小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆8.21〜22の競馬

<<   作成日時 : 2010/08/20 22:31   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 29 / トラックバック 5 / コメント 14



















先週までは札幌競馬場で
今週からは新潟競馬場。

競馬場に滞在している馬の頭数が多く
チェックや臨場をするために
しばらく美浦から離れた生活が続く。


たまたま
先週は札幌競馬出走馬が多かったし
今週は新潟出走馬が多くなったので
バタバタせずに集中できるけど
あちこちで少しずつ出走している場合は
個々の馬を頭の中で整理するのが大変。


週に一度は美浦にも帰るようにしているが
小倉にはなかなか足を伸ばすことができず
その分をスタッフが頑張ってくれている。


来週は札幌か…
函館か…
新潟か…
美浦にも帰らなければいけないし
小倉も行ってきたい。





でも月曜日からは
日高でセリが5日連続開催。



今週の競馬を終えた時点で
出走予定馬の状況や状態と
セリへ行くための移動経路などを考えたうえで
来週の競馬までの1週間を
どこで暮らすか考えることになりそうだ。










先週は久々の勝利で
内容も3勝と重賞の2着。


勝てなかったとはいえ
3着か…と一度は思ったクイーンS
何とか凌いで賞金を加算してくれたのが嬉しかった。






そして何よりも
未勝利勝ちを成し遂げたリズモアの勝利。

嬉しいのは当たり前だが
兎にも角にもホッとした。


競走馬として
致命的な部分があるわけでもないし
諦めるか否かを決める時期が近くなってきた以上は
一度はトレセンに入厩させて
小さな可能性に掛けるという意図を
全ての関係者が共有できた事が
今回の勝利のスタート地点。


確たる自信があったわけではないし
実際にスクミの症状は酷かった。


たまたま私自身が調教助手時代を通じて
スクミの馬を多く経験したノウハウがあったし
まずは実際に扱ってみて…
諦めるのはそれからで十分だ。


少なくともデビューくらいはさせたい
というところが第一目標だったのに
デビュー前の調教の感触からは
ちょっと手応えを感じることができた。


まずは無事に…と思った初戦は残念な結果だったが
その内容から楽しみが広がり
こうなると周囲の期待も高まるし
厩舎としても何としても勝たせたくなる。



そんな経緯があっての勝利は
嬉しかったし
ホッとしたし
色んな経緯もあって
とっても疲れた。


直線で後続を突き放した時には
『あ〜良かった…』って


たくさん喜んでくれる人がいるんだろうな…って
報われないことも多いこの仕事だけど
久々に充実感を得ることができた。


レースのあとでリズモアには

『よく頑張ったな…
  もうゆっくりと休みをもらいなさい』

と言ったが

『もうこれでしばらくは
    リズモアのことを忘れることが出来る』

最近は
それぐらい頭にこびりついていた。

だって
初戦で失格になって迷惑を掛けてしまったし

次のレースではいい脚を使って期待を膨らませてくれたし

その翌週には取り消しをする羽目になって

あちこち移動しながら札幌に出走させて

ここまできたら勝たせたい
勝たせなければって。


入厩してからも
時々はスクミもあったし
現時点では調教での乗り手も
選んであげないとスクミやすい。


無事に初勝利はしてくれたが
レース後に歩様がぎこちなかった時は
『あれっ?』て思った。


クーリングダウン中に改善したので
いつものスクミの症状かな?と思い
とりあえず経過を観察することに。


だからブログにもたくさんコメントをいただきながら
直ぐにリズモアについて書くのはやめておくことにした。


無事を確認できてから…と思っていたのに
軽度とはいえ骨折していたことを
報告することになったのは残念だが
勝利を挙げたあとのアクシデントなのだから
運が良いのだと解釈させてもらおう。



一つ書いておきたいこと。


山元TCに移動したあとでスクミが酷くなっことから
どうしても山元TC云々という話が出るのは
しょうがないかもしれないが
移動したのが寒くなり始めの時期だったことなど
要素はたくさんある。


何より
スクんだ後も
ちゃんとケアをしてくれていたから
今回の勝利がある。


普通に調教をしていても
肢元がどうかなったとか
怪我をしたとか起こるのが競走馬。


よく考えてみれば分かるが
スクミは競走馬自身の体質の問題だ。


山元TC移動前の育成時期も
問題ないくらいとはいえ
小さな症状は見せていたようだし
調教が進む過程の牝馬なら
重い軽いは別にして
スクミは結構あるもの。



もちろんこれからも
山元TCには御世話になるだろうし
応援してくださる皆さんには
あまり神経質にならないで欲しいと切に願う。


これから更に上を目指すリズモアには
どんな環境でも甘えることなく
全てを乗り越えるだけの力を備えて欲しい。



山元TCからもらったデーターがあったからこそ
何に気を付ければ良いかが判断できたのだから
それを忘れてはいけない。



今回はたまたま
厩舎に入ってから上手く行ったパターンだが
厩舎が牧場に助けてもらう逆のパターンも頻繁にある。


競走馬に携わる全ての関係者が
馬のことを第一に考えて
それで上手く行くこともあれば
それでも上手く行かないこともある。


立場こそ違え
競走馬達に頑張ってもらいたいと言う
基本的な気持ちを共有しながら
今後も結果に繋げられれば嬉しい。




実際のところ
先週の競馬では比較的良い結果を出せたが
同時進行で引退することになってしまった馬もいる。

能力がありながら
直ぐ勝てると思ったのに
なかなか勝たすことが出来ず
苦しんでいる仔もいる。


喜びだけではなく
悲しさや無念さや
悔しさや無力感。



今回は夢のような
本当に上手く行った
稀なケースのような気がする。



褒めてもらえるのは嬉しいが
上手く行かない仔がいる以上は
まだまだ手放しでは喜べない。



こういうハッピーな結果を求めて
確率を上げるために頑張り続け
相変らず複雑だな〜という仕事だが
やっぱり一番の良薬は
勝利を含めた競走馬の頑張り。


今週も
それぞれを楽しみに頑張ります。












21日(土)







◎新潟4R クサナギノツルギ 牝 芝1800m 田中勝春


前走後は
新潟競馬場から直接放牧。

牧場では
疲労回復を中心とした
ケアに努めてもらい
帰厩は新潟競馬場へ
直接向かうという形をとった。

新潟競馬場に滞在する場合
札幌や函館のように
開業獣医が滞在しておらず
一般的なケアや治療はできても
ショックウェーブ治療のような
手の込んだケアは望めなくなる。

疲労を取るための
手の込んだケアをする為には
どうしても新潟競馬場を離れて
対処する必要があり。


しかし
この暑い時期の移動はリスクも多く
クサナギノツルギのような小柄な牝馬の場合
新潟→美浦→牧場のあとに再度
牧場→美浦→新潟となるのなら
新潟→牧場→新潟の方が良い。


実際に往復の輸送時間は
だいたい半分で済んだようだ。

あえて言えば往復ともに
寂しく一頭で馬運車に乗ることだが
それも特に問題なく済んだ。


もちろん
牧場でのケアの甲斐もあって
帰厩後は硬さも解消。

新潟競馬場で行った最終追い切りでも
3頭併走の真ん中で良い動きを見せてくれた。

前走は勝ちを強く意識して
あえて動いていったところで
前に入られたりと不利が重なり
もったいない競馬となってしまった。


成績からも
力量的には上位なはず
今度は少しじっくりと構えてもらい
クサナギノツルギの力を信じてみることにしよう。








◎新潟7R フレノカトリーヌ 芝2200m 村田一誠


初めて乗ってもらった村田Jが
レース後に色々とアドバイスをくれて
今度はあえて小回りの芝2200mを選択。

村田J
カトリーヌの力を出すために
小回り芝2200mで
考えがあるという。

オーナーと相談させていただき
全て任せることにした。

前走後は
そのまま新潟競馬場に滞在。

最終追い切りにも
村田Jが跨り
脚の使い方を色々と試していたようだ。

流れが嵌れば
勝てる力はあるというのは
一致した意見。

思い描いた通りに
カトリーヌ向きの流れに出来るよう
村田Jにも期待している。






◎小倉8R メイスンファースト D1700m 北村友一


連闘から中1週で
そこからまた中1週での出走。

いくら滞在競馬だとは言っても
大丈夫かな…?
と心配してしまうが

『飼葉食いも良く
   本当に良い感じなので…』

と今週もしっかりと追い切りをして
時計まで上々だ。

今回からブリンカーを装着。

追い切りでその効果を確認したが

『効いていて
   良い感じです!』

という報告。


『間隔が詰まっていて
    そのうえで良い時計が出て
         ちょっと心配だけど本当に大丈夫?』

と心配を口にすると

『大丈夫ですけど
   心配なら来週に延期しますか?』

『いや…
  不安がなくて具合がいいなら
        どんどん出走させてかまわない』


『でもメイスンファースト自身の気持ちは?
             イレ込みや気負いは大丈夫?』

『大丈夫です』

『肢元や筋肉の張りや疲れも問題ない?』

『問題ありません』


等々詳細を確認。


引続き調教を担当してくれている
高橋智Jにも確認して
問題なければ出走ということに決めた。


夏のローカル時期。

全ての出張先で
全ての馬を確認できる事は不可能なので
最後はこうした口頭で馬の状態を確認しあって
予定を決める事を頼らざるを得なくもなる。

こういう口頭でのコミュニケーションを頼る場合に
間違いを起こさないようにする為には
日頃の意思の疎通や
方向性の相互理解が重要。


小倉滞在のスタッフも
一生懸命やっているので
そろそろ結果を出して欲しい。


初ブリンカーの効果は
十分ありそう。

時計やスタッフのコメントからも
状態が良いのは間違い無さそうだ。

外枠をどう生かすかだが
小倉競馬のことは
良く知っているはずの北村友J。

一発を期待している。













22日(日)






◎新潟6R ランパスインベガス 芝1800m 大庭和弥


土曜日の
新馬D1200m投票するも除外。

番組を見ると
新馬D1200mが少ないせいもあって
除外があるかも…
とは思っていたが
まさか本当に除外されるなんて。

騎乗依頼していたジョッキーには
調教も乗ってもらっていたし
除外された場合には
来週にスライド騎乗できないかと
話はしておいた。

でも
何とか都合が付きそうだ
という話ができたのは来週の芝1200m。

もし来週なら
芝1600mのほうが良さそうだと
直前の調教では感じていたので
どうするかちょっと悩んでしまった。


まだ少し前捌きが硬いので
初戦はダートで…。

D1200mは少し短いかもしれないが
何とか能力で捌ききれるかな…?
という思いでの選択。


来週都合してもらえそうな芝1200mは
さすがにランパスには忙しそうな感じ。


もう新潟ではダートの新馬戦が無いし
芝1600mに行くか
と考えたのだが…。

除外となった時点で
今週の芝1800mは
フルゲート割れ。

今週の芝1800mも有りだな…
と空いているジョッキー探しを開始。


来週の芝1600mも同時に探してみたが
両方ともなかなか見つからない。


来週の土曜日は
大きなレースも無いし
出走予定馬も多いから
ほとんど望み薄と判断。


既に仕上がり状態は良いし
いたずらに来週に延期するよりは
思い切りが良い騎乗をする点を買って
大庭Jに依頼して出走することを決めた。


どんな馬かについては
追い切り時計を確認していただければ
十分分かる好素材。

坂路で余裕に好時計。


Wコースでも
余裕十分に古馬を子供扱い。

心配していた気性も
調教を重ねながら落ち着きを増すくらいで
若馬らしいキョロキョロしたところは見せるが
心配な点は無し。


母系が短距離馬なので
バリバリ行くタイプを想像していたが
これも調教を重ねる度に

『距離は持つんじゃあないか…?』

という走り。


スタートダッシュが
そんな良いほうではないことも有るし
芝1800mになって案外良かったかも。


今週の出走を目標にして
先週から先輩古馬達に混ざって新潟滞在。

最終追い切りで
重賞出走馬相手に
互角以上の動きを見せたのだから
侮ってもらっては困る。













◎新潟11R モエレエンデバー レパードS D1800m 田中博康


前走後は
このレースを目標に新潟競馬場に滞在。


新たに鞍上に迎えることとなった田中博Jも
たまたま新潟競馬場に滞在していた為
平日の調教だけでなく
最終追い切りにも乗ってもらい
感触を確認してもらった。

エンデバーに乗る上で
注意する点は仕掛けどころ。

前走は内に詰まって
動き出すのが遅くなり
脚を余して負けただけ。


それでも
古馬相手にハンデを背負っての7着なのだから
今回はちょっと評価が低すぎる気もする。

仕掛けどころで上手く動けるか
動き出したら躊躇無く思い切って乗れるか
そこをクリアーできれば上位争いも可能だ。










◎小倉11R サンダーセブン 筑後川特別 芝2000m 川田将雅


中間の調子も良いということで
再度中1週での出走。


少し頸に硬さがある以外は
特に心配はないからと
中間はブリンカーを装着して
ちょっと甘くなる決め手に
スパイスを加えてみることにした。

追い切りで装着した感じでは
効果が見られるとのこと。

成績は安定しつつあるし
ブリンカーが良いほうに出れば
もう一つ上の伸びを見せて
際どい上位争いも可能


テン乗りとなる川田Jだが
九州出身だということもあり
小倉は庭のようなものだろう。

このところ使い込んできたサンダーセブンを
うまくエスコートして期待に応える走りを願いたい。

























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
リズモアちゃん、骨折しちゃいました。。。
たくさんの人たちに支えられて、 いろんな苦難を乗り越え、悲願の未勝利脱出をすることができたリズモアチャン。 ...続きを見る
うえのLIVE☆LIFE☆LOVE
2010/08/21 00:03
骨折したリズモアちゃん、来春の復帰が目標です!
通常、入厩している馬の近況更新は水曜日か木曜日が多いんですけど、 昨日小島センセから骨折の報告があったので、今日は更新ないのかと思っていました。 ...続きを見る
うえのLIVE☆LIFE☆LOVE
2010/08/21 00:03
小島茂厩舎のブログに・・・
昨日、小島茂厩舎のブログが更新されました^^ ...続きを見る
Team Fine weather
2010/08/21 13:01
リズモア全治6ヶ月
昨日、骨折が判明したリズモアですが、意外と重症だったようで全治6ヶ月とのことです ...続きを見る
〓〓〓の日記
2010/08/22 02:35
人気ほど差はない レパードS
新潟11R 第2回レパードステークス(重賞) 二回目なのでグレードが付かないが、 ...続きを見る
雲國齊の無謀
2010/08/22 09:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
新潟なら現地で見かけるかも。
出来たら先週の勢いそのまま、サークル付近で(笑)

むぅ
2010/08/20 23:32
リズモアチャンの初勝利ありがとうございました。
現地で見ていました。
正直出走取消になったアクシデントすら目の前で勝利を見せてくれるためだったんじゃないかと思いました(笑)
そしてウイナで見た皆さんの本当にうれしそうな笑顔や、いろいろなところで見るリズモアチャンの勝利を喜ぶたくさんの声に本当に胸がいっぱいになりました。
いろんな意味でギリギリだったリズモアチャンでしたが、きっとリズモアチャン自身がみんなの想いに応えるため「勝つまではなんとしても頑張る!」っていう意気込みだったんじゃないでしょうか。
初勝利後の骨折はやっぱり残念ではありましたが、もう走るところを見れなくなったわけではありません。
これからリズモアチャンの苦手な寒い季節になりますし、また暖かくなったころに身も心も成長したリズモアチャンに逢えるのを楽しみにしています。
リズモアチャンのこと、またブログにたくさん書いてくれてありがとうございます。
うれしいです!
今週も未勝利脱出できる仔がいますように!!
うえ
2010/08/20 23:46
先生、リズモアの勝利ありがとうございました。
とても感動の勝利でした(ToT)
でも私も嫌な予感がしてすぐには書き込みできませんでした。
初勝利後、屈腱炎で引退したモレーンレイクとどうしてもダブってしまって・・・。
無事を確認した後に書き込みしようと思っていただけに、骨折の一報は本当に残念でした(>_<)
でも、しっかり休めばまた復帰できますよね?
少し長い休みになりそうですが、勝ってくれたご褒美だと思って待ちたいと思います^^
モレーンレイクが走れなかった500万クラスでのレース、そして来夏降級前の1勝を目標に頑張って欲しいです!
そしてグランマルシェ(ヴィートマルシェ08)にも出資しました。
モレーンレイク、ピースエンブレム、ブロンクステイルに続いて4頭目です。
コジシゲラーですからね(笑)
JEN
2010/08/21 11:07
ムライチ騎乗で初の馬券圏内か。新潟開催中に何とか上がれるかな?
むぅ
2010/08/21 18:04
メイスンファーストさん、変わってくれました。
いよいよ本格化かな
たらふく
2010/08/22 01:17
ランパスインベガスさん、おめでとうございます
大庭騎手(ラーメン男)もいい仕事しましたね。
道中は気持ちが散漫で、突付かれて伸びたそうですが
余裕ありましたね。もっと強くなりますね。
大庭騎手もこういう馬で競馬道を究めていけますね。
たらふく
2010/08/22 13:06
ランパスインベガスのデビュー勝ちおめでとうございます。再投票もあって人気がありませんでしたが、先生の高評価を信じ、単勝獲らせていただきました。有難うございます。
ファーブ4
2010/08/22 13:15
ランパスインベガスおめでとうございます。
素人目ですがダート1200だったらあの味はでなかったかもしれませんね。力はもちろん運も持ってそうな馬です。
イン突き王子
2010/08/22 13:23
今週は乗ってますね!馬自身はもちろん、大庭騎手当たりやわらかいしうまいわ!
むぅ
2010/08/22 13:28
大庭最高だ!続けて乗ってほしい!
絶対にもっと勝てる騎手だから。
バブリン
2010/08/22 17:23
ランパスインベガス、調教の動きから注目してました。
結果的に番組もジョッキーも、ベストの選択でしたね。

このぐらいの条件が合ってそうだし、気を抜かせないジョッキーもGood!新潟2歳Sも期待大です!!
あっくん
2010/08/22 19:28
ランパス、大庭で新潟3Sも勝っちゃいましょう!馬主が勝ち運を貯めまくってますから、イケます!!
クサナギ
2010/08/22 22:54
ランパスおめでとうございます!
大庭騎手は独特のセンスを持っている騎手だと
思いますので次も期待してます。
ブルー
2010/08/24 23:07
この週はランパスインベガスのデビュー勝利の週ですね。
また嬉しさを思い出すことが出来ました。

新潟2歳S出走へ向けて調整していましたが、馬体が完成していないというか、それ以前の、まだまだ全然…というコンディションの中での快勝だったので、最低でも初戦並みの状態での出走を条件にして、結局は回避を決めました。

順調に成長してくれれば、かなり行ける!と想っているので復帰後も注目していてください。
大庭Jの想像以上の人気にはビックリですが、厩舎関係者の間でも彼なら何かやってくれるのではないかという空気があり密かな人気です。

JENさん、リズモアはモレーンレイクの分も頑張ってくれると思いますし、我々も頑張ります。グランマルシェにも出資とのこと、もう少し時間は掛かりそうですが、手術後のリズモアとグランマルシェは、つい先日見てきています。年内のデビューは行けそうな雰囲気なので首を長くして待っていてくださいね。それにしてもコジシゲラーって新種の怪獣の名前のようです。




調教師
2010/09/06 11:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆8.21〜22の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる