小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆6.12〜13の競馬

<<   作成日時 : 2010/06/11 23:34   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 63 / トラックバック 1 / コメント 8



















久々に頭数が多くて
そのぶん嬉しいし
楽しみも多いが
ブログは大変である。




さていよいよ
サッカーのWカップ。


実はサッカーって
ほとんど興味が無い。


でも先週だったかな?
日曜日に北海道へ移動して
ホテルでTVを見ていたら
元日本代表の中田英寿さんと
現代表の本田選手の対談をやっていた。


その道の雄というか
トップクラスの人の話は参考になることも多いので
『ちょっと見てみようかな…』ということになったのだが
これが良かった。


やっぱり
戦いの世界だ!


我々が生きているのも
同じ戦いの世界。



戦い方って色々あって
常に『ウォーッ!!』て人もいれば
内に秘める人もいる。

一方ではブチブチと
文句ばっかり
言っている人なんかもいたりする。



私が
どのタイプなのかは別にして
『ガタガタ言う前にやってみよう!』
と心掛けているし

表現は悪いかもしれないが

『ちくしょう!』

『ふざけんなよ!』

という気持ちも常に持っているつもりだ。

そういう環境にいるお陰で
今日までバテずに衰えずに
頑張れている。

そんな気持ちが
私の原動力となっているのは確かだ。



それが私にとって
エネルギーとなっている。


最近は
政治の世界なんかでも
相手の批判ばかりでウンザリ。


どうこう言う前に
まず自分がどう動けるか。

苦しいところでどれだけ頑張れるか
どんな時でも人のせいにせず
自己責任でどれだけ踏ん張れるか
なのではないかと思っている。








中田氏曰く
『日本選手の個人レベルは
     世界の選手達と比較しても凄い!』らしい。


本田選手も頷いていた。


でも
『練習で上手いだけで本番で生かせない』

『本番で使える練習をしていない』
と言う。



本番では攻める気持ちというか
攻撃的な姿勢になれない。

日本人の大半は
失敗する事を恐れているのではないか
そんな感じのことを言っていた。


10本シュートを打って10本外せば
『やっぱりあいつは馬鹿だ』って言われる。


『何であんなところで打つんだって
    パスを出しておけばいいのに』って。


でも1本でも入れば
『あいつは凄い』って言われる。


『馬鹿だ!』って言われるのが怖ければダメだって。

『外国人選手はそれでも打つときは打つ』って。


『心が熱いからか
    練習でもしょっちゅう喧嘩している』

そんな話もしていた。



真剣なんだよね。

仲良し集団ではないんだ。





『現役時代の自分は出来なかった』

『だからそれを恐れずに頑張ってほしい』って。




最近あるBIGレースを勝った厩舎のスタッフも
こんな事を言っていた。


『周りに何を言われても
      こだわりを持って頑張ってきた結果で勝てたんだ』って。


もちろん
間違った事をしていてはダメ。


でも
信念を持つことは大切。



プロ意識。


今何をするべきか。



現状に満足してしまうのか。



トップレベルの葛藤を
改めて感じることができた。



常に謙虚で冷静に
あまり感情を表に出すのは
やめておこうと思っている。

心に余裕を持ちながら
仕事をしたいと思っている。

でもどの世界でも
トップクラスの人達の
ハートの強さは生半可ではない。

笑っていても
内面では歯を喰いしばっている。

私なんてまだまだ全然
ヒヨッコだと思わされることが多々ある。


真似事になってしまってもいいから
そんな上を行く人達の心を
参考にしたい。



サッカーは興味無いけど。


失敗や批判を恐れずに
前に進んで攻める日本サッカーを見たい。


本田選手は
いい顔をしているし
いっぱい失敗をして
目一杯にもがいて
その中から光を見出して
日本中を沸かせてくれるのでは
と期待しないわけにはいかなくなった。


でも朝が早いから
試合の時間が遅いのだけは
勘弁して欲しいな。








12日(土)







◎東京7R ニホンピロピンキー 牝 D1600m 田中博康



地方から再入厩となった前走は5着。

直線の伸びは
結構目立ったものだった。

今回は直線の長い東京で
距離も伸ばして
前走よりは適距離に近いはず。

前走後のチェックでは
疲れは結構大きかったようだが
短期放牧を挟んでケアをしながら
最終追い切りは終い重点。

調子だけは落とさないよう心掛けた。

で…
前日に状態をチェックしたところ
調子を落とさないようにどころか
状態UPで良さそうな感じ。

田中博Jも前日にちょっと跨って
『前回より
  いいんじゃあないですか』

前走前も直前に
同じようなメニューの時に跨っているので
いい比較になったと思うが
今回のほうが良くなっていると
良い雰囲気を確認してくれた。


じっくり行った方が良いタイプで
他力本願な部分もあるから
展開次第ではあるが
府中の直線で弾ける姿を
今から想像している。









◎東京9R ジュヌドラゴン くちなし賞 芝2400m 戸崎圭太


初勝利となった前走後は
放牧に出して少しリフレッシュ。

初勝利をあげたD2100mは
3歳限定戦には組まれていないため
D1600mにするのか
芝2400mにするのか
結構迷った。

長距離適性があるのは間違い無いし
秋以降のことを考えると
やっぱり芝長距離ってどうなの?
ということになるのが自然。

ここで
芝長距離の適性を確認できれば
秋競馬に向けて色気を持てる。

だめならば
しばらくはダート戦線に専念。


少し間隔が空いたが
状態は良さそう。

先週までの追い切りでは
モタついていたのに
今週は併走して楽々併入。


『ピリッとしないようなら
        追ってくれ!』

と言っていたのに
引っ張りきりの手応えだった。


あとは脚質。


ジリっぽいタイプだし
長距離競馬によくある
ヨーイドンにならないように
そこら辺は戸崎ジョッキーの積極性と
ビッシリと追ってくる手腕に期待だ。









◎東京9R レオアラシ くちなし賞 芝2400m 的場勇人


ずっと
『芝を使いたいね』
と言われてきたアラシ。

でも肢元も弱かったし
D2100mならば力上位と
初勝利まではダートで我慢してきた。

さて
いよいよ念願の芝長距離戦。

初勝利となった前走後は
疲れもあったのでちょっと間隔を空けたが
放牧先で肢元がモヤモヤ。

このまま休養かと諦めかけたが
様子を見るために入厩させて
調教を課していたら改善の兆し。

ヨッシャヨッシャと喜んでいたら
今度は調教で疲れてきてしまった。

乗っている感じではそうでもないのに
面倒を見ているスタッフだけではなく
獣医さんまでも『疲れがある』という。


ところがケアの甲斐もあって
今週の追い切り後は
獣医さんもスタッフも
『ええで〜ええで〜』
という感じになってきた。


さて結果はいかに・・・。

もちろん内容次第では
秋へ向けて楽しみが広がる。












13日(日)





◎東京1R トンデモナーク 牝 D1600m 横山典弘


その馬名の通りの手応え。

待ちに待ったデビュー戦で
イメージ通りの
パフォーマンスを
見せてくれるかに注目だ。

昨秋には
期待十分で入厩していたが
膝の故障で休養。

残念な事に
春の楽しみを
棒に振ってしまう事となった。


デビュー前からずっと

『先生この仔は
        いいよ!』

と言ってもらっていたのだが
傷も癒えて牧場での乗り込みも進み
厩舎に戻す時期を考えていた時にも


『牧場では
  軽々走れてしまって負荷が掛からない』

と驚くようなコメント。

なるほどな〜と
早めに入厩させることを決めた。



話の通り
ある程度のレベルまでは
軽々走れてしまうので
小手先で走るから調教にならない。


美浦に帰ってきてから
少しずつ負荷を掛けていってみたが
調教が強くなるにつれ
今まで使っていなかった
違う筋肉を使い始めたのだろう
当然のように心身ともに
辛さを見せ始めた。


プールやウォータートレッドミルを使って
肢元や筋肉をいたわりながら
辛さも徐々に解消するよう工夫。


筋肉の張りも辛さを超えて
本物になってきた。


2週前くらいまでは
気持ちをあまり刺激し過ぎないように
他馬と距離をとりながら進めたのだが
何をやっていいか
どういう感じで走ればいいか
ちゃんと理解できていないような
一生懸命ガムシャラさを前面に出し始めてきた。


そこからは
前に馬を置いて壁を作り

『他の仔の後ろで
  落ち着いて走ればいいんだよ』

と教える事に。

1週前と今週の追い切りは
教えてきたことの復習。

まだまだ教える事はたくさんあるが
未勝利レベルで考えると
動きも学習内容も文句無し。


動きを見た人は
間違いなく器が違うと感じるだろう。


今週も色んな人に
『どうなの?』

って聞かれて

本当は『楽勝!』
と言いたかったくらい。


でも競馬は難しいし
経験馬相手の初出走だし
口から出てきたのは
『競馬はわからないからね〜』

と言うセリフ。


確かにわからないんだけど
手応え通りなら大丈夫!


厩舎にとって
久々となる横山典Jの騎乗。


あまり乗ってもらう機会が無いから
縁が無いように思われているかもしれないが
誰もが認める第一人者だし
いつも

『ここぞ!』

という時に騎乗してもらうつもりでいるのだ。



前回乗ってもらって以降も
何度か依頼しているし
その時に先約があったから
乗ってもらえなかっただけ。


私と同い年だし
いち競馬ファンだった頃から
好きだったジョッキー。


久々に
ここぞという時が来て
第一人者が空いていたのだから
この組み合わせの幸運を
良い結果に結びつける事で
先々の夢に繋げて行きたい。















◎東京2R メイスンノミネート D2100m 三浦皇成


昨年の今頃までは
順調に調整できていたのだが
いつの頃からか肢元がモヤモヤし始めて
恐る恐る調整を進める状況になってしまった。


やっとの事で入厩した頃も
『ちょっと無理かな〜』

と感じてしまうような肢元。


坂路を中心に
プールやウォータートレッドミルを織り交ぜて
やれるだけやってみようという日が続いた。

でも
思ったより早く発走試験を通過し
馬体がスッキリする毎に
肢元も『何とかなるかも…』
と変化。


坂路だけで…
と思っていた調教メニューも
『ちょっと平場でも乗ってみようかな?』

と色気を持てるくらいまでになった。



そして
その欲張ったメニューも
果敢に消化。


いよいよ出走へと
辿り着いたのが先週。


が…
先週の追い切り後に

『角膜炎』

を発症。

眼にできた小さな傷だが
今後を考えると無理はできない。


泣く泣く延期せざるを得なかった。


オマケに回復後には
調教後にスクミを発症。

これは回復後
直ぐに急激な調教を
課してしまったことによる
ストレスが原因。

ちょっと可哀想な事をしてしまった…。


でも
そんなアクシデントからも
持ち前のパワーで復活。


大きな馬なので
デビュー戦は東京で迎えたい。


そんな気持ちを込めて行った
今週の追い切りも何とか消化。

坂路でビッシリと追ったせいで
さすがに追いきり後は
後肢に疲れも出たが
ケアの甲斐もあって
当日には思ったような状態で出走できそう。


牧場時代から

『一番手応えが悪くて
   ずっと追いっ放しなんだけど
       最後まで付いて行って
           一番息が良いんだよね』


と言われるようなズブいタイプ。

若さバリバリの三浦Jが
バテることなく追って来てくれるはずだ。













◎東京7R ナパ 芝1800m 三浦皇成


このところの不振。

『気分良く走らせる』

ということに重さをおき過ぎて
走り方が伸び切ってしまった結果だろうと分析。


調教内容と
その意図に変化を加え
時間を掛けて今週に備えた。


本当は牝馬限定D1600mが希望。

残念な事に除外対象だったので
芝1800mへと変更する事になったのだが
元々新馬戦は芝で好走。

膝の故障歴があるので
『いつか時期が来るまで…』
と控えていただけ。

変化を加えた調教は
完璧というまでにはもう一息だが
ほぼ良い感じになれている。


馬体も筋肉が付いてフックラ。


問題は
変化を加えた調教の影響で
ハミを銜え易くなっている可能性があるから
気を付けないと掛かる可能性があるということだが
もちろん三浦Jには伝達済み。


気負わずに上手に走ることができれば
ちゃんと弾けて良い脚を使ってくれる。


新馬戦のような落ち着きにも期待したい。









◎東京9R モエレエンデバー エーデルワイスS 芝1600m 吉田隼人



先週のユニコーンS除外は
賞金の少なさもあったので止むを得ないが
今週の京都あおぎりSは
16頭立てに17頭出馬投票しての
一頭だけの除外!


それは無いだろう〜!
とでも言いたくなるが
気持ちを切り替えて
このレースへ再投票。


更にレースを延期するのも忍びないし
3歳同士レースの最終週だから
もう一度芝で走らせて
適性を確認するには
いいチャンスだ。


状態は変わりなく順調。


落ち着いていて誰でも乗れるし
頸に出る張りまでも
ほぼ解消している。

中央初出走となった芝のレースの時には
まだムキになり易かったので

『第一に我慢の練習をして
     最後に掛けてみてくれ』

と指示。

思った以上に我慢をしたので
着順こそ悪かったが

『芝のレースでもやれそうですよ』
というコメントと

それ以降のレースでの
抜群の折り合いを土産に帰ってきた。


まさか1頭だけの除外に
エンデバーがなるとは思っていなかったので
急遽騎乗依頼をした吉田隼J。


『乗り易いし任せるよ!』
と伝えてある。


ダートでも実績は十分だし
これで本当に芝でもやれるようなら
今後のレース選択でも
嬉しい悩みを抱える事になってしまう…。
























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 63
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ニホンピロピンキー登場
24000HITありがとうございます。みなさまのおかげです。 にほんブログ村への入り口です。 ...続きを見る
ニホンピロ応援団(byぴゅあの子)
2010/06/12 07:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
先生、お久しぶりです。僕はサラリーマンやってますが近くにいる上司が影で僕の悪口言ってる事を他の営業所の後輩から聞いたりします。いやですねー僕は平気ですけど… 先輩の心が小さいから笑ってますよ楓lには仲の良いお客さんや酒仲間がいますからー長々と失礼しました。ブリージーデイズの出走待ち遠しいです
伸介です
2010/06/12 02:03
こんにちは。
ピンキー楽しみにしています。短期放牧だったとは思いませんでしたが、更に上向きということで結果を楽しみにしたいと思います。
関西中央場所で走る姿を見てみたいなぁ。
ぴゅあの子
2010/06/12 07:17
今日の9R、逃げ馬の鞍上が今までハイペース逃げ履歴の大野騎手、おそらくスローはなさそうですよ。

なので、2月にリーサムキッドと0秒1差のジュヌドラゴンに(馬券で)期待します!!

…ここで一叩きしてからが狙い目ですかね〜(笑)
むぅ
2010/06/12 07:55
レオアラシはダート向きにはみえないような
芝向き?
もんち
2010/06/12 14:24
トンデモナークの名前通り、前日でとんでもないオッズがついておりますが(笑)
むぅ
2010/06/12 21:42
トンデモナーク、うう 
ご無事ならいいんです
たらふく
2010/06/13 10:05

トンデモナークちゃんゥ
やっと会えましたモアレーちゃんと同じくなかなかの美人さんで
今日は力んでたのでしょうかィ無事ですよねィ次は勝てると信じてますゥ
がんばれゥ小島先生厩舎の子供達ゥ

サララ
2010/06/14 01:05
皆さんコメント有難うございました。


ピンキーも、ジュヌも、アラシも、トンデモも、みんな期待を裏切ってしまいました…。

ピンキーは、ちょっとお疲れのようですが、他の仔達は元気一杯なので、次走は期待を裏切らないよう頑張ります。
調教師
2010/06/25 19:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆6.12〜13の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる