小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆2.12〜13の競馬

<<   作成日時 : 2011/02/11 23:35   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 66 / トラックバック 1 / コメント 21




























週末の
雪は大丈夫だろうか…。

先週末は京都→美浦→京都で
ちょっと結果にガッカリしたまま
疲労困憊の京都泊。


月曜日は
京都で全国理事会及び役員会。
年に一回行われる大事な会議だった。

栗東に滞在している馬もいるので
終了後は栗東へ行こうかとも考えたが
予想以上に早く終了した為
いったん美浦に帰宅。

週が明けてからは
美浦の追い切りを確認後
連闘予定馬をチェックしに
再び栗東へ。

連闘を予定していた二頭のうち
一頭は馬体に疲れが確認できたので
来週以降に延期。

他に用事もあったため
金曜日まで栗東に滞在したところに
金曜朝の全国的な雪予報。

調教中に雪が強くなってきたし
下手をすると移動中に
身動きが取れなくなると判断。

最低限の確認を済ませて
美浦へ急いだお陰で
美浦の午後作業にも間に合って
美浦在厩馬の確認もすることができた。


明日の雪次第では
また予定変更での
関西行きもありそう。

朝起きた時に
表の景色がどうなっているのか…。

無事な開催と
馬場が悪化し過ぎないよう
願っています。
















12日(土)






◎東京4R レオジュピター D1600m 三浦皇成


昨夏の札幌で
早々に入厩し
発走試験合格まで
順調に進みながら
ソエが酷くなって放牧。

仕切り直しの
新馬戦だ。

昨夏に調教していた時は
少しワガママなところが見られるも
比較的扱いやすかったはず。


ところが今回再入厩してからは
何となく難しさが顔をのぞかせる。

何でなのか解らないが
牝馬によく見られるような仕草
自分の世界に入り易いとでもいうか
気性的な脆さが時折見られる。

でも普段は扱い易く
一生懸命になった時に
つい頭が真っ白になってしまう
そんな感じのスイッチが
できてしまった感じだ。

ある時の調教の
坂路の入り口。

『さあ走るぞ!』
という気持ちが
前に向き過ぎたのか
急に乗り手とのコンタクトが消えた。

一瞬フワッとなって
前に進むはずが
無意識に後退し
自分のお尻が
後ろにあったラチに当たって
またフト我に返る。

そんな危うさを
帰厩当初は見せていた。

こういうタイプは
気を付けて扱わなければ
苦しくなってきた時に
真っ白になる時間が長くなり
事故に繋がる傾向あり。

だから
スイッチが本物にならないうちに
行儀や我慢を仕込んで
手が付けられない状態にならないよう
注意しながら調教を進めた。

まだ完全に
スイッチが消えたわけではないが
調教の進行状況としては上々。

追い切りの動きも良く
古馬相手でも見劣りしない動き。

まだギアの数が少なくて
最初の頃の追い切りでは
騎乗した三浦Jに

『極端に言うと
     1と100しかない感じなんですね』

という表現されたくらいだ。

でも追い切りの度に
アクセルとブレーキを
上手く引き出せるようになってきて
新しいギアも増加。

レース直前の追い切りでも
三浦Jが騎乗してくれて

『ギアが増えて
      コントロールし易くなりました!』

と手応えを感じてくれたようだ。

出走予定馬が
多い傾向の東京開催。

ジュピターも
このレースを除外になったら
適鞍を求めて関西に行かざるをえず

『また栗東に
    行かなければいけないのか…?』と…。


血統的に
ダートだと思うが
『走りが軽いし
     東京で芝を選択するのも有りでは?』

そんな意見もありながら
『やっぱり関西かな?』

と鞍上探しまで
始めていた。

でも運良く
一回の投票で出走できたし
流れが向いているのだと思う。

頭が真っ白にならず
いつも通りに走ることができれば
新馬勝ちも夢ではなさそうだ。
















◎京都5R ブロンクステイル 芝1600m Uリスポリ


2度の除外を経て
京都競馬に矛先を変え
栗東に滞在。

そんな中で
先週の初出走となったが
栗東の環境にも直ぐに慣れたり
色んなことが良いほうに向いたようで
レースの内容も納得いく5着。

好勝負可能とは思っていたものの
上手く行ってくれたことに
少しだけホッとした。

一回レースを走って
見えた課題は2つ。

馬運車での輸送は
大人しかったようだが
京都競馬場に着いてから
ちょっと寂しそうな感じ。

馬房の前を
他の馬が通るたびに
なんとも情け無さそうな声を出して
子供っぽく啼いていた。

装鞍所に行ってからは
馬房で一頭寂しかった気持ちを
紛らわすかのように
馬っ気を出したり
啼いて立ち上がったり
尻っ跳ねをしたりと
元気一杯。

それでもパドックに出てからは
しっかり歩いていたし
返し馬が終わってからは
啼くのも止めて
ドシッとしていたのだから
たいしたものだ。

そのほとんどが
いつもは見せない仕草で
さすがに経験無い出来事に
若さを見せたのだろうが
まあこの辺は経験を積みながら
大人になるのを待つしかない。

もうひとつの課題は
最後の直線で
前の馬がフラフラと
外へ行ったり
内へ行ったりするのを見て
ちょっと躊躇していたところ。

調教でも
前の馬が走っている狭いところを抜いたり
馬と馬の間で我慢したり
という経験はさせていたが
前が広くなったり狭くなったりするという
動きがある経験は初めてだったから
きっとブロンクスも慎重になったのだろう。

『脚は残っていたけど
    初戦からビュッと使える感じではないし
             フラフラされると気を遣っていたね』

これも経験。

前がフラフラしても怖いことはないんだ
突っ込んで行っても大丈夫なんだ
と判れば安心して突き抜けられるようになる。





連闘に踏み切った経緯について。

チャンスがあれば連闘はあり
とは常々思っているが
最近は除外が多くて
優先出走権でもなければ連闘も無理。

連闘する時は
上積みが見込めるとか
何らかの好材料が
見込める場合でなければ
その意味も効果も無い。

だから
慎重に判断する必要がある。

勝ったら
美浦に帰ったほうが
いいかもしれないけど
負けたらどうしようか…。

馬運車の手配やら
事務手続きやら
次走のジョッキーの手配やら
色んな準備があるので
レース前から
様々なケースを想定し
バタバタする事だけは無いよう
次のことも考えていた。


6着以下なら問答無用で
美浦帰りかな…と思うが
今の東京では
芝のレースが出辛い傾向だから
いっそこのまましばらく栗東も有りかな…。

でもとりあえず
5着以内で優先出走権くらいは
間違い無いだろうし…。


東京3週目か4週目に出走する場合は
栗東から美浦に戻って
再度東京へ輸送する必要がある。

輸送を2度挟むだけでなく
場合によっては
追い切りも必要となる。

美浦に戻って
中山まで待つという案もあるが
コーナー4つの中山芝1800mでは
まだ何となく不安があるし
芝1600mは枠順の有利不利があって
できれば避けたい。

東京か京都なら
スタートからしばらく直線が続き
実力が発揮しやすくなるので
できればそのどちらかを選択したい。

だったらやっぱり
移動が少ない京都かな…と。

何よりも重要なのは
ブロンクスのレース後の状態。

新馬戦を使った後は
劇的に良くなっている馬もいれば
酷いダメージを負っている馬もいる。

集中できるようになっている仔もいれば
レースで苦しい思いをしたためか
イレ込みがひどくなる仔もいる。

一番心配だったソエが
全く痛くならず
これは嬉しい誤算。

昨夏のことを考えると
少しくらいは痛くなる
と思っていただけに
ブロンクスが体質的に
強くなったと判断できる材料だ。

もう一つ意外だったのは
レース後もイライラせず
落ち着いて調教できたこと。

レースで辛い思いをせず
気分良く走ってきた証拠だろう。

まだ他の馬を頼るような仕草は見せるが
情緒不安定になるようなところも見られない。

ブロンクステイルの状態が
問題無さそうなのだから
連闘を基本線に
出走意思のある
他の馬をチェック。

持ち時計や
上がり3Fの時計。

今週の
追い切り時計などもチェックして
更に数人のトラックマンに
意見を求めてみたが
他馬の評価については
大体私と同じ。

これなら
連闘に踏み込んでも良しと判断した。

状態は良好。
抜けたメンバーも
いなそう。

前走上手く乗ってくれた熊沢Jが
小倉での騎乗があって乗れず
来週は東京も京都も
有力騎手の空き状況が
イマイチ見えてこない。

最終的には
U・リスポリJが確保できたことも
背中を押してくれた形だ。

『手綱に掴まっていれば勝てるよ!』
というほどの自信までではないが
使った上積みは見込めそう。

個人的に残念なのは
東京競馬で初出走馬がいるため
京都には行けそうもない点。

連闘した以上は
何としても勝ちあがって欲しいところだ。














13日(日)






◎東京4R フレノカトリーヌ 障害 D3000m 山本康志


平地競走で
何とか中央初勝利を…
と思いながらなかなか勝ちきれず。

障害練習でもやってみようか
と始めたところなかなか上手で
ジョッキーからは賞賛の声。

特に飛越は
特段の上手さらしい。

順調に
障害試験合格まで進みながら
飛越で脚をぶつけたのだろうか
腱に腫れと熱を持ち
一時はヒヤッとした。

幸い
エコー検査で確認しても異常なし。

しばらく休ませて
肢元の心配を取り除いてから
再度出走への調教を開始。

相変わらず
飛越は上手だが
休養前に比べると
少し走り方にまとまりがないらしく
あえて言えばそれが不安点。

初障害ながら
飛越の上手さもあって
人気になりそう…
と聞いていたのに
そうでもなかった。

障害レースは
いつもドキドキだし
ましてや今回は
カトリーヌにとっては
初めての障害レース。

飛越が上手い分
安心して見ていられるだろうが
何よりも無事で…
そして良い結果を期待している。








◎東京9R モエレエンデバー 大島特別 D1600m Fベリー


前走は休み明けながら
状態も良く上位人気。

期待されるも
残念な敗戦となってしまった。

敗因として考えられるのは
距離と脚質。

ジョッキーも
同じような印象を得たようだし
今回はそれを生かしてのエントリー。

D1800mが
ダメなわけではないが
D1600mのほうが
合いそうだし
道中はもう少し
じっくりと乗ったほうが
持ち味が生きそう。

前走後も好調を維持し
中間は好時計を掲示。

出走が近づくにつれ
逸る気持ちが強くなってきたので
直前は我慢我慢と教え込んで
良い雰囲気になっている。

今までの好走と
過去の敗退を見る限り
位置取りと動くタイミングが
キーポイントになりそうな
難しいタイプ。

F・ベリーJがどういう感じに
引き出してきてくれるか
ちょっと楽しみだ。












◎京都11R プロヴィナージュ 京都記念(GU) 芝2200m 佐藤哲三


昨秋の
エリザベス女王杯で
無念の取り消し。

その後は
暮れの愛知杯も視野に
様子を見ていたが
蹄の感じが改善し切れなかった為
いったん放牧することにした。

特に目標も決めず
とにかく蹄の回復に合わせて
というイメージでいたが
その後も順調に調教が進み
トレセンに帰厩した時には
いつにない柔らか味。

帰厩が決まった頃のプランでは
距離的にも期間的にも
京都記念が第一候補。

美浦での調教が
スムーズに進んだ為
当初のプラン通り
京都記念を目指して
栗東TCへ移動。

もう何度も行っている
プロヴィナージュだけに
慣れたものだから安心だ。

でも
6歳にもなってもボケることなく
慣れてボーッとせず
時々ガツンと気が入ったり
ビリビリ来るところはさすが。

まだまだ
今年も頑張ってくれそうだ。

調教は
2週前くらいから
内容を濃くしていったが
先週の追い切りは予定より軽め。

騎乗してくれた佐藤哲Jは

『もう大体できている感じだね』
と評価してくれたものの
調教掛けするプロヴィナージュには
軽々と走れてしまう内容だから
奥の筋肉まで使い切っていない。

実際に
厩舎スタッフが馬体チェックした感じや
獣医さんのチェックでも
まだまだ強い負荷を掛けるべき
という結論に至った。

今週の追い切りは
再び佐藤哲Jが騎乗し

『もうひとつ上の
     負荷を掛けよう』

と意見統一。

しっかりとやってくれて
もちろんジョッキーの感触も上々。

さすがに
いつもの調教では使えない筋肉を使ったようで
追い切り翌日は久々に軽いコズミ。

やっと重賞に向けて
程よい負荷が掛かった感じだ。

とはいっても
過去のGT前の調教に比べれば
まだまだソフトで軽い仕上げ。

いつになくソフトな仕上げで
いつになく柔らか味があって
GT並みの素晴らしいメンバーに囲まれて
今回はどんな走りができるのか。

土曜日までの
雪の影響がちょっと心配。

馬場がちょっと渋っただけでも
良くないタイプだから
少しでも馬場が
回復してくれることが
好走には重要な条件。

今年ある
いくつかの目標の
最重要が重賞勝ち。

2011年の目標達成の為にも
良いスタートを切って欲しい。






















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 66
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
久々の日曜開催 京都記念
京都11R 第104回 京都記念(GU) ドバイ遠征や春のGTを目指す有力馬が始 ...続きを見る
雲國齊の無謀
2011/02/13 08:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
先週は府中で特別2戦の出走がありながらも、京都のブロンクスのレースを見に行かれてたんですね。
個人的にはこの時期のデビューしたばかりの馬に連闘させる必要があるのだろうか?と思いますが、先週と今週の追いきりも自ら確認して連闘OKとの判断なので大丈夫なんですね。
連闘で勝負なのでここは勝って欲しいです^^
楽なメンバーでもないと思うので、まずは無事に・・・・・。
JEN
2011/02/12 00:13
先生いつもお疲れ様ですIブロンクスを預かる師が小島先生で本当に良かったなと思いますなんとかいい馬場で無事にひとつでもいい順位を期待したいです
ブロンクステイルがんばれI
ジャック
2011/02/12 01:22
天気と馬場状態が心配です。ブロンクスがんばれ!!
キャロット
2011/02/12 01:55
こんにちは!ブロンクステイルの二戦目楽しみにしております。連闘がいい方向に向くことを祈っております。枠も絶好!ガンバレ!!

ニシ
2011/02/12 09:07
こんにちは。ブリンクステイルの出資者です。先生のコメント、非常に楽しみにしております。毎週末の更新は大変だと思いますが健康に気を付けて頑張ってください
トキ
2011/02/12 11:37
ブロンクス、全然ダメでしたね先生、「5着以内で優先出走権くらいは
間違い無いだろうし…。」のはずでは…。先生は美浦と栗東の施設の差をよく強調されますが、トレーナーの馬の適性を見分けるの力にも東西で差があるのではないでしょうか?折角のリスポリJKの距離適性のコメントを無駄にしないで次こそは、頑張ってくださいね。ただ、連闘後なので、状態に依れば、放牧も止むを得ないかもそこは先生の手腕だと思いますので、よろしくお願いします。まああまり無理させたくないですね、個人的には。
シュン
2011/02/12 17:01
栗東滞在+好調教で明日のメインが楽しみ。当日の人気次第で厚く勝負させて頂きます。

問題は天候と馬場ですね。
むぅ
2011/02/12 17:53
毎週ブログの更新ご苦労様です。楽しみに拝見させてもらってます。

厩舎のエース、プロヴィナージュ果敢にG2挑戦ですね。今回いいメンバーが揃ったようので厳しいかなと…
先生のコメントがとても気になります。勝算はどれほどなんでしょか?
中山牝馬Sの方が…とか

今晩のコメント注目してます!

でも無理せず頑張って下さい!
たっつあん
2011/02/12 17:59
先生、誕生日謔ィめでとうございます!朝、書き込み忘れてて今の時間になってしまいました。ブリージーデイズ今週出走ですね、期待してます
伸介です
2011/02/15 23:36
ブロンクステイルに関して

新馬、未勝利と、レースを見ていたので、コメントさせていただきます。

まず、新馬戦の調教タイムですが、1/7に、美坂50.1-13.0と、なかなかの好タイムが出ていましたが、全体を見れば、平凡な時計で、なかなか手が出せないレベルでした。

レースは、ゲートが速い点は、評価できたと思います。しかし、エンジンのかかりが遅いようで、一杯に追われての5着でした。

連闘は基本的に調子のいいときにしかやりませんし、レースそのものが調教代わりになっている馬もいるのでなんとも言えないのですが、新馬戦の様子から、疲れが残っているのではないかと考えられました。

未勝利戦では、肝心のスタートからなかなかダッシュがつかない感じでしたし、この馬は切れる脚があまりないようですね。

ここまででブロンクステイルに関して分かったことは、○未勝利戦で楽に勝ち負けできる馬ではないこと。○スタートは比較的うまいこと。○あまり切れる脚を持っていないこと、などでしょうか。

今後、狙える条件でブロンクステイルが出走してきたら、馬券に組み込ませていただきたいと思っております。





馬券プロshrike
2011/02/16 03:23
ブリージーデイズ、デムーロ騎手騎乗
でどういうレースをするか楽しみです。

一度芝を使ってますが、今後また芝へ
というお考えもあるのでしょうか?
まーちゃん
2011/02/17 19:27
スズカクエーサーはどうしているでしょうか?

2011/02/17 20:41
皆さんたくさんのコメント有難うございました。

まずはブロンクステイルについて。
負けた事で辛口のコメントが多かったようですが、期待を裏切ってしまい本当に申し訳ありませんでした。

ただ、期待を裏切りはしたものの、厩舎としては大変収穫があった一戦で、ブロンクステイルの急激な成長は良い意味で期待を裏切られたものと、ある意味嬉しく思っています。

シュンさんから『5着ぐらいは…』と書いてあったのに6着だったじゃあないかと指摘がありましたが、これは私の表現不足で判り辛かったのか、新馬戦に向かう直前の栗東行きを選択する際の手応えについて話したものです。とは言っても2戦目は更に上積みを狙っていたので言い訳はできませんね。
『トレーナーの馬の適性を見分けるの力にも東西で差があるのではないでしょうか?』というコメントは受け入れることはできません。きっとよっぽど腹がたったのでしょうが、ブロンクスのレース選択を誤った私を批判するならまだしも、栗東はもちろん美浦にも素晴らしい調教師さんはたくさんいます。自分が悲しい思いをしたからといって、批判対象を広げてこういったコメントをすることは理解に苦しむところです。悲しい思いをしたからと、冷静さを欠いたコメントをすることなく、今後は少し冷静になってから書き込んでいただけるようにと願っています。でもシュンさんなりに冷静にコメントしたつもりでは…?と考えると、6着という結果は本当に申し訳なく思います。
調教師
2011/02/27 19:15
さて、何が収穫だったかについて…。
初戦で芝1600mを選んだのも、まだブロンクスがどうやって走るつもりなのか、自分のリズムをハッキリ掴んでいないと思ったからで、ちょっと解り辛いかも知れませんが、やり方一つで短いところの馬になってしまう感じはあったし、工夫さえすれば距離がもう少し持ちそうな雰囲気もあるしで、どちらに転んでも良いという気持ちもあっての選択でもありました。
距離が長くて抑えられすぎても苦しい思いをしますし、追われ通しで追走一杯でも苦しい思いをするので、今後を考えて無難な選択をしたつもりです。
新馬では想定の範囲内とはいえ、思った以上に良い内容のレースをしてくれましたから、2戦目は必然的に期待されることになったわけですが、残念ながらあれ?っという内容。
でも実は初戦の時に、2戦目みたいな少し足りない感じの競馬も思い描いていました。そうなっていたら芝1800mへの挑戦もプランに上がったかもしれません。

いつも書いていることですが競走馬というのは競馬に行ってから、普段見せない仕草や表情を見せることが多々有ります。初戦も普段と違う表情を見せましたが、あまりマイナス面になるものはありませんでした。でも、だからといって2戦目が手放しで安心できるとは限りません。2戦目になると、初戦での辛い思い出が記憶としてよみがえって、また新たな面を見せて気合が乗り過ぎたり、うるさくなる仔もいます。その気合乗りを利用して勝利への確率を上げるのが、連闘策の意図の一つでもあるのです。幸いレース後も不思議なくらい落ち着いていましたしから、連闘で気合が乗って丁度良くなりそうな計算もありました。
調教師
2011/02/27 19:16
しかし初戦で嫌な思いを殆どしなかったからでしょうか、一回レースを経験してかえってスッキリしたようで、芝1600mが適性では無さそうだ、という事をハッキリさせてくれるレースになってしまったわけです。きっと初戦からスムーズな競馬ができたことが要因でしょう。新馬戦で騎乗してくれたジョッキーが気分良く走らせてくれたからだと思います。
2戦目のジョッキーからは『芝1800mか芝2000mが良いのではないか』とアドバイスをもらいました。厩舎の計算としては、初戦後に気合が乗りすぎる可能性が高そうなタイプだし、もしそうなった場合は、またリラックスした走りができるまで、場合によっては調教で一からやり直す必要も出てくるというイメージを持っていたくらいだったので、初戦後に落ち着いていて連闘に踏み切れたことだけでも計算外なのに『距離を延ばしても大丈夫』と早々に判断できただけことが嬉しい誤算なわけです。

調教師
2011/02/27 19:18

連闘については、勝利の確率を上げるための方法としては良いとはいえ、私も慎重にならざるを得ないものだと日頃から思っています。
しかし古くからのファンの方は御存知でしょうが、一開催の4週全てが一括りで新馬戦として行われていた少し前までは、初戦走って連闘し、更に中1週で勝って『新馬勝ち』ということもありました。
だから良いということではありませんが、その方が馬にとって良い場合もあるというのは事実ですし、当然厩舎ではレース前もレース後も慎重なチェックを行います。
ブロンクスの連闘についても、厩舎でのチェックはもちろん、獣医さんにもチェックしてもらって意見を求め『この仔はもっと肉体を刺激して大丈夫』というお墨付きをもらいました。
もちろん連闘した後も再度チェックして、初戦後に引続き『もっと攻めて大丈夫』ということで意見が一致したため、引き続いて厩舎での調整を選んでいます。
ただ、肉体的に大丈夫でも、それに精神的なものを加味しなければいけないので、『イケイケ!』というわけには行きませんが…。



さて、連闘後のブロンクス。
さすがにちょっと疲れは見られましたが、飼い葉食いも良く、直ぐに回復。
疲れの状態によっては放牧ということも考えながら、全然大丈夫そうです。
調教師
2011/02/27 19:21
初戦で乗ってくれたジョッキーに『距離は?』と聞いたら『うーん…まだ芝1600mが良いかな…?』と言ってくれました。

2戦目のジョッキーは『芝1800mか芝2000mが良いけど、いきなり芝2000mじゃあなくて芝1800mからのほうが良いかな…?』とコメントしてくれています。

この2人のコメントから解るように、まだまだ危うさを感じさせるのが現時点のブロンクス。
でも嬉しい誤算ついでに『それでも…連闘したから今度こそ気合が乗ってってことも覚悟』という悪い期待を裏切って、怪しかったのは乗り始めて2日くらい。
以前は気合が空回りすることが多く、乗り難しいところがあったために、限られた乗り手しか調教できない面倒な仔だったのに、誰でもとは言わないまでも、ほとんどの乗り手が乗れる馬に変身。
しかも『芝2200mも有りじゃあないか?』という感じさえ見せ始めているのです。


競馬を2戦消化して、しかも連闘をして良い成長を遂げてくれているという事が、ここまでの歓迎すべき収穫。まだまだ若いですから、良くも悪くも変化を見せ続けるでしょうが、このまま良い方向に行くように。あとはちゃんと勝たせなければいけませんね。

調教師
2011/02/27 19:21
馬券プロshrikeさんのコメントについても、ちょっと解説させていただきます。

新馬戦前の坂路時計は終い1ハロンが掛かっていますが、これは最後は抑えてのもの。
馬也というより、ラスト控えてという追い切りでした。それでこの時計が出たのですから、一応は優秀だと思いますが、ある程度能力がある馬だと美浦の坂路では簡単に時計が出てしまいます。
そのため新馬の場合には、平地での追い切り本数が重要とも言えますが、ブロンクスの場合は、夏にソエで休養することになったため、出走直前までは坂路中心のメニューで様子を見ていたという理由があります。

でも栗東で行った最終追い切りはWコースで良い動きをしましたから、もちろ期待はしていましたけどね。

時計については、一般ファンには数字と手応え(時には間違っている)しか伝わらないところが残念です。


連闘して着順を落としたのですから『疲れていたのでは?』という指摘も否定する事はできませんが、ここまでの書いてきたことが敗因で、心拍数等々のチェックからも今回の負けは疲れが原因ではなかったと思っています。条件がそろった時には、どうか再度応援宜しくお願いします。



調教師
2011/02/27 19:22
ブリージーデイズは調子が良かったのに残念な結果。
直線で内の馬に寄られて怯んだのもあるようですが、ジョッキーからは『距離が長い』というコメントも。
いずれは距離が長くなっても大丈夫だけど、現時点では成長途上。まだ体力的にも、ちょっと短い距離を使っては?ということでした。
見た目は素晴らしくなってきましたが、遅生まれなせいかマダマダな部分もあります。競馬でも調教でも、やっと手前を上手に換えられるようになってきました。芝についても距離についても、これからの成長を見守りながらになりそうです。

スズカクエーサー、そろそろ入厩を考えています。
3月中には厩舎に来ることになりそうなので、応援宜しくお願いします。

プロヴィナージュは中山牝馬Sで盛り返したいと虎視眈々。そろそろ初重賞を取らせてあげたいです。


伸介ですさん、わざわざお祝いコメント有難うございました。もう43歳です。でも同い年で頑張っている人がたくさんいるので、負けないようにマダマダ頑張ります!
調教師
2011/02/27 19:33
小島先生毎週の更新ご苦労様です。
今週は更新が無かったので、北海道、青森、栗東、と、ややお疲れかなと思ってましたが(どんなにお疲れでも更新されてましたが...)、出走馬のない週もあるんですね...
その分?沢山のコメントが載せられたんですね
ここを訪れるためにホントに思うのですが、先生の管理馬にご出資されている方幸せですねえ〜
今日のブロンクステイル号へのコメントなど、ホントに大事にみてくれてるなあって実感できました。クラブ側のコメントはとてもここまで出来ませんもの...しょうがないのですが...
でもこういうファンへのサービスがちょっとづつでも競馬界を盛り上げてファン層拡大へ繋がって行くのではないでしょうか。
競馬界の情報って我々一般のファンには伝わりにくいのです。先生方、騎手の方々お忙しいでしょうが、競馬界盛り上げるためにも情報発信はもっと必要と思いました。
若貴ブームで大繁盛した相撲界もいまや存続すら危ぶまれる状態です。
私大好きな競馬界、まさかそんなことになるとは思えませんが、大相撲の今を誰が予言できたでしょうか...
先生と水上さんの対談でもそのようなことが危機感みたいな話もありましたが、どうか先生には頑張ってもらいたい。
今でもうちの父が得意げにトウショウボーイの話をするのですが、うちの子供ら、孫ら(いませんが)にこの先得意げにウオッカ、ブエナビスタ、ブラックエンブレム達の話が出来る(来年のクラシックの話ができたらなお良い)
平和な競馬界でいられるように...

スイマセン話が飛躍しました..

プロビナージュ今度こそ重賞GETですね!買いますよー!
先生応援しています。頑張ってください。
長文失礼しました。

たっつあん
2011/02/27 22:25
たっつあんさん、長いことコメントへの返事をサボってしまい申し訳ありませんでした。

また、色々と応援のコメント有難うございます。
たっつあんさんのような素晴らしい競馬ファンが、まだまたくさんいてくれるのですから、競馬関係者はその期待に応えられるよう真摯に取り組まなければいけません。

私が競馬ファンを始めた頃の活躍馬たちも、段々と少なくなってきました。競馬というのは、代々の活躍馬とその子孫たちによって夢を追いかけることができるところが、他の娯楽にはほとんどみられない面白さです。

一頭でも多くの記憶に残る馬と関わることができるよう、これからも頑張りたいと思います。
調教師
2011/04/16 18:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆2.12〜13の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる