小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS TALK LIVE中止について。

<<   作成日時 : 2011/03/13 21:42   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 73 / トラックバック 0 / コメント 6


























 明日14日(月)に予定されていた
TALK LIVEは中止になりました。

今回の被害の大きさを考えると
予定通り行うことを
心苦しく思う気持ちがある反面
前売り券から購入していただいて
遠方から来る方もいらっしゃる
と聞いていたので全て主催者さんに
お任せしておりました。


イベントが中止となったことは
大変残念なことではありますが
予定通り行われた時は
お客さんも私も複雑な気持ちで
迎えることになるのかな…
という思いがあったため
これで良かったのだろうと思います。


前売りを
購入していただいた方たちには
大変御迷惑をお掛けしますが
いずれ代替という形か
払い戻しで対応する予定
ということを聞いているので
御確認のうえ宜しくお願いいたします。









美浦の状況については特に変わりなく
調教も通常に近い形で行われました。

朝の5時に供給され始めた水が
一気に使用量が増えたとのことで
再びいきなりの断水という
アクシデントはありましたが
馬の飲水だけは
JRAから供給してもらえたので
何とか無事に作業を終えることができました。

競馬の開催については
今だ未定ですが
被害の大きさや状況を
知れば知るほど
開催という判断がなされても
複雑な気持ちで
出走馬が良い競馬をしてくれても
素直に喜べるのだろうか…
というのが正直な気持ち。


ただ…
競馬に携わる人たちの生活の問題も
考えていかなければいけないと思う。


競馬が行われない事で
生活に影響を受ける人は
想いのほか多いはずだ。

マスコミ関係の人
新聞を売る人
競馬場やウインズ近隣の人
競馬に関係する売店や
コンビニエンスストア
交通機関に関係する人
馬が出走しないことで
馬の移動が滞って馬運車業界にも
影響があるだろう。


今すぐに競馬を開催する事は
誰もが違和感を得るのは間違いないが
競馬が行われることで国庫納付金が納められる。

逆に…競馬が中止になり続けて
国庫納付金が少なくなる事を考えると
どこかで開催に踏み切るということが
国に対しての貢献となり
納付金を通じての援助という形にもなる。


でも
こんな時に競馬なんて…とか
そういう声も覚悟しなければならないだろうし
だからこそ国庫納付金という
目立たぬ国家貢献だけでなく
今回の震災を受けての特別な措置として
復興競馬とか支援競馬ということでの開催は
できないものなのかと思う。


もちろん
競馬を行って潤う部分は
競馬関係者がまとまってでも良いし
個人的にでも良いから
納付金以外での貢献ということも
しっかり考えていくべきだろう。



私達が今できる貢献は
馬を通じてのものでしかできない。

馬を置いて被災地に行くことは
不可能ではないが現実としては無理だし
ほとんどの人がそれを望んではいないはず。

被災地に向かったとしても
慣れない場所で慣れない事をして
かえって迷惑になることも否めない。


今は日本人や
日本に住む一人一人の人間が
それぞれの立場で
何ができるのかを考えることが大切。



厩舎スタッフからも
自主的に節電の話が出た。


素晴らしい事だなと思いながらも
馬のコンディション維持も大切だから
節電や節水の意思は持ちながらも
お客様からお預かりしている馬だということと
我々にできるのは競馬が開催された時に
良いコンディションの馬を出走させるということだ
ということを話し合った。








どうしても見ておかなければいけない予定の馬がいて
午前作業終了後はいつも通りの北海道行き。


数日中に
再度大きな地震の可能性が高いということで
家に家族達を残してくるのも
後ろ髪をひかれる思いだったが
考えうる万全の状態を整えて
空港に向かった。


緊急時の対応として
厩舎に在厩している馬達のことも
厩舎の2階に住んでいるスタッフが
適時対応してくれる事になっている。







悲しい事に
今朝の調教中に
一頭の大切な馬の命を
失ってしまった。

スタッフの悲しみや
悔しさは当然の事だが
何で…という気持ちと
時期が時期だけに
命を失う悲しみや悔しさを
深く考えさせられた。

デビューを
間近に迎えていた新馬だったが
命を失う事は馬であれ人であれ
どんな時でも辛い。




オーナー始め
関係者の皆さんには
大変申し訳なく
お詫びの言葉もありません。





今はただ
これ以上震災被害が
大きくならないように
少しでも多くの人達が
救助救済されるよう願うばかり。


私達は
競馬開催という形での支援を考えると
一頭一頭の競走馬をアクシデントが無いよう
しっかりと管理する事はもちろん
個人的にも何ができるかということを
日々考えながら今回の震災に対する
貢献方法を探していきたいと思います。



最後になりましたが
大変な状況におかれている被災者の皆さんへ。

一人一人でその被災は様々でしょうし
その辛さは私達の想像を超えているものでしょう。


競馬関係者の中にも
家族や親族に連絡が取れない
という人が結構いて
私達も間接的にではありますが
悲しい思いで一杯です。


“どうか頑張ってください”

いまはそれしか言う事ができませんが
何らかの形での貢献を考えて
私達競馬関係者として
役に立てる事が何かを
探していきたいと思います。





色々とコメントをいただいていますが
返事には少し時間を下さい。


来週には落ち着くと思うので…。






























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 73
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
先生、厩舎スタッフのみなさん、本当にご苦労様です。
LIVEの中止は残念です。
現状ではしょうがないです。
しかも関東では計画停電になるそうで、
ますます大変になると思われます。

競馬もLIVEも代替開催があるのでしょうか?

先生のおっしゃる通り、競馬関係を仕事にされている方が多くいることも含めて、早い開催復帰を望みます。
一部快く思われない人もいるでしょうが、負けないで、競馬界を守るんだの意気込みで頑張ってください。

ところで、どうしても北海道まで行かなければならない馬って、2歳馬?何か事故でもあったんでしょうか?
そっちも心配になりました...

亡くなられた仔もでて、気持ちも沈みがちでしょうが
小島茂之厩舎、しっかり、頑張ってください。

たっつあん
2011/03/14 00:11
先生がこのコメントを見ていらっしゃるかわかりませんが

この時期に競馬をするには

『大義名分』

を掲げてするべきだと思います


農林水産省が
『レースの一部を寄付』
とか曖昧な数字にしないで

『レースの◯%を寄付』


と具体的に掲げ

レースをする事が国益に繋がる事を掲げてしないとただのギャンブルに終わるでしょう


今でも古い考えの人は知り合いがギャンブルで被害にあったと言う人もいます

ギャンブルで被害にあうのは自らの意思の問題ですからそんな人たちにもわかるような大義を掲げてやれば何も苦しまなくて済みます


救済レースって形になり掛け金が集まればそれだけプラスになるのですから

先生や厩舎関係者は自分達の馬の勝利を素直に喜べばいいと思います

そして救済レースと普段のレースの比率を出して救済レースが上回る売り上げなら競馬ファンとしてはプラスでしょうし
それを義援金として納めれば後ろに向く必要もないでしょう

だから面白いレースを見せる


といった気持ちで頑張ってください
yo
2011/03/14 01:33
トークライブ楽しみにしていたので中止は残念ですが、仕方ないですね。
確かにファン以外の方から見たら競馬なんてと思うかもしれません。けど私はどんな時も懸命に走る馬たちの姿に胸を何度も打たれましたし、今だって走る馬の姿に力をもらえる人がいるのではないかと思います。ファンの欲目かもしれませんが、競馬が役にたてることだってきっとあると思うんです。
美浦も大変な状況だと思いますが、また開催が始まったら、熱いレースを見せて下さい!あと先生も関係者の皆様も、体調など崩されないようお気をつけ下さいね。
いわさわ
2011/03/14 02:26
先生、トークライブ楽しみにしてましたが会社に行ったら色んな遅れが出て大変でした。中止はしかたなかったと思います。政治不信、災害と暗くなる事が続きましたが、早く、日本中の人が元気になれば良いな
伸介です
2011/03/14 22:12
大震災から1週間が経とうとしているのに、まだまだ地震頻発で治まる気配すらありません。今日になって美浦の近くの地震ではないかと思われる地震まで発生しています。
人間より敏感な馬たちが安心して走れるように小島厩舎の皆さんの奮闘を期待します。
ラム
2011/03/17 22:10
いつもたくさんのコメントを有難うございます。
また、返事が遅くなってしまったこと、大変申し訳ありませんでした。

たっつあんさん、何で北海道へ行くことになったか…ちょっと思い出せませんが、たぶん生まれたばかりの当歳馬か、デビューの近い2歳馬か、馬主さんから見てくるよう言われた馬か…だと思います。

今になって改めてコメントを読み返し、皆さんの暖かい気持ちに触れています。これからも競馬を通じて何ができるか、考えていかなければいけませんね。
調教師
2011/05/20 19:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
TALK LIVE中止について。 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる