎になって欲しいと願っています。

2歳馬のリズモアにも“小島茂厩舎だから”出資しました。
1歳馬は他に出資したい馬もいて、今のところ申込みには至っていませんが“小島茂厩舎だから”候補に残しています。

長くなりましたが、ピースもリズモアもよろしくお願いします。
また出資馬に関わらず小島茂厩舎を応援しています。
がんも
2009/10/05 11:57
フリソ出走するようですが・・・

2009/10/10 09:20
すみません、これは先週分ですね

2009/10/10 09:22
たらふくさん、もくにさん、がんもさん、、さん、コメント有難うございました。

スノーオブサハラは、もくにさんのコメントにもある通り、あのゴールドアリュールの兄弟。当然のように期待された産駒でしたが、当歳時の怪我が原因で力を出し切れずに終わりました。しかし競走馬になれたのも諦めずに頑張ってきた生産・育成に関わってきた人達のお陰。その頑張りを初勝利に繋げたいと思っていましたが、一番良い状態の時にスムーズさを欠いてしまうなど、最後は運に恵まれませんでした。
引き続き500万下相手に頑張らせようかという話もありましたが、現時点でソエの痛みも増していたので結局は乗馬の道へ。長く大切にしてもらえるようにお願いして送り出しました。最後まで怪我の影響が響いた感じですが、無事ならかなりの活躍が期待できたでしょうから、サハラの分もデビューが近い2歳の弟に頑張ってもらいたいですね。


ピースの騎手起用については色々と意見があるのもしょうがないと思います。これから力を付けてくれることで上位騎手が乗りたい馬に育ってくれる事に期待ですね。結果論ではありますがレース後は肢元に疲れが出た事を考えると、秋華賞に出られなかったのも良いほうの運に働くのではないかと思います。当時は上手く行かなかった様に感じた件が、後から思い返すと『あれが無ければ、良い結果は出なかった』そんなことは競馬の世界ではよくあること。ピースにもそんな競走生活が待っている事を期待しています。

、さん…でいいのでしょうか。更新が遅れたのでスミマセンでした。

調教師
2009/10/19 21:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆10.4の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる