小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 3.27の競馬

<<   作成日時 : 2011/03/26 22:32   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 5























いまだ震災の影響が続く日本。
原発のこともあって
何が何だかわからなくなっている。

広島県人の血が流れている私は
原爆による被爆の怖さを教えられてきた。

安定した電力供給の為に
原子力発電所は仕方ないのかな…?
と思いながらも

『絶対に安全だ!』という話に

『絶対に"絶対”なんていうことはない』
と思い続けていながら

本当の意味での
核の怖さは知っていなかったのだな…と。

表向きには原爆の怖さを聞いていても
ハッキリと本当の意味では
知らなかったのだということが判った。


発電所による被曝の怖さを経験して
今になって現実を知らされたようだ。


一方では大丈夫だという話で
一方では大変だという話。

どちらを信じればいいのか
未来になって初めて
本当の結果を知ることになるのだろうが
間違いないのは
恐ろしく危険な怪物を
人間が扱っているのだということ。

それだけは間違いなはずだし
その怪物を本当に押さえ込むことができるのか
抑え続けることができるのか…
今のところ私の中では
疑問に思う気持ちのほうが大きい。

人間の慢心が
危険な怪物を
怒らせてしまうことにだけは
ならないで欲しい。

まだまだ
言いたい事や書きたい事はたくさんあるが
ここで話すことではないから
これくらいにして避けておこう。

でも
大きな意味で…広い意味で
日本全体が…日本人が
試されている時なんだろうなと思う。


震災に乗じた犯罪が起こるなんて
もってのほかである。

人間として…日本人として
じっくり考える時期を与えられたのだろう。








先週は
阪神競馬臨場のために関西に滞在。


阪神大震災の時にも
関東などでは程なく通常の生活に戻り
『大変だな…』と思いながらも
震災を体感しなかった者の意識の違いは
明らかにあった。

今回は逆の立場ではあるが
同じようにいつもと変わらない関西の風景。


ただ阪神大震災で
辛い目に遭った人たちの心には
被災者の痛みがよく分かるはずだし
原発のことを含めて
いま皆が思っているであろう

『このままでは大変だ!!』
という気持ちや

被災した人達を想う気持ち
日本人として痛みを共有する心を
風化させないようにしなければいけない。






何人かの知人が
被災していた旨の連絡が最近続いた。


幸いなことに
知人本人は無事だったようだが
大切なものをなくした人もいるみたいだし
『いま何ができるか…』は
私達が当分の間忘れないで
考え続けていかなければいけない。


『競馬開催をできるのなら
           遠慮せずに…』

『私達も頑張るから
         無事な人は気にしないで!』


『被災したけど
     いつか競馬を見に行ける日のために
                元気に競馬を続けていてください』

という声もいただき
逆に元気づけられた気さえしています。






中央競馬は
先週から再開することができたが
当分の間は出馬ラッシュや
その影響からのコンディション維持など
少なからず以前とは違う毎日が続いている。


今週は
阪神競馬に出走予定だった馬が
出馬ラッシュの影響で全滅。

日曜日の
小倉競馬での一頭のみ
となってしまった。

一頭入魂という感じだ。



遠距離出張先だと
ちょっとしたアクシデントで
全てが台無しになる可能性があるので
何よりも毎日の無事が一番。




トレセンのように複数の馬場から
個々の馬に合わせた
コース選択ができるわけでもなく
競馬で使用されるダートコースと
角馬場での調教が
基本的な調教場だから
いつもよりクッションが固めの馬場が
悪いほうに出ないよう
注意しなければならない。

ちょっとした痛みが発症しただけで
トレセンに戻らなければいけなくなるケースもあり
特に肢元のケアには気を遣わせられる。

筋肉や関節にも
いつもと違った張りや硬さがでるので
とにかく無事に…といった気持ち。

せっかく乗り越えた長距離輸送や
馬主さんに負担していただく出張経費など
勝たせて帰りたいという気持ちはもちろんだが
順調さが最低限の条件となる。





競馬の社会も大変ではあるが
被災地を状況を見ているせいか
私の周りの関係者からは
文句の一つも聞かれず
元に戻れる日を待ち続けている。

まずは被災地の皆さんの生活が
少しでも落ち着きますように。

そしてそれに合わせて競馬開催も
早く元に戻れますように。

活気のある競馬場で
たくさんの人が
思いっきり競馬できる日を…
待ち遠しく思います。












27日(日)






◎小倉7R ジュヌドラゴン D2400m 田中博康(西田雄一郎負傷の為乗り変わり)
 前走後も小倉に滞在。
ダート馬場のみでの調教には気を遣うが
比較的順調に調整が進められた。

一時期
蹄に熱を持ったため

挫跖…?
とドキッとさせられるような出来事もあったが
幸い蹄鉄の調整をしただけで解消。
   
本来なら3場での競馬開催が
2場開催になっている影響もあって
出走もままならない状況だから
調整にも気を遣う。

出走できるかどうかもわからないのに
毎週毎週バリバリやったりしたら
馬のコンディション維持も
当たり前のように難しくなる。

天気が悪くなれば
馬場状態も悪くなるので
毎日天気予報ともにらめっこ。

今週の追い切りも
出走できてもできなくても
大きな影響がないよう加減して
出走できることになったら
直前で調整する方法を選んだ。

結局はギリギリで除外にならず
何とか出走が叶った。




当初予定していたD1700mは
締め切り間近で出走不可。

万が一の場合は
ギリギリ出走できそうな
D2400mに移動する準備をしていたので
締め切り直前で変更することができた。

出走できることになったので
前日の調教では少し味付けをして
D2400mに上手く対応できることを期待。

前走騎乗してくれた西田Jが
そのイメージを持って今回の騎乗に生かす
と言ってくれていたのに
先週の落馬の影響で
前日になって急遽乗れなくなったのは痛いが
代打となる田中博Jには
西田Jにも良く聞いて
少しでも上の着順を…
と伝えておいた。

先の見えない2場だけでの競馬開催。

入着できなければ
次はいつ出走できるのかも分からないのだから
いつも以上にジュヌドラゴンの頑張りを
引き出してもらえるよう期待するしかない。














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
私は中山競馬場の近くに住んでいます。
活気のある競馬場で、思いっきり競馬できるってことが、実はすごく恵まれたことだったと今は実感しています。

ところで、本日のブログに気になることがありました。
優先出走順と出馬投票受付の関係のことです。
今までは、出馬投票を締めきった時点で除外・抽選対象などが初めて関係者にわかるのだと思っていました。
しかし、ブログの記事を読みますと、

>当初予定していたD1700mは
>締め切り間近で出走不可。

とあります。
これは各馬がそれぞれ出馬投票した時点で刻々と出走優先順位が現場では「公開」されているのですか?
それとも投票所に誰かが張り付いていて、どの馬が出馬投票しているのかをずっとチェックしていて投票した管理馬の優先順を自分で数えながら、出られそうだとか、除外されそうだとか判断しているのでしょうか?

実は除外再投票の馬(V−3)を応援するのが好きなんです。
みら丸
2011/03/27 00:03
ブック誌の「特別登録馬」の欄を見て、あまりの頭数の多さに、ああこれが出馬ラッシュということか、と驚きました。出走の目途も立てにくく、調教は本当に難しいですね。こういう中で腐らない人が、次のステップに上がっていけるんでしょうね。ご成功を祈ります
たらふく
2011/03/27 01:13
みら丸さん、たらふくさん、コメント有難うございました。

みら丸さん、除外についての質問ですが、ファンの方たちには興味深いところでしょうね。
現在は水曜日に新聞の予想各紙が、取材したうえで『出走予定馬想定表』なるものを作成して、厩舎に持ってきてくれます。

それを見て『メンバーが…』とか『頭数が…』『除外が…』と作戦を練ったり、出走レースを検討したりするのです。

特別なレース以外は、木曜日の12時から投票が開始となり、新規投票受付が14時半に締め切り。


その後、14時45分の最終締め切りまでは、レースや騎手の変更が行えて15時過ぎに出走馬が決定。


フルゲートになっていないレースがあれば15時半まで再投票ができます。


投票時間の間は、投票所にあるパソコンで各厩舎と騎手の投票状況や、各レースの投票頭数、出走優先順位などが閲覧でき、締め切り間近になると『あっちのレースなら出られる』とか『あそこなら誰々が空いている!』とか、各厩舎慌しくなり、それはそれは大変な状態になります。


その昔、今のように木曜日一括投票になる前は、土曜日分は金曜日投票。日曜日分は土曜日投票だった時期があり、この頃は新聞社の人が、投票所に張り付いて、『○○が投票した…!』なんてやっていた記憶があります。
調教師
2011/05/20 20:26
お忙しい中ご回答ありがとうございました。

読ませていただき、ますます競馬ってレースだけでないところにも面白さ満載なのだと感じました。
出馬確定前の駆け引きは、かなり面白そうです。
在厩馬のレベルだけでなく、こういうところのやりくりの巧拙で厩舎成績が左右されるんだろうなと外野はいろいろと想像してしまいます。 ^^
みら丸
2011/05/21 15:13
みら丸さん、また何か質問があったらどうぞ遠慮なく。返事は遅くなる傾向にありますけど…。
調教師
2011/05/27 19:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
3.27の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる