小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆5.21〜22の競馬

<<   作成日時 : 2011/05/21 00:15   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 9























ここ数日
何となくまた
地震が多くなっている気がします。



コメントへの返事
何とか『4.2〜3の競馬』まで
終了しました。

早く今週分まで追い付けるよう
来週中までには頑張ってみます。


オークスとダービー
管理馬からの出走馬が
いないのは寂しいけれど
皆さん馬券を買って
晴れの舞台に出走することになった
選ばれた馬達の応援を
どうか宜しくお願いします。


来年こそは…!








21日(土)







◎東京2R レオジュピター D1600m 三浦皇成


連闘。
先週が久々の競馬で2着。

以前と比べて
だいぶ大人になっていて
それが結果として表れた。

優先出走権を得た以上
次走はどこを目標にするか
さしあたっての予定でもいいから
早く考える必要がある。

中1週か
中2週以上空けるか
さもなくば連闘か…。

次走までの間隔を
中2週以上空ける場合には
そのまま厩舎に置いておくのか
一旦短期放牧という形をとるのか
馬の気性や疲労の度合いなど
個性や状態を加味して
選択しなければいけない。

レース後の疲れは通常レベル。

中1週かな…
いや…以前は気性的に
神経質なところもあったし
もう少し空けたほうがいいかな…。

他にも
来週以降のD1600mに
出走するかもしれない未勝利馬がいて
場合によっては振り分ける必要もある。

さしあたっての予定を決めるには
日程的なこともあって2〜3日中が限度。

結局はスタッフとも話し合って
出馬投票日となる木曜日までに
水曜日に出走予定馬を確認し
木曜日までに状態を判断。

連闘を前提に進めて
場合によっては中1週かな…?
ということになった。

来週以降の番組では
牡馬が出られるD1600mが
1鞍ずつしかない。

今の感じでは
D2100mでは長い気がするし
D1400mは忙しい気がする。

状態が維持できているのなら
D1600mが2鞍ある今週が本線
ということで進められた。

馬体は良し。

競馬を使った分
調教開始早々は
少し気負っていたが
金曜日にはガスが抜けて
十分リラックスムード。

思った以上にメンバーが揃ったが
競馬場に着いてから気負わなければ
上積みが期待できるぶん楽しみが増す。













◎東京5R スズカクエーサー 牝 芝1800m 江田照男


前走は
期待ほど結果を残せず
ジョッキーからも
まだ気持ちの面で
スイッチが入り辛かった…
というコメントが聞かれた。

レース後はソエが痛くなり
一旦は放牧も考えたが
直ぐに小康状態になったため
休養するならもう一戦くらいは
レース経験を積んでからにしよう
ということになった。

休ませるのは簡単だが
生まれて初めてレースを経験し
競馬を知ってから
どのような変化を見せてくれるか。

余程のことがない限りは
初出走からあまり間を空けずに
2戦目を消化させたいと思っている。

暖かくなってきたこともあってか
中間は強いフケの症状も出た。

馬体的にも
一度使えばこういう風に変わってくれるはず…
と思っていたイメージほど
良いほうに変化してくれていない。

まだ体質的に
打ったり叩いたりという刺激こそ対応できてはいるが
その刺激に反応して強くなっていくという
モードにはなっていない。

まだ肉体的幼さを
持った状態なのであろう。



でも
中間も通常通りの調整で
ソエに注意して
坂路調教中心となった以外は
表面的な弱々しさも見せず
淡々と調教を消化。

飼い葉食いが細めなので
馬体重の減少は覚悟しながら
少しでも良い方向への変化を
見せてくれるよう願っている。












◎東京5R ハンプトンコート 牝 芝1800m 戸崎圭太


前走は最後の最後で力尽きた。
ハミを強く噛むと
少し癖のあるタイプなので
前での競馬を意識せざるをえなかったのかもしれないが
イメージよりも悪かった着順を考えると
もしかしたら東京の坂も堪えたのか?

次走は坂のないコースで…
と思っていたがどうやら出るに出られない。

優先出走権は得られなかったし
心身にも問題が無かったため
一旦は短期放牧に出した。

『次はいつ出られるのだろう…?』
と様子を見ることにしたが
例年に比べて芝のレースが
あまり間隔が無くても出られる感じ。

では…
ということで厩舎に戻したが
レース選択で少し悩んだ。

ハミ受けのこともあるから
力量を信じて距離を短くする…
という考えもあり。

あくまで平坦を目指して
輸送の長い新潟か京都をあえて選ぶ…
という考えもあり。

水曜日に発表となる出走予定馬の想定を見ても
いったいどこが出られてどこが出られないか
ある程度の想像がつくまでもハッキリはしない。

どこを選んでも一長一短。

新潟と京都の
牝馬限定芝1400mがBetterだが
たぶん頭数が多いはず。

東京の牝馬限定芝1800mで
戸崎Jが空いていたので
ここが一応の本線。

あとは投票所で適時対応
ということになった。


やっぱり新潟と京都は
多頭数で出られない。


東京で予定していた芝1800mも
あちこちから予定しない馬が回ってきて
出られなくなる覚悟でいたが
こちらは予想外に少なくおさまり
ホッとした。

東京なら最低限でも
優先出走権を得られれば
次走中山競馬出走が計算できる。

京都だと
輸送の繰り返しが
華奢な馬体にどう影響するか…
正直そのまま栗東での滞在も考えていた。

ハミ受けに課題があるとはいえ
必ずしも抑えが利かないわけではないから
その辺はジョッキーの話をして
最終的には任せよう。

何よりも勝ってほしいが
権利を得ることは最低条件。

それさえ成し遂げられれば
次走以降中山や函館での
出走プランを描きながら
調整がやりやすくなる。





◎京都6R ヒズラストノート D1800m 佐藤哲三


前走後は
肢元に疲れが出て休養。

すっかりと良くなって帰厩したが
まだ固まるまでは時間が掛かりそうなので
念のため坂路中心の調整。

調整は順調に進み
時々はWコースで
長めを乗っての息作り。

暖かくなってきたこともあって
浮腫み易い面を見せる肢元ではあるが
プラン通りのメニューを消化してこれた。

走りそのものは
依然として良好。

理想を言えば
もう2本くらい追い切りを消化して
出走させてもいいのだが
2本やるよりも早く使ったほうが
変わり身が大きなタイプ。

いたずらに調教を消化するよりは
実戦を経験させるほうが効果が大きい。

関西へ遠征しての
長距離輸送競馬ではあるが
神経は結構ズブといタイプだし
復帰初戦から良いところを見せて欲しい。









◎京都10R ピースエンブレム パールS 牝 芝1800m 佐藤哲三


震災前に
強い負荷を掛けてみて
かなり良い状態になっていたが
競馬が中止になった影響でか
負荷が強すぎた影響でか
中止翌日に急に体調を崩し
ガクッときてしまった。


一旦は
放牧するという案もあったが
放牧先が震災の影響を受けていたこともあって
厩舎での建て直しを選択。


肉体的な辛さは
乗り越えてくれた感じだが
どうもまだ本調子ではない。


とはいっても
コンディションが必ずしも
万全とはいえない状態だったときは
過去にもある。

今までは
それでも頑張ってくれていたけど
今度は戦うクラスが違うのが悩み。

1000万下クラスでも
なかなか壁は厚いのだが
準オープンクラスというのは
とにかく一筋縄ではいかない。




準オープンに上がったら
もう一度芝のレースと考えていた。

うちの厩舎にもいる
何頭かのダート馬たちを
物差しにしても
並み居る牡馬でさえ
勝ちあぐねる
ダート1600万下クラス。

以前から
『芝でも良いと思うんですが…』

と調教や競馬で
騎乗した騎手たちが
口を揃えてコメントしてくれていた。

でもダートでも
強い競馬をしてくれているわけで
芝に比べて消耗も少ないから
しばらくは確実なダートで…という考え。


勝負強さと
自信が戻ってきたことを確認できた
前走の勝利だったが
残り少ない現役生活を考えると
いまここで芝を試すことを選択。

何戦か使ってみて
明らかにダメと判断できない限りは
しばらく芝での出走を予定している。


これは全然ダメだ…という程でなければ
芝でどう実力を出せるかについて
追求していきたいが
もちろん状態や状況など
急遽ダートで…という選択も
残しておくつもりだ。


普段の調教では
やる気もあるし
いつものピースに近い状態。

少し毛艶が良くないのは
内面的な良化が遅いせいか…。

追い切りも
精彩を欠いているところが心配。

先週予定していたレースも
動きが悪かったこともあって
今週に延期。

もうワンパンチ
良くなることを期待して延期したのに
やっぱりスイッチが入りきらない。


久々の芝競馬出走だったので
本当はもう少し良い状態で
出走させたかった。


場合によっては
この一戦で少し休養を…と考えているが
気分屋のピースだから競馬場に行けば
変わってくれるかもしれないし
競馬に行ってこそ自らの気分や体調を
明快に表現してくれる。

残り少ない現役生活を占う意味でも
心配が杞憂に終わり
芝でもダートでも何でも来い
という自信を持った姿を見せて欲しい。



















◎京都12R モエレエンデバー D1800m 武 豊


このところ
さえないレースが続いているが
状態は好調を維持。

最近は
更に良くなっている感じで
あとはエンデバーの持ち味を出せるか。

脚の使い方が難しいようで
レース前にジョッキーに説明しても
『タイミングが合わなかった…』

というケースが多い。

過去に初騎乗ながら
エンデバーらしい光る走りを
引き出してくれた騎手は数人。

そのうちの一人が
今回騎乗してくれる武豊Jだ。

東京での出走を予定し
もう一度持ち味を引き出してもらうために
依頼したジョッキーが
先約で乗れないことが判ったため
思い切って武豊Jに乗ってもらうために
京都行きを決めた。

少し早めに頼んだこともあって
空いていたのが何よりも幸運。

前回乗ってもらった時も
まだどういう乗り方が合っているか
明確にできていなかった私達を驚かすような
思い切った騎乗で2着。

『さすがだな〜』
と唸らせてもらったのを思い出す。

あの時よりも
間違いなく成長しているはずだし
厩舎のジャッジとしては
1000万下で十分通用


わざわざ
京都まで走りに行ったのだから
気分よく走って力を出し切って欲しい。


















22日(日)









◎新潟7R セータミスタ 牝 芝2000m ▲平野 優


前走は2着。

やっぱり平坦向きか…
と力と適性を確認できたレースだった。

さあ予定通りの中1週。
再び減量騎手の平野Jで勝負だ。

騎乗2戦目で
更に手の内に入れられるだろうし
セータミスタの状態も上がっている。

最終追い切りは
極々軽め。

ただでさえ普段の調教で
良くなっているのが確認できたから
輸送も考慮して
もう本当に調整程度。

道中は軽く流して
直線だけ伸ばした。

伸ばし方も少しずつ。

指示には
従順な精神状態だったせいもあって
ゴールしてからも指示すれば
グン!グン!と伸び続けた。


以前はピリピリして
いかにも牝馬らしい繊細さだったが
心身がやっとしっかりしてきた感じ。

前走減った馬体重と
しっかりしてきたはず…
と思っている精神状態さえ
安定していれば
期待通りの走りを見せてくれるだろう。



























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
小島先生、お忙しい中大量のコメントありがとうございます。私の訳のわからないまとまりのない質問にも丁寧にお答えをいただきまして申し訳ないです...ありがとうございます。

今週連闘でのぞむレオジュピター、”信頼の”三浦皇成ジョッキーで勝ちたいところですね。
また、京都遠征のピースエンブレム嬢は新聞では印が少ないですが、”必勝請負人?”佐藤哲三ジョッキーであっと言わせてください。

小島茂厩舎、今年オークスの出走がなく残念ですが、
先生の最後の言葉、
「来年こそは...!」
に、来年の意気込みを感じました!
その中に”あの仔”も入ってたら嬉しいです。
丁寧に質問に答えていただいた先生の言葉を信じ、
クラブの情報を信じてデビューを待ちたいと思います。
いつも回りくどくてすいません。
たっつあん
2011/05/21 09:35
小島先生、おはようございます。

久しぶりにピースが出走しますね。
調教の動きはピリッとしなところありましたので、
期待より不安の方が大きいのが正直な感想です。
ピークを過ぎたのではないか?
ずるくなり調教を走らなくなったのか?
今回の結果は分りませんが、
レベルアップしたあの走り方なら
芝でも走ってくれると思ってます。
あめ
2011/05/21 09:58
レオジュピターさんおめでとうございます
貴重なチャンスをしっかりモノにできたのは、勝負に生きる人間の鏡です
たらふく
2011/05/21 10:46
おはようございます。やっぱり関西は無理そうですか・・・・。でも、今は関東と関西の「カベ」がなくなりつつあるので、機会があれば是非お願い致します!!ちなみにハンプトンコートは今週何とか権利を取って、北海道シリーズで頑張って欲しいものですね。
えびふりゃ
2011/05/21 11:26
レオジュピターの初勝利、おめでとうございます。
勝ち上がる力は持っていると信じていたので、仔の時期に府中で勝利したことは本当に嬉しいです。
ジュピターの弟はまだ馬主も決まっていませんが、また小島先生のところに入ってくれたらな〜と、密かに思っています。

ジュピターに続いて、今週の他の馬も頑張って走って欲しいですね。
まりん
2011/05/21 12:02
ピース残念な結果でしたね。
休みあけは走らないので次走に期待してたのですが、また、放牧ですか?後引退までになん走出来るのか、沢山走ってほしいと思います。
先生にお聞きしたいのですが、何故後一年で引退のピースに実績のない芝にこだわるのですか?ダートの方がチャンスが多いと思うのですが。地方交流レースなどもあると思うし…
長々と勝手な事を申し訳ありません。一口馬主としては愛馬の走る姿を沢山観たいと思います。
モンタ
2011/05/23 10:41
忙しい中、ブログ更新ありがとうございます。ダービー当日会場に行きますゥ人混みで分からないかもしれませんが、先生を見かけたら声かけますので宜しくお願いします抱
伸介です
2011/05/27 05:21
皆さんコメント有難うございました。

たっつあんさん、来年は是非“あの仔”にも頑張ってもらいましょう。とにかく順調に、ひとつひとつしっかりと積み重ねていきたいと思います。

レオジュピターの初勝利応援有難うございます。
昇級初戦は残念な結果になってしまいましたが、人馬ともに無事だったのでホッとしました。引き続きの応援宜しくお願いいたします。


ピースの敗退については色々な意見を伺いました。
まず今回の負けは間違いなく状態につきます。そういう話になると、じゃあ使わなければ良かったじゃあないか、という意見が出るでしょう。
説明が面倒なので、時系列で説明させていただくことにします。
@ダートで勝利して準オープンへ昇級。
Aもう少し上の状態を望めそうな雰囲気。今なら踏み込んだ調教にも耐えられそうだし、より良い状態にしたうえで芝を試し、芝適性の有無をジョッキーに判断してもらうことに。
B震災で競馬が中止。いままでになく状態を上げたまま競馬しなかった影響なのか調子を崩し、放牧を検討。
C放牧先も震災の被害を受けたこともあり、慣れない場所に行くよりは、慣れた厩舎で体調回復を図ろうということに決定。
D体調は戻りつつあったが、なかなか万全に戻らなかった為、内容次第では放牧ということを前提に出走。
調教師
2011/06/27 06:36

ひとつ言えるのは、芝にこだわったのではなく、ずっと芝で出走させる機会をうかがっていて、騎手の皆さんからは何度か『芝に行ってみたら?』と言われていたけど『行けるところまではダートで…』と思っていたというのが事実です。

芝を使う以上は、ある程度良い状態でと思っていたので、震災直前に、良い状態にしようと上げ過ぎたというのが、今となっては反省材料です。
状態一息でも芝を使ったのは、状態云々よりも佐藤哲Jに一度芝での意見を聞きたかったから。

残り短い貴重な競走生活なのに、何で休養に入ったんだ…という意見もあるでしょうが、当初から夏は少し休ませてと思っていましたし、今のままでは条件云々以前に走れない印象です。
現役が短いからと、ただたくさん走らせればいいというものではないと思いますし、今は休養させるのが一番。

あと半年しかないのだから…という思いもあるでしょうが、あと半年の期間をどう生かすか…という考え方もあります。
短い期間でどう結果を出すか、色々なプランはありますが、復帰戦は余程のことがなければダートに出走させるつもり。

一応簡単な説明をさせてはいただきましたが、状態が悪くなってしまい、思うような競馬ができなかったことと、皆さんに納得してもらえてないのは厩舎の責任。

北海道で鋭気を養っているピースは少しずつ元気を取り戻しているので、本当に良くなるまで、今しばらくお待ち下さい。

調教師
2011/06/27 06:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆5.21〜22の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる