小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆12.17〜18の競馬

<<   作成日時 : 2011/12/16 22:55   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 6
























さすがに師走。
何だか忙しくて
でも…走り回っているわけではないから

『 師忙 』

なんて感じかな?

そういえばお世話になっている人に

『 忙 』

という字は
心を亡くしている(失っている)のだ
と教えてもらいました。

忙しくても
心を失わないように
心に汗をかきながら頑張ることにします。




コメントを認証制にしてからも
たくさんの書き込みをいただいて感謝です。

どうしても
後回しにしてしまうこともあり
後で困るので
認証制にして以降の
12月からの分だけ
返事を書きました。










競馬に関わる一人として
皆さんとの交流を兼ねた
社会貢献というものを考えながら
なかなか実践できずいましたが
理解してくれる人の手助けもあって
少しずつ実現へ向けて
事が進んでいます。


これについては
いずれ告知できると思いますので
今しばらくお待ちください。



被災地支援オークションも
黙々と続けられているので
どうか皆さんのご協力をお願いいたします。
   
      


http://topic.auctions.yahoo.co.jp/charity/2011sanrikuoki_eq/index.html
















17日(土)




◎中山5R ソンサン D1800m 三浦皇成


前走は
新馬芝1600mで
あわやの2着。

馬場の悪い内枠からで
最後まで残ったのだから
評価はできる。


芝で好走しながら
なぜだか今回はダートに出走。

芝で走ったのだから
もう一度芝なのでは…?
というところではあるが
2戦目でダート出走は
一応の既定路線。


余程のことがあれば
もう一度芝で
ということもないが
これから年明けに掛けては
どうしてもダート中心の番組編成。

フットワーク的にも
ダートはこなせるはずなので
組み易いメンバーにもなるダートで
早々の勝ち上がりを目指す。

実際に初戦は
予想以上の好内容で2着だったし
使った変わり身は
大きそうなタイプだから
もう一度芝ということもありだけど
初戦の対戦メンバーの
その後の成績を見ても
安易に芝でもう一度
というよりは初志貫徹。


変わり身が
期待できるはずの
今回のレースで
もし予想外の凡走となり
ダートが向かないことが判れば
次走以降は芝に専念ということで
今後のレース選択にも
迷いが無くなる。

状態は
レースを経験して
予定通りの上昇カーブ。


相変わらず
扱い易く
乗り易く
馬房内で一人黙々と
自主トレをしている以外
心配は無し。

ダート適性さえ
目論見通りで問題無ければ
強い競馬をしてくれるはずだ。















◎中山6R スタープラチナ 牝 D1200m 的場勇人


当歳セリで
その馬体のバランスの良さから
馬主さんに購入していただき
その時の
良いイメージを持続したまま
上手く成長してきてくれた。

馬体面の成長は
良い感じで来てくれたのに
騎乗調教を始めた頃から
気性面の我の強さを
耳にするようになる。

難しいタイプとはいえ
入厩までに
扱い易くなっていればいいな…
という期待をしながら
およそ一年が経過。

育成過程でしっかりと
手を掛けてもらったお陰もあり
徐々に気性は成長がみられるも
トレセン入厩後は
それなりに手こずる事も有り。

発走試験は早々に合格したが
我の強さは微妙に残る。

簡単に説明すると
あまり人が上に乗っているのは
好きじゃあない。

よく
馬体にハエ等の虫が付くと
皮膚を震わせることで
それを追い払うのだが
人が乗っていると
虫を追い払うかのごとく
プルプル プルプルと
皮膚を震わせる。


初めて騎乗した時は

『何だろうこの
    時々感じるバイブレーションは…?』

と不思議な感触だったが
じきに皮膚を震わせる
それだということに気付いた。

『何だよ…俺は虫扱いか

という情けなさの一方で
スタープラチナ自身は
一生懸命我慢しつつ
この邪魔な鞍上を
何とかできないか
と時々強い意思表示。

気を抜いて
落とされたり
落とされそうになったり。

出走前の最近になって
やっと落とすことは
諦めてくれた感じである。

他にも少々
我の強さを見せるところはあるが
ひとたび走らせると
力強くてなかなかのフットワーク。

内容が濃い追い切りを
きちんと消化してきて
最終追い切りは好時計。


気が良いタイプなので
注意しないと
行き過ぎてしまう面が
ありそうだから
スタート後の
位置取りには要注意。

普段から調教に乗っていて
よく理解してくれている鞍上をと
追い切りから的場Jに頼んで
実戦に生かすつもり。

競馬に行って
気の悪さが顔を覗かせないか
心配が無いわけではないが
調教の感じからも
今更大丈夫だろう…と思いつつ
願いつつ臨む。



頭数が多かったけど
力が入るここは
牝馬限定という事もあって
何が何でも除外は避けたかった。


久々に抽選突破にホッとして
この勢いのまま
勝負までも決めたいところだ。














18日(日)






◎中山3R ケージーヒトメボレ 芝2000m Cウイリアムズ
   

初出走となった前走は
直線の鋭い追い込みで5着。

少し疲れが出たため
間隔を取っての2走目だ。

前回は
出走へ向けた
調整過程での疲れが
やっと取れてきた
といったところでの出走だったが
今回はじっくりと調整できて
動きも軽快。

飼葉を食べている割に
少し減り気味な馬体重が
やや気になるが
動きを見る限り
影響は無さそう。


ジョッキーには
距離が伸びても大丈夫
と言ってもらったし
当然厩舎でも
そのつもりだったのだが
レース後は
やや気負いも出てきた印象。

中間は注意しながら
調教を課すよう心掛け
やっと気持ちも落ち着いて
馬体を上手く使った走り。

鞍上は
CウイリアムズJ。

一度使って
少し増えた感じのギアを
レースで上手く引き出してもらい
好結果に繋げてくれるはずと
楽しみにしている。









◎小倉7R クサナギノツルギ D1700m 黛 弘人


前走はほとんど
文句の付けようが無いレース
の割りに大敗。

小倉からの連絡では
調子の良さを聞いていたし
あまりの負け過ぎに
もう中央では通用しないのか…?
ということさえ頭を過ぎる。

しかし
小倉のスタッフや
ジョッキーの見解では
レース中の位置取りひとつで
結果が違ったのではないかということ。

前走時は
逃げる馬の横に位置。

馬を前に置いて
砂を被る形にしたほうが
タメが効くタイプのようだ
ということらしいのだ。

以前同じように
逃げる馬の横に位置しながら
不可解な大敗をした馬が
ジョッキーの進言を受け
前に馬を置いたことによって
次のレースで大勝ということがあった。

クサナギノツルギが
このタイプなのか
やってみなければわからないが
中間も変わらず順調との知らせ。

あとは
久々の砂の競馬で
戸惑わずにタメが効けば
前走のようなことはないはず。

調教での
ダートの走りは悪くないようだし
わざわざ遠征した小倉競馬で
ちょっとは決めてきて欲しい。







◎小倉8R シャイニングサヤカ 牝 芝1800m 黛 弘人


勝てそうで勝てないが
最低でも次走優先出走権を
得てくるところは
ちゃんと力がある証拠。

あとは
レースのあやだったり
気を遣う調整方法が上手くいくこと。

背中だったり
腰だったり
頸だったり
肩だったり
色々なところが交互に
疲れたり張ったりする。

逐一チェックして
少しでも調教に
影響がでないよう
中1週のため
ちょこちょこ微調整。

良い感じで
出走できそうという
小倉からの連絡。

調教でも騎乗している黛Jも
同じように手応えには
自信を持っているようだ。

あとは
出てくる馬たち皆が
そろそろ勝ちたいと思っている中
馬群を上手く捌いたり
レースが噛み合うことが大切。

小倉からの帰厩を前に
暮れの良いお土産となる
久々の勝利を期待したい。







◎小倉9R ブリージーデイズ D1700m 丸田恭介


前走は
踏んだり蹴ったり。


発馬機内での
行儀は悪いし
レースでは
リズムを崩し続け
勝負を賭けて
濃い調教を課したことが
かえって気を入れさせることに
なったしまったようだ。

レース翌週からの
発馬機内駐立練習では
全く問題なし。

さすがに調教では
気が入り易くなっていたようだが
日毎に落ち着きも出て
今回は追い切りも少し控えめに
微調整で気持ちを整えることに
意識をおいた。

初勝利の頃
以来の丸田J騎乗。

引き続き
調教をつけてくれている黛Jとは
お互いコミュニケーションをとって
ブリージーのレースイメージは
しっかり持ってくれているとのこと。

奇数枠だし
発馬機内での御法だけは
くれぐれも気を付けて
何はともあれ良くも悪くも
ブリージーの気持ちが全て。


走ることに集中するスイッチさえ
きちんと入れられれば
苦労はしないはずだ。

今年の小倉は
年明けから散々で
滞在スタッフも
名誉挽回すべく必死。


どうか
その頑張りが功を奏すよう
少しでも報われるように
願うばかりです。





















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
先生、いつもお疲れ様です。
ブリージーデイズ、本当になかなか歯車がかみ合わないですね。
ただ、またどこかで期待以上のレースをしてくれるのではないかと思っています。
結構大変かもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

あと、直接レースに関係ない質問などしても良いですか(もしNGなら無視してください)
小島先生を含め、調教師の方が直接騎乗されて調整されることがあるようですが、直接乗られる方はご自身の体重に関してどの程度管理されているものなのでしょうか。
大空晴れ晴れ
2011/12/17 23:33
先生お疲れ様です。クサナギ、シャイニング、ブリージーの三連勝期待してます
伸介です
2011/12/18 00:49
マリーア応援します
自分の母マリコだし
そういう思い込み応援でも
競馬楽しくなるんですよね
函館で見られると嬉しいな
でも、もっと上で出走できるなら
その方がいいですよね
ローテ的にはどうでしょう?
来年の話になっちゃうけど
好きな子はまじかで見たいです
牝馬
2011/12/21 23:32
マリーア2レース出ますね
出来上がりましたか?
経験積んで大舞台へ!
応援しています!
牝馬
2011/12/23 00:39
今日は出走馬が無いから今日の夜に更新ですかね?
明日の出走馬はすべて外国人ジョッキーですね!自分も先生の馬で勝負します。
洋食
2011/12/24 12:14
大空晴れ晴れさん、伸介ですさん、牝馬さん、洋食さん、コメント有難うございました。


調教師自らが騎乗して、調教するケースは皆さんが思っているよりも多いと思います。
特に関西の先生は良く乗っている気がしますね。
名前を出すのは止めておきますが、年配の先生から、若手の先生まで、追い切りだったり、発走試験だったり、結構危ない馬でも平気で乗ったりしているので、栗東に行くとビックリさせられます。

体重は気にする人もいるでしょうし、気にしていないのかな…?という人もいますし。
私は乗り手としては、少し重い方だと思いますが、適度な負荷を掛けるには丁度良い体重です。
体重計には一日に何度も乗ります。
朝起きて、午前の仕事が終わって、食事を食べて…、食べる前に確認で量ることもあります。毎日量っていると、今日は重いなとか、軽いぞとか判ってきますね。副産物として、ブクブク太らないためにも効果的でしょうね。

皆さんこれからも応援宜しくお願いします。






調教師
2012/01/27 18:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆12.17〜18の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる