小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆1.30の競馬

<<   作成日時 : 2010/01/29 23:26   >>

ナイス ブログ気持玉 116 / トラックバック 2 / コメント 19















最近続いた
レース中のアクシデント。


色々意見はあるようだが
ルールやマナーの中で
安全だけは
しっかり確保して欲しい。



多分
見た人もいると思うが
あるジョッキーのブログで
この件での記述があり
それに対して
結構な量の
批判のコメントがあった。



いつも面白い事を書いている
彼のブログ。


時々覗いては
何となく癒されるなー
と感じていた。




書き方や表現に対し
批判が多かったようだが
その点については
本人も謝罪していたし…


でも
それだけ危険な思いの中で
ついあんな表現になってしまうくらい
ジョッキーって危険と隣り合わせということも
少しは理解してあげて欲しい。


最近では大人しい馬が増えてきたが
私の調教助手時代も
危険な馬に乗っていた時期は
朝出かける前に
『今日は家に帰ってこれるかな…?』

『何かあったときの為に
下着は新しい綺麗なものを着けて行こう』

なんて真剣に思うようなことを
何度か経験している。


もっと危険な
実際の競馬。




安全安全ということを重視し過ぎるあまり
レースに迫力が無くなっているのでは?
ということも感じなくは無い。


だから
一頭一頭の馬にとって
晴れの舞台になるレースの
最後の表現者となるジョッキーには
激しくて魅せる競馬というものを期待したいが

でも
過去に何度かあった悲劇だけは
繰り返さぬように。

それだけは何よりも優先されるべき。

馬も人も
良い状態でレースに臨んで
激しい魅力あるレースをして
無事に帰ってくる。

言うほど簡単ではないんだろうけど
それが理想だし
それを求めなければ
競馬も続かなくなると思う。




それとは別に
併せて感じるのは
ネット社会の抱える不憫さ。




以前私も同じようなケースを経験したが
私自身あまり堪えるほうではないし
第三者的な目で受け止めていた。

でも
自分以外のところで
無差別的な攻撃を見ると
心が痛む。



幸い
その後に出た反省の弁と
反論を見ていると
書いた本人は
しっかりした意思の持ち主だし
全然大丈夫だなと思うが
揉まれた経験が無い人には
堪えるだろうな〜。



だいたい人っていうのは
自分が一番やられたら
嫌だと感じる表現で他人を攻撃する。



相手が特定できないと思うと
信じられないくらい惨くなる。



ネット社会が拡大する中で
法整備が必要という意見もあり
それはもちろんだとは思うが
一人一人の課題として
今後はネットが抱える
逆の意味での不便さに対応できる
精神的な強さを養う事ではないか。



人間には
辛い事を避ける方法で回避するケースと
辛い事を超えることで回避するケースとがある。



辛い事を乗り越えるって大変だけど
それができた人には優しさや
心配りをする気持ちが生まれる。



私も
まだまだ勉強中で
怒られてばかり
反省してばかりだが
昔に比べれば
少しは人に優しくなってきたかなと思う。





話が変わるが
相撲の世界でも
暴力事件騒ぎ。


強いのに
もったいないの一言。

いままで一つ一つの事を
ないがしろにしてきたツケ。


機会あって
何度か角界関連パーティーに
出席する機会もあったが
結構昔の事で
『ん〜?』
と感じたことがある。



その時はある関取の大関昇進祝い。

立食パーティーで
会場には凄い数の人だったが
大関や関脇クラスの関取が数人
ファンサービスもせずに
会場の端っこのほうで
面倒くさそうにたむろしていた。


イスではなく
地べたというか
バンド機材が置かれている
小さな舞台の端に数人が腰掛けて
ペチャクチャ喋っている。


もちろん
ほとんどの関取が
ずっと会場の中心でファン対応。


横綱は特別だから
別にテーブルとイスが用意されていたが
それでもそのテーブルに来る
ファン一人一人に丁寧な対応。




でも数人の
それも大関や関脇クラスが
そうやっているのを見て
角界も大丈夫かな…?
と思った。


私達競馬関係者も
そういう意識を持つ必要があると思うが
何のお陰で良い生活をできているのか
周囲から見られているという事を
考えなければいけない。


角界は
神聖な部分や礼儀・作法を重んじる
と思っていただけに
ちょっと残念な想いをもった。


その後も
何度か国技館やパーティー会場といった
関係先を訪れる機会のある中で
意外と上の立場の人間ほど
サービス精神が無いんだな〜
という場面を遠目に眺め見たりしていた。


もちろん
私の知人力士達はサービス抜群で
評判も良く安心だったが
こういったところの指導や教育を
怠ったために起きた事件だろう。


こういう事を書くと
また反対意見もあるかもしれないが
事件を起こした本人も
ある意味では被害者。


絶対的に本人が悪いのだが
指導教育が徹底できていれば
生き方も変わったはず。



馬の調教も同様で
小さな頃のしつけが大切。

力を付けてからしつけようとしても
馬自身は今まで通りにやろうと
自己主張をして頑張ってしまうし
優しさだけでは解決できなくなることがある。


私自身も
たくさんの人に怒られ
指導され
教育されてきたから今日がある。



小さな頃は反発もしてきたし
お世辞にも褒められた子供ではなかった。


非難・批判・指導・お小言
他人から色々と言われて
素直に嬉しい人なんていないだろうが
これって全部自分に対する肥やし。

栄養になって成長しているんだよね。


成長している段階なのに
ちょっと偉そうな言葉を並べてしまったが
ほんの一握りの人達でも良いから
これを読んで何か感じてもらえれば
長々と書いたのも報われるかな?




前出のブログを書いたジョッキー。

今週は中京での騎乗だそうで

『文句がある人は競馬場に来て
パドックで言ってください』って
書いてあったので
皆で競馬場へ行って

『お前の言っている事は間違いだー』
と野次るなり

『負けずに頑張れよ!』
と応援するなり

ついでに馬券を買って
できればゴール前で
大きな声を出して
週末のストレス発散を…
損しない程度に
宜しくお願いします。



そういえば最近の競馬場って
大きなレース以外は

『シーン』

としていて静か。


静かなのは
馬にとっては良いかもしれないけど
昔の野次はセンスがあったなー。

穴馬ジョッキーとして
人気があった安田富男さん。

正月競馬で
『おーいトミオー
あけましておめでとう!』

『今年もよろしくなー!』って。


それでその馬が一番人気だったんだけど

『おーいトミオー
一番人気だけど今日は大丈夫かー!』って

富男さんは
『一番人気だと飛ぶ』って
実は調べると大きなレース以外は
そうでもないらしいけど
そんなジンクスめいた情報があって
それを茶化している。


賛否両論かもしれないけど
何となく温か味があったなー。









30日(土)






◎東京11R プロヴィナージュ 東京新聞杯 芝1600m 佐藤哲三



前走で準オープン勝ち。
いよいよこれからは
オープン馬としての
厳しい戦いが続く。

秋の目標は
ハッキリとしているが
春の目標はどうしよう…。


牝馬だけに
普通に考えれば
ビクトリアマイル。


血統的には距離も問題無いし
私の中では十分守備範囲と思っていたが
待ち受けているのは
下級条件とは違い
バリバリオープンの厳しいもの。

最近はどちらかというと
長距離寄りのレース選択。


馬主さんとの相談や
ジョッキーの思う印象など
意見を求めながらの判断が
必要となる。



最近ずっと乗ってくれている
佐藤哲J曰く

『距離は大丈夫』

『それよりも…
東京芝1600mを使うことは
秋の大目標にプラスに働く』

とまで言う。


そんなこんなで
目標は決まり。


春の目標がビクトリアマイルなら
さし当たっての次走は
東京新聞杯か京都牝馬S。


通例なら
牝馬同士の京都牝馬Sだろうが
策士である佐藤哲J
驚くほど色々と考えてくれるだけに
私としてはもう一度このコンビで
予行演習として東京芝1600mを
しかも強いメンバーで
走らせて見たいと伝えた。


佐藤哲Jも
『どちらでも乗ります』
と言ってくれ
準備は整う。


そろそろオープン入りさせたかった思いで
前走は重賞出走時並みの
厳しい仕上げ。

それだけに反動が心配だったが
目に見えた感じでの疲れはなく
通常の調整は引き続き内容を濃くした。


先週は坂路で
余裕十分に49秒台。


今週も無理をしない程度に
でも手を緩めすぎないよう
併せ馬で大外を回って十分すぎる時計。


少し息が悪いかな…?
というのだけが気になったが
重賞出走に恥ずかしくないだけの
良い仕上げにはできたはず。


牡馬相手の重賞だけに
印は薄くなってしまったいるが
ここら辺で際どい競馬をしなければ
春の目標も参加するだけ?
という感じになりかねない。


一応の意向は
この結果を受けて
目標へ向けて道筋作りにしたい
というのがメインだが
もちろん
『やってやるぜ
と意気込んでいる。









◎東京12R アルファオリオン D2100m 田中勝春


試してみたかった芝のレース。
馬体に硬さがなくなってきたので
前走でトライしてみたが
残念な結果。

最後の直線で前が詰まって
ほとんど追えなかったというのもあるが
『次走はどうしようかな…?』
という思いを持ちながらの調整。


馬主さんとも相談させていただき
一度は『もう一度芝に行ってみよう』
という事になったが
最近気になるオリオンの行儀の良さ。

荒々しい
猛々しい
という感じで
一時は調教騎乗者から恐れられ

治療時にも
『注射なんて嫌いだー』
と手を煩わせていたはずなのに
妙に人間と折り合っている。


良い事なのではあるが

『オリオンらしくない…』

『何か本調子では
ないのではないか』

と言った声まで出始めた。


そこで再度
馬主さんと相談させていただき
実績のある東京D2100mに予定を変更。


この条件で
どういうレースができるかを見て
心配が杞憂に終わるか。


精神的に
何らかの処方が必要なのか。


調教の動きは変わらず順調。

追いきった後には
更に良くなっているという
乗り手の感想。


追い出すと
フワフワと頭を上げる面が
よく見られるが
急がせ過ぎるといけないのかな?


乗りなれた
田中勝Jの騎乗で
オリオンが精神的に成長したのか
何らかの理由で元気が無いのか
ジャッジを聞きたい。




























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 116
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「競馬」を含むニュースと関連グッズの紹介
イマナビでは「競馬」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「競馬」に興味があれば是非ご覧ください! ...続きを見る
イマナビ!News&Shopping
2010/01/30 12:34
「☆1.30の競馬」について
「☆1.30の競馬」について 今回述べられている ○法令化されていないジョッキークラブ内での取り決めについて ○角界の暴力事件騒ぎ ○競馬場でのファンの野次について ...続きを見る
ヒダカブライ庵 へようこそ
2010/02/08 21:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
2008年秋華賞1000馬券の立役者プロビナージュ。
マイルで牝馬相手なら、例えG1でもぶっちぎる可能性を秘めた馬。
オークス、エリザベス女王杯のとちらかで、波乱の主役をまた演じるであろう。
トシキ
2010/01/30 00:53
更新有難うございます。本当に楽しい読み物で感謝一杯です。ブログで戦った騎手さんが探そうかとも思いましたが土曜の馬券に響くのでやめておきます。
もう20年位前ですが競馬場で前を歩いていた競馬会の人間とおぼしき若い二人連れが「だいたいうちはファンにサービスしすぎている」ぬぁーんてほざいていました。閉鎖社会はどこも腐ります。
佐藤哲さんと池添さんはググンと凄みを増した感があります。東京新聞杯、相手に不足はありませんね
たらふく
2010/01/30 01:37
寝ようと思いましたが、その前にちょっとだけ騎手さん探しに手を出しましたよ。まず模範F騎手さんか、「年上女」さんはたしか新聞杯出るから中京じゃないので切り、実質二人目で当ててしまいました
ぼくは騎手さん大好きですよ。コメ欄までは見ませんでしたが、命の尊さ&フェアプレープロの最低限の約束です。対岸の火事的なJRA役人、就職試験以降、なんの評価も経ないで給料もらえる人は下降の一途でげすな。
たらふく
2010/01/30 02:04
前走時の先生のコメントを拝見して「惑星」という位置づけで応援したいと思います。ご健闘をお祈りします。
もくに
2010/01/30 09:10
いつも楽しみに読ませて頂いております。小島先生の言葉には重みがあり拝見していて、心が温かくなります。。今日も全てのお馬さんが無事にお家に帰れますように。プロヴィナージュ力を出し切れる用に願っております。
みーたん
2010/01/30 11:12
オリオンさんの成長に乾杯です
たらふく
2010/01/30 16:44
負けたけどプロヴィナージュの春が楽しみになってきました。
さくら猫
2010/01/30 19:45
先生今晩わぁ☆。
いつも楽しみに拝見させて頂いています浴B先生のお言葉にはいつも感動しています。

私はお馬さんが好きでレースを見ていますが、やはり人馬共に無事にを1番に願っています。成績はもちろんとてもとても大事な事と思いますが、お馬さん達が無事にレースを終えて厩舎に帰れる、ジョッキーの皆さんも怪我なくレースを終えられる事を1番に願います。
blogに書かれたジョッキーの方の内容は拝見しておりませんが、レースに出ると言う事は人馬共に命懸けな故に、危険を感じて書かれた事なんだろうなと思いました。

これからも人馬共に無事安全を願い応援させて頂きます浴B

ミータン
2010/01/30 22:31
久々にコメントさせて頂きます。
TV拝見致しましたよ。先生の精悍なお姿かっこよく放送されていましたね。しかし、あの程度の時間では、小島茂之厩舎の皆様の日頃の努力は世間一般には理解されるはずもなく…、先生はじめスタッフの皆様には多少の励みになりこそすれ、どちらかと言えば、今後さらに注目を浴びることは新たなプレッシャーとなりますが、是非とも結果を出すことにより、流石小島茂之厩舎は素晴らしいと多くのファンに認識される様になることを心から祈っております。
昨日のプロヴィナ-ジュ号の東京新聞杯ですが、今後の重賞路線で目処の立つ内容だったのではないでしょうか?
先生や佐藤騎手の感想等お聞かせ頂ければ幸いです。
BINGO
2010/01/31 20:17
公の場で面倒な事に正直に意見を出すって
小島先生は優しくて男らしくてちょっと強そうですね。
丸田君がんばれ
2010/01/31 22:34
先生TV拝見しました。短いインタビューの中に先生の競馬に対する真摯な態度が伝わってきました。
今キャロットクラブのヴィートマルシェ08に出資しようか迷っていましたが、やはり先生のところで育てて貰えるなら楽しみですし、近々出資したいと思います。
ツヨシ
2010/02/01 01:22
いつも楽しく拝見させていただいております。コメントさせていただくのは初めてです。

しかし、残念なのは小島先生はあのジョッキーの擁護派なんですね…。

ブログで審議、処罰の甘さにも酷い言葉遣いで書いていましたが、普通の会社ならクビか謹慎か減給です!
まともな会社員なら稟議書を書いて意見するか上司に相談するのが常識です。

同業他社(外国人ジョッキーや地方所属ジョッキー)についても、あんな書き方をしたら大問題です。トヨタの社員が三菱自動車の社員にクソ外人!なんて書いたら問題になるでしょう??
洋食1
2010/02/03 09:44
お客様(ファン)に対して文句あるなら直接言いに来い!って会社員が言ってて、それを誰も咎めない会社があったら、たぶんその会社は潰れますよ!

残念ながら、私はあのジョッキーに会ったこともないし、人となりも知りません。
だからブログの書き込みを見て、そういう人なんだ!と思うしかありません。
もっと大袈裟に言わせていただくとJRAまで、それを黙認しているようにも感じます。
こういう体質を見るにと、やはりJRAって閉鎖的で一般常識の通じないところだな〜!って思います
洋食2
2010/02/03 09:45
もちろん、私は競馬が大好きですし、一生懸命真面目にやられている方が多いのも分かっていますが、キチンとやられている方が、あのような発言を擁護してしまうと、ずっと何も変わらないのではないでしょうか?

ジョッキーは危険と隣り合わせです。少しでも、危険を回避できるようにしたいという思いはファンも同じです。
ブログで、あのような言葉遣いで、一方的に、聞かされても何もできないファンに向かって、叫んでも何も変わらないのに、
違うでしょう!JRAに対してしかるべきやり方で叫ぶべきではないでしょうか??


長文、申し訳ございませんでした。

一ファンとして、思いをお伝えしたかったもので…
洋食3
2010/02/03 09:47
初めてコメントさせていただきます
村田Jのblogも見ていますし、心ないコメントも見ました
僕自身は以前は牧場で働き、地方で厩務員もしていました
牧場時代に引き手の金具に引っかかった指はまだ曲がったままです
そういう経験をし、今は外から競馬を楽しんでますが、感じるのは競馬がもつ危険性を一般の人が理解するのはかなり困難だというコトです
どんな職業にもその職業なりのリスクも特異性もありますが、競争馬に携わるコトの中にある特異性の理解はかなり難しいな、と思います
村田Jが言葉を荒げた理由もなかなか伝わらないのではないでしょうか
競馬をプロスポーツとして発信する側、受信する側にはネットのマナーも含めてまだまだ時間がかかると思っています
その中で先生のblogには他にないものを感じます
これからも頑張って下さい
ちなみに蛇足?ですが、2008秋華賞はブラックエンブレムが◎でした
エア冗談
2010/02/03 14:37
今休養している小島厩舎の馬のファンです。
普段は閲覧だけなのですが、ちょっとアレ?と思ったので初めて書き込みさせて頂きます。

某騎手の件、言葉遣いの良し悪しは書き手の個性と言えなくも無いですが
パドックでの野次云々は、競馬関係者として乗ってはいけない部分ではないのでしょうか?
パドックでは静かに!という事は暗黙の了解ではなく、はっきり記載されていますし
国の違いと考える方もいらっしゃるとは思いますが、数年前の凱旋門賞で日本人のマナーの悪さとして指摘された部分です。
場所まではのってないという事であれば、はっきりと否定した方が宜しいのでは無いかと思います。
むらる
2010/02/04 04:18
人と馬のために 言うべき時に言うのが
真のホースマンだと思います。
口の利き方や やり方がまずいなどと非難する前に
発言者の心の叫びに耳を傾けるべきだと思います。

公開のブログには いろんな人が書き込みに来ますね
字面を追うばかりで 発言者の思いについて、理解不能の輩も よし突撃! とやって来るんですね
たらふく
2010/02/06 00:34
ブログの話し言葉をどうするかは、基本的に書き手の自由で十人十色。
それについてどういった印象を受けるか、それもまた各人の自由で十人十色。
ただ村田騎手の件ではなぜか
「自分は村田騎手の気持ちを理解している。批判している人は他人の考えをちゃんと理解しようとしていない」
という類の思い込みが多々見受けられるのが気になりますが・・・

現状を見れば、何かしらあった事は推測に難くないですね。
むりかろ
2010/02/06 13:27
皆さんコメント有難うございました。

ずっとコメントへの返事をサボっていて、久し振りに見て『懐かしい』ような変な気持ちです。
結局は皆『競馬が好き』ということでは一致…ということで良いのではないでしょうか。

プロヴィナージュの東京新聞杯は高レベルでの合格点。ジョッキーも好感触で本番まで一緒にプロヴィナージュを育てて行く予定です。
アルファオリオンへの応援も有難うございました。でも…その後、飛節が疲れてちょっと休養です。
ヴィートマルシェも今から楽しみですね。前に何かのきっかけがあってコメントをしたら『売れないと預けてもらえなくなるから調教師が焦ってコメントを出した』というような心無い記述がどこかに書かれていたそうです。競走馬ですから今後何が起こるかは分かりませんが、申し込まなかった人達を後悔させるさせるよう頑張ります。(同じ事を公然で言ったことが有りますが、その馬は後のG1です)

調教師
2010/02/26 19:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆1.30の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる