小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆2.19〜20の競馬

<<   作成日時 : 2011/02/18 21:58   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 11




























今週は
栗東に滞在しているメンバーに
馬も人も入れ替えがあったことから
引継ぎを兼ねて追い切りに合わせ栗東へ。

美浦在厩馬達は
先週までに状態を確認できているし
スタッフがしっかりと調整してくれているので

『今週は栗東で…頭数が少ない分
             ちょっと仕事も楽できるかな?』

なんて思っていたが…
甘かった。


あれもしなければいけないし
これもしなければいけないしで
結局ゆっくりなんてできず。

朝はいつもより
ちょっと早く起きなければいけないし
昼寝はできないし
栗東の知人達との
延び延びになっていた食事の約束を
実現させるころには
眠くて眠くて…。


でも
食事をしながら
他の厩舎の話を聞けるのは
とても勉強になるし
久々にゆっくりと
栗東厩舎の調教や
たくさんいる有力馬たちを
目に焼き付けることができて
とても有意義だった。

金曜日の調教後に
急いで美浦へ向かい
午後には美浦の管理馬チェックの予定が
電車が強風で動かない。

大幅に遅れて
厩舎に帰ってきたときには
すでに作業も終了していたが
スタッフ皆で待っていてくれて
不在中の状況も確認できた。


明日も朝が早く
『早くブログを…』
なはずが

今度は長男が
母親の言うことを聞かないということで
叱ることに長い時間を消費して
なんでこうも時間が無いんだろう…と。


『俺も子供の頃は
     同じようなことで
        同じように怒られていたっけ…』



怒られている長男は必死だが
なんだかちょっと微笑ましくもある。



昨日
今週の出走馬を
獣医さんにチェックをしてもらった時
栗東はちょうど雨が降り出していたが
寝る前から少し頭痛がしてきて
ちょっと風邪気味。


週末の競馬の結果次第で
悪化するか回復するか
皆に頑張ってもらわねば。






そういえば
忘れてしまうところでしたが
3月14日に新宿で
ファンの方達と交流できるイベント
私が行ってやることになりました。


他人事みたいでスミマセンが
ちょっとスケベな人から頼まれて
長い付き合いで世話にもなっているし
過去にも先輩調教師さんや
たくさんのジョッキーたちが
同じ交流イベントをやっている
ということだったので受けさせていただきました。


『ちゃんと人が集まるのかな…?』
という心配もありますが
内容を聞く限りでは
ファンの方達と近いところで
話ができるようなので
とても楽しみにしています。



『ちゃんとブログで告知してください』
と言われていたが
もう今日は眠いので勘弁してください。


近いうち
詳細を告知させていただきます。





















19日(土)










◎東京1R テルバイク D2100m Mデムーロ


当初の予想より
初勝利に時間が掛かってしまっている。

特に前走は大敗で
ちょっと疲れていたのか…。

体調チェックでは
休むほど悪くなかったが
大敗して優先出走権も無くなったし
歯車が上手く噛み合っていないと判断。

流れを変えるためにも
しばし休養をさせて
リフレッシュを図った。

放牧から帰ってきて
改めて子供っぽさを実感しながらも
もう一度教え込んできた事を
再確認をしながら調整。

まだバランスが
前駆中心の使い方となり易く
気持ちが入ったときほど
後肢の使い方が
疎かになりがち。

でも
前走までの調整で
こちらが思っていた以上に
強い調教に応えられるし
強い調教をしたほうが
良い結果が出るのではないか
との感触を得ていたので
今まで以上に攻めてみた。

担当者には
『少しでも疲れたり
    気になることが発生したら伝えるように』

ということでスタートしたハード調教も
軽い疲れがきた時期があったくらいで
出走間近には
『強くやって良くなっています』

と担当者からの嬉しいコメント。

乗り易さというのが
ひとつの長所だから
最終追い切りも
格上馬を相手に
ああしてみたりこうしてみたり
自由自在に操ることができるが
そんな中で見えてきた
レースでの注意点。

勝負に影響するので
公言できない内容だが
いままで勝てると思いながら
勝てずにいた謎が
少し見えてきた感じがする。

D2100mを選択するには
紆余曲折もあった。

芝1600mか芝1800m。

D1600mかD2100m。

選択肢はたくさんあるのに
芝1600mと芝1800mは
優先出走権がないから
出られるか出られないかも判らず
ジョッキーも確保しづらい。

D1600mとD2100mなら
ジョッキーの確保もできそうだ。

距離についての意見も分かれるところで
乗り易いから距離が持ちそうな感じはするが
気合が乗ってきた前走前くらいには

『もしかして
   1600mくらいがベストになってくるのかな…?』

という雰囲気を感じていた。

実際のところ
前走は少しハミ掛かりがよかったし
距離を短くしようかなと思いながら放牧。

でも
帰厩してからの雰囲気は
条件付ではあるが
距離が持ってもおかしくない。

母の父は
誰もが知っている短距離馬。

それを考えると
『やっぱりマイルがベスト?』
というのがセオリーとなるのだが
その産駒の中には
長距離しかない障害競走で
GT勝ちをした馬もいる。

育成や休養を担当してくれている
牧場スタッフの意見を聞き
厩舎スタッフとも話をして
今回はD2100mへの出走を選択。

鞍上は
オーナーとも厩舎とも
相性が良いMデムーロに決定。

もちろん
引く手あまたのジョッキーなので
出走が確定するまで
乗ってもらえるかどうか微妙だったが
彼に乗ってもらえるようになったのは
運が良いし心強い。

あとは
作戦が上手く伝わるか…。

大した作戦ではないから
大丈夫だろう。











◎京都8R レオアラシ D1900m  浜中 俊


相変らずの
東京競馬出走ラッシュに
地方交流競走にも登録してみたが
補欠の2番。

アラシの適性を考えると
東京のD1600mよりも
京都D1800mの方が良いだろうし
同じ馬主さんの新馬が
先週の競馬を除外された場合
京都で出走させることになっていて
栗東先乗りで行くプランが浮上した為
アラシもそれに便乗することにしていた。

京都行きか?
と思われていたその新馬は
除外されることなく無事出走できたが
東京で除外濃厚な他の馬が
新たに栗東で調整して
京都出走させることになったため
結局はアラシも一緒に栗東へ向かった。

前走と前々走は
装着したブリンカーが効き過ぎて失敗。

これなら
D1800mでも大丈夫という結論なので
今回は楽しみなのだ。

栗東で行った
最終追い切りは
浜中Jに騎乗してもらって3頭併走。

『手加減しなくて良いから
       最後はしっかり追ってくれ』

という指示に
一杯に追われて
良い伸びを見せてくれた。

休み休み使ってきているし
今回も間隔が空いていることもあってか
追い切り後の獣医さんのチェックでは

『まだ筋肉が
   競馬を使い込んでいる馬の域まできていない』

『治療をするよりも
        もっともっと鍛えて
               張りを出したほうが良いのでは…』

ということであった。

まだ深管が痛くなったり
球節が張ったり
脚がモヤモヤしたりするが
もう4歳になったし
そろそろ鍛えていかなければ
いけないのかなとも思う。

元々は乗り味が良い馬で
過去に乗ってくれたジョッキーたちも
力のあるところは認めてくれている。

何はともあれ
今回は追い切りの動きも良かったし
浜中Jも手応えを感じてくれたようだから
良い競馬を期待したい。












◎京都10R アイアムイチバン 大津特別 D1800m 福永祐一


前走は
不完全燃焼の競馬。

ズブいタイプだし
しっかりと追ってもらって
というプランであったが
動くタイミングが遅れた。

ジョッキーも
レース後直ぐに
『失敗した…』と。

競馬に一回でも乗っていれば
自信を持って動くところを決められたのに…
とパトロールフィルムを見ながら悔しそうだった。

スタートも今ひとつだし
ダッシュも利かないし
なかなか難しいタイプだが
それでも

『力はある』

『もう一回乗れれば
    もっと良い競馬ができる自信がある』

とまで言ってくれた。

東京D1600mでも
考えて乗れば大丈夫
とのことだったが
残念なことにレースが無くて
適鞍がある京都出走を目指し
引き続き栗東に残って調教を続けた。

連闘も視野に入れていたものの
騎乗しての確認では
疲れが取れていないため
一週延ばしての出走に変更。

想像以上に疲れていたので
実は中1週でもキツイかとも思っていた。

そこは若さか
飼い葉食いの良さからか
回復も想像以上に早かったのは
さすがともいえる。


ジョッキーは東京競馬騎乗のため
引き続いて乗ってもらうことができなくなったが
福永Jが乗ってくれることに。


追い切りは動かないタイプなので
全体時計が今までより優秀な分
終いがバタバタになったのは
しょうがないだろう。


中1週で
しっかり追えただけでも良い事だし
追い切り後の回復も早いのだから
いままで以上にできていそう。

福永Jも
感触を確かめる為に
調教で騎乗してくれて

『なるほど…』
とイメージを膨らませて
感じたことと考えを話してくれた。

話を聞く限りでは
もしかしたら
こっちがイメージしているのと
違う乗り方をするかも…と
ワクワクするような内容。

こうなったら
ジョッキーに全て任せるから
何かを得て帰ってきて欲しい。













20日(日)






◎東京6R ブリージーデイズ D2100m Mデムーロ


前走は
発馬機内での行儀が悪かったようで
最後まで噛み合わず終わった感じ。

レース後も
目立った疲れは無かった為
短期放牧を挟んで
ここを目標に調整してきた。

長いこと課題にしてきている
詰まった走りを改善する目的での
全身をノビノビと使わるようにする調教。

少しずつ効果が見られ始め
ゆったりと走れるようになってきた。

スピードが速くなると
まだ以前の詰まった走りに戻ってしまうが
全身を使えるから背腰が疲れにくく
以前のように疲労が残らなくなってきた。

ここ何回かの追い切りも
以前より手応え良く
調教での動きが
格段に良い。

発馬機内での行儀も
何度か練習に行って
問題は無し。

長丁場は
全く問題ないタイプだし
手前を変えるのが下手なのだから
広いコースの流れも合うだろう。

MデムーロJが
どう乗ってくるか
その手腕にも期待したい。









◎東京8R アルファオリオン D2400m 三浦皇成


前走の好走で
完全に以前の好調なオリオンに
戻すことができたと実感。

オリオンの力を引き出すには
しっかりと強い調教を課す
ということが大切なのが解ってきた。

しかし
ちょっと生意気で
突っ張ったところがあり
それでいて繊細なオリオンは
強い調教を課すと精神的に凹む。

過去には
そんな矛盾にも苦労したけれど
色々なケアを試していくことで
ストレスを乗り越えて
いまでは突っ張り気性も改善し
強い調教にも耐えながらも
イライラすることなく
成績も安定し始めた。

今週も
直前の調教はしっかりと追われ
ここ数戦と同じように調教を消化。

特段変わるところなく
良い状態を維持している。

そろそろ勝ちあがって
1000万下の常連ではなく
上のクラスでも頑張れるところを見てみたい。






◎東京8R クラブトゥギャザー D2400m Mデムーロ


前走で
500万下卒業し
昇級初戦となる一戦。

勝ったとはいっても
レース直前に体調を崩し
出走を回避することも考えながら
詳細をチェックした上で
行けると判断して出走。

決して万全ではなかった中で
頑張って勝ってくれたのだから
我々もホッとしたし
少し休ませる必要がある
ということでしばらく休養となった。

年明けから
調教ペースを上げて
このレースを目標に調整。

さすがに休養明け初戦で
D2400mはキツイだろう。

でも
リフレッシュして帰厩した
クラブトゥギャザーの雰囲気は
ひと回りしっかりした感じで
背中から伝わってく印象が
以前より力強い。

D2400mを走り切るのに
可愛がった調教では
レースに行ってからが可哀想。

心を鬼にして
強目を消化。

もしへこたれたら
次の中山競馬に
出走を延期しようと思っていた。

それを乗り越えての出走で
今週もビッシリ追われているし
追う毎に良くなっているのは明らか。

それでも休み明けがな…。

あとはジョッキーに
頑張ってもらおう。









◎東京8R マチカネヒヨドリ D2400m 内田博幸


良いところを見せてくれた前走。

それでもジョッキーからは
まだ8割くらいしか
実力を発揮していない
と指摘された。

『ブリンカーを付けてみたら?』

とか

『去勢してみると違うかも?』

とも言われたが

過去にブリンカーを装着した時には
かえって集中力がなくなったし
子供っぽさが解消してきているのだから
去勢はもう少し様子を見たい。

でも
ジョッキーも
『一度乗って
   解ったことがある』

と言ってくれたため
次も乗ってもらって
更に良い面を
引き出してもらうことにした。

ところが残念ながら
続けての騎乗が叶わなくなり
その代わりに内田Jを確保。

代わりと言っては
失礼になるようなジョッキーだし
その実績と腕力から
ヒヨドリには良く合いそうだ。

追い切りは
いつも通りモサモサしていたが
しっかり追われて
馬体にビッシリ張りが出た。

前走のヒントから
ブリンカーよりも視野が広い
チークピーシーズを着用して調教。

想像通り
通常のチークピーシーズの大きさでは
ヒヨドリの戸惑いまでも大きく
通常よりも浅めのものを装着してみて
マズマズだったし
もしかしたら競馬でも着けてみるかも。

はまれば
ちょっと面白いかもしれない。






◎京都5R ハンプトンコート 芝2000m 酒井 学


初出走となった前走は
芝は頭数が多くて難しく
ダートレース出走を選択したが
砂がこんなに苦手とは…。

幸いレース後は
イジけることもなく
飼い葉食いも直ぐに戻った。

その後は東京競馬の
芝での出走を目標に調整を継続。

しかし
最近の出馬ラッシュに
東京での出走も叶いそうになく
やむを得ず京都出走を選択。

馬体維持を図りやすくするために
1週前に栗東へ移動して調整を継続。

環境に慣れるのも早く
飼い葉食いも比較的良好だったため
最終追い切りもあまり加減せず。

酒井学Jも
追い切りに跨って
ハンプトンのイメージを
感じてくれてた。

さすがに追い切り後は
馬体に疲れが感じられたが
日曜競馬なので
残り3日間を回復に専念できる。

美浦からの移動があると
輸送を考慮するため
馬体回復に集中できず
影響を判断するのが難しい。


まだ非力な感じはあるが
調教の感じは悪くないし
何よりも芝で走れるのが楽しみだ。

素材としては
良いものを持っているので
わざわざ京都に足を延ばしただけの
後に続く結果を期待している。






◎京都8R ジュヌドラゴン D1800m 佐藤哲三


地方交流競走か
東京競馬出走を予定して
調教を続けていたが
今週の出走もかなわず
いたずらに調教を重ねるよりは
来週からの小倉競馬参戦を
ということで矛先を変えることにした。

しかし
この時期の小倉競馬輸送は
雪の影響など
天候によっては
輸送で失敗してしまうこともある。

だからどうせなら
いったん栗東へ移動し
そこから京都競馬に参戦。

この方法なら
レース後は一旦栗東に戻って
馬体をチェックした後の
小倉輸送というが可能。

必然的に
輸送も小刻みになって
ストレスの軽減が図れるし
レース後の体調を
しっかりと確認しないで小倉へ移動して
到着後に異常が見つかった
というリスクも避けることができる。

投票後の金曜日に
栗東TCに移動。

土曜日は
久々に栗東の逍遥馬道を散歩して
翌日の出走に備えた。

強い調教に耐えられる体力が
少しずつ付いてきたようなので
最近は調教強度を上げて
ジュヌドラゴンも頑張っている。

先週くらいまでは
まだ万全には一息かな…?
という追い切りの動きだったけど
今週の動きは良く
2週連続して追い切りに跨ってくれた三浦Jが
先週の辛口から一転して
上昇カーブをアピール。

栗東移動後の騎乗確認でも
背中から伝わってくる雰囲気は良いとのこと。


来週からの小倉の為にも
強い調教を乗り越えて
どう変わったかを見せて欲しい。






























やっと終わった…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
先生、ブリージーデイズの勝負レースですね!期待してますよ〜ただゲートの出遅れだけはやめてください
伸介です
2011/02/18 23:59
最近のお気に入り酒井学騎手が日曜乗るのが楽しみ。

土曜はテルバイクが人気になりそうですね。
むぅ
2011/02/19 00:24
テルバイク、新聞の印は重いようですが、あまり調子がよくなさそうなのが気になりますね。ダに変りますし、他馬のレベルもそんなに高くはないので、容易に軽視はできませんが、??といったところかもしれません。
馬券プロshrike
2011/02/19 02:27
テルバイクは三浦騎手じゃないのですね。初ダートでテン乗り・・・ミルコさん、いいとこ見せてね!
たらふく
2011/02/19 02:58
先生、お忙しいと思いますが、日曜日の馬たちの更新楽しみにしています。よろしくお願いします。
ネームコート
2011/02/20 00:09
「やっと終わった…」という最後の一言。失礼?ながら、ちょっと微笑んでしまいました。

先生、いつも楽しいブログありがとうございます。先生のようにファンの目線に立たれた調教師の方はいないと思っています。今後のさらなるご活躍を祈っております。
さへいじ
2011/02/20 03:19
ハンプトンコート、3着と頑張ってくれました。
やはり芝のレースが良さそうです。
酒井騎手も上手く先行してくれました。

この仔の名付け親にさせていただき、
これ以上は大きな事は申しません。
少しでも永く彼女がターフを走る姿を応援したいので、
何とか秋までにひとつ勝ってほしいです。
赤い彗星
2011/02/20 12:55
初芝のハンプトンコートを単・複で
狙いました(^_^)v

牡馬相手に複勝、美味しかったです。

先生は「最初から芝を使いたかった」とのこと
ですが、なかなか思い通りにはいかないんですね。

次走も芝で結果を出せるよう、期待しています!
ぴっと
2011/02/20 21:56
先生に、ハンプトンコートを管理していただけてるのは、私も幸せですが、ハンプトンコート自身も幸せだと、感じております!!
勝利を期待しております!!
ハンプトンコート、先生をこれからも応援していきたいと思いますので、よろしくお願いします!
ネームコート
2011/02/21 17:59
ニホンピロヴィータ号がいよいよ入厩しましたね。どんな馬なんですかね。血統は悪くないと思いますので頑張ってほしいです。デビューはいつぐらいですかね。
ぴゅあの子
2011/02/21 21:55
皆さんコメント有難うございました。

馬券プロshrikeさん、またもや私の表現不足か、テルバイクは調子が悪くはありませんでしたよ。ちゃんと調整すれば勝てる馬ですし、あまり調子が良くないようなら延ばしてあげたほうが、後々のためでもあります。まだ課題はある仔なので、そういった記述が誤解を招いてしまったのでしょうか…?



ハンプトンコートの3着はホッとしました。
前走がダートだったとはいえ、あまりの負け方だったので、芝でダメならどうすれば…と思って、ちょっと不安もありました。無駄な輸送を避けるために引続き栗東に残る事になりましたが、初勝利を挙げて帰れるよう頑張ります。赤い彗星さんに素晴らしい馬名を付けていただいたハンプトンコート。まだこれから成長の余地十分。現時点でも非力さが否めない状態での3着です。それでも調教の動きは素晴らしいところを見せてくれるので、成長を妨げないように気を付けながら…早く勝たせたいですね。



ぴゅあの子さん、いつも応援有難うございます。
ヴィータは入厩後も順調で、そろそろ発走試験を受けられそうな感じ。デビューの目処は、まだ速い時計を出してからになりますが、楽しみな仔ですし応援宜しくお願いします。
調教師
2011/02/27 19:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆2.19〜20の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる