小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆10.23〜24の競馬

<<   作成日時 : 2010/10/23 00:12   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 25



















23日(土)







◎東京8R クラブトゥギャザー D2100m 三浦皇成


前走は悔しい2着。
直線の手応え良く
『あ〜勝てそうだな…』と思ったら
勢いよく伸びてきた
後続馬に差された。

ジョッキーとも
『ちょっと
   後を待ちすぎて失敗したな〜』

という話になって反省しきり。

手応えが良くて
早めに前の馬に並び掛けると
抜け出した時に馬が遊んだりして
フワフワしたところで後続馬にやられるから
ジョッキーの心理としては
抜け出すのを少し待っておきたくなる。

でも海外競馬などを見ると
抜け出す時に遊ばないように気をつけ
車でいう半クラッチの状態(今はオートマチックだから分かり辛い?)
を上手くキープして
出し過ぎず抑え過ぎず
もし抜け出しても持たせる
そんな乗り方ができるジョッキーを良く見掛ける。

抜け出してフラフラするのは
乗っていて気持ち悪いところもあるし
誰しもそんな失敗を経験しているから
早く抜け出すのをギリギリまで待ちたい。

でも海外では
英国ダービーなどさえ
抜け出して突き放す事もよくあるし
抜け出して持たせるんだ!!
というハートも必要なのではないか
そう思っていた部分もあったから
ジョッキーともその話をした。

いわゆるジョッキーの
追える追えないといわれる根底には
そういうところもあるのではないか。


だから
日本のジョッキーにも
追い負けたと思われるようなレースをして欲しくない。

負けない要素を
たくさん持っているはずなのだから
強いハートでカバーできないものだろうか…。


だからといって
安易に早く抜け出すと
目標にされたり
集中が途切れたり
言うほど簡単ではない。

それだけに
道中の位置取りも重要になるのだが
海外にも修行に行って
抜け出しても持たせる
世界の技術を目の当たりにしているはずだし
これから日本を代表するジョッキーになって欲しい
そんな三浦Jが相手だったので話をしてみた。

念のため書いておくと
三浦Jのブレーキやアクセルの使い方は
十分ソフトだし考えた使い方をしていると思う。


同じブレーキやアクセルでも
いかにソフトに使えるかだったり
上手く切り替えられるかだったり。

きっとわれわれ一般ドライバーと
最上級のF1ドライバーって
それくらいの違いが
あるんだろうと思っているんだけど…。


過去にウチの厩舎でも
そんなレースで
出し抜けをくって負けたレースが
何度かある。


肝心なところで強めのブレーキを踏んだり
アクセルを急に吹かしたりすると
馬の方も困ってしまうし燃費が悪くなる。


抜け出すのを待たなければというのも大事だが
抜け出しても持たそうという意識も
強く持ってもらいたい気がする。


嬉しい事に
クラブトゥギャザーで負けた翌日に
ウチの厩舎のフリソが同じ三浦Jで勝利。

『昨日ああいう負け方をしたので
    今日は同じ失敗をしないように意識しました』

もちろん
今週のクラブトゥギャザーも大丈夫だろう。









肝心の状態だが
前走後は疲労回復に時間がかかった。


あまり見せたことがないはずの
スクミの症状を見せたり
火曜日には疝痛の症状まで見せたので
大事を取って追い切りを木曜日にずらし
少しでも気になるところを見せたら
出走を回避することすら考えていた。


馬ってわからないな…
と思うことが結構ある。

今回のクラブトゥギャザーも
追い切り当日に
『やめる材料が少しでもあったら…』
とかなり意識して探したのに
見当たらなくて逆の意味で困った。

喜んで良いのだとは思うけど…。


『最近の中でも
    良い方なんじゃあない?』
と思える雰囲気。


追い切りに騎乗した三浦Jも
『少しでも気になる要素があったら
             ちゃんと言います』

と言ってくれていたし
場合によっては
追い切りを中止することすら考えていたらしいが

『全然良い感じですね…?』と言う。

    
獣医のチェックでも
『ええ状態になっとるで〜』というコメント。


いつでも500万下を勝てる仔だから
いま無理をして急いで勝ちに行かなくても
と思って引くつもりでいたが
その要素が無くなった。


結果がどうであれ
さすがに今週のレースが終わったら
少し間を空けてあげなければいけないなと思っているが
どうせならきちんと決めてほしい。


強いてあげれば
疝痛の影響から
追い切りを通常の水曜日から
木曜日にずらしたぶん
追い切りの疲労回復時間が一日少ない事。


さあどうなんだろうか…?
と思うが
大丈夫なはずだ。









◎東京8R ブリージーデイズ D2100m 田中博康


前走後は
少し間を空けていたが
牧場ではしっかりと乗り込んでもらっていたので
『良い状態で送り出せそうです』
という情報を聞いての帰厩。


帰厩当初は
その言葉通り良い感じ。

一週前の追い切りも余裕十分で
見た感じも乗った感じも良かったようだが

『追い切りそのものは良いけど
     少し馬体の使い方に気になる点がある』

という報告を受けた。

一応
気になる点のケアをしながら様子を見ていたが
数日掛けて栗東出張馬チェックのために留守していた私が
帰ってきてから騎乗してのチェックをしてみたら
スタッフの感じた違和感が何となく分かる動き。

背中の躍動感というか
柔軟さ…バネが弱い
そんな感触。


でも直ぐに
集中的な治療とケアを施したことで
日に日に改善が見られて
いつものブリージーに戻ってきたので
ホッとしながら追い切りを迎えることができた。

追い切りには
競馬にも乗ってくれる田中博Jが騎乗。

併走馬たちの中でも
手応えが一番良く
良い雰囲気で出走できそうかな?
と思われたが

今度は追い切り後に
ちょっと右後肢に疲れ。

場所の特定はできたので
直ぐに治療とケアができたが
あとはレースまでに
どれだけ疲労物質が抜けてくれるか。


初勝利をあげた夏よりも
かなりしっかりしてきているが
それでもまだ成長過程なのかな…?

でも
馬体の外見的充実度は抜群なので
パドックでは素晴らしい馬体を使って
成長をアピールできるはずです。









◎京都10R ブルーミングアレー 古都S 芝2400m 浜中 俊


あ〜痛い秋華賞除外。

しょうがないと思って割り切っているが
本当に小さな悔しさという感じが長く尾を引く。


それだけに
今回は頑張ってほしいところ。

新聞の印も結構付いているが
常識的には3歳牝馬が
古馬相手の準オープンで勝利するのは
結構大変な事だ。


でも今回は
ハンデ戦という事もあるし
チャンスは広がるはず。


そして何よりも
ブルーミングアレー自身の状態が良い。


秋華賞へ向けて
どれだけ攻めることができるか。

状態を確認しながら
攻めたり引いたりの度合いを考えて
調教を課していかなければならない。



なかなか攻められないばかりか
いつもより調教を控えなければいけない
馬によってはそんなケースもあるので
滞在予定の栗東に行って
実際に調教を始めなければわからなかった。

昨秋の栗東滞在時は
環境の変化や
逍遥馬道での馬の多さに
神経質なほどに戸惑っていた。


夏の北海道でもまだ
他厩舎の馬の動きには敏感だった。

だから少し心配な面はあったが
どうしてどうして2度目の栗東で慣れたのか
北海道の2連勝で自信が出てきたのか
滞在が進むにつれ
他厩舎の馬にも遠慮することがなくなり
まだ敏感な面はありつつも
精神的な成長が
手に取るように感じられるようになった。


調教メニューの
最初の目標設定は
秋華賞直前に坂路追い切りができる体力をつけること
それを上限にどれだけ対応できるかと考えていた。

どの時期に
坂路での強い追い切りに踏み込めるか
そう模索していた秋華賞2週前
Wコースで強い追い切りをしたら
肢元に少し疲れが出た。

そこをきっかけに
坂路での調教に切り替えて
もし後肢が耐えられるようなら
坂路中心に切り替えることにして
最後の仕上げに踏み込んだ。

この切り替えが上手くいき
耐えられるどころが
グングン良化の兆し。


この時期を境に
一気に良化が見られ
設定していた目標以上に
負荷を掛けることができた。


なんと最終的には
通常の調教が坂路2本。

何頭もの馬を
栗東へ連れて行っているウチの厩舎でさえ
3歳のこの時期の牝馬で
これだけ調教を課せる馬はいなかったし
今後もそうはいないだろう。

この夏までは
これだけ調教で
負荷を掛けることができるなんて
精神的にも肉体的にも
全く想像できる状態でなかった。


追い切りでも1週毎に力をつけ
秋華賞の当該週追い切りでも
十分合格点だったのに


今週の追い切りも単走で…

『先週だいたいやっているから
       全体的には無理しないで
            だけど終いだけはしっかり追ってな!』

という指示に
無理をせずに好時計。

『時計が速ければ
    いいってもんではない』

と常々思っているが
レースを前に状態確認のために
騎乗してくれた浜中Jも
もちろん良いコメント。

過去のレースも見て
自分なりのイメージを
持ってくれていたみたいだが
実際に騎乗して

『見ていた感じよりも
     違いがあった』と…

これは前2走に騎乗してくれた三浦Jが
初めて騎乗した時に言っていたことと同じ。


ブルーミングアレーがどんなタイプか
これからどう変わってきそうか
いつ頃完成しそうかという話にもなったが
普段の調教で騎乗している
われわれの感じていることと一致した。



追い切り後の息も
ケロッとしていて良かったそうだし
飼い葉食いも良好。


昨秋から診てくれている
栗東の獣医さんも
昨秋とは全然変わったと
それも坂路中心に切り替えてから
治療の必要さえ減ってきたと言ってくれる。



さあ準備は万端で
これだけ良い手応えを感じると
ああ〜もし先週…と
しつこくも過ぎってしまうが
どうあがいても後戻りできないのだし
この悔しさをエネルギーとして
維持し続けるためにも
ここでは勝っておきたい。


古馬準オープン
なかなか高い壁ではあるが
いずれは越えられるはずの壁。

それならここで
あっさりと超える姿を見てみたい。








23日(日)






◎東京6R レインボーハート 芝1600m 伊藤工真


初勝利後は
もう一戦する予定が
調教中の怪我で休養入り。

運動中に他の馬に脅かされて
アスファルトの上で滑ってしまったので
外傷の範囲が広く
完治に時間が掛かってしまった。


オーナーや応援してくださる方たちには
大変な心配をお掛けしてしまったが
帰厩してからは極めて順調。

休養の効果か
どっしりとした感じで
雰囲気は500万下のものではないし
追い切りも常に余裕十分。

最終追い切りも余裕綽々に併入したので
休養明けということを考えて
ゴール後には再度向こう正面で
気合をつけてもらった。

芝1600mは久し振り。

前回は人気を裏切ってしまったが
競走中の鼻出血が原因だったので
芝や距離が原因ではない。

レースで騎乗してくれる伊藤工Jが
レース前に坂路で雰囲気を確認。

能力的に十分通用すると思っているが
ちょっと控えめに

『どうだ
   8着ぐらい来そうかな?』

と聞いたら

『え…
  もっと期待できそうですが…』

と言うので


『じゃあ具体的に
        何着だよ』

と言ったら

『1・2・3ていう感じで…』

頼もしき伊藤工J。


減量の恩恵もあるし
予想紙の印は薄くても
頑張ってくれるだろう。



















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(25件)

内 容 ニックネーム/日時
クラブトゥギャザーは三浦騎手にいろいろ課題を出して、勉強させてくれる良い馬ですね。無事に勝ってほしいです。
アレーちゃんはすでに牝馬最強なのに、なんで三浦騎手はアッサリ手を離してしまうのか、分からんですわ
たらふく
2010/10/23 00:36
レインボーハート号復帰まってました!
予告どおり芝戦でどのような走りをみせてくれるのか楽しみにしています。

しかし、、、特に応援している馬の時に書き込みさせて頂いているのですが
先生のコメントを見ると、買う予定のなかったレースまで、厩舎の出走馬を絡めて買いたくなってしまいます。
やはり調教師さんのトークスキルはさすがですね(笑)
色々書いていただける程、それぞれの馬についての思いも出来てくると思うので、大変だとは思いますが今後もブログ更新宜しくお願いします。
えあまる
2010/10/23 01:48
待ちに待ったブリージーデイズ東京競馬出走ですヒ田中ジョッキーも久しぶりに騎乗しますね。応援行ってきます
伸介です
2010/10/23 05:05
こんにちわ。先日は詳しく丁寧に質問にお答え頂き真にありがとうございました。本日も早速「ダート長距離」に2頭ですか・・・・。迷います(笑)これからもお体にはご留意頂き頑張って欲しいです。今は先生の所に1頭お世話になっております。(ハンプトンコートです。)こちらも併せて宜しくお願い致します。
えびふりゃ
2010/10/23 09:59
クラブ、ブリジーのワンツーおめでとうございます。また、ありがとうございました!久しぶりに東京競馬場で熱くなりました。本当に良かった
伸介です
2010/10/23 14:28
ブルーミングアレー惜しかったですね。というより今回は明らかな騎手の騎乗ミスではないでしょうか。テン乗りで馬を信頼しきってなかったんでしょうかね?
残念です。あと距離は2000くらいがいいように思えますが・・・。今後のローテが気になります。
プリンセスオリビア
2010/10/23 16:36
ブルーミングアレーは2頭の間を抜けようとして閉められ、内に入ったら内の馬が外に来て、そして単勝万馬券の馬の激走・・って感じでちょっと運も無かった気がします。
てぃー
2010/10/23 16:51
アレーかわいそう。
オークスの松岡思い出しました。
やっぱり馬を熟知して信頼しきっている騎手じゃないとだめですね。
やまちゃん
2010/10/23 16:53
何とも言えない2着です。
でもこれが競馬なんですね。
快勝してエリザベスで2着以内に入り
有馬記念に出走なんて妄想?を描いてました。
(一口馬主ってそんなものです)
先生がオークスの時におっしゃっていたように
本当に強い馬なら突き抜けていたのかも
知れません。
悔しい反面、アレーの強さが確認できたので
ほっとした気もします。まだまだ先は長いです。

馬体重も少し減って過去最低だったので
この後は放牧かも知れませんが、
万一のエリザベス出走と同週の比叡Sを目指す
という選択肢もあるのかなと思っています。
今年のエリザベスは回避馬が多く
出走のハードルが案外低くなるかも知れません。
(これも妄想です)
今までと同じ様に先生が最善の選択をされる
ことを楽しみにしています。
ラムタラ
2010/10/23 16:54
いつも楽しみに拝見してます。
でも書き込みするのは初めてになりますが。
初めての書き込みがこのような書き込みで恐縮なんですが、今日のブルーミングアレーの浜中Jのはなんなんですか??下手にも程があると思ったのですが、僕はいつも不利を受けたりしても、全部含めて競馬だから!と納得するようにしてますが、今日の浜中Jはなんなんですかね?正直怒りに震えますよ。なので先生の見解をお聞きしたくて書き込みしました。初めての書き込みがこのような内容ですみません。

マサヒロ
2010/10/23 16:59
ブルーミングアレー号、ここまではほんとうに運のない馬ですね。運も実力のうちとはいいますが、この馬の実力は先生が一番ご存じのはず。近い将来、スカッと決めてください。応援しております。
アイアイラッキー
2010/10/23 17:12
終わってみれば今日は厩舎成績3戦3連対ですか、、、いや、凄いですね。

上の着がある以上、これで満足してはいけない立場におられるのかもしれませんが
個人的には、先生のコメントや厩舎の方々の仕事ぶりの誠実さがより感じられた1日でした。
明日のレインボーハート号もこの波に乗れるといいですね!
えあまる
2010/10/23 18:14
ブルーミングアレー残念でした。混合の準オープンという厳しい条件なのに、浜中騎手に乗り替わった時点で不安だったのですが案の定…。勝負どころ外にも内にも行けるポジションだったのに敢えてごちゃついていた内を突くとは(涙)
かかるのは前走1800だから多少仕方ありませんが、道中も馬が行きたがってたら馬の気持ちに任せて前につける選択もあったと思いますが、結果ため過ぎて脚を余し…。
追い切りも浜中騎手が乗って時計を出しすぎて仕上げすぎだったような。
先生は絶対騎手のせいにしないのはわかっていますし、騎乗依頼も含め自分の責任とおっしゃるでしょうが、馬を信頼できている皇成騎手に戻して欲しいです。
ファーブ4
2010/10/23 22:30
ブルーミングアレー残念でしたね。
しかし、どんなにうまい騎手にでもミスはありますからね。そのミスが10回に1回の割合なのか、10回に5回の割合なのかが、一流か二流かの分かれ目になってくるのです。浜中Jも三浦Jも、今後一流になれる力を十分に持っている騎手です。あたたかく見守ってあげましょう。

また、競馬は、ギャンブルと言えども、ほとんどの結果に根拠があるのです。一般の人から見て、思いもよらぬ馬が激走したと思える場合でも、一部の者の視点からは、当然の結果である場合が多いのです。「人気薄が残ったよ、くそ」と悔しがるだけではなく、なぜロードキャニオンが勝ったのか、その点を突き詰めてみるのもいいのではないでしょうか。
馬券プロshrike
2010/10/24 01:54
むむむ。レインボーハート号は残念でした。
出遅れは騎手の責任とする見方も結構あるようですが、私はいまいちピンとくる事象が思い浮かばず
今回は休み明け等に起因する気性の問題ぐらいに思っております。
着順を確認した時は思ったより下で、またアクシデントがあったか心配しましたが、よく見るとタイム差がほぼないんですよね。
これはやはり500万下ならすぐ突破できそうですね。次走も期待しています。
えあまる
2010/10/25 00:04
アレー残念でした。騎手が・・・。それはさておき、この後は休養のようですね。馬体重も減らしてきていますし、いい状態で戻ってきてほしいです。復帰は年明けになるんだとおもいますが先生、来年のアレーの青写真教えていただけませんか。本格化は素人目には来年の秋以降に思いますがエリザベス女王杯あたりが目標になるんでしょうか?ヴィクトリアマイルは距離的にすでに想定外ですか?ブエナのように牝馬の枠超えて天皇賞、有馬なんてなったら最高ですが・・・。距離適性からいって可能性0じゃないし夢が膨らみます。なかなか言いずらい面もあると思いますが期待も込めた青写真語っていただけたらうれしいです。よろしくお願いいたします。
まこ
2010/10/26 15:41
クラブ君は強かったですね。まさに完勝という内容に見えました。

ブリージーデイズ、ありがとうございます(^_^)
直線入口で大きくよれた時は、ビックリしましたが、なんとか立て直して、しっかり持ってきてくれた、田中騎手にも感謝です。

次はメンバー次第では期待を持っていいと思いました。
今後もよろしくお願いします。
大空晴れ晴れ
2010/10/27 15:04
大挙6頭出し。そのなかでもホワイト騎手騎乗で立ち直り効果あるといいマサノ〜。
むぅ
2010/10/29 12:56
皆さんたくさんのコメント有難うございます。

今回は様々な意見を頂き有難うございました。
まずはブルーミングアレーについて。

レースが終わって最初に思ったのは『あちゃ〜こりゃジョッキー大変だな…』ということ。
皆さんは『何で調教師も怒らないんだ!』と思われるかもしれませんが、上手く乗れなかったことについて一番解っているのはジョッキー自身。もしそのジョッキーが、馬のせいにしたり、見苦しい言い訳をした時には、きっと私も怒るでしょう。

でももちろんジョッキーには、そんな素振りも無かったですし、私が怒るまでもないほどガッカリしていたのは想像できると思います。

皆さんがパトロールフィルムを見られるようなら解ってもらえるでしょうし、通常の映像でも判るかもしれませんが、表現するのが難しい事由なので、ちょっと箇条書きにします。

@直前で内に入れそうなスペースがあった。
A外に2頭馬がいて、そのまま行けば外から被せられる恐れがあった。
B内を突いた時にはスペースが無くなっていた。
C被せてくると思われた外の2頭は、内へと切れ込む馬に付いて来れず、結果としてそこにスペースができた。

簡単に書けばこんな感じですが、直線で内をついたのは結果としてはジョッキーの判断ミス。それについては勝負の世界である以上は認めなければいけません。でもこれを本人が解っている以上は、私たちには状況を理解して、次に生かす以外することはありません。

調教師
2010/11/19 21:14
我々の管理馬や、皆さんの応援する馬達が、ジョッキーの好騎乗により勝たせてもらうようなケースもあれば、今回のように失敗するケースもあります。
こういうケースで、毎回言い続けているように、依頼したのは私達。嫌なら他のジョッキーを乗せることができますし、出走を延期するという選択肢もあります。
勝たせてもらうこともあれば、残念な結果が出ることもあります。それが勝負です。
私達は一つ一つの結果を踏まえて次に生かすのが、馬にとって最善のことだと思っています。

負けて悔しいのは皆同じなはず。
怒ったり腐ったりして結果が変わるなら、それも考えますが、変わらないなら前向きに行きたいと思います。

もしかして無事に勝っていたとしても『じゃあっ』て、つい欲をかいて出走させた次のレースやその調教過程でアクシデントが無いともいえません。
幸せと不幸は裏腹。最悪ではない状況なら、まだ上に昇り続けられます。

乗ってくれたジョッキーも、当日は好成績を挙げていました。GT勝ちの実績もあります。それなのに…とは思いますが、まずは愛馬が無事に帰ってきて、準オープンでも勝負になることが確認できた。今の時点ではそれで良しだと思います。

今年の競馬では、つくづく運が無かったと感じますが、徐々に良くなっていますし来年は反動を付けて上昇してくれるでしょう。
厩舎としても、ほぼ一年調教やレースを通じて感じたこと、見えたこと、今回の調教過程でも新しい発見があったので来年が楽しみです。
調教師
2010/11/19 21:17
ダメとかミスとか書くのは簡単ですが、競馬の難しさを考えると私からは安易に同調できません。
馬を信頼していたから『内を突いて抜けられる!』と思ったのでしょうし…。
前に乗ったジョッキー達の話からも、調教の感じよりも反応が良いと聞いていたので、信じたのだと思います。

皆さんにもありませんか?
今日は何だか流れが悪い…。
何をやっても上手くいかないってことが。

でもジョッキーも調教師もプロですし、それで食べている、他人様にお金を賭けていただいていると考えると、失敗は許されないものです。

スポーツ選手も『一所懸命やっているから』だけではダメですし、結果を出して初めて評価されるのが当然。
ダメなら野次られたり…だから皆さんの気持ちも、ジョッキーの気持ちもわかるだけに辛いです。

ちなみにこのレースは、ほとんどのジョッキーが、レース後のパトロールフィルムを見ながら『勝ったジョッキーに上手く乗られた…』というコメントをしていました。

それと『あそこで開いたら…』『上手く乗れたら…』『勝っていたはずだ…』と関係者に言っていたジョッキーも3人くらい居たかな…?

『えっ?本当なら勝っていたのでは…って、ウチの馬だけでなかったの…?』と私はビックリしましたけど。

馬券プロshrikeさんのコメント、私も同じ気持ちです。

レース後に、お怒りコメントがたくさん着た時には『いや〜どちらの気持ちも解るし難しいな…?』と思いましたが、納得できないレースだった時の皆さんの気持ちを察すると、このブログが皆さんに意見を書き記す場を作れているのなら、それはそれで良いのかな…?と思います。
調教師
2010/11/19 21:18
たらふくさんが不思議がっていた三浦Jが乗れない件。秋華賞を除外されることなんて考えてもいませんでしたから(全くってことはありませんが…)翌週に一頭だけのために京都行きは残念ながら有り得ません。

本人は乗りたくて乗りたくて、でも乗れないし…でも気になって『調子はどうですか?』って電話もくれたりしましたが、もう関東での予定馬がいますからキャンセルは無理です。
もちろんレース後も心配して電話をくれたり、厩舎に顔を出してくれましたけど。


プリンセスオリビアさん、距離は2000mくらいが…とのこと。一応は、今のところ私達やジョッキーの感触からでは芝2400mまでは大丈夫と感じています。
でも色んな意見を聞くことで違ったものが見えたり、色んな考えの中に光が見えることもありますから、もし根拠があれば教えていただけると幸いです。

まだ若さがある馬なので、長い距離では掛かったり、短い距離では反応が遅れたりするのはしょうがないでしょうし、それを融通が利くように育てるのが厩舎。
上のクラスに行けば行くほど自分の適性外では甘さが出ますが、それをカバーする要素もこれから植え付けなければいけません。

デビュー前には『下手をすると芝1600mでも長くなってしまうのでは…』と思っていたくらいですから、適性や学習能力の『伸びしろ』は、まだまだあると思いますよ。
調教師
2010/11/19 21:18

ブリージーデイズやマサノウイズキッド、クラブトゥギャザーの応援も有難うございました。


えあまるさんには、レインボーハートを気に入っていただいているようで…。
残念な敗戦でしたが、見通しは明るいと思います。
500万下を勝つ力は十分なのですが、スタートの失敗や反応のタイミングの難しさは、えあまるさん指摘の部分以外に体型的なものや、走法といった要素もあると思います。
もちろんこのまま手を拱いているわけではないので、これからの改善に期待していてください。



調教師
2010/11/19 21:18
先生、ありがとう御座います!
先生の厩舎にはホッカイドウ競馬で話題になった馬が良く入るので
本当はレインボーハート号だけではなく注目させて頂いていたりします。

所詮素人なのでレースで○○が悪かったのではと意見するのはおこがましいと思っているのですが
ただ一つ、先生から頂いたお返事に対してどこにコメントを付ければよいのか、毎度迷います。
コメントへの返事を記事ではなく、執筆者(先生)もコメント欄に書き込むのが先生のやり方とも思うので、何とも言い難いのですが・・・
えあまる
2010/11/19 22:50
えあまるさん、いつもコメント有難うございます。
コメントへの返事はコメント欄にで結構です。
システム上、コメントの入りはチェックできるので一応全部目を通せるようになっています。もし返事を忘れてしまった場合は、再度お知らせ下さい。
これからも応援宜しくお願いいたします。
調教師
2010/11/26 19:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆10.23〜24の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる