小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆3.25の競馬

<<   作成日時 : 2012/03/25 00:31   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 1



























25日(日)




◎中山1R パッシフローラ D1800m 田辺裕信


ここ2走の凡走に
頭を悩ませている。

夏の好走時と
状態的な変化は
ほとんど無い。

成長も感じるし
良くなっているくらいだ。

芝よりもダート?

坂は苦手?

小回りのほうが良い?

距離?

洋芝向き?


まだ明確な答えは
出せずにいるが
今回は母父の血統を考えて
ダートにチャレンジ。


夏の北海道で
好走していた時から
背中より後ろの緩さはあったし
むしろ少し良くなっているくらい。

この緩さが
ダートに行ってどう出るか。

母はダートで1走だけして
敗退していることもあり
期待と不安が交差するが
何よりも自力に期待しよう。


今の時点で考える
不振の理由の一つは
緩さを支えて乗れるような
小回りでじっくり乗れる形態の
競馬場のほうが良いのでは
ないかということ。


したがって
ダートが可でも不可でも
このあとの福島での
芝での出走を視野に
出走間隔を計算に入れつつ
今週中山では
ダート競馬を選択。

良馬場のほうが
良いだろうからと
最初から日曜日の
レースを選択したが
馬場がどれだけ回復してくれるか
ちょっと怪しい雲行き。

でも
どの馬も同じ条件なのだし
まずはダートの可否だけでも
ハッキリさせてくれるようにと思う。


中間の調教で
砂を被らせてみたが
怯むことなく対処はしていた。

1Rか3Rかについても迷ったが
パッシにも勝利をという考えで
自厩舎での使い分けを選択。

1Rは
優先出走組みが多い一方で
時計的に不足していたり
一息足りない組が多いと読んだ。

ここで入着さえできないようなら
今後は芝に拘った
出走を選ぶことになりそうだ。

それにしても
どうせなら良馬場で判断したいな…。















◎中山3R スパークオンアイス D1800m 三浦皇成


長い写真判定で
同着では?
とさえ思われながら
ハナ差に終わった前走。

一度は先頭に立ったようだが
抜け出してから差し返されたのは
スタートで少し後手を踏み
道中で脚を使ったから
と騎手のコメント。

初装着となった
ブリンカーについて
ジョッキーからは

『レースは上手いし
     ブリンカーしなくても
            大丈夫なのでは?』

と言われたが
今までと違った
前の馬に対する勝負根性が
出せたような気がしたし
ブリンカー自体は
邪魔な感じでないということなので
引き続き装着を決めた。


もちろん
今度こそという思いだが
馬場やスパーク自身の
状態を冷静に判断したくて
今週の出走については
迷い迷って検討を重ねた。

レースと同じく
調教でブリンカーを装着するのと
素顔で走らせるのでは
全然背中の雰囲気が違う。

あまり装着し続けて
ブリンカーに慣れると困るが
素顔で追い切ると
何となく調子が良く伝わってこない。


最終的には
馬場とメンバーで判断。

馬場回復を見越して
日曜日の出走。

1Rか3Rか迷ったレース選択も
メンバー的に強力な馬がいたが
三浦Jがスパークのために
3Rを空けてくれていて
強く騎乗を希望してくれたこともあり
その意気に乗ることにした。

追い切りは
馬の気分に任せて軽めとなったが
追い切り後の感触は良し。

馬場状態が
回復しそうにないところと
過去5走を考えると
もしかしてスパークは
雨女なのだろうか…。







◎中京7R クサナギノツルギ 芝2000m Nピンナ


久し振りの
芝長距離選択。

いままで
色んな意見があって
ダートを走らせてみたり
距離を短くしたりしてみたが
元々のイメージを大切に
初心に戻ってみることにした。

まずは調教での工夫。


以前よりも行きたがる感じがあり
それが短距離適性のような錯覚を
招いていたのではということ。


よくよくクサナギの
走っている時の気分を分析してみると
調教時に行きたがる場所が決まっていて
抑えが利くところも決まっている。

行きたがる所では
ムキになり過ぎるくらいで
暴走気味とも言える走り。

全く気分良く走っていない。

一度行きたがると
抑えるのにも苦労するが
何とか抑えてから
今度は気分良く
伸ばしてあげようと思っても
どういうリズムで走れば良いか
ちゃんと理解していない。

ワ〜っと一瞬ムキになって
その後どうすれば良いのか
困って走っている。


その点を改善するのに
少し時間が掛かり
入厩から時間を要したが
何とかできるのではないか
という手応えは少し感じられる。

過去の芝2000mで
内容の良いレースをした時は
じっくりと乗ってじわじわ進出。

鞍上には
タメの利く抑えと
レース前半のリラックスを
心掛けた騎乗を期待し
少なくとも次が見えるように
頑張ってきて欲しい。




























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
先生、ご無沙汰しております。
ディオベルタの再入厩ももう少しのようですね
少々、待ちつかれました(笑)
よろしくお願いいたします。二歳のアルヴェロンも順調のようですね。こちらも楽しみにしております。
まこ
2012/03/30 15:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆3.25の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる