小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆3.20〜21の競馬

<<   作成日時 : 2010/03/20 00:11   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 110 / トラックバック 0 / コメント 8


















20日(土)






◎中山7R モエレエンデバー D1800m 後藤浩輝


前走はスタートで
躓いたように見えたが
ジョッキー曰く
『滑った…』

それでも
3コーナーから脚を使って
あれだけの結果を残せるのだから
大したもの。

時計も優秀だ。


中央でも
通用することが確認できたし
これで一安心ではあるが
ローテーションで少し悩んだ。

引き続き
鞍上を代えずに行くとすると
レースが限られる。

まだ関西遠征するには
幼さが残るので不安。


悩んだ末に出した結論は
状態次第では中1週。

不安があれば
伸ばしての出走ということ。

ただし
いずれにしても
先約が有ったりで
鞍上は交代せざるを得ない。

状態のほうは
疲労回復も早く
結局は中1週での出走を選択。

鞍上探しには
想いのほか手こずったが
何とか後藤Jを確保。


一応乗ってもらっておいて…
ということで
水曜日の追い切りにも
騎乗してもらった。

前走でも
乗り易く特に注文は無い
と評価してもらったし
後藤Jも同じコメント。

良馬馬で競馬できそうだし
もうスタートで
滑るような事は無いはず。

好位につけて
鮮やかに抜け出すイメージだ。

調整は上手く行って
心身共に張り詰めている感じ。

仕上がり過ぎていないか不安なくらいで
バキューンと弾けそうな気配である。














◎中京8R メルシーゴールド 芝2500m 高橋智大


前走後は中一週で
このレースを照準に。

道悪不得手は
戦前から想像できたが
終わってみるとやっぱり…
という感じ。


そのせいもあってか
全く走っていなかったような
疲労感の少なさ。

気配からも中1週問題無し
という事で調整を続けた。

しかし
先週後半くらいからは
意見が分かれ始める。

最初は
『何となく気合不足かな…?
ちょっとピリッとしない…』
という話が主たるもの。

追い切りでも
『悪くは無いんだけど…』

『何となく一つ足りない感じで…』
と続く。

高齢ではあるが
まだまだ先があるし
あえて出走させるより
先延ばしするか…?

と悩み始めたところ
水曜日に出た想定でも
頭数が多く除外対象。


それなら悩むことなく
短期放牧にでも出して
状態が本物になるのを待つか…
となった。



しかし
どこか異常があるわけではないので
追い切り後の変化を見て
想定も蓋を開けてみるまでは分からないし
最後まで出走へ向けて経過を見よう
と注視していたところ
何故だか
投票直前になって
出走頭数が激減。

3場開催だと
注意していれば
たまにあることなのだが
それにしてもラッキー。


肝心の状態については
追い切り後に
気持ちに変化の手応え。

前走前よりも違った感じで
森林コースの起伏を歩く雰囲気が
グイグイと前向きになり
明らかに変化が有った
という。

スタッフの意見を集約し
結局は出走に踏み切った。

今回もじっくり競馬になるだろう。

展開や何やらと
味方にしなければならない事は多いが
馬場さえ渋らなければ
前走のようなことは無い











21日(日)










◎阪神10R プロヴィナージュ 六甲S 芝1600m 藤岡佑介


前走は
あえて強い相手に力比べ。

直線は
行き場を無くして不利を受けた形になった馬が
2度も後肢横に激突。

プロヴィナージュの腰は
弾かれたようにブレて
最後は追うのを止めざるを得なかった。

プロヴィナージュの不利そのものは
審議とならなかったが
大きな馬体だったから我慢できただけで
小さな牝馬だったら
審議級の被害だったと思う。


それだけに
余計に評価できる内容。

喜べる8着だった。


今回は斤量の恩恵を見越して
早々にこのレース出走を選択したが
結局は重賞級のメンバーにビックリ!

でも
春に大きなところを狙うつもりなら
斤量に恵まれたこのレースでは
みっともないレースはできない。


中間は
パワーアップさせる意図もあって
栗東に移動。

だんだんと
栗東でのトレーニングも
ベテランの域に。

そんなわけで
今まで以上に坂路主体の
ハードな調整。

急遽
佐藤哲Jが騎乗できなくなったため
その意を酌んでくれるジョッキーを選択。

佐藤哲Jと相談の上
候補に上がったジョッキーから
藤岡佑Jに決まった。


藤岡佑Jには
追い切りではなく
普段の調教に跨ってもらったが

『見た目から
硬そうなイメージを持っていましたが
全然そんな事ありませんでした』
という感想。


最終追い切りは佐藤哲Jが騎乗。

直前にビッシリとやったほうが
過去に好結果を呼んでいるため
馬体をチェックして
『今ならビシッとやれる!』
と判断。

『任せるから
最後だけはしっかりと追ってくれ』
と頼んだ。


時計を目にした栗東の調教師さんにも
『何じゃこの馬は…
凄い時計を出すな』
と驚かれた時計は
最後の2ハロンが11.9−11.9。

時計を出しても
結果が付いてこなければ意味が無い
と常々思っているが
今回はしっかりとやろう
耐えられるはず
と思って意図して出したものだけに
とても満足。


追い切り直後の佐藤哲Jも

『本当にしっかりとしてきた』

『この時計で踏ん張れるようになって来たのは良い材料』
と手放しの褒めよう。

でも
ジョッキーも私も
『まだまだ良くなるね
と同じ感触を共有し

『秋が楽しみ…』
と意見が一致した。


さてまずは春の力比べ。

『佑介には
ちゃんとアドバイスしておいてくれよ!』
と言うと

『この馬は最初の3完歩が大事』
という


常々
難しい事を考える佐藤哲J。

何となく言っている意味が分かる気もするが
当日の3完歩で
『よっしゃ勝ったー』
と感じられれば
残りの1分ちょっとは
楽に見られるんだけどな…









◎阪神11R ベルウッドローツェ 阪神大賞典 芝3000m 的場勇人


前走は
初の重賞挑戦ながら
良く頑張った。

予想外に掛かってしまったのは
隣を走っていた馬が
前に出たり
後ろに下がったりしていたから。

ブリンカーを装着しているベルには
刺激が強くて目障りな流れとなった。

それでも残ったのは
十分評価できる内容。


最後は手前を何度も変えて
アップアップとなりはしたものの
道中引っ掛かりっぱなしだった事を考えれば
良く頑張っている。

ハンデを貰っていた前走とは違い
今回は別定戦だしメンバーも強化。

距離を含めた前回の経験が
今回に大きく生きてくることを期待している。


中間も順調に調整を続け
早々に栗東へ移動。

今後は
関西エリア中心の
ローテーションになるだろうし
前回の遠征が好結果を生んだのだから
もう行かざるを得ないと言えるだろう。

昨年の今頃は
『どうやって勝たせようか…』
『メンバーの弱いレースを探して…』
と思っていた馬が
今はオープン馬なのだから
嘘のような嬉しい事実。


一生懸命頑張っていれば
どんな馬でもチャンスがあるという
見本のような馬である。


昨年の遠征以降
成績が上がったのは事実だが
背腰に弱さがあるベルにとっては
栗東での鍛錬は
ギリギリの張りを抱えながらの辛い内容。

前回の栗東滞在は
やや攻め過ぎた印象で
ベルの背中は悲鳴をあげそうだった。

今回はその辺を注意しながら
張り過ぎず
可愛がり過ぎず。


成績が向上している事に目を奪われて
ベルの辛さや
気持ちを感じ取れなくならないように
スタッフにも注意を喚起しながら
実は調教師自身が
自分にブレーキを掛けて
来年
再来年と
更に上昇するはずの
ベルの成長を第一に考えるよう気を付けた。

でも
『攻められる時には攻めるぞ!』


いつも以上に状態を確認しながら
今どうするべきかを選択してきた。

ところが
困ったらブレーキを…
と思っていた調整なのに
大丈夫大丈夫
と当初の予想以上に
攻められたのが嬉しい誤算。


お陰で
最終追い切りは
サーッと流して
終いはステッキは入れない範囲で
しっかりと追って…
という指示なのに
今までに無い好時計。


万全になるのは再来年位かな…?
と思うが
現時点では納得の出走態勢。


鞍上は的場J。


ミルコJや松岡Jと
好勝負してきた近走だが
初勝利は的場J。

実は
ベルウッドローツェが
ウチの厩舎に来た経緯には
的場Jがひと噛みしている。

話すと長くなるので割愛するが
ミルコJや松岡Jが
乗れなくなることが判明した時
オーナーも厩舎も
的場J騎乗で意見が一致。


力を付けた愛馬の手綱を
大一番を前に若手に預け
チャンスを生かして欲しい
という馬主さんの心意気だ!



さすがにこれからの事を考えると
引き続きずっと乗れるかは
今回の阪神大賞典での騎乗や
これからの彼の頑張り次第。


たとえどんな結果が出ても
若さを生かした競馬を
濁りの無い騎乗を
というのが
馬主さんと厩舎の意向。


人馬共に
力を付け始めたばかりで
これからどう戦っていくか
という気持ちで迎える今回のレース。


結果はもちろん欲しいところだが
人馬共に若さを生かして
3分ちょっとの間
応援している皆を
ドキドキさせてくれることだろう。








◎中京7R フレノカトリーヌ 牝 芝2000m 高橋智大


道悪は
得意じゃあないかな?
と思って臨んだ前走だったが
のめりまくっての7着。

私の記憶からは消えていたが
以前もドボドボの道悪で
泳いで散々なレース経験があった。

それをレース前に知ったが
綺麗な走りをする反面
繋の返し方から得る感触は
少々の道悪だったら
こなせそうなイメージで
7着に踏ん張ったのは
そのお陰な気もする。

中間の状態は良いらしい。
乗り手が皆揃って
『前走より良い』
と言う。

wコースの調教では
前肢の繋を
擦って帰ってくるようになってきた。

以前はそんな事が無かったのだが
乗り手達は
『走りが変わってきたからではないか…?』
という。


変わってきて
良くなってきてと言うなら
天気が我慢してくれて
馬場さえ持てば
今までよりは良い結果が出るはず。


前回は馬場に甘んじてしまった
という事になっている高橋智Jとのコンビ。

次走以降は
左回りの新潟開催まで
間隔を空けるつもりだし
距離も含めて
絶好の条件になるはずの今回は
直線で鮮やかな伸びを見せてくれるだろう。














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 110
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
更新有難うございます。全馬のご無事と快走をお祈りしつつ応援させていただきます。
モエレエンデバーさん、後藤騎手を迎えていよいよ優勝ですね。岩田騎手のように「バキューン」と突き抜けて欲しいです
たらふく
2010/03/20 10:01
『最初の3完歩』ってなんか凄い!!!!
よくわかんないけど、なんか凄い!!!!O(≧▽≦)O
ayu
2010/03/20 15:16
モエレエンデバー惜しかった。
勝ち馬に上手く乗られてしまった感じですね。

ベルウッドローツェが先生の厩舎に来た経緯、
気になります。いつかそのエピソードが聞ける
時が来るよう、明日は好結果を期待しています。
有楽
2010/03/20 17:33
23日〜24日の日経新聞夕刊の記事、読みました。文章にも写真にも先生のお人柄が表れていて、ますますファンになりました!
ゆりこ
2010/03/25 10:06
先生、スプマンテの記念キャップいただきました。大変感動してますマ、有難う御座いました
伸介です
2010/03/25 22:34
先生、日経夕刊の「駆ける魂」読みました。友人もファンになっておりました。
めがぴこ
2010/03/26 00:38
日経の記事 読みたいです
たらふく
2010/03/26 23:49
皆さんコメント有難うございました。
日経新聞さんの記事、恐らくネットで見られるはずです。少し恥ずかしくもありますが…。

最近はコメントへの返事も手抜きになって…時には襟を正さねばいけませんね。
調教師
2010/04/02 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆3.20〜21の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる