小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆8.28〜29の競馬

<<   作成日時 : 2010/08/28 00:13   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 11
















今週は
月曜日から金曜日までの5日間連続で
馬産地日高のセリが開催。

過去には多忙が理由で
セリ会場へ行かなかった年もあったが
今年は購買の予定があったため
連日会場へ足を運ぶことになった。



今週の調教のメインは
函館競馬場と新潟競馬場。


札幌と小倉
そして美浦については
頭数が少なかった事もあって
スタッフに任せることに。

新潟も先週の出走馬が多かったし
先週一杯の滞在で
状態がだいたい把握できていたため
函館へ移動した。

今週の出走馬こそいないが
来週の出走を控えている馬が一番多いので
函館競馬場から毎日セリ会場へ行く事になった。


正直言って
移動は大変だし
気力や体力が持たなかったら
函館に帰るのを止めるか
セリ会場に行くのを止めるか…
という気持ちだった。


函館に帰る飛行機の関係で
セリが終わる少し前には
帰らなければならないが
セリ初日となった月曜日の帰りには
飛行機の時間に間に合わず
その直ぐあとの電車にも間に合わずで
最終の特急で移動する羽目に。

函館の調教師寮に着いたのは
23時頃だった。


それでも
何とか気力は続き
最終日こそは
牧場へ行く約束ができたために
セリ会場に行けなかったが
5日連続で函館から日高通い。

疲れたという感覚もあるが
たくさん馬を見て
なんだか元気も
もらった気がする。


夜には
北海道から東京を経由して新潟入り。


明朝は
新潟滞在馬の調教に乗って
競馬が終わったら
また東京経由で札幌へ移動の予定。




大変ではあるが
私よりも
もっと忙しいスケジュールの
調教師さんがいるんですよ。


馬も厩舎スタッフも頑張ってくれているから
調教師も夏競馬の最後へ向けて
ラストスパートといった感じかな。




そうだ…
コメントへの返事
しばらくやっていません。


そろそろやりますので
とりあえずは今週の応援も
宜しくお願いいたします。












28日(土)






◎新潟3R シャイニングサヤカ 牝 D1800m 内田博幸

休養明けとなった前走は
3〜4コーナーで一気にペースが速くなり
直ぐには反応できず後手を踏んでしまった。

全体の流れから一頭だけ遅れかけたが
一度は下がりかけたところから盛り返して
何とか踏ん張って3着なのだから
やはり実力はあると確信はできたレース内容。

その後は新潟に滞在して
今週のレースに備えることに。

レース後は
結構ダメージも有ったようで
レース翌週に状態確認のため
しばらく振りにサヤカに跨った私は
想像以上の疲労度に
『こんな状態で出走させたの?』
とスタッフに聞いてしまったほど。

背腰の疲労が取れるまでには数日掛かったとはいえ
状態が回復してからは
『なるほど良い雰囲気だね』
と思わせる背中になってきて
前走前にジョッキーやスタッフが
『休養明けでもやれるはず』
と言っていたのは本当だと納得させられた。

疲労が取れてからは
通常通りのメニューを消化。

滞在馬がほとんどいない新潟競馬場では
馬達もノンビリとしてイレ込むことなく
中1週でも良いコンディションに持っていきやすかった。

最終追い切りは
中1週を考慮して単走。

まったくと言っていいほど馬が居ないため
最後の直線までもフラフラと集中力を欠いていたらしいが
もちろんビシッと追っていればビュンと弾ける感触はあったと
乗り手からの報告があったので安心して良さそうだ。

今回は内田博J。

デビュー以来騎乗してくれていたジョッキーが先約有りで
もちろんサヤカにも乗りたかったようだが
長いこと御世話になっている馬主さんと厩舎の馬だし
印も付きそうな実力を持った馬。

ウチのほうも
あとが無い未勝利馬だし
来週に延ばすことが出来る身でもない。

新たにジョッキー探しをすることになったが
この時期の未勝利レースは
ほとんどのジョッキーが
予約一杯で探すのが大変。


『空いていないだろうな…』と思いながらも
一応は内田博Jに確認。

たまたま空いていたのだからラッキーと言える。

休み明けを一回使って
これだけの条件が揃って
今のところは初勝利を挙げること
以外を想像することができない。






◎小倉4R セータミスタ 牝 芝2000m 川田将雅


前走で初入着。

もともと実力的には
小倉滞在中に勝てると踏んで送り出したのだから

『やっとの事で
    あともう一歩のところまで来た〜』という思い。

さていよいよであるが
中間も順調との知らせ。

以前も乗ってくれたことがある
川田Jを配して
あとはどういうレース運びをしてくれるか
返し馬で気負う事があり
前回騎乗してもらった時は上手く行かなかったが
最近はウチのスタッフも
コツをつかんでくれたようで
スムーズにキャンターに向かうようになった。

一走一走が
後が無い状態で臨む時期。

どうか今度こそ…と願うばかりだ。









29日(日)





◎新潟4R ラスカルジャネット D1800m 内田博幸


前走は
スタートが上手く行かず後方から。

『いい脚を使う
     と聞いていたこともあって
         じっくり構えることにした』

とジョッキーは腹を括って乗ったようだが
『こんなに良い脚を使うなんて…』

『もう少し前に位置できておけば…』
とレース後は残念がっていたらしい。

厩舎としては
やれそうな手応えも感じられる内容だったし
収穫はあり。

場合によっては
札幌へ行くことも考えていたが
このまま芝のレースが多い
新潟に滞在をすることを選択。

しかし…
入着して優先出走の権利を取ったわけでもなく
予想をしていたとはいえ
なかなか芝のレースには出られそうもない。

でも
更に状態は良くなりつつある感触を得ているし
そうこうしているうちに追い切りの動きも良くなり
調教で走らせる限り
ダートの走りも良いのではないか…?
という意見で乗り手も一致。

出られない芝を目標に
いつまでも調整を続けるより
一回ダートへ出走させてみよう
ということになった。

もし今回のダートがダメでも
出走回数が少ないラスカルには
次開催の競馬に
もう一度出走できる権利がある。

次開催の芝のレースは少ないので
可能性を広げるためには
早くレースに出走させて
次走までの間隔を空けるというのも有りだ。

スーパー未勝利となるであろう次走で
出走させたいところに出走させるためには
ある意味では作戦であり
必要な配慮でもある。

もちろん
せっかくの新潟競馬場で
ダート馬場での調教なのだから
前を走る馬の後ろを走らせて
砂を被っても嫌がらないかも試してみた。

本当のレースほどの
痛い砂は掛からなかったが
平気な顔をして走っているのだから
大丈夫そう。

私も中間跨ってみたが
ウチの厩舎で
未勝利レースで際どいレースをしたり
勝ったりしたりという馬達との比較でも
遜色ない雰囲気になっている。

そう…
ダートのレースでも
楽しみな感じになってきた。




◎新潟4R ワイルドジョイ D1800m 田中勝春


前走は初出走とはいえ好内容。

スタートダッシュで遅れながらも
内枠を利して先団に取り付き
そこで脚を使ったぶん
最後は止まった感じ。

次はやれる
という手応えは感じ取ることができた。

とはいっても入着できないと
次はいつ出走できるか
なかなか予定がたたない
この時期の未勝利競走。

一旦短期放牧に出して
そろそろか…と帰厩させたが
一度使っての上昇はありそうだ。

心配していたウィークポイントの後肢は
レース後のダメージも皆無だったようだし
スタッフも自信が有りそうな手応えだ。

D1200mを使うつもりだったが
何とD1800mへのエントリー。


D1200mがBetterではあるが
D1800mでも乗り方一つでチャンスはあり
という考えはあったので
来週まで待ってD1200mに出られなければ
D1800mへの出走もやむなし
という気持ちは元々あった。

ところが新潟で追い切りに跨ったスタッフから
今の雰囲気ならD1800mのほうが良さそう
との連絡。

悪くても入着できる自信があり
もし入着止まりでも
レース後の状態次第では連闘し
その後はスーパー未勝利へ
とチャンスが広げられる…と言う。

それなら攻めてみようではないか。

ラスカルジャネットと
同じレースになってしまったが
厩舎の同士である2頭が一緒に走って
お互いが励ましあって発奮してくれると嬉しい。


日々の調教でも相棒として走っている2頭。

もともと期待していた仔だし
スタッフの感触がバッチリ嵌って
最低でも入着以上というノルマは
期待できそうな雰囲気である。




◎札幌5R アロマセラピスト D1800m 吉田隼人


前走は初のD1000mにチャレンジ。

スタート直後から遅れだし
追走するのに予想以上苦しんだが
鞍上が慌てず急がず
ロスのない競馬を心掛けてくれたこともあり
最後の伸び脚は見所があっての6着。

良い競馬内容では有ったが

『やっぱりもう少し
   距離があったほうがいいですね』

とのジョッキーコメント。

2度目の慣れを見込んで
もう一度D1000mとも考えたが
レース数が少ない事もあって
なかなか出走することは無理と判断。

もう一度D1700mで頑張る事になった。

前回短い距離を使った経験を生かして
今回こそはもう少し
スタート後のダッシュが
効いてくれたりはしないだろうか。

最初のコーナーまでに無理せず
いつもより前の位置に付けられれば
最後は良い脚を使って上位争いも可能なはず。

前走後は札幌に残って調整を続け
良い意味で平行線。

出走回数が5回以上のアロマには
入着以上が最低条件となる押し迫った時期だ。

吉田隼Jとのコンビは
前走に引続き2度目となるし
中間の調教でも感触を確認してくれている。


今までで一番良いレース
良い内容を見せてくれるよう
期待せずにはいられない。


















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
ウチパク騎乗+成績から圧倒的1番人気になりそうですが、人気そのまま勝って欲しいですね。
むぅ
2010/08/28 00:50
先生お疲れ様です。大変な移動ですねミそこまで気持ちが入って、僕達の馬を見ていただけるとは感動ですヒ一つ質問させてください。1勝馬と未勝利馬は引退かどうかの違いだと思いますが、1勝馬は負け続けた場合に話し合いで引退かどうかを決めるんですか?今週も未勝利戦応援してますソ
伸介です
2010/08/28 07:09
セータミスタさん、多頭数の大外枠で絶対不利と思ってましたが、川田騎手スタートから攻めましたね。見事な逃げ切り勝ち。本当におめでとうございます
たらふく
2010/08/28 12:16
新潟の仇を小倉で返す。未勝利勝ちおめでとうございます。
むぅ
2010/08/28 12:28
先生の1週間を読ませていただきながら、この業界のスケールの大きさや広がりを少しずつ知ることが出来ています。先日GCで、牧場関係の仕事フェアが紹介されているのを見ましたが、日本経済や雇用問題、まだまだ発掘の余地がある気がしました。
それにしても、調教師の家族さんたちはなかなか「お父ちゃん(ゲゲゲ風)」と一緒に時間が過ごせず、でも物理的距離じゃない絆なんだろうな、などと感動しています。
れお
2010/08/28 14:29
札幌が5R、新潟が4Rだな。
未勝利馬は正念場ですね。
むぅ
2010/08/28 23:35
ワイルドジョイの前走以上の結果を信じて現地で応援しました。
痛恨の出遅れ、向こう正面での走りに希望を持ちましたが厳しい結果となりました。
出走さえ難しい状況となりましたが最後の最後まで勝利を信じ応援します!
みっち
2010/08/30 11:33
ここのところ勝ち星が積み上がって来ましたね!
毎週小島厩舎の活躍を楽しみにしています!!
社台でこちらに所属予定の
ディオニージアの09に出資したのですが、
先生はこちらの馬はご覧になっていらっしゃいますか?よろしければ印象など教えていただきたいです!
おむすびさん
2010/09/01 16:17
明日は2頭ですね。ムライチが先約あったのか?カトリーヌに大庭騎乗。前走の結果からかなり人気になりそうですが、距離伸ばして正解。
むぅ
2010/09/03 19:57
皆さんコメント有難うございました。

伸介ですさん、のご質問にあった1勝馬の引退について、1勝馬に限らず、勝ち上がった馬の引退のきっかけはそれぞれですね。

馬体に弱いところがあったりして順調に出走させることができず、出走させても成績が振るわない場合はオーナーの負担も大きくなるので諦めざるを得なくなります。

馬体が弱くても、時間による改善が見込める場合は、待つことを検討相談させていただきます。

うちの厩舎の場合は、成績が良くない場合は試行錯誤をするほうなので、芝で駄目ならダートに出走させてみたり、距離を変えてみたり、調教に変化を加えてみたり、それでも駄目なら相談させていただくようになると思います。

馬主さんには、自分は『諦めが悪いタイプの調教師』と伝えてあるので、自分から『諦めましょうか…』と投げ掛けることは極めて少ないほうだと思います。でも馬主さんに経済的な負担を掛け過ぎることは避けなければいけないので難しいところです。

そのタイミングは馬主さんそれぞれ、調教師それぞれによるのではないでしょうか。答えになっているか心配です…。


むぅさん、レースの書き間違いについてご指摘有難うございました。通常なら妻が指摘してくれるのですが、ローカル出張中は間違ったままになっていたりしているので助かりました。ちなみに、むぅさんの書き方はツイッター調で独特ですね。


みっちさん、ワイルドジョイへの熱心な応援感謝します。
次走が最後のチャンスになりますが、出来る限りの工夫をしながら初勝利を目指しますので最後まで応援宜しくお願いいたします。
調教師
2010/09/06 11:59

おむすびさん、ディオニージア09への出資有難うございました。初めて見させていただいた時には、初仔だということもあって小さな印象がありましたが、最近目に見えて大きくなっていますね。

母の成績は抜群ですし、厩舎との相性も良いフジキセキ産駒なので当然のことながら期待していますよ。
調教師
2010/09/06 11:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆8.28〜29の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる