小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆11.13〜14の競馬

<<   作成日時 : 2010/11/13 07:36   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 47 / トラックバック 2 / コメント 29





















今週は多数出走予定。

日曜日の東京では
初出走の新馬と
初障害の馬がいる。

いつもなら最優先で臨場に行く
新馬や初障害も
日曜日が京都のため
モニター観戦。

今週は厩舎スタッフ達が
東京へ京都へと飛び回り
管理馬たちと共に頑張ってくれる。


全部のレースが終わって
いい一週間だったな〜って
なれればいいけど…。



今週が終われば
コメントへの返事にも手が付けられそう。


さすがに今週は忙しかったし
無事に終わってゆっくりしたい気分だ。



時間があれば
色んなことを書きたいのだけど
今週も時間がないので
この程度で許してください。



昨日までが
さすがの忙しさだったし
移動やなんやで
夜までバタバタしていて
今日は調教のため2時起き。

いま
栗東からの新幹線で
東京競馬場に向かいながら
PCと向き合っています。



『大変ですね!』
なんてコメントに書かないで下さい。

好きでやっているので…。







13日(土)








◎東京3R ギンザグラマラス 牝 芝1800m 三浦皇成


休み明けを使っての中1週だが
前走の疲れは
直ぐに解消している。

今週の追い切りは
『単走でもいいけど…』
という調教師の投げ掛けに
遅い時計の併走組に入ってでも
しっかりやっておきたい
と調教助手が言う。

乗り手の感触に任せてみたが
鞍上の指示にも従順で
動きは良好。

追い切り後の計測でも
馬体重は増えているぐらいだし
良い状態を維持できていそうだ。

前走後のジョッキーコメントでは
『良馬場ならもっとやれますよ』
と言ってくれていたので
良馬場になりそうな今回は
もっとやれるということだ。

『今後の楽しみの為にも
    そろそろ勝ちたいですね』

とオーナーにも
連絡をさせていただいた。

オーナーからの
初預託馬となるグラマラス。

来春の楽しみの為にも
そろそろ未勝利は通過して
夢を広げていきたいところだ。
    







◎東京7R レオアラシ D2100m 北村宏司


ちょっと間隔が空いてしまったが
今週の東京D2100mか
来週の福島D2400m目標で入厩。

馬体が重くなりやすいので
『東京には
   間に合わないかな…?』

とイメージ的には
福島予定に重心を置いていた。

ところが
2本目の時計を掲示したあたりで

『東京
  間に合いそうです』

という話が出始めた。

でも
計測しての馬体重は
まだ余裕があるし
『福島でもいいんだぞ』
なんて言っていたが

速い時計を出す度に
『東京で行けます』
というコメントが続く。

肢元に疲れが出易いタイプなので

時々
『少し前肢が張っていますね…』
なんてことはあるが
今週の追い切りでも

『良いですよ行けます』
というコメント。

オーナーに報告したら
『えっ!?東京間に合うんですか?
           福島じゃあないの?』

とビックリされていた。

馬体を見ると
まだ余裕はあるのだが
前走騎乗後に

『いい感じの仔ですよ』

『近いうちに
  勝負になって来るんじゃあないですか!』

とコメントしてくれた北村宏Jの
引き続きの騎乗ということもあり
ちょっと楽しみな一戦である。




◎東京8R ナサニエル D1600m 三浦皇成


脚部不安で長期休養。

並外れた
大きな馬体なのだからしょうがないが
とりあえずのところ入厩して以降
肢元に不安は出ていない。

でも
右前肢をブンブンと
振り回すような走法だから
調整過程では右に左にと
肩・背中・腰・お尻
いたる所に歪みというか
張りが出まくり
担当者はケアのし甲斐があったはず。

それでも直前には
乗り手が代わる代わる
乗り代わってみてのチェックで
馬体については合格点が出た。

大型馬の休み明けだけに
いきなりはどうかな…?と
出走させるほうでも思うところだが
競走のための息作りに大事な
平地馬場での調教も
肢元に不安が出なかったぶん
予定以上に消化できた。

走っている時に
『ふんっ!』
と力んだ感じになって
息を止めるような時があるらしい。

自分で息を止めておいて
『ぶはーっ!』
と苦しい息を吐くのは
久々だからかな?

でも本当に力んでいるわけではないし
元々はセンスがある仔だから
久し振りのレースでも
力を出してくれるでしょう。

何て言ったって
『これでもか!』
と言うくらいの
素晴らしい良血なんだから!
思う存分に実力を発揮して欲しい。












14日(日)








◎東京4R メルシーゴールド 障害D3000m 山本康志


初障害。
脚質的には
スタミナタイプだし
障害転向は楽しみ。

練習を始めた当初は
乗り手のコメントも辛口だったが
徐々に力を付けてきたメルシーゴールドに
出走直前では合格点をくれた。

大きい馬体だが
年齢的なものもあって
バランスはしっかりとしている。

速い脚というよりも
持続力が売り物だから
以前から障害転向なら楽しみだと
皆が口を揃えていたくらいだ。

練習では
マズマズ上手だったようだが
練習のように
せいぜい2頭くらいで

『よっこいしょっ!』
て飛越するような
ヤワなものではないのが
本番の障害競走。

実際のレースでは
一緒に飛越する頭数が多いし
周りのリズムに惑わされず
自分のタイミングで飛べるかが重要。

それに戸惑うような事がなければ
初戦から楽しみ。

ジョッキーも力を入れてくれているのか
前日の土曜日まで
付きっ切りで調教に乗ってくれる予定だ。









◎東京5R アヤナミ D1600m 田中博康


2歳新馬で
初出走。

数えてみると
今年の2歳馬で
4頭目のデビュー。

意識しているわけではないが
今年の2歳馬たちは
ちょっとデビューが遅れている。

アヤナミも
もう少し時間が
掛かるかなと思っていたが
思っていたより早く入厩して
順調に出走まで
漕ぎ着ける事ができた。

母のアイアイボタンは
開業間もないウチの厩舎に在厩し
芝とダートで勝利を挙げるなど
かなり貢献してくれた。

重度の骨折で引退してしまったが
無事に母となることができ
その初仔としてアヤナミが
偶然にもセリに上場されたことを知り
縁あってオーナーに
所有していただく事になった。

当歳セリに出ていた時期のアヤナミは
クロフネにしてはスッキリめの馬体だったこともあり
『初仔だから…』
と小さめに育つのかなという印象。

でも今では
クロフネらしい
しっかりとした馬体となって
それなりのパワーを身に付けて
デビュー戦を迎える。

入厩して以降
乗り易いという評判だったし
私自身が忙しかったのもあって
ほとんど乗って味見をする機会が無かった。

発走試験合格後に
ちょっとずつ速い調教をし始めた頃に
やっと乗ってみたのだが

『うん…
   これなら初勝利まで時間は掛からなそう』

という乗り味で
オーナーにも
その印象をお伝えした。

ところがその後
あまり良くならない…。

『能力的には悪くないんですけど…
           いまの感じとしては
                まだもうひとつで…』

なんて感じの報告が続く。

少し緩さがあるから
ちょっと乗り手に
工夫が必要なのでは?

とイメージ通りに乗ってくれるよう
細かい所に
気を配って調教してくれるよう
その日その日の感触を
大事にしてもらった。

最終追い切りに騎乗した
田中博Jは

『能力的に悪くはないんですけど…
             まだ緩さがあるせいで…』

と同じような事を言う。

『わかったよ
   次のレースまでには
         もう少し良くしなきゃな!』

と次を見据えた話に
なり始めていたのだが

出走確定翌日に
乗り手が代わる代わる
乗り代わって確認したら

『良くなっているね!』
なんて話になったらしい。

本質的には東京D1600mで勢いをつけて
中山D1800mでかな…?
という思いもあるが

『良くなっているね?』
というのが
どれだけ良い感じになっているのか
やっぱり初出走はワクワクする。







◎京都7R マサノウイズキッド 芝1600m 四位洋文


前走騎乗したジョッキーは
レース後に

『芝1600mなら
勝っていたんじゃあないか?』

とコメント。

ホント…
勝っていたのかもしれない。

でも気分を入れ替えて
今度は京都に遠征しての芝1600m。

これからしばらくは
古馬500万下の
芝適鞍が少なくなる。

そう
極めて少なくなるのだから
何とかここで卒業したい。

中1週になるので
状態に問題が無いことを確認し
直ぐに栗東TCに移動。


少しでも早く移動して
直前の追い切りを
どれだけやれるか。

移動してからの
環境への対応能力が心配だったが
栗東での滞在も2度目のせいか
全然ジタバタしない。

長く滞在している他の3頭よりも
落ち着いているくらいだ。

久し振りの騎乗となる四位Jが
追い切りに騎乗して
何とコメントしてくれるかが
楽しみだった。

ムキになって走る事しか
知らなかった時期に
厩舎スタッフと一緒になって
ウイズキッドに走り方を教えてくれた四位J。

『中1週だし
   あまり無理はしないでいいよ』

という追い切りの指示に
完璧な内容。

『全然以前と違うね!』

と感触を掴んでくれたようだし
上手い追い切りをやってくれたせいか
翌日以降も馬体の傷みが
全くと言っていいほど無い。

良い状態での出走が叶いそう。

先週末に眼の怪我で
一日だけ調教を休んで
運動だけにしたが
その影響も感じさせずに
出走できそう。

今後の活躍のためにも
勝ち上がって欲しい。







◎京都8R ピースエンブレム D1800m 佐藤哲三


前走は
見た目としては快勝も
直線の伸び方には
少し不満が残る。

同じ500万下を勝ち上がった
東京競馬の時には
もっと伸び伸びとした直線の走り。

佐藤哲Jも同じ考えだ。

つまりこれからの課題は
あの頃のような気持ち良い走りに
どうやって戻せるかということ。

今回も前回と同じく
無理強いをせず
ピースのリズム
ピースの気分に合わせた調整。

以前は
張り易い肩を解すために
ハミをいじってみたり
整えよう整えようと意識していたのを
前走前から待ってあげるようにした。

あまり型にはめる事に拘らず
ピースのペースに合わせて待っていると
そのうちいい走りに
自然と良くなってくる。


血統的に
自分のペースを
乱されるのが嫌なのかな…?

中1週ということもあって
調整は変わらず順調。


最終追い切りも
佐藤哲Jが騎乗してくれて
無理をしないで好時計。

前走と同じく
哲三Jも高評価だ。

牡馬相手で
どれだけやれるか未知数だが
少しずつピースとの付き合い方が
解ってきた気がするし
ここもアッサリと
通過するようなことにでもなれば
いよいよ…かな?





◎京都11R プロヴィナージュ エリザベス女王杯 芝2200m 佐藤哲三


無念の出走取り消し。


応援してくださっていた皆さん
本当に申し訳ありませんでした。

診断では
左前肢の挫石。

左前蹄の内側
蹄壁付近と蹄底(蹄支角)に熱があり
気にする素振りも見られます。

投票した以上は
万全な状態での出走が大切なので
おかしいのでは?
と気が付いてから
まずは想定できる
不安要素を除去することから始め
蹄鉄に工夫をしてもらったり
最善は尽くしたつもり。

本当はもう少し
改善するための方策を
練ってみたかったが
土曜日で馬券の発売も始まっていたし
出走取り消しの決定を
延ばせば延ばすほど
プロヴィナージュからの馬券を
買ってくれるつもりの人達に迷惑を掛ける。

プロヴィナージュの将来のことを考えても
無理をしないのが一番なのは明らか。



一年掛けてやってきたことが
全て水の泡となるような気になってしまうが
やり方ひとつでちゃんと肥やしになる部分もあるはずだ。


鬼のようだな…と思っていた調教過程を
ちゃんとこなしてくれただけに
プロヴィナージュには申し訳ない気持ちだが
次のレースで頑張ろう。

まだ来年のエリザベス女王杯もあるさ。


取り消し発表前に
馬券を勝ってくれていた方たちには
迷惑を掛けてしまいました。

予想で推して下さっていた人達にも
迷惑を掛けてしまいました。

だから
次のレースで結果を出して
形だけでも報いたい。


まずはその次のために
しっかりと蹄の状態を良くしよう。










◎京都12R ハイオン 京都ロイヤルプレミアム D1800m 川田将雅


前走後は
ここを目標に
しつこく栗東滞在。

せっかく栗東にいるのに
ずっと坂路を使っていなかったハイオン。

なぜなら
傾斜が緩い美浦の坂路でも
背中が張ったり
硬くなっていたから。


でもせっかく
滞在が延長となったのだし…と
前走以降
様子を見ながら坂路調教を開始。

そして意外にも
その坂路調教中心メニューを乗り越えて
通常の調教では坂路2本というところまで
頑張って消化。


さすがに最終追い切りは
Wコースでやることにしたが
その追い切りの動き
直線の伸びは本当に素晴らしかった。

前走前の追い切りでは
直線は間違いなくモタモタしていた。

坂路2本が効いている!


進化したハイオンが
最終レースに登場。


調教過程から考えると
前走より良いのは間違いない。
























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 47
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エリザベス女王杯(G1)@JRA
第35回 エリザベス女王杯(G1) サラ系3歳以上 (国際)(指定) オープン 定量 京都競馬場2200m 芝・右 発走15:40 予想(馬単◎⇔○▲△△、ワイドBOX○▲△△) ...続きを見る
たび☆めし☆うま BLOG
2010/11/13 08:30
【予想】2010 エリザベス女王杯 ヒカルアマランサス
2010 エリザベス女王杯の予想です。 ...続きを見る
利酒師が競馬も予想
2010/11/13 23:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(29件)

内 容 ニックネーム/日時
去年のエリ女は本当に感動し何度も何度も動画を見ました

競馬の恐ろしさ、分からなさを知った瞬間でもありました
引退してしまったのは残念でしたがあのレースは私の中で一番強く残っています

今年もプロヴィナージュを心から応援しています!
スプマンテ
2010/11/13 08:58
茂ちゃんのお陰で、違う世界を覗き見ることができて興味が沸き、職場でお馬さんの話ができます。どの馬も頑張って走っているのに、先頭集団しか映像にならないのが残念です。時々、馬の言い分も聞いてみたい。今週も、小島厩舎の馬、ガンバレ!
ラム
2010/11/13 10:15
今、プロヴィナージュ出走取消の知らせを聞いて驚きました。
ここまで目標にして順調にきていたのに・・・残念です。
関係者の方々はもっと残念でしょうね。
軽症であるといいのですが。
JEN
2010/11/13 10:42
プロヴィナージュさん取り消しの報が流れました。残念です。ご無事を祈ります。
たらふく
2010/11/13 10:45
小島先生、お疲れ様ですm(__)m
久しぶりのコメントです。
今、中山競馬場でプロウ゛ィナージュの出走取消の情報を聞いて、夫婦で固まってしまいました(@_@;)

プロウ゛ィナージュからの馬券の予想しかしていなかったので…

でも、馬の体調が一番なので、しょうがないですね。怪我では無い様なので安心しました。

また、次回の活躍に期待します。

カメ
2010/11/13 10:49
う〜む、プロヴィナージュ出走取消残念ですね。楽しみにしていたのですが・・・・。ただ、楽しみなお馬さんも多そうですね!応援します。
えびふりゃ
2010/11/13 11:08
渾身の仕上げだっただけに残念無念。
むぅ
2010/11/13 11:30
今、金券ショップで京都までの格安チケット買ってきたのに〜

プロヴィナージュは残念ですが、小島厩舎の出走馬、明日は沢山いて助かった。応援行きますよ!
あっくん
2010/11/13 11:37
出走取消ですか・・残念です。無事これ名馬ですから!厩舎の方々の心中お察しします。
カスリ屋
2010/11/13 13:06

(´;ω;`)ここを目標にずっとみなさん頑張って来ていたのに誠に残念ですね



鉄板調教とかそんな簡単な物の言い方では失礼になりますし
すべて人間のさじ加減なのでわからないですが



牝馬なのにハード追いは


いつもみたいに



『もしかして…!?』



と思わせる内容だっただけに明日が少し寂しく感じました。






(」´o`)」ちくしょー







(∵`)スプマンテ…元気ですかね??
yo
2010/11/13 17:29
プロヴィナージュ取消ですか残念です。小島茂之厩舎連覇願ってましたが…
伸介です
2010/11/13 21:10
プロヴィナージュほんとにほんとに残念です。数ヶ月前からエリザベス女王杯はこの馬で決めていただけに…でも健康第一です!次走期待しております。
ハイオン、ピース、マサノにはプロヴィナージュの分まで頑張ってもらいましょう♪
明日は京都競馬場で小島厩舎を応援させていただきます。
コマツ
2010/11/14 02:36
プロヴィナージュは秋華賞からずっと追っかけていただけに残念でした。ところで来年のエリ女?ということでしたが、社台F産の牝馬は6歳春で繁殖入りかと思いましたが、彼女は来年秋も現役なのでしょうか?
ファーブ4
2010/11/14 02:47
(i∀i*)ダー





(i∀i*)楽しみにしてた自分たち以上に陣営のみなさんのが無念なのに






(i∀i*)読んでて涙が出そうになった-





やっぱり

馬の身体が1番ですしね






鬼の調教はいつか生きますょ


人間でも訓練をおこたればセンスがあろうがここ1番で踏ん張られなかったり投げ出したりありますからね





今年も状態良さそうで期待してましたが


来年のヴィクトリアマイルは是非笑顔で写真を




yo
2010/11/14 03:38
先生、おはようございます。

プロヴィナージュ号の出走取り消しは残念でしたが、
大事に至らず安心しました。
先輩の無念を晴らす走りをピースに期待しています。
素人の‘カン’ですが、仕上げのDP追いがピースには合っていると思います。
キツイ坂路ではなく、鞍上も騎手。
気分良く競馬に向かうぞ!という感じ?
今回は‘出来安定’ではなく‘前走以上’。
怖いのは牡馬の恫喝だけ。
単勝買いました
あめ
2010/11/14 07:34
六本木ヒルズに転居するつもりで
プロヴィナージュさんの単複を、
200万ずつ買っていました


(ウソです
たらふく
2010/11/14 11:18
メルシーゴールド初障害で先行出来て直線も見応えアリでした。

主に障害レースを見ていますが大仕事する予感がします。

ふらいはい
2010/11/14 13:17
初めてコメントを残させて頂きます。
いつも陰ながら先生のブログを拝見し、応援しておりました。

エリザベス女王杯での勝利のみを考え、佐藤哲ジョッキーと陣営が一枚岩となって今まで頑張って来られただけに、皆さんの無念さ・やり切れなさを思うと、取消発表の直後は胸が痛む思いでした。
しかし先生のコメントを拝読し、その前向きさに元気を頂きました。
「来年のエリザベス女王杯もあるさ」。いい言葉ですね。
個人的な話になりますが、土曜日にPATの残高がなくなり、今年のエリザベス女王杯の馬券を買えない僕への励ましにも受け取れました(笑)

また来年、大きな舞台で元気なプロヴィナージュの姿を見られる日を楽しみにしております。
先生はもちろん、佐藤哲ジョッキーの大ファンでもあるので、その背に哲ちゃんが跨り先頭でゴールを切っているといいなぁ…なんて思いながら(笑)
そらまめ
2010/11/14 13:52
安易にハイオンで儲けようとして、
いっぱい買って、パーでございます。
あれは納得の結果でしょうか?
あの負け方(前残り)は悔しいです
たらふく
2010/11/14 17:20
小島先生。お疲れ様です。

今週はどうも歯車がかみ合わなかったような気がします。
週代わりで、切り替わって欲しいものです。

 プロヴィの除外は残念ですが、将来がある馬だと思っているので、大事を取られて良かったと思います。
 今後に関して、愛知杯の可能性を示唆されていたようですが、今年は小倉での開催なので、一旦美浦にもどしてからだと、カナリの長距離輸送になると思いますが、プロヴィは大丈夫なのでしょうか。
 そこまで中距離仕様に持っていくのは難しいのかもしれませんが、有馬記念という選択肢はどうなのでしょうか。
 比較的マイラー色の強い馬でも上位に来やすいレースではと素人考えを持っていますが、浅はかでしょうか。

 来週以降もきたいしています。
大空晴れ晴れ
2010/11/14 21:19
プロヴィナージュ号の取り消しは残念でした
でも陣営にとっても彼女にとっても一番辛かったと思います・・・

また次元気な姿で彼女が出走してくれるのを楽しみにしています
きのっぴ
2010/11/14 21:23
JRAから出走取り消し要求されたのでしょうか?
しん
2010/11/15 10:19
早めの栗東入りから、ステップレースでの思いや苦労の一端をブログを通して感じさせてもらっていたので、取り消しの悔しさを推察いたします。しっかり治して、先行から力強く抜けだすプロヴィナージュの走りをまた見せてください。
スギモハヤカゼ
2010/11/15 15:32
ピースエンブレム残念でしたね。
けど、このクラスでも十分通用するのがわかりましたし、今後が楽しみです。
次を楽しみにしてます。

佐藤騎手が続けて乗ってくれるなら最高ですけど…
しきゆき
2010/11/15 16:17
プロヴィナージュ号16日に無事美浦に帰厩したようですね(^o^)
また彼女が哲三さんを背に、元気に走る姿を楽しみに待っております。だいぶ寒くなってきましたが、先生も無理せず体調崩さないように気をつけて下さいね。
みーたん
2010/11/17 08:39
あす18日、園田のC2のレースに元小島厩舎の馬が続けて出走しますね。どの馬も人気になりそうですが楽しみにしています。
アルバン
2010/11/17 19:26
今週はレインボーハートのみ出走ですね。

前走は13着とはいえ0秒4差、鞍上強化で好戦可能と思いますがどうでしょう。
むぅ
2010/11/19 12:46
皆さんコメント有難うございます。
プロヴィナージュの取り消しで、皆さんにご迷惑をお掛けしたり、心配をお掛けして本当に申し訳ありませんでした。皆さんの暖かいコメントにも感謝します。
後になって判ったことですが、当日は馬場に水を撒いて馬場が緩かったそうで、それが事実なら出走していても勝てなかったのではないかと思います。この件については時間を作ってJRAに聞いてみたいと思いますが、取り消しは残念ながらも、緩い馬場で走らずにすんだことや、他にも色々と好転したことがあったりして『災い転じて…』なのかなと思っています。
6歳春の引退について、ちゃんと確認したことはありませんが、個人所有馬については関係ないはずです。
早く勲章を取らせて、無事にお母さんにさせたいなと思っていますが、その勲章ゲットも来年になってしまいそうですね。
JRAから出走取り消しを要求されたりはしません。ただ、私から『判断を延ばすと取り消した時に、ファンに迷惑掛けるよね…』と言ったことについては、『そうですね…それもあるので判断は早くしていただいたほうが良いかも知れません』という話はありました。

愛知杯出走の可能性についての輸送ですが、関係各所の努力と御理解によって、一部の条件を満たした馬については栗東TC経由で行けることになっています。
有馬記念の出走については、もう少し力を付けてから出ないと現実的ではありません。もちろん来年くらいには、目標として掲げて行っても良いかと思っていますけど…。


調教師
2010/11/26 20:39
ピースのDPコースでの追い切りについて、本当はWコースでの追い切りが一番なのですが、速くなればなるほどWコースでは球節に擦過傷を起こしてしまうため、通常調教までに止めています。まだ硬さが残るので、そういう面を加味しての坂路追い切り。比較的柔らかい状態の時にはPコースで追い切りをやったりしています。

たらふくさん、六本木ヒルズに住めないどころか、ハイオンでも申し訳ありませんでした。前残りのスローは悔しい限り。もちろんジョッキーも自分の非を認めていましたし、運が無かったとしか言いようがないレースでした。

主に障害レースを見ているという、ふらいはいさんから期待を持っていただけるのなら『鬼に金棒』という感じでしょうか。メルシーゴールドは今週出走なので楽しみです。

アルバンさん、園田競馬まで注目していただいて嬉しいです。今年は何頭か園田に移籍しましたが、どの仔も頑張ってくれているようですし、ネットでLIVEを見ながら応援しています。


ラムちゃんいつも応援有難うございます。先頭集団しか映らないカメラ割りは何とかして欲しいな…と常々思っています。仕掛けどころでどう動いたか、もう少し考えて、できるだけ全体を写してくれたほうが見ているほうも楽しいと思うのですが。
調教師
2010/11/26 20:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆11.13〜14の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる