小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆7.16〜17の競馬

<<   作成日時 : 2011/07/15 22:08   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 5




























大きなセリも無事に終了。

やっと少しは
忙しさから開放されるかな
という感じではあるが
夏競馬特有の慌しさも手伝って
何かと落ち着かない。

ちょっと疲れが残っているというか
疲れ易く
疲れが取れにくく
年のせいかな…と思う最近。


美浦に戻ったタイミングで
美浦村の健康診断に行ってきた。

自覚症状としては
健康だと思うが
なかなか確認する時間がないから
大丈夫だということを検査を通じて
確認しておきたくなった。









ちょっと前に触れた
チャリティーオークション。

Eオブライエン調教師に続き
後藤浩輝騎手の出品物も
今夜で終了。

明日からは
新たに3点出品される予定。

ウチの厩舎からも
出品があるし
他の2品も間違いなくレア物。

被災者支援のためにも
皆さんの参加をお待ちしています。





調子が悪いほどではないけど
疲れが残るので
しばらくはの間は仕事だけに集中。


少し再生に時間をもらって
改めてコメントへの返事や
色々なことに触れる時間を
作ろうと思います。







16日(土)







◎函館9R アヤナミ D2400m 岩田康誠


初勝利以降
着順の悪い競馬が続いているが
少しずつアヤナミが実力発揮する為の
ポイントが見えてきているので
その辺の課題を持って臨む。

初芝となった前走は
その前のレースで見えた
ウィークポイント改善を第一に置いていたので
少し大事に乗る競馬となった。

それでも着差は少なかったし
レース後は鞍上からも前向きで
嬉しいコメントが聞かれた。

さすがに
初めての芝だったので
まだしっかりとしきっていない
アヤナミの馬体への影響を考慮し
今回は少し間隔を空けた。

『かなり良い感じで
       戻せそうです』

という放牧先からの連絡通り
帰厩してからの動きは良好。

帰厩が遅かったし
今週のD2400mには
間に合わないかな…?

という心配を
払拭するような最終追い切りの動き。

動きこそは良かったが
やはり間隔が開いた分の息遣いと
もうワンパンチ足りない心臓の迫力。

それでもメンバーや距離
鞍上に岩田Jを
確保できたことなど考えると
次走以降のためにも
ここは出走させておきたかった。

初のダート長丁場だが
適性は間違いなくあるはずで
岩田Jが『次走も乗りたい』
と言ってくれるような
見所ある競馬を期待している。










17日(日)





◎新潟4R ピンクファンタジー 牝 D1800m 三浦皇成


昨夏
早々に入厩して
発走試験も直ぐに合格したが
左の飛節に浮腫みが出て休養。

当初は
少し休養することで
復帰に時間は掛からないと思っていたが
乗り始めて調教が強くなると
再び腫れが大きくなる。

右前肢にも
時々熱を帯びる部分があるが
飛節とあわせて何度か検査しても
異常は認められない。

右前肢と左後肢飛節という
対極脚なため
お互いが足を引っ張り合う構造。

調教を強くしたり
レースを使うことによって
今後のウィークポイントになる可能性があるし
しっかりとした時間薬が必要と
時間をとって回復を図ることになった。

幸いなことに
牧場での治療効果は目覚ましく
無事に帰厩。

一時は
飛節の浮腫みが
再発しそうな兆しもあったが
新しく試してみた湿布薬の効果や
ピンクファンタジー自身の頑張りもあって
現在の飛節の不安は皆無といえるほど。


一方で
右前肢の熱感は変わらず
平地での調教にも耐えていたが
追い切り後になると熱感が増して
しばらくすると回復するという繰り返し。


飛節の症状が
良くなってきたこともあり
出走前の調教は大事をとって
前肢に優しい坂路中心の調教に移行。


輸送距離のある新潟よりも
中山でということで
先週初出走という予定だった。

出馬投票直前に
発走試験の期限切れが発覚。


定期的に
発馬機の馴致をしていること
何度か入退厩を繰り返していること
夏のローカル時期で
複数の競馬場に人が分散し
数人で重複するはずのチェック体制が
機能しなかったことが要因ではあるが
そういう場合でも機能するのが本当であって
言い訳はきかないミスである。

発覚直後に
発走試験は即合格。

今週の追い切りは
通常通りやるかどうか迷ったが
先週の発走試験時にしっかりと出したこと
輸送もあることなどを考慮して
坂路で後ろから来た馬に反応させた程度。

以前は気持ちがピリピリしていて
それが原因で飛節を捻ったのでは
という感じさえもあったが
レースを前に落ち着きも出て
今では調教でもメンコを着けずに
ドッシリとできている。

当日の気配次第では
レースでもメンコを外すことが
できるかもしれないし
やっと迎えることができた初出走で
どんなレースをしてくれるのか注目だ。











◎京都7R グランマルシェ D1900m 佐藤哲三


休み明けとはいえ
調教の動きも良かったので
前走は楽しみ十分
期待十分で迎えていた。

ジョッキーは
そんなに出していったつもりではなかったらしいが
発走直後がフワッとした感じだったので
少しだけ前へ促したところ
一気にハミを噛んで行ってしまった。

それでも向う正面に入る頃には
ハミも抜けつつあったので
『これなら大丈夫か?』
と思ったようだが
結果として直線は止まってしまった。


見ていたほうの印象は

『あれ…! 
   今日は積極的だな…?』
 
という感じ。

向う正面では
ハミも抜けているようだったから
あまりにも直線でバッタリ止まったことに
ちょっと馬体に余裕があったのかな…?
という思いだった。

ハミは抜けていたけど
馬体を力ませながら走っていたらしいし
それがバッタリ止まった
一つの原因と思われるが
まだキャリア不足なこともあって
前半でリズム良く走る経験を
積ませた方が良いのかもしれない。

力があるが故に
力ませると悪い方向に行く。
特に休養明けでは
気を付けなければいけない。

あまり疲れが残らなかったこともあって
中1週での出走を検討。

厩舎が出走させたくても
夏の新潟開催は節の間隔が必要だし
場合によっては京都遠征も…。

まずありえないだろうが
函館への出張さえも
視野に入れながらの調整再開。

新潟出走が第一希望だったが
除外確実な為に
結局京都遠征を決めた。

状態は変化ないが
休み明けと違って一度使った分
競馬でムキになるところも解消するだろう。

それでも怒らせないように気を付けて。

今度は通用するところを
何とか見せて欲しいところだし
レース後に佐藤哲Jが
どんなコメントをしてくれるのか
それはそれで楽しみである。






◎函館1R パッシフローラ 芝1200m 池添謙一




初出走となった前走は
追走するのがやっとという感じで
期待してくれていた人達を
ガッカリさせてしまった。

厩舎一同
まさかあれだけ悪い結果が出るとは
全く思ってもいなかったし
こんなに見所のないレースさせてしまったことに
調教師自身のショックも大きかった。

レース後にジョッキーが話してくれた

『返し馬もレースも
    良いフットワークだったし
            追い不足が敗因だろうから
                     悲観しないで次を楽しみに…』

という内容のコメントに少しは救われた。


やはり
第一に挙げられる敗因は追い不足。

第一というよりは
それ以外に無いとも思えた。

パッシフローラの適性より距離は短いが
能力的に対応できる手応えもあったし
そういうセンスも持ち合わせている。

ただ
今回のレースに向けての調整過程から
もしかして距離や競馬場の適性も
大きな敗因になっているのでは…?
そんな可能性も感じ始めた。

大敗してしまった前走も
確かに追い切りは不足していたが
あれだけ負けることは想像できないくらい
良い動きをしていた。

調教師を始め
調教助手や
担当する厩務員
調教に騎乗してくれていたジョッキー
競馬で騎乗してくれたジョッキーもが
レース前に騎乗した感触から
最悪勝てなくても
内容だけは十分期待できる
という手応えを持って臨んでいた。


だからレース後は
皆が
『甘くなかったな…』

という気持ちで
率直に追い不足を敗因としたのだ。

ただ
レース後の息の戻りが
良過ぎるくらいだったこと
それに中間の調教の感じから
もしかして追い不足だけではないのでは
という思いが強くなっている。


能力だけで対応できる距離
と思って臨んだが
馬によっては調教の出来以上に
距離適性やコース適性が
ウェートを占めるケースがたまにある。

中間の状態はもちろん

でも今の状態と比較しても
前走は決して悪くなかった。

最終追い切りで
パッシフローラのリズムを
崩さないように気を付けて乗ったら
スピードは出ているのだが
直線が短いためにギアを2つくらい残して
トップギアに変わりきらずにゴールした。

見ている者には
良い動きに見えたらしいが
乗っている者には
ギアを変え切れなかった不満が残る。

最終追い切り後は
更に状態も上がっている。


前日の調教では
これで負けたら
やっぱりこの距離には
対応できないんだと
結論付けても良いほどの手応え。


将来的にも
芝1200mに
適性を求めるような馬ではないが
やっぱり追い不足だったとなるか
距離や競馬場を
もう一度選択し直す
そんな必要に迫られるのか
興味深い仕切り直しの一戦である。


























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です。健康状態を客観的に確認なさったのはたいへんよいことです。‘異常なし’を祈ります。
たらふく
2011/07/16 09:07
こんにちは♪
猛暑の新潟と雨の函館競馬
どちらも大変だと思いながら応援しました。
今日のアヤナミ号
負けちゃいましたが次走に期待しています。

先生
健康診断が受けられて良かったですネ!
先生のご家族はもちろん一緒に働いている方達も先生が健康ならば安心しますし。
きっと大丈夫ですよ!

新潟競馬が始まり夏本番ですね。
サラブレッド達もレースでの勝負と暑さとの闘い、厳しいものが有ると思います。
「がんばれ〜!」と私みたいなファンは応援する事くらいしか出来ませんが
小島厩舎の皆さんを信じていますので!

今日はパドックでサラブレッド達を引いて歩いている助手さんに
「夏バテしないように気をつけて!」と声援を送りたくなりました。



明日も応援しています!
グーコ
2011/07/16 18:33
お忙しい中を丁寧なコメントをいただき、ありがたいです。馬の様子が良く解り納得です。
これからもよろしくお願いいたします。
楽しみにしています。レースもコメントもです。
パッシフローラ
2011/07/17 20:43
パッシフローラ2走目で変わってくれて、頑張りましたがあと一歩惜しかったです。お休みをはさむのかもしれませんが、距離延びての走りが見てみたいです。猛暑の中、ご自愛下さい。
ファーブ4
2011/07/17 23:28
たらふくさん、グーコさん、パッシフローラさん、ファーブ4さん、皆さんコメント有難うございました。

なかなか皆さんの応援や期待に応えられなくて、もどかしい思いが続いていますが、懲りずに応援宜しくお願いいたします。

コメントへの返事が大変遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
調教師
2011/10/25 20:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆7.16〜17の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる