小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆10.30〜31の競馬

<<   作成日時 : 2010/10/29 23:17   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 24 / トラックバック 1 / コメント 11
















馬場が悪いのは嫌だ。
特にダートは肢元への影響も心配。


今週は道悪でも実績がある仔が多いので
そういう意味ではちょっといいけど
週末の悪天候は憂鬱。


コメントへの返事を
しなければいけませんが
ちょっと時間を下さい。

月末で忙しかったり
行事が多くて忙しかったり。


できるだけ早めに
返事を書きます。


急に寒くなって
腰を中心に要注意。


馬乗りが好きで
まだ毎日乗っているが
年をとったな〜と
乗っている時や
降りたときに一番感じる。

若い頃に
ケアをせずに無理をしてきたのが
今になって影響している。


だから
管理馬たちには
そういう思いをさせないように
長く走れるよう
そういうところで
反面教師を生かしている。



30日(土)



!!(台風の影響で東京開催は中止。
       枠順等の変更は無く、そのまま11月1日(月)に延期となりました。
                           京都開催は平常どおり行われています。


◎東京1R ギンザグラマラス 牝 芝1600m 戸崎圭太


夏の新潟
デビュー戦以来の出走。

レース後に
球節の軽い骨折が見つかり休養したが
本当に微々たる骨折で
獣医さんからは
出走も調教も大丈夫な程度と言われた。

骨折の場所と程度が軽くて
グラマラス自身も痛みは無い。

ただ以前から
球節が浮腫みやすかったので
レース後にレントゲンで
状態を確認してわかった。


『ここだよ…ここ』
とレントゲンを指差して説明されて
やっと何となくわかる程度。


『休まないでも大丈夫ですけど…』
ということだったが
せっかくだから休ませて
同時に成長を促せることを期待した。


予定の休養期間を経て
無事に帰厩し
その後も順調。


デビュー戦は
適性と思われる距離よりも短かかったうえ
積極的に乗ってもらったので
見せ場は作れたけど
最後が少し甘くなってしまった。


休養によってイメージしていた成長は
思い通りのところもあれば
まだ物足りないな…というところもあり。

グラマラスには
未勝利を勝ったなんて程度では
終わってもらいたくないから
正直言って

『もう少し
   いい感じにしたかったな…』

と思うが
未勝利クラスなら
だいたい通用しそうな手応え。

追い切り後の雰囲気に変化が…
少し重心がドッシリとしてきた。

でも
道悪の適性は不明だ。








◎東京8R メトロポリタン 牝 芝1600m 三浦皇成


燃え過ぎやすい気性なので
間隔を空けながらの出走。

前走後も
気持ちが乗り始めていたので
いつも通りに放牧先でも
気持ちを落ち着けることに
専念してもらった。

厩舎の事情で
予定より帰厩が延びてしまったが
その間に牧場では
今までよりも
踏み込んだ調教ができたみたい。

あまりに一生懸命な気性なので
牧場では怒らせないようにということを
第一に調整していたが
気持ちに落ち着きが出始めて
よりスピードを上げた内容の
調教メニューをこなして
入厩できたのは幸いだった。

入厩後も
怒りそうで怒らず。

気持ちが入りそうで入らず。

他の馬を追いかけず
追い抜かれてもムキにならず。

まだ完全ではないが
ほぼ普通の馬と同程度の
コントロール性能がキープできている。

追い切りは
我慢とコントロールに主眼を置いたので
時計的には終いが遅かったりして
一見すると物足りないようにも見えるが
最終追い切りに乗ってくれた三浦Jも

『折り合いのつけ方は
     だいたい解った感じがします』

『最後は気持ちのことを考えて
     無理をしなかったので気にしないで下さい』

と十分感触をつかんでくれたようだ。


遮二無二走っていた頃は
全身に力が入っていたので分からなかったが
気持ちに余裕ができた今
まだ腰や背中が緩いんだな〜
というのが伝わってくる。


そういう意味でも
まだまだ成長過程だし
これからのことを考えたうえでの
レース内容と結果を期待しているが
道悪は結構いけるんでないかな…と
プラスアルファへの期待も持っている。








◎東京11R フリソ D2100mハンデ 57Kg 三浦皇成


前走は完勝だろう。

ただ
抜け出してからは
突き放すことなく
まだまだ遊んでいるなという印象。

その辺を三浦Jに聞いたら

『遊んでいますけど
    気合を付ければ
        ちゃんと反応できる感じでした』

というので安心して良さそう。

前走後も
変わらず順調な調整過程。

調教で動くほうでもないし
とても乗り易いし
これだけ走っても
もっと先々では良くなるな…
という感触があるから
無理をする段階ではないから
まだ決して無理はしていないし。

2歳の頃に
レース後に躓いて
放馬してラチに突っ込んで転倒。

その影響で
長く後肢に緩さが残ったが
これについてはもう大丈夫そう。

先の事を考えて
まだ目一杯の仕上げではないが
それは今までと同じだし
今までの成績からも
道悪は歓迎なのではないだろうか。








◎京都7R ピースエンブレム 牝 D1800m 佐藤哲三


前走は
驚きの逃げ。

ウチの厩舎の場合は
どの馬に乗ってもらう場合もそうだが
絶対にこれだけは守って欲しい
というリクエストがあれば
ちゃんとそれを説明して依頼するが
リクエストが特に無ければ
今までの傾向と最近の状態
過去に騎乗してくれたジョッキーのコメント
などを伝えてレースは一任する場合が多い。

競馬前に一度でも
調教に騎乗してもらえれば
色々と感じることもできるだろうが
ジョッキーの調教時間が合わなかったこともあって
競馬で初めてまたがることになっていた。

だから前走時も
イメージを詳細に伝えるようにして
いつもと同じパターンで臨んだのだが
伝えていた過去のコメントや傾向から考えても
正直逃げるとは思っていなかった。

あとで聞いたところ
内枠だったこともあって
ジョッキーは行くことを選択。

能力を信じてくれたうえでの作戦だ。

実際に4コーナーまでは
楽勝の手応えだったらしい。

モニター観戦となった私も
逃げたのにはビックリしたが
新しい扉を開いてくれたことに期待した。

しかし残念な結果。

結果は残念であったが
実績もキャリアも十分で
関西を代表する人に一任したのだから
せっかくの前向きな騎乗を
否定するつもりはないし
無駄にしたくは無い。

レース翌週に栗東へ行く機会があり
調教中にジョッキーと少し話ができた。

人気で負けたことで
非常に申し訳なさそうな感じではあったが
気にしないで欲しいと伝えておいた。

ピースの力を発揮させるために
われわれ厩舎サイド自体が
どうすればよいかを思案している中で
ジョッキーが勝とうと思って
積極的に逃げてくれたこと自体を
否定することはナンセンスだ。

これで逃げるということへの
前向きなイメージは消滅したが
いつか試してみる必要がある
と思っていたので
応援していただいている人たちには
申し訳ない気分だが
今後への階段として
これはこれでいい。

状態自体は
せっかく良くなっているのに
結果に繋がらないもどかしさ。

一筋縄ではいかないのはハッキリしているので
今度はできるだけ継続して調教に乗ってくれる
そんなことを条件に佐藤哲Jに依頼。

このレースまでに
追い切りにも調教にも
最低でも一週間に一回は騎乗してくれただろうか。

最初の騎乗した時点で
佐藤哲Jなりの印象がたくさん出てきた。

それと今までの
我々の感じてきた印象や
レース内容とジョッキーコメントなどを
佐藤哲Jと分析しているうちに見えてきたことがある。

その内容は作戦上秘密だが
でもなかなか面白い。

難しいことではなく
至って簡単なことなのだが
念のためここに書くのはよそう。

簡単に言うと
いかにピースを気持ち良く走らせるか
いかにピースらしさを表現するかである。

GT勝ちをしている全姉の
未勝利勝ちのときの騎乗者が佐藤哲J。

そのジョッキーが
全姉との比較でも能力は認めているのだし
そんなことを書くとまた
たくさんの人に期待をさせすぎて
裏切ったときに辛いが
でもまだまだ諦めないよ。

一歩一歩でいいから
前へと進んで欲しい。

そうだ…
過去の成績からも
雨は歓迎なほうだろう。








31日(日)







◎東京5R マチカネユウビ 牝 D1600m 三浦皇成


まだ緩さが残るし
気性的な幼さもある。

でも兄弟が長く走って
みんな2勝以上しているように
ユウビもその能力に期待するものがあり。

経験馬相手に
初戦勝ちしたデビュー戦。

あの頃よりは
全然良い感じだし
今回はどれだけ
成長分の上積みが見込めるか
どんなレースになるのか楽しみだ。


放牧から帰ってきてしばらくは
ちょっと頸を突っ張るような走り。

一生懸命さが出てきた分
体よりも気持ちが先走りしているような感じだった。

華奢な馬体なくせに
結構気が強いから
調教でも強く気持ちを乗せると
がむしゃらになって結構大変。


一方で
しっかりとしたフォームで
きちんと嵌ってくれると
乗りやすくその力が上手く伝わる。

出走までに
少しでも嵌った走りを生かせるよう
工夫して調整をしてみた。

直前の感じは良し。

D1600mは
距離的に少し短いような気もするが
直線が長い東京は魅力。

全兄が本格化したのも4歳になってからだし
ユウビもそんな遅咲きの雰囲気だから
勝って欲しいのはもちろんだが
今はとにかく一歩一歩
上昇している姿を確認しておきたい。
















◎東京7R マサノウイズキッド 芝1800m Dホワイト


しばらく振りの出走で
しばらく振りの芝。

前走後は
もうダート競馬は諦めた!
と芝の出走を目標に調整していたが
深管に痛みが出たため休養。

復帰までには
予想していたよりも時間が掛かったが
帰厩後は順調。


念のため坂路中心の調教を課して
何本かの追い切りをこなしてみて
異常が無いのを確認してから
Wコースへと調整の場所を移行。

初めてWコースで
しっかりと追い切りをしたら
やっぱり深管が疼いたが
幸い傷みも無く
その後は大事をとって
坂路に切り替えて調教。

追い切りでは
どの馬を相手にしても
楽に動けるので
休養明けなのに
追い足りない仕上げになりがち。

しょうがないから
最終追い切りは
坂路で相手を置き去りにして
しっかりと追ってもらった。

500万下は
既に勝っていての降級だし
勝った頃よりもかなり良くなっている。

セントライト記念の敗退は
たぶん距離が原因。

あれだけ上手に乗ってもらって
最後の直線でパッタリ手応えが無くなったのだから
この仔は本当は芝1600mから芝1800mくらいが
ベストなのかもしれないというのが厩舎の分析。


馬体的な仕上がりは十分。

息も良し。

追い切り後の雰囲気も良し。

500万下レベルの背中ではないから
期待は十分だが
走りがきれいだから
馬場が渋った状態だと
マズいような…
ちょっとくらいならこなせそうな…。


深管については大丈夫だが
レース後にまた痛くならないか
それだけが心配だ。



















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2010 赤富士Sの予想
(2010)赤富士ステークスの予想 本命は、チョイワルグランパ。血統的に9番手& ...続きを見る
はちまんの競馬と囲碁
2010/10/29 23:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
小島先生今日も更新ご苦労様です。
ピースの前走は私もまさかの逃げにびっくりしました。けど、逃げがダメと言うのがわかっただけでも大きな収穫ですよね。
秘密の作戦がとても気になりますが、当日の楽しみにしときます。
明日はウィナーズサークルでピースと会える事を楽しみに期待してます。
しき
2010/10/29 23:50
 毎回興味深く、楽しく拝読しております。
 一口馬主を経験して、素人ながらつくづく感じさせられたのは、競走馬が勝つために欠かせないのが、ウマ自身の『勝つ気』『走る気』ということでした。
 ウマたちが命がけでレースに臨むとき、それだけの覚悟を私たちなりのやり方で支えてやるのも、競馬ファンのつとめと思うようになりました。
そうなってはじめて、ウマたちが『走ることに全力を尽くす』環境を整えてやれるのだと考えています。
 ピースですが、彼女はほかのウォーエンブレム産駒たちにたがわず、気まぐれな女の子のよう、自身の身体的素質・能力の高さを発揮しつくしていないのでしょうか。タップとのコンビで私たちを魅了してくれた哲三ジョッキーは大好きな騎手のひとりです。彼が独特の感性で得るピースとの交感を、明日のレースで見られると思うと、今からどきどきします。続けて騎乗してくださるというのも、ほんとうにうれしく思います。
 グラマラス、メトロ、フリソも、雨天ですがどうか無事で一歩一歩を駆け抜けてください。
金色野兎
2010/10/30 00:50
ピース楽しみにしてます(^o^)
雨が残念ですが
きっと乗り越えてくれますよね〜
しんちゃん
2010/10/30 07:15
小島先生、おはようございます。
お忙しい中でのブログ更新ありがとうございます。

ピースの前走に関しては、
あの馬体を見たら小牧騎手も小細工無用と
考えて逃げたのかなと想像出来ました。
立派な馬体に繊細な内面。
ピースは魔性の牝かも…

以前からプロヴィナージュ以外の小島厩舎の馬とも
佐藤哲Jは相性が良いと感じていました。
今回は小島先生はもちろん佐藤哲Jの
レース後コメントに注目してます。
頑張れピース!
あめ
2010/10/30 08:17
ピースの勝利おめでとうございます。
ピースとウィナーズサークルで会う事が出来て感動でした。ありがとうございます。
台風のせいでしたが、先生とお会いすることもでき、お話を聞かせていただきましたが本当にピースの事を大切にしてくださっているのがわかり、嬉しいかぎりでした。
次は再来週との事ですね。またピースと同じ場所で会える事を楽しみにしています。
しき
2010/10/30 14:35
小島先生、おめでとうございます。今日は安心して見ていられました。哲三とは手が合っている気がします。まだピースにとっては通過点だと思いますので、これからも応援しています。
ワラビシチー
2010/10/30 21:57
マサノウイズキッド、いよいよ復帰ですね!
脚元に気を使いながらの調整だと神経を使うことと思いますが、久しぶりのレース、まずは無事に終えてくれることを願っています。

やました
2010/10/31 10:55
ピースエンブレム号の勝利おめでとうございます!
そしてありがとうございました^^
前回勝った時もそうでしたが、勝つ時は本当に強い勝ち方しますね!
これもムラ駆けウォーエンブレム産駒の血なんでしょうか。
佐藤哲騎手との相性も良さそうなので、厩舎の先輩プロヴィナージュ号と同じように良いコンビになって欲しいです♪
次はエリザベス女王杯の日のようなので、コジシゲ厩舎&哲ちゃんコンビで2勝期待してます(^O^)
そして次のレースではオオトリオウジャが勝ちましたね!
残念ながら転厩で他の厩舎にいってしまいましたが、縁があった馬なので頑張ってくれている姿を見れるのは嬉しい事ですよね^^
明日の出走馬も応援してます!
JEN
2010/10/31 15:20
小島先生ピースエンブレム勝利おめでとうございます&ありがとうございます。
中々結果が出ない中、栗東留学で辛抱強くパワーアップを図っていただき、哲三Jは考え抜いた末の完璧な騎乗。
また、次走以降も楽しみにしています。
ツヨシ
2010/11/01 00:34
ピースエンブレム出資者です。
初めてコメントさせていただきます。

いつもピース嬢を大事にしていただいてありがとうございます。
また、先生のblogはあたたかく、先生の人柄も伝わってきて、預かっていただいている事に安心します(私だけのピースではないですが)。先生に預かっていただいている事に幸せを感じています。

哲三Jとのコンビで快進撃!!
となる事をもちろん期待していますが、なによりも無事で元気なピース嬢をいつまでも見ていたいです。

今年もキャロット募集馬で、先生に預かっていただく予定のソニックグルーヴの牝馬を選びました。
このblogに出てくる日を楽しみにしています。

これからも宜しくお願いします。
タケオン
2010/11/04 13:30
皆さんコメント有難うございました。
ピースは良い勝ち方をしてくれましたが、ジョッキーも私も、まだまだという思い。残された期限までにどれだけ良いところに持って行けるか、まだまだ懲りずに頑張りたいと思います。前のレースに乗ってくれた小牧Jにも感謝です。栗東で会った時には『強かったですね』と言ってくれました。私の中で、どう乗ってもらえば良いか確信できていなかったので、ジョッキーは馬の力を信じて乗ってくれた上での結果。ちょっと貧乏くじを引かせてしまった気がして申し訳ない思いですが、また他の馬で助けてもらう事もあるでしょう。

オオトリオウジャの勝利はウチの厩舎スタッフ達も喜んでいました。今は厩舎を離れてしまいましたが、オーナーとも調教師さんとも引き続きの経過を話したりしていましたし、本当に良かったと思います。今後もウチの厩舎の馬が出走していないところ限定で頑張ってほしいですね。

マサノウイズキッドはもうちょっとという感じです。
でも少しずつ感触が掴めてきているので、近々楽しみです。

タケオンさん、ソニックグルーヴへの出資有難うございました。皆さんの期待の大きい馬なので楽しみと共にプレッシャーが掛かりそうですが、良い成績が残せるよう頑張りますので楽しみにしていてください。
調教師
2010/11/26 19:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆10.30〜31の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる