小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆7.2〜3の競馬

<<   作成日時 : 2011/07/01 23:50   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 14





















セリの前で
やることも多くて
再来週までくらいは忙しさがMAX

少しだけコメント返事更新しましたが
まだまだ一杯残っていて
追いかけっこが続いています。

いつか一気にやっつけて
一息つけるよう頑張ります。


今週はいよいよ2歳馬第一号が出陣。

幸先の良いレースになるよう
期待したいと思います。









2日(土)







◎中山6R モエレシュネル D1800m 後藤浩輝


『スタートさえ普通に出られれば
         直ぐに勝てる感じなんですけどね…』

と前走後のジョッキーコメント。

どうしても
少し遅れてダッシュがつかない。

それだけに
今回D1800mになるのは好材料だ。

前走後は短期放牧。

ダメージも少なく直ぐに帰厩したが
デビュー前には血統的に
気持ちが強くなり過ぎることを懸念していたのに
いまひとつノンビリした感じのまま。

今週の追い切りの騎乗者からも
『何となく気合不足』
というコメント。

さて…
一週延ばした方が良い感じでもあるが
どうしようかということになった。

馬体面では特に問題もみられず
以前気にしていた
ソエだとか深管だとか骨瘤だとか
不安はほとんど無くなってきているくらい。

追い切り時計も
未勝利馬としては水準以上。

メンバーを見渡しても
十分勝負になりそうだし
たとえ勝てずとも
次走の優先権は取れそうだ。

ならば暑い夏に
いたずらに出走を延期するよりは
出走に踏み込もうと判断した。

先週も
同じゴールドヘイロー産駒の
モエレエンデバーを勝たせてくれた後藤J。

シュネルの全兄でもある
マサノウイズキッドでも好走歴があり
ゴールドヘイロー産駒を乗せたらピカイチの印象。


もちろん今回もやってくれるはずだ。









◎函館5R パッシフローラ 牝 芝1200m 池添謙一


今年の
厩舎2歳馬初出走。

それも厩舎初の
ディープインパクト産駒。

母の成績からも
育成時期の評判からも
楽しみな2歳だ。

育成を始めてから
特にアクシデントも耳にせず
極めて順調に調教を消化して
函館競馬場に入厩。

まずは一日も早く
発走試験を合格して
疲れが見られなければ
その後もレースに向けて調整を進め
出来るだけ早く出走を…
当たり前といえば当たり前の
漠然とした目標だ。


新馬の場合は
使いたい時に使いたいレースが
組まれていないケースもあるから
入厩した時点で一応の番組を定める。

パッシフローラに組まれた目標は
スムーズに進めば何とか間に合うかも…と
函館3週目の牝馬限定戦。

ところが発走試験が
目標としていた日に受からず
日数にすると5日間遅れての合格。

合格後も疲れは見られず
放牧せずに調教は続けて行けそうな感じ。

ただ
ギリギリで牝馬限定戦には間に合わないかも…
という雰囲気にもなりつつあった。

一応は
牝馬限定戦に向けて調教を進め
もし間に合わないと判断できたら
翌週に組まれている
同じ芝1200mへ行けば良い。

ついでに
出走を予定しているメンバー達の
調教の進捗状況も調べてみたが
ほとんどの馬達がまだ十分な
時計を掲示できていない状況なのを確認。

パッシフローラ自身は
普段の調教でも気持ちが前向きだし
先週末に行った直線を伸ばす調教で
行けそうな手応えを感じることが出来た。


最近は牧場で
しっかり乗り込んできてくれているが
発走試験合格後に時間を掛けず競馬まで行ける仔
気を遣ってなのか調教で参ってしまう仔
坂路では動けるのだが平地では息切れしてしまう仔
速い時計は出せても競馬ではサッパリな仔
色々なタイプの仔がいて
やってみなければ判らないというのが
実際のところだ。


でも
嬉しいことに順調に行きそうな気配だし
最終追い切りに乗ってもらったジョッキーに
最後は判断してもらうことにした。

初めての芝コースに
スタート地点に行くまで
気を遣うような仕草はあったが
『走り出してからの
    フットワークが良い』

とは騎乗してくれた池添Jのコメント。

その表情からは
十分GOサインなのが読み取れたし
息もケロッとしていて頼もしく感じた。


追い切り後の体調チェックでも
特に問題は無し。



もっとたくさん調教を詰めるのが理想だが
牧場での乗り込み量を加味すれば
他の出走馬と比較しても比べても
劣ってはいないどころか十分足りている。

新馬勝ちが理想だが
まずは何よりも良いレースを。

来春が意識できるような
結果と内容を期待している。








◎函館11R フリソ 大沼S D1800m 三浦皇成


前走で念願のオープン入り。

夏の暑いのは苦手なタイプだということで
夏休み前に涼しい函館での一戦を選んだ。

ハンデ戦だし…
と思っていたのに
予想より負担重量は重い。

それだけ評価されているんだと
楽しみにしておこう。

前走後の短期放牧から帰厩して
少しだけ美浦で調整したあとで
1週目に函館入り。

輸送は無事にこなせたが
レース直前に肘腫という
肘の部分の打撲が原因となる
症状が見られた。

いつもより少し狭い馬房内で
寝起きの時にぶつけたのか
調教で走っている時にぶつけたのか
幸い気にするほどではなく
調教も休むことなく継続。


ハンデ戦とはいえ
メンバーも揃ったから強気なことは言えないが
D1600mでも対応できるようになったくらいだから
小回り函館のD1700mでも対応可能だろうと
今後のレース選択を含め興味深い一戦である。

乗り慣れた三浦Jだし
オープンでも通用する
内容ある競馬を期待したい。











3日(日)





◎中山8R リズモア 牝 D1800m 三浦皇成


スタート後に少し寄られ
後ろからの競馬となった前走。

道中でもフラフラと寄られたり
強引に入って行こう
と思えば行けたところもあったが
休み明けからガツガツさせて
今後の競馬に影響しないようにと
気を付けた騎乗。

そのぶん直線入り口で
届かない位置になってしまっていたのは
残念だけどしょうがない。

休み明けを考えると
着差を含め納得の内容。


短期放牧を挟んで
帰厩してからは比較的順調。

相変らず球節が浮腫んだり
日によってはスッキリしない肢元の状態だが
特に悪化するわけではないので
坂路に拘わらずWコースを使ったり
小康状態を維持し続けることができた。

一回だけ
いつもと違う場所が腫れて
出走延期か…?
とヒヤッとしたが
馬房でぶつけただけみたいで
その後も加減することなく調整。

一応は
馬房内でもバンテージを巻くことで
再発防止の対処をしているが
まだまだ時々ハラハラさせてくれる。

三浦Jも2度目の騎乗。

前走前の追い切りと
レースに乗っての手応えから
500万下でも通用する結果を
出そうと意気込んでいるはず。


最終追い切りの動きも良かったようだし
一度使った良化などの前進を見込むと
今度は期待に応えた競馬を見せてくれるはずだ。






◎中山9R グランマルシェ 野田特別 D1800m 三浦皇成


初勝利後はから休養し
久々の出走。

肢元の状態は
どうこう言うほど悪いわけではないが
血統的に気を付けたほうが良さそうではあるし
一応は大事をとってという判断。

若いうちに無理をすれば
慢性化する恐れはあるけど
古馬になってしっかりするまで待てば
いずれはバリバリと鍛えられるようになるだろう
という意味もあっての休養だ。

案の定
少し浮腫みが増した時もあったが
直ぐに良くなって問題ないようだし
状態としては目立って悪くもなっていない。

レースに復帰させて
どんな感じか様子を見ることにした。

帰厩後は
小さな変化は繰り返しながらも
かなり順調に調教を消化。

追い切りの動きも良好で
早く出走させたいくらいだったが
いかんせん普段からお腹が出た馬体だから
坂路だけでなく平地の調教も行いながら
調教量はある程度消化する必要があった。


暑くなってきたからプール調教も開始し
徐々に強くなった調教にも耐えてくれている。

抜群の動きを見せる調教の雰囲気からは
いきなり500万下でも通用するのではという気もするが
タイプとしては一回使ってからと思えなくもない。


今後の活躍を期待している一頭だけに
下手なレースをするわけにはいかないが
少なくとも良いレースを見せてくれて
今後あまり休むことなく
続けて出走できるようになれば
楽しみがどんどん膨らんでくる。


注目の復帰戦だ。
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
パッシフローラがお世話になっています。

無事にデビューまで辿りつけて、ひとまず安堵しているところですが、
馬にとって初めての競馬ということで、着順よりも
まずはトラブルなく競馬を経験して、無事に帰って来てくれることを願っています。

ディープ産駒らしく、ちょっとヤンチャで自我の強いところを持っている仔なので
気持ちが壊れることのないように、いづれ大輪の花を
咲かせられるように…
彼女のことをよろしくお願いいたします。




barou
2011/07/02 00:16
パッシーちゃん、追い切りの動きを見ましたがかなり良かったですね。手強いライバルもいるようですが、小島茂厩舎2歳勢の初陣、いいレースを期待しています。
ファーブ4
2011/07/02 01:42
先生 おはようございますM今日の中山での出走ア楽しみにしていますZ
私は勝ち負けより無事に走り抜けてくれる事の方が大事で
応援している馬だと顔の模様や表情、しぐさにばかり注目しています。
先生のこのブログyしっかり読ませていただいていますZ
今日も応援していますね。
グーコ
2011/07/03 07:00
グランマルシェの復帰戦、休み明けではあるけど、調教での動きも良さそうだし、どんなレースをしてくれるか楽しみです!
カイ
2011/07/03 07:50
リズモア、復帰二戦目ですね。
中山競馬場で応援します。
まずは良いレースをしてくれれば、と思います。
消えない虹
2011/07/03 10:28
リズモア出資してます。
一言よろしいでしょうか?
しっかりレースへの対策は練っているのでしょうか?
過去の良いレースをしていた頃は、3角過ぎから追ってますよね?
ジョッキーへ事前に言っておいても良いのではないでしょうか。
キャロ
2011/07/03 15:38
先生
今日もお疲れ様でした。リズモア号がレースを終えて戻ってきた時に馬場上で先生が笑顔で迎えているのが場内テレビにチラっと映りました。先生は優しい方なんだなぁと思いました。
結果は出せませんでしたが
良い場面が見れて嬉しくなりました。

調教師さんも騎手も別世界の人間という感じなので
普通の姿を見ることって有りませんから
その普通の姿を垣間見えた今日は貴重でした。


先生はリズモア号に限らずレースから帰ってくる子たちに「お帰り〜!」って言っているのかなぁ。

また来週も応援していますね!
グーコ
2011/07/03 18:58
リズモアちゃん、状態は悪くないように見えましたが、結果は残念でした。レース後、ちょっと冷やっとしましたが、何事もなかったようでよかったです。
もっとハミをかけていくような走り方の方がいいんですかね、もしかしたら中山の急坂も向かないんですかね。
気性的に距離延長も向かなかったのかな。
今回はちょっと意外な敗戦でしたが、また次に期待します!
いうち
2011/07/03 21:25
リズモアのレース後の先生と三浦ジョッキーのコメント、読みました。間違ったこと書いて失礼しました(恥ずかしい限りです)
レース後も大きなダメージはなかったようでよかったです。
いうち
2011/07/04 06:38
小島先生、こんにちは。
お忙しいなかブログの更新ありがとうございます。

リズモアというより、三浦騎手についてです。
本当に素直な性格がコメントから分かります。
自分の事よりも馬の事を考えてのコメントは
好感が持てました。
リズモアは「しんどい馬」かもしれませんが、
こういう馬をどんどん勝たせるようになれば、
将来、三浦だから走る名馬に
出会えると思います。

ちなみにリズモアは小島先生だから
勝ち上がれた馬ですので、
今後ともお願いします
あめ
2011/07/04 13:04
小島先生。
アレーに続きフローラで
お世話になります。
先生にお世話になるのは
三頭目ですが、
レースを使うにあたっては、
一戦一戦先生の詳しいご説明があり
いつも納得しています。


今回のフローラのデビュー戦にていては
さすがに追い不足ではないかという
不安はありましたが、
先生のコメントや新聞の記事、
というより先生を信頼しているので
これでも勝ち負け出来ると
期待していました。


11着という結果は
正直ショックですが、
仕上がっていた勝ち馬とは
僅か1秒差ですし、
上がりも35秒台で
1分11秒台で走っているので
出資者の身贔屓かも知れませんが、
もし追い不足が原因なら
そんなに悲観的なレース内容
ではないと思っています。
先生や池添騎手のレース後の
コメントを見てもそのように
感じています。

フローラにとっての長い
競走馬生活の一戦であり、
後から、あんなレースもあったね
ということになると思っています。

今回の結果は、先生の想定の
範囲だったのでしょうか?
範囲外だったとすれば
どのあたりに誤算があったの
でしょうか?
いつも長文になり失礼しますが
フローラの今後のためにも
先生の率直なコメントを
お聞かせ下さい。

ではないと思っています。

ラムタラ
2011/07/04 21:02
すみません。
前の文章⇧の
最後の一行は、
消し忘れですので無視して下さい。
ラムタラ
2011/07/04 21:09
barouさん、ファーブ4さん、グーコさん、カイさん、消えない虹さん、キャロさん、グーコさん、いうちさん、あめさん、ラムタラさん、皆さんコメント有難うございました。


リズモアの2戦続けての敗戦は、皆さんをガッカリさせてしまって申し訳ありません。

キャロさんご指摘のレースへの対策。
もちろん練っていますが、あくまでレースは何が起こるか判りません。こういうタイプだとか、こういう脚質だとか、こういうレースで勝ったとか、こういうことを嫌がるとか、こうしたほうが良いのでは…思いつくことを可能な限り話して、あとはその時の騎手の感覚に任せます。

レースが生き物である以上、伝えて、縛って、上手く行ったレースよりも、上手く行かないレースが多いからで、こちらの情報を踏まえたうえで、任されて結果を出すのがプロだと認識しています。


騎手によっては色々言われるのを嫌がる人もいますし、雑音を嫌い、素の状態で臨みことを好む人もいます。

ちなみに三浦Jは、こちらの情報全てを受けて臨むタイプ。

たくさんいる騎手の中から選んだのですから、情報を伝えた後は、任せるべきと思っていますし、納得いかない騎乗をし続けるときは依頼しないという方法があります。

三浦Jは、納得いく騎乗をしてくれる一人。
失敗してもそれを次に生かしてくれるタイプなので、最近は必然的に依頼が多くなっています。

さすがに前走のリズモアは皆さんが納得できないレースだったかもしれませんが、向こう正面の一瞬しか、外に持ち出す場が無かったのも事実。

内に閉じ込められて、力を出し切れる条件を作れなかったなかで最善を尽くし、でも結果として外を回らなければいけないということを再認識できたレースだと思っていますし、三浦Jもそうコメントしていました。
調教師
2011/07/22 20:38
ただ、プロという厳しさから考えると、そういう条件でも結果を出せるのが、良い厩舎であり、良い騎手だとも言えますから、前走は前走で、厩舎も騎手も反省材料として噛み締めています。

でも、これだけ皆さんに想ってもらっているリズモアは幸せですし、今度こそ結果を出さなければいけませんね。








パッシフローラについて。
初戦の大敗は本当に申し訳ありません。

ラムタラさんご質問の想定の範囲内かどうかということについて、11という数字は大きく範囲外です。

2戦目の変わり身を見ると、やはり追い不足だった面は否めませんが、それでも経験ある数人の乗り手が『行けそうだ』と判断してのもの。

騙されたと言っては怒られるかもしれませんが、今となっては、皆が『行ける』と思わされただけの潜在的な力を持ち合わせているのだと思っているので、反省はしていますが後悔はありません。

今回のレース後は、さすがに疲れたようですが、その疲れているはずの中での雰囲気や、顔つき、池添Jのレース後のコメントなどから、ますます今後を楽しみにしています。







調教師
2011/07/22 20:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆7.2〜3の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる