小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆6.11〜12の競馬

<<   作成日時 : 2011/06/10 23:42   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 9

























夏を前に
北海道開催の準備やら
色々な作業があって忙しくなってきた。



夏になるとセリが続く。



その準備の為に
上場馬の下見という仕事もある。


管理予定馬の仕入れは
調教師の大きな仕事の一つ。



毎年のように
この時期は集中的に
上場馬を見て回るのだが
多い日には150頭程度を一気に見たりして
北海道だけに移動距離も一日に
何百キロと言うレベルだ。



朝が早いから
ポカポカ陽気だと
馬を見ている最中に眠くなったり
『これって修行だな…』

なんて毎年思いながらやっている。



でも
頑張って修行をすれば
その先に良いことがあったり
修行しただけの効果は
もちろんあるのだから
やりがいのある時期なのだ。




セリの頃には小さくて
『本当に期待通り
     走ってくれるのかな…』

なんて不安に思っていた仔が
今では厩舎の屋台骨を支えてくれていたり
そういう意味では醍醐味を感じている。















先週行われた
お世話になっているクラブ法人さんのパーティー。



毎年感じるのは会員さん達の
馬に対する熱心さと
その気持ちの暖かさ。


馬を思うエネルギーをたくさん貰ったので
今週の競馬でそれを爆発さえられるよう頑張ります。














11日(土)







◎東京7R リズモア 牝 D1600m 三浦皇成


昨夏の
感動の初勝利以来。

初勝利直後に
膝の骨折が発覚。

とにかく
間一髪での勝利だった。


常に纏わりついてきた
スクミとの戦いに
左前肢の繋の張り。


一戦一戦が真剣勝負だったが
2着馬を突き放しての初勝利で
嬉しいホッとしたのも束の間
『骨折か〜
    でも勝っていて良かった…』


『もうゆっくり休んで来い!』

という感じで
こちらのほうも
一杯一杯だったのを思い出す。


復帰しても
スクミやなんやで
また大変なのかな…
という不安をよそに
目一杯休んできたからか
帰厩してからは順調そのもの。


何よりも
硬くて細い木のようだった馬体の印象は
柔らか味が生まれて
調教で気を遣わなくても良い感じ。


しかし
『もう大丈夫だな』

と思った頃にスクんだのを見ると
まだまだ気は抜けない。


スクミの症状が出たのは
この一回だけ。


スクミ易い休み明けや
ストレスの掛け過ぎに気を付けながらも
以前とは違うリズモアを実感することができた。


帰厩後
初めてとなる追い切りは坂路で。


併走馬に突付いてもらい
最後は無理せずに
少し遅れてゴール。


久々となった厩舎での追い切りは
無理をしないように気を付けた。





翌週は
少し踏み込んでということを課題に
ちょっとだけ気合を付けてくれるよう指示。


そこで掲示した時計は秀逸で
手応えも目一杯無理をしていない。

併走馬が
予定より速いペースで行ったためということもあるが
改めてリズモアの成長を感じ

『降級前に2回くらい
     走るチャンスが作れないかな…』


なんて欲が生まれてしまった。


長期の休み明けで
いきなり勝つのはなかなか難しい。


2回チャンスがあれば
勝利の確率も高くなるうえに
2勝目直後に降級して2度美味しいな…。


しかし
息遣いを確認する意味で走らせた平地の調教では
やはりもう少し調教を積んだほうが良いとの判断がでて
降級直前となるこの一戦に
照準を合わせることになった。



目標が決まってからは
リズムを大切にした走り方や
D1600mに向けての息遣いを
じっくり時間掛けてトレーニング。


いまでも
前肢にムクミを発症することがあるから
調教前の肢元のチェック次第で
Wコースでの調教にしたり
坂路での調教に変更したり
対応するように気を付けた。


最終追い切り後は
ムクミも解消傾向。



休み明けの分
バッチリとまでは言い切れないが
十分色気を持てる手応えだ。



鞍上に決まった三浦Jには
何度か調教に騎乗してもらい
今週の追い切り後の感想は
『休み明けではあるけれど
         結構良い感じになりましたね』

とか

『僕が好きなタイプの走りをする仔です』


というコメントをもらった。





そういえば
初出走の時も不良馬場。


あの時も
『こんな酷い馬場で可哀想…』

と思っていたが
またしても不良馬場濃厚な気配。


以前より
馬体がしっかりしてきたとはいえ
何よりも無事にレースを終えることが一番。


見せ場くらいは作ってくれるだろうし
良い競馬はして欲しいし
どうせなら勝って欲しい。














12日(日)








◎東京2R ブライトジェム D2100m 三浦皇成


初のD2100m出走となった前走は
スタート後から出して行った
にもかかわらず後方から。

まだ気持ちが
走る方に向ききっていない事を
露呈することとなってしまった
レースの前半。

しかし最後の直線では
打って変わったような伸びを見せて
次走優先出走権を得ることができた。


いままで手掛けた兄弟のほとんどが
気持ちが乗って本当に良くなるまで
デビューから数戦を要しているのだから
ブライトジェムに対しても
走る気持ちが増してくれるのを
待ちながらも工夫をしつつ…
といった感じ。


一戦一戦上昇し
古馬になってからも
安定した成長を見せてくれる血統。

でも
未勝利を勝たなければ先が無いので
『本当に大丈夫…?』


という思いも無くはない。


予定通り照準を合わせた
2度目のD2100m。


このレースを逃してしまったら
次走以降はD1800m以下のレースしか
未勝利戦では組まれていない。


ずっと気にしているソエは
調教やレースでは気にならないし
レースを使っていっても悪化せず。

また少し
確実に上昇しているから
何とかスタートでいい位置を取って
府中の直線でサクッと抜け出して欲しい。











◎阪神6R ナチュラルライツ 芝1200m 佐藤哲三


前走は距離選択のミス。

東京開催でレース選択をすると
最短距離はD1300m。

他にはD1400mかD1600m
芝1400mに芝1600mという選択肢。

タイミング的にD1300mは無く
ダートも芝も1400mか1600m。

新潟や関西遠征も考えはしたが
デビューの頃見せていた
輸送が嫌いな部分や
気性的なことを考慮すると
もう少し様子を見たい。


サクラバクシンオー産駒だから
上限は1600mくらい。


調教でも掛かるところは一切無いし
適性を探る為にも
ここは距離が持つかどうか
思い切ってD1600mに出走を決めた。



結果は大惨敗。

明らかに距離で止まった感じだし
ジョッキーからも
『今日は距離が敗因』

とのコメントが聞かれた。

前走の
D1600mは芝からのスタート。

好スタートから途中までは
先頭を走っていたことを考えると
今回は目一杯距離を短縮して
芝1200mにチャレンジ。

まだ不安が残る輸送のリスクを考慮して
レースより少し前から
栗東へ滞在しての出走。

栗東で砂浴びを覚えてからは
調教後にはゴロゴロと気分転換。


そのお陰もあってか
背中の張りが取れてきた。


鞍上をどうするか迷ったが
お姉さんのことを良く知っている
佐藤哲Jに依頼。


中間は追い切りに乗って
感触を確かめてくれている。



たくさんいる関西馬の中で
たった一頭の関東馬。

レース後は
人気の盲点になっていた…と
言われるような結果を期待したい。












◎阪神8R セータミスタ 芝2200m 川田将雅


前走は
スタート直後に落馬があり
その影響もあって
いつもより後ろの位置取り。

最後の直線は
ジリジリと差を詰めて
何とか次走優先出走権を得てくれた。


そろそろ疲れも感じられるが
降級前にもう一戦。

少しでもチャンスを広げる為に
坂の無いコースでの出走や
減量騎手の起用をしていたが
今回は坂のある阪神で
ジョッキーも減量の恩恵はない。



新潟開催はダート競馬のみ。

東京競馬場は
坂がきつい。

この夏は平坦コースで
初勝利を挙げた場でもある
小倉に滞在予定ということもあって
今後を考慮した阪神での出走。


初勝利時の鞍上だった川田Jに
乗ってもらうことが出来たのも幸いだ。


続戦の疲れを癒しながらも
微調整をしやすくするように
ちょっと早めに栗東入り。


このレースを終えたら
少しの間放牧に行って
鋭気を養って小倉入りの算段。


滞在のお陰もあり
体調の維持は上手くいっている感じだし
先行力を生かした競馬を期待したい。






























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
待ちに待ったリズモアの復帰戦、期待と不安が半々ですが、休み前より一段と成長しているようなので楽しみにしています。
そして、2歳のパッシフローラも函館に入厩したとのこと、こちらもよろしくお願いします。
ファーブ4
2011/06/11 00:22
いつも興味深く読ませて頂いています。
リズモアの一口持っています。(ルミナスグルーヴも!)
昨年の夏の勝利は先生がおっしゃるように本当に感動の勝利でした。ありがとうございました。
今日府中で成長した姿を見られるのを楽しみにしています!
いうち
2011/06/11 06:16
先週のクラブのパーティーではいろいろお話を聞かせていただきありがとうございました。先生の馬に対する熱意が伝わってきました。今週はリズモア出走、とりあえず無事に回ってきてくれればと思います。
うっしー
2011/06/11 10:15
久しぶりにコメントさせていただきます。
先日はパーティー会場にてお話を聞かせていただき、
ありがとうございました。
(夫婦でお伺いしました)
二歳の馬も楽しみですが、まずは今日のリズモアですよね。
現地で応援したいと思います。
復帰戦ですので、まずは無事に、ですが、
次に繋がる良いレースを見れると嬉しいです。
消えない虹
2011/06/11 10:28
小島先生、こんにちは。
今日はリズモアの復帰戦ですが、
あいにくの雨で重馬場。
ちょっと脚元が心配です。
まずは無事の完走ですが、
コーナリングに注目してます。
がんばれリズモア!

あめ
2011/06/11 10:55
久しぶりにパドックで見たリズモアちゃんは、素人ながら、心身ともに一回り成長していると感じました。小島先生、小島厩舎スタッフの皆様、ノーザンファームの皆様、本当にありがとうございます。
レースも、三浦ジョッキーが、これまた素人ながら、思っていたように乗って下さり、今後につながるレースだっと感じました。また次が楽しみなりました。先生がおっしゃっていた、リズモアの第2章、とても順調にはじまったと感じました。
パドック、本馬場入場、レース、なんだか、また涙が出そうになりました。今でもそうです。第2章でも、毎回心動かされそうな気がします。今後ともどうかよろしくお願いします。
いうち
2011/06/11 21:35
リズモア残念でした。
勝っていれば先生とご一緒に
お写真撮れたんですが・・・。

パドックでの先生を拝見していて
差支えなければお教えいただきたい事が
ございました。

・赤白帽の騎手候補生のような方が
 ご一緒でしたが新人騎手を預かる
 ご予定なんでしょうか?

・その赤白帽の方に対して
 リズモアの足元を指差ししながら
 レクチャーをされていたようなんですが
 どのようなことをお話しされていたのでしょうか?
おうま
2011/06/14 14:58
出馬表見たら、またも大外。。
むぅ
2011/06/17 11:55
皆さんコメント有難うございました。

リズモアへの皆さんの想い、実を結んでいない2戦で申し訳なく思いますが、札幌での仕切り直しを期待していてください。

おうまさん、赤白帽の騎手候補生はウチの厩舎で研修中の競馬学校生です。
無事にデビューを迎えればウチの厩舎所属ということになるかもしれませんが、厳しい今の時代、所属したのにあまり乗せてあげられる事ができなければ可哀想ですし、技術的に未熟な騎手を乗せれば、馬主さんを始め、関係者の皆さんに迷惑を掛けることにもなってしまいます。

今から厳しさを教えて、本当にウチの厩舎で頑張っていけるかということを見ている段階というわけです。

リズモアの肢元を指しての話…ちょっと思い出せません。以前、繋の件で取り消した話をしていたわけでもないし、歩かせかたの話か、蹄の話か、バンテージの話か…どうしても思い出せないので大した話ではなかったのだと思いますが、最近の記憶力の低下には困っています。
調教師
2011/07/22 19:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆6.11〜12の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる