小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆7.9〜10の競馬

<<   作成日時 : 2011/07/08 23:48   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 21

























パソコンに向かう前は
『あれを書きたい
     これを書きたい』


と思っているが
だいたいブログを始める頃には
瞼が重くなっている。



特に
ここ1ヶ月くらいは
大きなセリの前だということもあって
時間に追われながらの毎日だ。



一年で一番たくさんの馬を見る時期で
見ているのは嫌いでないから良いのだが
一度気が抜けるとドット疲れがやって来る。


いよいよ来週がセリ。





お世話になっている馬主さん達に
将来的に良い思いをしてもらえるよう
まだあと数日間はチェックに励む日が続きそうだ。










今日も
レースコメントだけにしようかと思ったが
これだけは書いておきたい。



Yahoo!オークションに出品されている
Eオブライエン調教師の出品物。



『欲しい…』と
我が家族たちに頭を下げてお願いしても
頷いてもらえる金額は超えてしまった感があるが
明日9日(土)22時終了まで
どれくらいの金額で落札されるのか
とても興味深い。


世界で活躍するトレーナーが
震災後直ぐに支援の意向を示し
直ぐに今回の品を用意してくれた。


かなり早い時点で
出品物は日本に来ていたが
初めての試みだったこともあって
出品までに時間が掛かり
話を聞きつけて待っていた人たちや
出品に関わってくれた人たちには
心配と迷惑を掛けてしまった。


でも今は
無事に出品されてホッとしているし
この後は日本の競馬関係者達からの出品も
続々と続くだろうと期待している。


今週の中山競馬終了後に
アメリカへ転戦することになっている
後藤浩輝Jからの出品物も
今日からアップされた。


もちろんウチの厩舎からも
出品する予定なので
被災地支援を…と思いながら
参加して下さい。





今週の
中山競馬最終レース終了後
パドックにて中山馬主会さん主催の
チャリティーオークションがあるそうです。

こういう社会貢献といえる行事が
JRAのホームページでは
告知されていないようで
ちょっと不思議だが
(中山競馬場の開催日イベントの中に掲載されていたことがわかりました。
    ただ…本当ならチャリティーイベントを題目とした告知をしても良かったのでは…?)

ブラックエンブレムの
田原オーナーからも出品物がありますから
こちらのほうも支援に役立つことを願って
参加宜しくお願いいたします。







最後にひとつ
今週出走予定だった馬が一頭
発走試験の期限切れが発覚し
来週に延期となってしまいました。

全くもって厩舎の手違いで
関係する皆様には
大変ご迷惑をお掛けしました。


こういう事例が起こらないように
常に細心の注意と
二重三重のチェック態勢を
整えているつもりではありましたが
実際に起きてしまった以上は
言い訳の余地も無く
謝罪するしかありません。


発走試験は
金曜日に無事に合格。

今週か来週という選択肢の中
初出走ということで
輸送時間の短い中山を選んだので
来週の新潟出走に向けての調整が
難しくなることはなさそうです。


もちろん輸送を考慮しながら
調整の微調整はしなければいけませんが
本日のミーティングの中で
再発防止と来週への調整方法確認を行いました。










ただ…
このミスについては
何度謝っても謝りつくせないと思う中
ミスについての怒りからでしょうが
オークションについて引っ掛けたコメントを目にし
それだけは悲しい思いをしています。



多くの被災者の方たちがいる中で
利益目的のオークションではなく
『何でもいいから役に立ちたい』

という気持ちの人達が集まっての出品。

競馬関係者からも
Eオブライエンという世界のトップトレーナーが
誰よりも早く支援の手を挙げてくれました。

今回の支援は
彼の厩舎で働く日本人スタッフ達が
長い時間掛けて培ってきた
信頼が元になっているのは間違いなく

『日本の為に…』と

いち早く意向を明らかにして
やっとやっとの出品です。




『品物の価値が
    私がイメージしているような評価を受けるか…』と

ちょっと不安もあったために
一人でも多くの人にアナウンスしたかったのですが
そのために書いた記事の意味を理解してもらえず
批判の材料に使われてしまったのが残念でならない。




ミスも失敗も
真っ直ぐな表現で批判されるのは
自業自得なので我慢はできます。

批判は甘んじて受けますが
どうせならミスだけについて
率直な批判にして欲しかった。



遠く海外からの善意が
嫌味の材料に使われたこと。

インターネットが普及して以降
奥ゆかしさを持ち合わせていたはずの日本人が
今までとは違う方向に向かっていることを憂慮し
一筆書かせていただきました。





しかしながら
改めて今回の出走延期を反省し
来週の無事なデビューと
少しでも良い成績が挙げられるよう
努めて行きたいと思います。



















9日(土)







◎中山1R レザンメルヴェイユ 牝 D1200m 高橋智大


初出走。
一度は美浦に入厩し
出走へ向けての調整を始めたが
膝の故障で休養。

気性的にも
難しいところがあったので
ある意味では
良い休養になったかとも思う。

休養からの帰厩も
想いのほか早く
こういうのは気の良い面が
幸いしているのかもしれない。

心配していた気性面での危うさが
時々顔を覗かせることはありながら
乗り手がコツをつかんだせいもあってか
影を潜めているのも好感が持てる。

雰囲気的には来週の新潟で
初出走という印象だったが
追い切りを始めてからの動きも良い。

競馬に行って何をするかわからない
そんな危うさを考えると
輸送時間の短い中山で…
ということで今週の出走となった。

かといって
仕上がり不足ではない。

見た目の馬体は余裕があるが
追い切りの動きも余裕綽々で
能力さえ出せればという感じ。


鞍上は調教で癖がわかっているはず
ということで高橋智J。

直前の雰囲気からも
自信を持って乗ってくれるだろう。


良い面でも
不安な面でも
何が起こるかわからないし
何が起こってもおかしくない。










◎中山7R ピンクチャリス 芝1600m 村田一誠


初出走目前まで調整が進みながら
後肢を痛めて放牧。


肢元に弱い部分があるため
毎日のように頭を悩ませながら
何とか出走に漕ぎ着けられたと思っただけに
目の前が真っ暗になった。

未勝利戦に間に合わないかも…
という不安さえ感じていたのに
放牧先での万全なケアと
ピンクチャリス自身の再生力で
かなり早く帰厩できたのには助けられた。

帰厩して以降は順調。


基本的には坂路中心の調整だが
普段は平地も乗りながら
不安点が悪化することは一切無かった。


通常の調教で
気性面の問題は無いが
追い切りになると
まだ幼さを見せる。

初出走だけに
そんなキャリア不足は否めないが
本気になった時は
血統的な力量の高さを
ところどころで垣間見せてくれたりもする。


肢元の事を考えて
初戦はダートと決めていたけど
デビューが予定より遅れて
今後は芝を試すチャンスが少なくなりそう。


ここまでの肢元の経緯を
よくよく考えてみても
不安はあるとはいえ
一回も悪化はしていない。

乗り手の意見でも
できれば芝を使ってみたい
というのが圧倒的だ。


追い切り後も
変わりが無いのを確認して
芝に臨むことを決めた。


一頓挫はあったが
それ以外は順調にこれたし
何よりも芝の適性有無が
ハッキリすることと
レース後の安心が希望。


追い切りの動きからも
好レースを期待している。










◎中山12R アイアムイチバン D1800m 蛯名正義


前走は1000万下に出走し
粒揃いのメンバーの中での好走。

今回は降級だし
あっさり勝って
通過してくれなければ困る。

短期放牧を挟んでの帰厩後も
特に変化は無く
いつもイチバンだ。

脚質に癖がある仔だから
前日には蛯名Jに乗ってもらって
感触を確かめてもらった。


前走後直ぐに
ジョッキーサイドから
騎乗したい旨の立候補。

いつも乗っているお手馬以外で
こうして逆依頼が来ることなんて
そうめったにあることではない。

もしろん蛯名Jで異論は無く
今回の初コンビは楽しみ。

勝って
『次も乗りたい』
なんて言ってくれる結果が
一番だ。








◎函館6R ハンプトンコート 芝2000m 三浦皇成


前走は
惜しい惜しい2着。

あそこまで行けば勝ちたかったな…
という思いではあるが
滞在と平坦コースが功を奏したのだし
引き続き函館にて調整。

今度こそはと
意気込んでいる。


中間は疲れが取れるのを待ち
その間に全国の競馬場の中でも
函館限定となる温泉治療を始めた。

それが良かったのか
どうかは判らないが
日に日に回復し
少しずつ良化の手応え。

追い切り前くらいには
『前走以上では…?』

という雰囲気さえ漂い始めた。


最終追い切りに騎乗した三浦Jも
同じように好感触を得たと
笑顔でコメントしてくれた。


未勝利の身分だから
一日も早く勝ちたい。

出張先の函館での馬房は
各厩舎とも数が限られているから
このあとは引き続きの滞在も
難しくなる可能性がある。

三浦Jも乗り方が見えてきたはずだし
前日までの雨も味方するのではないか。

そう思いながら
願いながら
期待している。

















10日(日)





◎中山2R ブロンクステイル D1200m 田中勝春


やっぱり短距離馬だったんだ…
と理解するには十分過ぎる内容で
目覚しい進歩を遂げてくれた前走。

3〜4コーナーで強くハミを噛んでしまい
上手く外に持ち出せなかったことを
ジョッキーも後悔していた。

『スムーズなら際どかった…』
と悔やんでいたが
しょうがない。

前走を踏まえて
今回こそはと期待したい。

応援してくださる皆さんに
心配を掛けてしまっているらしい
深管について。


コメント欄で
深管の状態を
気にするコメントがあり
本来はコメント欄で返事したかったが
なかなかコメント更新ができないから
少しここで触れたいと思います。

競走馬のほとんどは
多かれ少なかれ
何らかの不安を抱えながら
レースをしています。

ソエであったり
深管であったり
骨瘤であったり
トウ骨であったり
他にも筋肉や靭帯など
あげればキリがありません。

それだけを聞くと
動物虐待のように
感じてしまうかもしれませんが
人間のスポーツ選手と同じで
トレーニングすることによって
必然的に生じるもの。


なかには
適切なトレーニングによって
不思議と痛みが改善し
消滅することさえあります。


特に深管は
多かれ少なかれ
どの競走馬でも
何度か経験するもの。

『深管があるなら
     無理をしないで』


『それが原因で
    アクシデントにあった馬もいる』

という内容のコメントでしたが
深管でレースを止めるのなら
きっとほとんどの馬が休養に
入らなければならなくなります。


どこにも不安がないのに
アクシデントに遭う馬もいます。


不安だらけなのに
アクシデントに遭わず
頑張ってくれる馬もいます。


行けるか行けないか
大丈夫か大丈夫でないか
無理できるのかできないのか
休ませるべきなのかどうか
適切な判断をすることが
厩舎の力量とも言えるでしょう。


コメントに名前が出ていた馬も

『深管があったから故障した』
という考えもありますが




『深管があっても
    適切なケアと判断によって
             出走を繰り返しながら
                  名馬への道を歩んだ』


とも言えます。



『深管があるから』

という理由でレースに出走させなかったら
間違いなく名馬にもなれず
ただの馬として引退したはず。


普段あまりコメントとして聞かれないために
こうして深管があることをアナウンスしてしまうことが
かえって心配させてしまっているのかもしれませんが
いちいちアナウンスしなくてもいい程度といえる
一般的によくある症状だと思ってください。


ただ
深管痛が
繋靭帯にかかってきたときは要注意なので
厩舎としては細心の注意を払いながら
獣医さんや装蹄師さんと連携をとって
小康状態を保てるように気を付けています。

それに
症状が落ち着くまでは
できるだけ肢元に優しいダート
というのも有効であると考えます。



さて・・・
話を戻して
その心配させてしまっている
深管の症状。


前走前と変わらず
何となく気になる日々が続いていたが
追い切りを終えてから
どうやらスッキリとしてきた。

前日朝のチェックでも良い感じ。

久々に何も気にしないで
レースを迎えられそう。


追い切りの動きも良好で
距離がどうかの悩みもないし
あとは相手関係か?

今度こそはと
期待ばかりが膨らんでいる。









◎中山6R モエレシュネル D1800m 後藤浩輝


惜しい惜しい2着に終わってしまった
先週の競馬からの連闘策。

先週のレース前は
気合乗りがもう一つだったので
一週延期という話も浮上。

しかし
状態が悪いわけではないし
チャンスを広げる選択をすべしと
出走を決めた。

その時点ではすでに
勝てなかった時に連闘も考える
というプランは持っていた。


暑い時期だけに
慎重に判断する必要があったが
この血統にしては珍しく大人しい気性。


レース後にはジョッキーも

『連闘は
   良いほうに出るかも』
 
と言ってくれたし
出馬投票日まで
じっくりと状態を確認。


出走を決めた以上は
勝たなければいけない。


予想はしていたが
連闘なのに何となく落ち着き過ぎ。

でも
いつもよりは
ハミ掛かりが良いかな…?
という感じもある。

前走やっと五分に出る事ができた
スタートダッシュと合わせ
少しずつ上昇した着順からも
更に期待が膨らむ。















◎中山7R ブライトジェム 芝2200m 三浦皇成


前走が案外。
あまり積極的に行っては
いけないタイプなのか…?

前々走の感じから
期待していただけに
本当に悩ましくなってきた。

今回は
いよいよ
初の芝レースにチャレンジ。


前向きさを促すために
ブリンカーを装着し
前々を頼る走りを改善する為に
シャドーロールも着けて臨む。


追い切りはいつも通り
しっかりと消化。


ソエもトウ骨も
落ち着いている。

ブライトジェムのレース後に
函館で走ることになっている半兄も
初勝利までは紆余曲折があった。


今では上のクラスまで出世した
半兄の3歳時と比べても
全然しっかりとしているので
早々と勝つと思っていたのに…。

競馬は難しい。


色々と初の試みで
どんな結果を導き出せるか
そろそろ初勝利が手に届くような
そういう結果を期待したい。









◎中山9R アルファオリオン 彦星賞 D1800m 田中勝春


ここ数戦がサッパリ。

ジョッキーとも話をして
調教方法と
レースでの乗り方を
変えることにしてみた。


馬体がしっかりとしてきたからと
かなり強くやっていた調教内容は
少し軽いくらいにして
その代わりに暑さ対策も兼ねての
プール調教を開始。


元気が良過ぎるくらい
力が余り過ぎるくらい
という程度に抑えるよう心掛けた。


レースも
勝利を意識した積極策をヤメて
じっくりと乗ることになると思う。


プライドの高いオリオンが
強い調教で大人しくなってしまった。

レースでは
積極的にという意識から
自分のリズムで走らせてもらえず
嫌気がさしたのでは?


そういう考えからの
方向転換。


久々に迎えた鞍上の田中勝J。

以前良い競馬をしていた時の
イメージを思い出しながら
頑張ってもらいたい。









◎中山9R クラブトゥギャザー 彦星賞 D1800m 三浦皇成


前走は
少し行き場が無くなって
なかなか脚が使えずにいながら
直線で鋭い伸び。

D1600mという距離に
対応できたのも良かったし
その成長には驚いた。

最近は体質も強くなってきたが
レースとレースの合間には
体調を崩す事が多く
今回も少し調子を崩した。

以前なら
しばし休養というケースだが
今回は立ち直りも早く
ここへきて体質が強くなり
頼もしくもなっている。

前走D1600mで
あれだけの良い内容なら
今度はD1800mで更に楽しみ。

もっと体質が強化されれば
上のクラスも意識できそうなだけに
そろそろ勝って欲しいところだ。








◎函館12R マチカネヒヨドリ 北海ハンデキャップ 芝2600m 荻野琢真


長距離なら
芝でもダートでも
何でも来いと言う感じ。


芝で馬場が渋れば
更に楽しみだ。

今回はハンデ戦。


最近騎乗してくれていたジョッキーが
先約があって乗れないため
鞍上を誰にするか悩みに悩んだが
函館で調教を手伝ってくれていた
荻野琢Jに決めた。


追い切りにも騎乗して
脚質を把握。


最近は特に癖も無く
折り合いにも苦労しないし
あとは脚質を理解しての
脚の使いどころだけに注意。


善戦マンのイメージがあるが
馬場が渋れば渋るほど
上位争いが可能となるはずだ。























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
私 先生のブログには大切なものが有ると思っています。

競走馬の情報はもちろん大切ですし
先生に期待や意見をここで伝えられるこのブログは貴重です。ですが厳しいコメントを目にして私も心が痛かったです。
厳しい意見も時には必要ですし
いろいろな考え方が有ると自分なりに考えるきっかけになります。

小島先生
私 今朝先生のブログを読んで先生の思いを感じました。何だかほっとしました。

先日のオークションの件
先生のブログのおかげでたくさんの人が知り
ブログの読者の方とのやりとりで先生の「人となり」を少しだけ感じれた気がします。

先生のブログには先生のココロが有ります!思いや考えを素直に言葉に出来る先生を羨ましく思いました。

ラグを落札出来たら今まで頑張ってきたご褒美デスね♪
それか落札したんだからGI馬を何頭も育てなくちゃダメだ〜ってハッパをかける材料にしなくちゃ!
だらだらまとまり無く書いてしまいすみません。

今週も応援しています!
グーコ
2011/07/09 08:05
小島先生お疲れさまです。
誠意ある謝罪ありがとうございました。
しかも名手三浦騎手も確保してくださり嬉しいです。
来週は牝馬限定芝1600の番組があります。牝馬のタキオン産駒ではベストの舞台です。
ダート1800からこちらの番組に予定を変更してはもらえないでしょうか。
ピンクファンタジー出資者
2011/07/09 09:34
ドンマイ!
先生、がんばって!
tsuyonaka
2011/07/09 09:42
先生こんにちは
もうセレクトの季節ですね!
昨年も会場で先生をお見かけしましたがお声をかけられませんでした。
去年は大雨でしたが今年は晴れるといいですね!
さて冒頭のディオベルタですがそろそろ動きがありそうですが使い出しのイメージは先生はどのようにお考えですか?
お忙しいとは思いますがお時間ある時にでもブログでお話いただけると幸いです。
では今週も厩舎馬応援しております。
頑張ってください。
ディオベルタ出資者
2011/07/09 10:48
発生したことを素直に謝罪する姿勢はすばらしいですが
十重二十重のチェックというのはどういうチェックで
それがどうすり抜けたのか
再発防止策はどうするのか
そのあたりをコメントしてくれれば
出資会員や先生に馬を預けている他の馬主や
クラブ関係者も安心するのではないでしょうか。
せっかく情報発信の場を設けているのですから。
企業の歯車
2011/07/09 13:11
すみませんでした。
私の配慮に欠ける書き込みで先生をはじめブログを楽しみにされてる方に不快な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした。

皆さんのご苦労でやっとデビューに辿り着けたと思い木曜日の発表を心待ちにしてたらピンクの名前が無くて最悪の事まで覚悟してたらホームページに経緯が掲載されてて…

そのショックで先生のブログを拝見していたらつい…


本当に思慮のかけらも無い書き込みをしてしまい自分自身を恥じております。

大変申し訳ございませんでした。

前回書き込みしたピンク出資者
2011/07/09 22:51
こんばんは、ブルーミングアレーでお世話になった
桃子です。アレー引退後も先生の日記は毎週
楽しみに拝見させて頂いています。

もうすぐセレクトセールですね!
先日、アレーの旦那様はどの馬になったのか?と
気になって問い合わせをしてしまいました。
クラブの方は親切に教えてくださり
先生はご存知かと思いますがディープインパクト
だそうです。
今から無事に産まれて来ることを楽しみに
したいと思っています。
先生の厩舎に入らないかなあと(笑)

今週も小島厩舎の馬達を応援しています!!
桃子
2011/07/09 23:30
アレー、ブロンクス、パッシフローラに続き、社台のアルヴァーダ10でお世話になることになりました。まずはブロンクスの初勝利期待しています。これからも暑さに負けず頑張って下さい。
ファーブ4
2011/07/10 00:50
いつも楽しくみています。深管の内容興味深く読ませていただきました。小島厩舎で1200とか珍しいなという印象がありますが、たのしみに見させていただきます。
あとモエレシュネルはすごい未勝利に当たってしまった印象がありますが、このメンツで勝てれば500万でもすぐ勝負になると思いますがどうでしょうか?
とにかく今週も出走馬応援させてもらいます。失礼します。
クインシー
2011/07/10 05:37
>>brokkenさんの御指摘ピタリ当たりました。
もっと早く短いところに行っていれば…という反省はありますが、入厩当初の気性に気を遣ってしまったのと、少しでも距離が持ってくれればという欲が災いしました。


先生。私のために、わざわざお返事有難うございますm(__)m

デビュー戦、2戦目・・・この走りを見た時に、ピタッと脚が止まり、新潟の芝で、距離が長いと思いました。


ですが、本馬の適正がわかり・・・一安心です(^^)


あとは、脚の状態と順番ですね。

今日は惜しい競馬でしたが、ブロンクスはよく頑張ってくれました。友人の持ち馬である、グランマルシェ共々・・・今後とも、宜しくお願い致しますm(__)m
brokken
2011/07/10 17:56
こんにちは♪
中山競馬アお疲れ様でした。
パドックも馬場も酷暑でしたが颯爽と動く先生に気合いを感じました!

中山でのオークションの収益金額1,455,000円!ビックリしました。
オークションは多くの方の尽力が有ってこそ出来るもの、準備も大変だと思いますが
新潟や秋の中山・東京まで被災地を応援するためにバトンをつなぐような形で何度か実施して欲しいなぁと思いました。
チャリティーをしようって気持ちが大切ですもの。

あ 気持ちも大切と言いながら
小島先生のサインyファンの私は欲しいです(笑)

先生のブログで
しっかり皆に先生の気持ちが伝わったようですね。

夏競馬も応援しています!
グーコ
2011/07/11 13:47
>前回書き込みした   さま

皆様にまず、火に油を注ぐ意図は全く無いことをご理解の上で・・・。

私はお気持ちを察します。

こんな時代、夢を持って愛馬に出資したのですから。今の世の中、我々のような一口馬主で競馬が成り立っているのです。せめて趣味の世界では夢を見て、一度でいいから楽しい思い(口取り)をしたいですよね。IT長者や昔の大旦那さんだけでは今の競馬組織は成り立ちません。一般民である一口出資者がJRAとその周りの下支えをしていることは小島先生もご承知でしょう。


調教師を責めるつもりもありませんが、出資者にとってはやはり愛馬はオンリーワンなんですよね。

ましてやこの時期の未勝利の身では、焦るのも無理はないと思います。穿った見方をすれば、西高東低の原因もちらほら感じ取れたりもします。自分に利のある事柄だけに返答していてはいかんとおもいます。

エイダンオブライエンだって人の子。何もそんなにJRAサークルの人間が卑下した見方することもないように思えます。ハートとスピリットはありがたく頂戴し、他の国で何かあった場合には馬人としてではなく、一人の人間としてどうアクションをおこせるのかどうかが本質なのではないのでしょうか?エイダン氏だってそう思っているのではないかと思います。私も個人としての意志を持って被災地支援に行って参りました。

でも、こうやってブログの場で調教師自らコミュニケーションをとってくれるからまだ救われますよね。
調教師の意見だけが全てでは無い。みんな一杯一杯のなかで、ささやかな夢を持ち、明日の希望を抱いて生きているのです。調教師とそのスタッフにはその夢を叶えるための義務があるのです。

一口馬主達と口取りをしたときの感想を、一度でいいから述べてください。みんな、この上ない笑顔をしていますよ。
熱波
2011/07/11 14:43
夢をかなえる義務がある?
ちょっと違うんじゃないかな。気持ちはわかる
けど・・・。
夢の途中
2011/07/11 17:35
お疲れ様です。

・・・調教現場をみていない人間が
レース選択について
先生にあれこれ言うべきではない気がします。

クラブトゥギャザー君2着。惜しかったですね。
ドリームリバイバル君が突っ込んでくれたので
トリガミは免れましたが。
次走に期待します。






なおみん牧場 場長ことクラシックチュチュ
2011/07/11 20:53
馬券買ってても競馬で一つ勝つことがものすごく大変なことはわかります。一口でなく普通に馬を持っておられる馬主さんでも何年も勝てないとかあるのはざらにあることだと思います。
競馬で楽しい思いが口取りであるならそれはかなりの難産だと思いますし、それがわかってるから勝ったときにみなさんこの上ない笑顔をされるんだと思います。

と独り言です。

クラブトゥギャザー惜しかったですね。アイアムイチバンはいつもの感じでなかったように見受けられましたが何かあったのでしょうか。
クインシー
2011/07/12 00:18
先生、こんにちは。
他厩舎のことは他厩舎のことと言ってしまえばそれまでですが、後藤調教師が引退を表明されましたね。まだ定年までかなりあるとおもわれますが。ここ数年定年までの年数かなり残して勇退される先生多いですよね。やはり近年の成績がよくないのと無関係とは思われませんが、最近のそういう意味での厩舎事情はかなり厳しいのですか?JRAが肩をたたくなんてことあるんですか?
定年時代
2011/07/13 12:23
パッシフローラに注目しています。
今週の1200m戦に想定されているようですね。
デビューレースではもちろん調教過程や初戦故の気合い乗りの不足はあると思いましたが、
私は距離不足だと感じました。
今回も同じ条件を使われる何らかの理由がありましたら、是非お伺いしたいです。
出走馬確定の際の記事で触れていただけると有難いです。
これからも応援していきます。
距離適性
2011/07/13 23:55
久し振りにコメント欄への返事に取り掛かり、再度読み返しながら、本当にたくさんのコメント感謝です。

前回書き込みしたピンク出資者さん、わざわざ改めてのコメント有難うございました。お気持ちは十分解ります。根本的には厩舎側のミスでご迷惑をお掛けしたのですから、その点についての責めは甘んじて受けます。


ただ…何があってもお互い冷静に生きましょう。元々が短気の私には、馬が走らなかった時、上手く行かなかった時の皆さんの気持ちは十分理解しているつもりです。

でもこのブログのコメント欄を見れば十分解るように、世の中には様々な考えの人がいて、それぞれが様々な行動をとります。特に匿名であるネット社会では、弱者でさえも強者を演じることができるため、人間の心の奥に潜んでいる怖い部分が容易に出現してしまいます。

私も仕事をしている中で、癇に障ること、頭に来ることは毎日のようにあります。でも急を要すること以外は、できるだけ時間を置いて対処するようにし、それは私の経験から学んだ生き方。

全てに対して怒っていては、大事な身体が持ちません。

もちろん怒ることは大切です。
今回のようなミスには怒りも当然です。

しかし表現方法については色々あります。
まずは一人の人間としてどう生きるか。
最近はネットの影響でしょうか、日本人の大切な心が失われつつあることを感じます。
そういう私も未だに未熟で、人に偉そうに言えるほどではありませんけど…。そう、未だに怒られることも多く、反省の日々です。

前回書き込みしたピンク出資者さん、これに懲りず今後もお付き合いいただければ幸いです。
もし口取りでお会いすることがあった時には、そっと小さな声で『私です…』と教えてください。



調教師
2011/10/24 21:04
再発防止策については、厩舎のボードに書いておくのが基本。
一応は担当者、調教助手、調教師とがチェックするようにしていて、他厩舎に聞いても同じ方策で対処しているようです。

ただ、年に数回有るか無いかという案件なため、ローカル出張などで人数が少ない時や、出走ギリギリでの期限切れといったケースで、チェックを潜り抜けてしまうこともあり、とにかく確認することでの注意しかありません。
ミスを犯した側が言う言葉ではないかもしれませんが、現実として恥ずかしながら、初歩的ミスだったと言えるでしょう。

桃子さん、ブルーミングアレーの情報有難うございました。弟達の活躍も凄く、無事に良いお母さんになってくれるといいですね。



ファーブ4さん、いつも有難うございます。
ちょっと不調が続いていてご迷惑をお掛けしていますが、凹まず頑張りますので今後も応援宜しくお願いいたします。


調教師
2011/10/24 21:09

熱波さん、長いコメント有難うございました。
私も一口をやっていたので、少なからず皆さんの気持ちは察しているつもりです。
ただよく見かける、一口の皆さんと個人馬主さんの違いについて、私はそれこそ卑下している部分ではないかと常々思っています。

少なくとも馬を扱っている私達について、馬の扱いや、気持ちの込め方には全く差がありません。

個人の馬主さんの愛馬たちについても、喜怒哀楽と様々な出来事に遭遇し、その度に喜んでいただいたり、怒られたり、一緒に悲しんでいただいたり。

確率的に上手く行かないことが多いこの世界ですから、私は、馬主さんをやっていただいている以上は全てを含めて楽しんでいただければと思っています。


ほとんどの馬主さんとは直接お話ができますが一口の出資者さんたちとは特定の場所でしか、お会いできませんし、なかなか話をすることもできません。

ですから私も口取りできる時が楽しみですし、でもそれは個人馬主さんの時も同じです。

皆さんの気持ちは理解しながらも、私には個人だとか一口だとか、分けて考える気持ち自体が受け入れ難いところで…だから、これからも一頭一頭大切に頑張ります。


エイダンの出品物については、本人が出品の意志を示してくれてから実際の出品まで、手続きや準備の時間が想像以上に掛かってしまっていました。

間に入ってくれていた人達までにも心配を掛けていたので『これで安価だったら…』という心配から、もしもの場合は自分で落札しようと思っていたのです。
もちろんエイダン自身は落札価格を気にするような人ではありませんが、私にはこのラグの価値がどれだけの物か解っていたからこそ『あまりの安価なら…』という気持ち。

そして今では何よりも、入札してくださった皆さんのご協力に感謝しています。

調教師
2011/10/24 21:09

定年時代さん、後藤先生の引退は本当に残念です。
私のところにも何件か『何故!?』という問い合わせがきましたが、これだけはご本人の判断。残された私達が、モチベーションの続く限り頑張るしかありません。

だから皆さん、頑張る馬たちと厩舎の応援を宜しくお願いいたします。


他にも様々な問い合わせなどのコメント、もう時期を過ぎてしまった事柄もあり、失礼ながら、ここでは省略させて頂きます。

もしどうしても…という事柄があれば改めてコメントいただければと思います。
調教師
2011/10/24 21:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆7.9〜10の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる