小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆9.11〜12の競馬

<<   作成日時 : 2010/09/10 20:13   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 42 / トラックバック 1 / コメント 18














土曜に出走の2頭は
共に9頭立てで恵まれたが
何でか揃って大外枠。

2頭が共に大外枠だったのを知った時には
『あ〜なんで!』

と思ったが
良く考えれば
頭数が少ないから
あまり不利にもならないだろうし
最後入れになるだろうから
好スタートも期待できそうなのがいい。












今週も
移動が激しくて
珍しく疲れた。


ちょうど開催替わりだったり
栗東へ移動したスタッフもいるため
しばらくは私自身が
人数が少ない場所に移動して対処。

お陰で週末も結構ハードな予定だし
飛行機での移動が多いせいか
ちょっと腰も悲鳴を上げ気味。


移動経路自慢みたいになってもしょうがないので
今週はあえて書きませんが
この疲れを癒してくれるだけの走りを
管理馬たちがしてくれるはず。


眠くて眠くて
せっかく札幌にいるのに
出かけることも出来ない。

明日は4時半に馬場開場だから
3時までには起床。

昔はそれでも出掛けたが
もうそんな元気もない。


嫁さんも安心の
健全な札幌滞在だ。













11日(土)





◎中山10R マチカネヒヨドリ 松戸特別 D2400m 大庭和弥


前走は順当に
500万下を勝利。

短期放牧を挟んで
美浦へ帰厩。


まだ成長途上な部分からか硬さもあり
美浦帰厩時は少し疲れも残っていたようだが
調教を消化しながら解消。

今後は徐々に力を付けながら
キャリアを積む毎に1000万下卒業を目指そう!
そんな考えだったのに
昇級初戦からいきなり結構な人気。

前走の勝ちっぷりと
追い切りの良さが目を引いたようだ。


長丁場は大歓迎。

初のコンビとなる
大庭Jもとっても相性が良さそうな予感。


印が並んでいる新聞を眺めていると
デビューした頃に手こずっていたのが
嘘のような最近の充実振りで
このクラスをアッサリと
通過してくれる予感さえする。








◎阪神10R プロヴィナージュ 朝日CC(GV) 芝2000m 佐藤哲三


前走後は
短期放牧を挟んで
美浦へ帰厩後
直ぐに栗東へ移動。


この秋の大きなレースで
勝負を掛けるために
栗東での長期調整プランが始まった。

今まで栗東滞在を行った馬の中でも
効果が顕著に表れるプロヴィナージュ。

硬くて調整が難しいところがあるが
なぜだか栗東では柔らかい馬体に変わる。


馬体に柔軟性が出れば
アクシデントを招く恐れも少なくなるので
長期滞在のプランで
秋の大一番へ向けて栗東へと乗り込んだ。


目標レースをハッキリさせなければ
滞在することができないので
一応は朝日CCを一番近い目標に
その他のオープン特別レース等も
目標レースとしてピックアップ。


理想は京都大賞典だったが
状態と頭数等で出走させるかもしれない
とスタッフには話をしていた。

先週日曜日締め切りの
特別登録の頭数は少なく
当初は7頭程度。

最終的には増えたが
スタッフと連絡を取って状態を確認し
念のために登録を済ませた。

絶好調だったり
少頭数だったり
余程の条件でなければ
出走させないでパスをしようかな…
という気持ちもあったので
慎重に状態を判断したく
直ぐに佐藤哲Jに
翌週の追い切りを依頼。

状態を確認してもらったうえで
出否の参考にさせてもらうことにした。


最終追い切り終了後に
哲三Jから掛かってきた電話では
追い切りの動きとしてはGOサイン。

あえて気になる部分のことも話してくれて
最終的には木曜日の騎乗チェックで
追い切り後の状態を確認して出走を決めた。


色々と良い条件は揃っている。


最近のプロヴィナージュの出走時は
一戦一戦プランを練って
綿密な調整をしてきただけに

今回のように
『出走どうしようかな…?』

なんてノリでの重賞挑戦は
いつもと違って
気の抜けた感じ。


でもでも
『予定を早めて出走を決めた以上は 
        勝たないと意味がないのは解っているよな』

と今回の出走に踏み切った判断の重さを
調教師から念を押されてプレッシャーを掛けられ
重々承知のうえで頑張っているスタッフ達。

良い仕事をしてくれるだろうと
楽しみに迎える土曜日です。















12日(日)







◎阪神9R ハイオン オークランドRCT D1800m 川田将雅


右前肢種子骨骨折のため休養。
1年以上の休養期間だったので
さすがに強気にはなれないが
休養前はこのクラスでも
上位争いをしていたのだから
久々の不利を承知で
どれだけ頑張れるか楽しみ。

帰厩して
レース選択をする際に
一番困ったのは
ハンデ戦ばかりで
出られるレースが少ない事。

準オープンクラスになると
ハンデ戦が多くなるのだが
一年以上休養している馬は
ハンデ戦には出走できない。

長期休養馬は
ハンデを決めるための比較材料が少なく
判断がしづらいという理由なのだが
出られない立場になってみて初めて
準オープンのハンデ戦の多さに驚いた。

そういうことで
このレースを目標に帰厩したわけだが
何かのアクシデントがあった場合
ハンデ戦以外のレースのほとんどが
ハイオンにとっては適性外なため
適鞍以外の出走を考えなければいけなくなる。


栗東に滞在しながら
調整する予定の馬が他にいたこともあったが
調整を少しでも正確に
アクシデントを少なくする為に
ハイオンも初の栗東滞在を敢行。

久し振りに帰ってきたハイオンは
以前見られた強すぎる個性も解消し
順調に調整を進めることができた。


最終追い切りは
Wコースで飛ばし過ぎて
最後はアップアップしていたようだが
張り易かった背中もそんなにひどくないし
獣医さんのチェックでは
内面的には凄く良いとのこと。

後ろから見ると
後肢が少し小さくなった。

プリッとはしているが
でも昔に比べると小さい。

馬体重も
休養前よりも軽いようだし
やっぱり筋肉量が落ちているのかな…?

休養前は
厩舎のダート部門の
エースとも言えたハイオンが
いよいよ復帰。

不安も多いが
初戦の走りを見てホッとしたい。









◎札幌3R ラスカルジャネット 芝2000m 黛 弘人


いよいよスーパー未勝利で最後のチャンス。
前走はダートの適性に賭けて失敗。

パサパサなダートだったこともあってか
上っ滑りして走っていたらしい。

『もうこうなったら
    芝のレース一本だ!』
と直ぐに北海道へ移動して
このレースに備えた。


競馬を使った直後の移動で
さすがに疲れも感じられたが
今週の追い切りは
前走並みの動きが戻ってきた感触。

前々走の33秒台の脚を見ても
芝のレースが良いのは間違いない。


あとはその脚を
どこでどう使うか。

ちょっと硬いところがあるし
未勝利最後のチャンスで
悔いのないレースをしてもらいたかったから
ジョッキーの選択は迷った。

依頼したのは黛弘人J。
デビュー前から
色々と苦労をしているから
少しぐらい硬くても
しっかりとこちらの意を酌んだ
ガッツのある騎乗ができる。

気になっていた硬さも
ケアの甲斐あってか
レース前にはかなり解消。

一発嵌ってもいいくらいの
感触はあるんだけどな…。






◎札幌8R ジュヌドラゴン D2400m 三浦皇成


前走は何よりも
ジョッキーがブルーだった。

もちろん一生懸命
乗ろうとしてくれてはいたはずだが
ジュヌドラゴンに騎乗する前に起きた

『何で?』
との声が多かった失格。

どう見ても平常心では乗れなかったと思う。

その証拠に
レース後は珍しく
ちゃんとしたコメントが聞くことが
できる雰囲気ではなかったし
そういう意味ではジュヌドラゴンも
失格の影響を受けてしまった一頭。


短期放牧を挟んで
状態は変わりなく順調。

まだまだ成長を見込めるが
バリバリと攻め過ぎるには早い。


もう少し心身の成長が感じられるまでは
レース経験を積みながら
体力強化を図っていく方が有効だとみている。

だから今回も状態の維持を
最優先に心掛けながら
得意の長距離戦に出走。

前走はとにかく参考外。

長く良い脚を使う仔だし
どこで動くかがカギとなりそうだが
最近は下半身の強化に努め
体力を付けてしっかりと追ってくる印象が強い三浦Jが騎乗。

しぶとい脚をうまく使えれば
上位争いも可能だ。





◎札幌10R ブルーミングアレー おおぞら特別 (牝)芝1800m 三浦皇成


負けられない一戦。

前走は
力通りの結果だったとはいえ
正直ホッとした。

次走はトライアルへ行くか
北海道に残ってもう一勝を目指すか。

春に見せた
輸送に対するデリケートさと
まだおさまらない残暑を考慮して
札幌で3勝目を目指すことを選択。

秋華賞トライアルと同じ時期に
牝馬限定の『おおぞら特別』があったため
ローテーション的にも最適と
このレースを目標にした。

1週前のレースに
特別登録の段階で頭数が少ないレースがあり
出走へ踏み切るか否かを検討したが
結局予定通りに『おおぞら特別』出走。

今でも
この選択が良かったのかどうか
レースが終わるまではドキドキだ。

調整は極めて順調。

目標レースの出走を確実にするためには
何が何でも勝ちたいが
ダート中心の調教馬場で
見境無く強い調教を課してしまっては
後々に悪い影響も考えられる。

強からず弱からず
前走以上の状態にできるよう
気を使った。

休養明けを一度使って
前走以上なのは間違いない。

頭数も思っていたより手頃になった。

ジョッキーも2度目の騎乗で
手の内に入っているはず。


来週の
栗東行きの馬運車は予約済み。

一足先に滞在を始めた先輩達に
3勝目の土産を持って合流だ。






















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2010 朝日チャレンジCの予想
(2010)第61回朝日チャレンジカップの予想 本命は、プロヴィナージュ。血統的 ...続きを見る
はちまんの競馬と囲碁
2010/09/10 21:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
返事ありがとうございます。そうですね、騎手については、前向きコメントのみ入れることにします。

ドリームフライトがハナを切るでしょうし、プロヴィナージュは番手につくいつもの競馬が出来そうですね。G1常連のキャプテンと近藤さんの上がり馬が強敵ですが、期待してます。
むぅ
2010/09/10 20:37
小島先生、今週もお疲れ様です。

プロヴィナージュ、朝日CC出走なんですね。京都大賞典まで、休養だと思っていたので、ブログを見てビックリしました。

明日は、朝日CCの優勝騎手と調教師を迎えてのレース回顧が、最終レース後に競馬場のパドックでありますね。
パドックでの回顧で、拝見できるよう、楽しみにしています。
大空晴れ晴れ
2010/09/10 21:45
小島先生こんばんは!コメントへの返事ありがとうございました。

私はジョッキーのブログで競馬を好きになりました。中でも、作り物ではない、嘘っぽくないブログが好きです(一番好きなブログは閉鎖しちゃったけど…)。そしてもちろん、ファンと真摯に向き合っている小島厩舎ブログも大好きで毎週見ています!

だから小島厩舎の馬に、好きなブログの騎手が乗ると、余計に応援しちゃうのです。フリソもカトリーヌもランパスも、全力で応援しちゃいました!私のようなブログきっかけのファン、結構いると思いますよ。

ということで今週はマチカネヒヨドリの応援で中山に行きます!もちろんプロヴィナージュ始め、小島厩舎全馬の活躍を祈ってます!
あっくん
2010/09/10 22:44
更新有難うございます。新聞のコメントなどで「早くからこのレース一本に絞り調整してきた」というのと、「具合がとてもいいので予定を早めてここを使う」みたいのをよく見かけますが、結果は後者の方がいいような気がします。前者は「人の都合」であり、後者は「お馬さん本位」だと思います。プロヴィナージュさんの勝利を祈ります。
大庭さんや三浦さんが小島厩舎の常連騎手に定着してくれるとファンとして嬉しいです。直千米で名手の呼び声も高いM田さんも騎乗機会が増えるのを楽しみにしております。
ネットの常で失礼な書き込みをする人が出てきますが、いやしくも競馬に関するものですと小島先生は真正面から熱く語ってくれますので、ファンにとっては最高の読みものになります。
「小島先生を怒らせよう」なんて合言葉が...
たらふく
2010/09/11 00:45
お疲れ様です先生。
こちらは先ほど仕事終えて帰宅。先生と生活リズム真逆だなーと遠い眼。
腰痛は季節の変わり目に出ますから、くれぐれもお気をつけて悪くなさらずに。
>嫁さんも安心の健全な札幌滞在だ。
あ、これ大事です、大事w
ついさっき、GCでプロヴィナージュの追い切りの様子を見ることが出来ました。土曜が楽しみです。
れお
2010/09/11 01:06
小島先生、お疲れ様です。毎週、興味深い数々のコメント、ありがとうございます。厩舎ファンとしては嬉しい一方、実際に管理馬にも乗られてハードなスケジュールをこなされている先生の体調はやはり心配です。移動も含め強烈な猛暑の疲れもピークに達しているところでしょう。

今週も愛馬達の活躍がその疲労を吹き飛ばしてくれると良いですね。「相性」がテーマになりそうな秋競馬のスタートとして最高なラインアップ。朝日CCは過去、10年間で佐藤哲Jは3勝。松戸特別は一度、スタートで突進したハイオンが圧勝。大庭Jもティンバーセブンに続き再投票の新馬での大金星。すっかり、私も彼の虜になってしまいました(笑)。日曜日もかなり力が入りますよね。レース、馬、オーナー、ジョッキー、外枠(?)、それぞれ好相性。これは期待するしかないですね!
スパークオンアイス
2010/09/11 01:13
プロヴィナージュさん惜しかったですがGT馬がうまい競馬で力を出し切りましたね。牡馬の一線級相手に全く遜色ない実力を示しましたから、この秋もう牝馬には負けないのではないでしょうか(これじゃ怒らせられないですね
たらふく
2010/09/11 16:03
勝ちに行って2着は仕方ない、調教が軽かった分届かなかったでしょうか?

明日は、現級では力上位なハイオンの仕上がりに注目します。
むぅ
2010/09/11 21:46
小島先生初めてコメントとする一口馬主です    ブルーミングアレーの事ブログ拝見して感激しました勝ち負けにこだわつてた自分が恥ずかしい今は無事に完走してと思います.これからも先生のブログ楽しみにしておりますので残著厳しき折お体に注意してガンバツテ下さい{%笑いwebry% 
ねこのたきじろー
2010/09/12 05:41
ブルーミングアレーさんおめでとうございます。
勝ってくれてホッとしました。この子にはGTとって欲しいです。ラジオ実況ではアナウンサーが
「ここは通過点!」と叫びました
たらふく
2010/09/12 15:00
ブルーミングアレー3勝目おめでとうございます。
狙いどおりでしたね。
これからもがんばってください。
九紋竜
2010/09/12 15:03
おめでとうございます!ブルーミングアレー、楽勝でしたね。今年も牝馬GI勝利とは言わず、プロヴィナージュと合わせて秋華賞、エリザベスともに勝っちゃいましょう!
スパークオンアイス
2010/09/12 15:10
ブルーミングアレーさんおめでとうございます!
秋華賞は期待しています

関東馬を応援している身としては、
アパパネ、サンテミリオン、アプリコットフィズ、アニメイトバイオ、ディアアレトゥーサ、クラックシード、コスモネモシンとブルーミングアレーで秋華賞は有力馬勢ぞろいで嬉しい悲鳴です。
みゅうげ
2010/09/12 15:18
次走へつながるいい勝ち方でしたね。皇成Jも不利だけは受けないようにうまく乗ってくれました。さあ、いよいよ春の雪辱を期して栗東留学ですね。京都で口取りするのを心待ちにしています。厩舎の3年連続GT勝利もかかっていますし。
ファーブ4
2010/09/12 16:41
アレーの勝利本当にありがとうございます。
札幌には行けなかったので
銀座のウインズで観戦しましたが
思わずガッツポーズが出ました。
三浦騎手も落ち着いた好騎乗だと思います。
秋華賞出走へは色々な選択肢があったと
思いますが、
暑さを回避し、輸送の負担も減らし
理想的な結果ではないでしょうか。
一瞬でも紫苑Sの方が確実では?
と思った自分が恥ずかしい限りです。
まだ本賞金1500万円で
抽選の可能性はありますが、
今年の3歳牝馬はオープン馬
(秋華賞を目指す)が少ないので
3勝ならほぼ大丈夫なんですね。
プロはそのあたりの情報や相手関係、
もちろん馬の体調を考えて出走を
判断しているわけで、
よくネット上で断片的かつ表面的な情報や
憶測で調教師の先生の使い方を批判している
人がいますがどうかと思います。
無事栗東までの輸送を終え本番まで
順調に調整されることを祈ります。
当日はもちろんスーツ着用で応援に行きます。
本当に夢をいただいてありがとうございます。
ラムタラ
2010/09/12 18:59
小島先生・関係者の皆様。ブルーミングアレー優勝おめでとうございます!そして、ありがとうございました。

次はいよいよ秋華賞ですね。オークスでは随分悔しい思いをしましましたが、淀で春の雪辱に期待しています。先生を初めとする関係者の皆様やアレーを応援してくださる方と一緒に喜びたいですね。
クロノス
2010/09/12 21:07
今日は、諸般の事情により、札幌から遠く離れたエクセル博多でブルーミングアレーのレースを見ていました。

勝つとはおもっていましたが、いざ勝ったら、かなり静かな雰囲気のエクセルの中で、ひとり静かにガッツポーズをしていました。
やっぱり喜んだ時には、大きな声を出したいものです。
来月は、京都競馬場で大きな声を出して喜びたいと思いますので、宜しくお願いします(笑)
徳芽息坊
2010/09/13 00:16
皆さんたくさんのコメントありがとうございました。
ブルーミングアレーへのコメントがたくさんありましたね。秋華賞を除外となってしまった今となっては、空しくも感じてしまいますが、すでに次のレースへと向かって調整中。
まだまだ良くなる仔なので長い目で期待して頂ければと思います。
調教師
2010/10/16 16:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆9.11〜12の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる