小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆12.12〜13の競馬

<<   作成日時 : 2009/12/12 00:18   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 35 / トラックバック 1 / コメント 9















今週も美浦、栗東、香港と移動続きで
相変わらず忙しさを楽しんでいる充実した日々。

まだまだ
この状況は今週末まで続くのだが
全管理馬の関係者皆さんに
多忙による影響で御迷惑をお掛けしていないか心配。


先週末は香港に行ったため
日本では調教師不在の競馬も
留守中にフリソが出遅れながらも快勝。


今回も含め3勝全てが
調教師が居ないところでの勝利だったため
口の悪いスタッフは

『フリソにとっては
居ない方が良いことがこれでハッキリしました』
と言う。

『調教師が居ても勝てるようにしてこそ
初めて腕のある仕上げと言われるんだぞ』

『今度は居ても
勝てるように仕上げなさい』
と返しておいた。


日曜日には
一旦帰国。

月曜日には
お祝い事と
年末の恒例の謝恩会
という2件のイベント。

移動する時間の関係で
2件目は早々に早退させていただいたが
移動の連続で疲れないといえば嘘になる。

でも単純な性格のせいだろう
たくさんの人の中で
何となくパワーをもらって帰れた感じ。


火曜日は栗東。

水曜日も
栗東で追い切りを消化した後
飛び出すように美浦へ移動。


溜まった仕事や
出発の準備をして
再度香港へ向かった。



美浦も栗東も
留守を守るスタッフが全力投球。


先週が1戦1勝だったので
今週もその勢いを失わずに頑張ってほしい。









12日(土)

◎阪神4R ジュヌドラゴン 芝1800m 岩田康誠


前走は
鞍上の積極的な好騎乗もあって
力を出し切れての4着。

強かったメンバーでの成績だったし
十分評価できる内容だ。

もう一度
Mデムーロに乗ってもらいたかったので
阪神での出走を模索。

それなら短い間でも
栗東に滞在してみては
と先に行っている先輩達に合流。

滞在期間が短かすぎて
大して効果は得られないが
中1週での出走となるから
輸送が短いのも良いだろう。

移動後も変わりなく
逍遙馬道も初めてのわりに
小気味良い頸の使い方をして上手に歩き
栗東が向きそうなタイプに感じる。

追い切りは
短い滞在なので
無理をせず
Wコースで併走。

長めから
終い重点で一杯に追った。

一回競馬を使って
もう少し変わり身があるかな?
と思っていたが
相変わらずのノンビリ屋。

馬体の緩さも残っていて
まだハミを頼ってぶら下がっている。

しかし追い切ってから
少し緩みが解消したのか
しっかりとした走りに
変わりつつある感じ。

競馬に行ったら
案外一回使った変わり身が
表面に出て来るかも知れない。

MデムーロJ騎乗を期待しての遠征も
結局調整がつかずに
乗れないことになってしまったが
岩田Jが確保できたので良かった。


前走のような積極策で
更に良い結果を期待したい。







13日(日)

日曜日分は
眠くて眠くて…
ちゃんと誤字脱字がないか心配です。

内容の間違いだけはNGと気を付けましたが
どうか御了承下さい。




◎中山1R レオアラシ D1800m 津村明秀

初出走となった前走は
期待するもスローペースに嵌って
自力を出し切れず。

それなりの自信を持って臨んだだけに
スローで動けず
良いところがほとんど出せずに終わったのは残念。

レース後も
状態は維持できていたので
中1週での出走を決めた。

出走を決めたものの
調整過程で背中の張りなどが
ちょくちょくと頸をのぞかせ
ケアをしながらの調整。

最終追い切りは
予定より遅くなってしまったが
動きそのものは良かったようだ。

食いが良いだけに
馬体重が増えないよう
気をつけなければいけないが
中間の計測から
微増程度の可能性も。

平均的に流れるレース展開なら
前走のようなことはないはず。

動き出しをスムーズにするために
あまリ内で閉じ込められるような展開は勘弁だ。





◎中山7R アイアムイチバン D1800m 田中勝春


前走芝を使ったことで
今までより疲労が残った感じ。

疲れを取るのに
少し時間が掛かったが
レースが近づくにつれ
また調子を上げてきた。

追い切りやレース後には
肩が張りやすいが
本格的な調教を開始してからは心配なく
疲れが出ても回復が早くなっている。

新馬戦で勝った時もそうだが
『俺は勝つぞ!』
といった強い意思表示は無く
淡々と走るタイプなので
厩舎サイドとしては

『凄くいい感じ!』
となかなか強いコメントはできない。

だからといって
悪いわけでもないのがイチバンらしさか…。

追い切りは
ジョッキーに乗ってもらったが
指示していたより遅い。

『行き始めで少し硬いかな?
と思ってたら少し遅くなっちゃった』

『でも硬さは問題なかったし
終いの感じも良かったよ』
と状態は問題無いとのコメント。

追い切り後のチェックでも
状態の良さを確認できているので
イチバン自身がやる気になって
走りたいスイッチが入れば
新馬戦の再現だ。





◎阪神9R ブルーミングアレー エリカ賞 芝2000m 北村宏司


前走は思わぬ敗退。

現時点での距離適性で敗れた感じで
ジョッキーからも

『負けてなお強し』
といったコメント。

次走は距離を延ばしたレース選択も考えたが
中山には最終週の1鞍のみ。

ならばと
抽選対象になる阪神JFの出走を模索しながら
当日は芝2000mのエリカ賞もあるしということで
今後を見据えた意味も含めて栗東へ。

滞在当初は
当たり前のように環境の変化に
ドキドキしていたようだが
慣れるのも早かった。

しかし
環境に慣れるのに従い
今度は特定の馬に対して
警戒心を見せ始める。

特定の馬がどんな馬か…
一言でいうと実力馬。

栗東への移動が
丁度JC直前。

運動中に歩いている
前の馬達が止まったら
ピタッと歩を止めた。

警戒するような止まり方だったので不思議に思うと
その止まった馬達の中に
JC出走馬の特殊ゼッケン見えた。

その頃からしばらく
一部の馬に対して
警戒しているような素振りが見られ

『んー?』
とゼッケンの横にある馬名を見ると
有名なオープン馬ということが
ちょこちょこと…。

JC出走馬や
バリバリ有名なオープン馬に対し
一定の距離をとっている印象を受けた。


恐らくその馬達が放つ
独特のオーラを感じていたのだろう。

そのオーラのようなものを感じ取るだけの
鋭敏な神経を持っているは
競走馬にとって重要な事。

しかし
そのオーラに負けてしまってはいけない。
過去に滞在した馬の中には
栗東に滞在している時に
自信をなくしてしまい
美浦に帰ってから
元気が復活した仔もいた。

幸いな事に
格上馬の放つオーラにも
徐々に慣れたところでレースが近くなったので
できれば今度は
自分が同じようなオーラを放って
周囲を恐れさせて欲しい。

追い切りは1週前までは
少し余裕があるかな?
という動きだったが
先週末に良い雰囲気に変化。

ただし
デビュー前に恐れていたような
強すぎる気持ちが
気持ち悪いくらいに治まり
その時期を知っている身としては

『大丈夫かな…?』
と不安にさえなるほど。

最終追い切りも時計に拘らず
ビッチリとした併走で
闘争心を補うような内容。

その追い切りでも
古馬並みの落ち着きと
折り合いをみせたので
素直に喜んで良いのか…
気持ちが悪いくらいだ。

阪神JFが抽選となり
しかもかなりの低確率だったので
調整しやすさを理由に
エリカ賞一本で投票。

GTへの色気も無いわけではなかったが
距離への融通を出し始めた時期だけに
芝1600mを見据えながらの
芝2000mを持たせる仕上げは現時点で避けたかった。


もちろん必要な時期が来れば
芝1600mへの適性へ向けた仕上げは
していくつもり。

その機会を手元に近づけるためにも
今回は負けられない気持ちだ。




◎中京7R ナパ 牝 D1700m 北村友一

前走後は
牝馬限定戦がある中京に行くか
輸送の短い中山でレースをするか
暫く結論が出せず悩んだ。

結局は
以前より落ち着いてきたとの判断で
中京を選択。

レースでは落ち着いて走るのに
調教は走る気満々というタイプ。

熟練した乗り手でも
往生する事が多かった。

ところが最近は
誰が乗っても大丈夫。

この感じなら
輸送も問題ないと信じている。

前半のペースが
異常に速くなりやすい中京のD1700m
というのも気になる要素ではあったが
ナパの先行力と安定した能力があれば
対処は可能だろう。

鞍上は北村友J。

怪我による長期離脱から
今週復帰したばかりだ。

本来のウチの厩舎の考えからすると

『勘が戻るのに
時間が掛かるのではないか』
と慎重になるところではある。

しかし今回は
いつもお世話になっている関西の厩舎スタッフ達から

『友一をお願いします』
と何度も言われた。

人気を背負う馬だし…

関東のジョッキーにもチャンスを与えたいし…

と迷ったのは事実だが
度々行った栗東で
熱心に復帰へ向けて調教に乗る北村友Jを見ていると

『託してみても良いかな…?』
と思った。

有力厩舎の調教も多数手伝っているようだし
レースへの準備も着々と進んでいるはず。

こうして厩舎関係者達から

『乗せてあげてください!』
と推薦されること自体が
北村友一というジョッキーの
信頼されている証とも言えそうだ。

そうなるとこちらはこちらで
恥ずかしくない仕上げか不可欠となる。


追い切りに騎乗した調教助手は
いつもと比べるとムキにならない分
手応え的にちょっと心配に思っているようだが
本格的に落ち着いてきた証拠だろう。

初めての長距離輸送を
どう克服してくれるか
人馬の頑張りに期待だ。















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「競馬」を含むニュースと関連グッズの紹介
イマナビでは「競馬」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「競馬」に興味があれば是非ご覧ください! ...続きを見る
イマナビ!News&Shopping
2009/12/13 11:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
今週も有力馬が出走ですね。先週の勢いそのままに、期待しております。

香港観戦に行く事になりました。
「まだ一皮剥けそう…」とのコメントを頂き、引退は勿体無い気もしますが、集大成と思い、スプマンテの勇姿を目に焼き付けてきます。
すとーむ
2009/12/12 00:43


デビュー前からの期待馬です!

頑張れ!ブルーミングアレーちゃん!

先生も お体に気をつけて頑張って下さい!
サララ
2009/12/12 02:11
今から香港へ向かいます。
海外のハンデーキャッパーをもう一度唖然とさせましょう。
ノリ
2009/12/12 07:32
先生こんにちは。

ブルーミングアレーの「特定の馬に警戒心」や、
「栗東で自信をなくしてしまった馬」などのお話、
興味深く読みました。

やはり、お馬同士では感覚で「強い馬」がわかるんですね。
この場合は「ケンカが強い馬」ではなく、
「速く走る馬」ということなのでしょうか。

私なんかは未勝利馬もオープン馬も、
オーラも何も全くわかりませんし、
どれも同じ雰囲気に見えます。

そういえば前にどこかで、
「それまで連勝できていて、威張っていた馬が
負けたらショボンとなってしまった。」
というトレセン関係者のコメントを読んだことがあります。
普段から馬に接している関係者の方は、
そんなことまで把握できるんですね。

う〜ん、面白い!
tsuyonaka
2009/12/13 06:03
ブルーミングアレーさんの「オーラ」のお話。彼女の感性といい、その間合いを見逃さない、剣豪のような小島先生の眼力はすごいです。こういう文章から現代の作家は学んで欲しいですね。
レオアラシさんは内回りの大外で初戦より+8`では厳しかったですね。真価はこれからですね
たらふく
2009/12/13 10:58
ナパさん小回りコースの外枠が応えたのでせうか。残念でした。これからも北村友騎手とのパイプを宜しくお願いします。小島先生のブログは善い人ばかり出てきて「寅さん」のやうです。
たらふく
2009/12/13 12:05
アイアムイチバンさん、優勝おめでとうございます
田中勝春騎手も お見事でした。
たらふく
2009/12/13 13:12
アイアムイチバン勝てて良かったですね。
やはり田中勝春騎手の言う通り、芝・ダート関係なく右周りじゃないと現時点では難しいのでしょうか?
B-b@r
2009/12/13 13:23
期待しながら残念な結果に終わってしまった出走馬が多かった中でアイアムイチバンの勝利には少なからず救われました。
ブルーミングアレーの敗戦は残念な結果も、再度能力の高さを実感し、能力だけでなく心配していた気持ちの面で幅を持ている様になってきたことが確認できただけでも良かったです。勝てなかった分、次走は勝利にこだわらなければいけませんが、来春を楽しみにしていてください。
調教師
2009/12/31 23:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆12.12〜13の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる