小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆5.19〜20の競馬

<<   作成日時 : 2012/05/18 22:31   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 2


























もうそろそろ
夏競馬が始まるぞ…
という雰囲気が。


時折感じる暑さと
増えてきた2歳馬の緑ゼッケン。


ウチの厩舎でも
2頭の2歳馬が早々に入厩し
発走試験合格を目指しているが
金曜日にやっと一頭が合格。


例年以上に感じる
発馬後のダッシュを求める厳しい目。


2歳馬に
古馬並みの
完璧なダッシュを求める意義が
あるのかどうか。

毎年のように議論となるが
入りと駐立は悪くないのに
必要以上にダッシュを求めることは
人間でも少年野球で無理をして
変化球を投げ続けて肩を痛め
せっかくの将来を台無しにするのと
同じようなケースが起こりうる。

ある程度出れれば
あとはセンス。

競馬でしか
覚えられないタイプの馬もいる。

練習や試験では
ダッシュがウルトラ速いのに
競馬に行くと全く
スタートダッシュが
できない馬も過去にいた。


全てを横一線に
できないはずなのは
関係者が皆
理解しているはずなのに
毎年のように物議をかもす
2歳馬の発走試験基準。

例年のように
問題提起されては消えているのは
夏前から夏後半に掛けて
2歳馬には特にキツイ時期だから。

夏を越えるあたりになると
体力を付けた2歳馬たちが
一気に増えるから
話も消えてしまうのである。


この時期だけ騒がれて
一時期の出来事だけに
消えていってしまう。


競馬先進国では
基本的には
それぞれの厩舎に一任。

発走試験をやる事は
ファンに納得してもらう意味でも
必ずしもNOとは言わない。

でも
成熟したファンなら
余程大きな出遅れでない限りは
大切な馬のことを第一にと
考えているはず。


まだ受かっていない一頭は
調教過程でのダッシュは良いのに
なぜか試験での
発馬直後が上手く行かず
本番は苦手なタイプか?


この仔のような場合は
不合格でも納得だが
大切な馬を見ていない
今のような状況が続くなら
場合によってはもっと皆で声を大にして
問題提起して行くべきなのかもしれない。








先週は
2着が3頭。

今週は
近走不振だが
楽しみな馬が揃った。


一つでも多く
勝利を挙げられるよう
気合を入れていきます。











19日(土)








◎東京6R クリムゾン D1400m 田中勝春


久々となった前走は
スタートで遅れてしまい
残念な結果。

終いは
チョロチョロと伸びてきたが
すでに勝負は決していた。

鞍上の感触でも
切れるタイプではないし
出遅れて前に行けなかったのは
痛かったと悔やんでいた。

ただ
初出走の時もピリッとせず
休み明けは今ひとつ
なのかもしれない。


今回は
初勝利の時と同じく
一度使っての変わり身がありそう。

以前から課題の肢元も
非常に良い感じで推移し
調教も加減せずに済んでいるし
動きも良好。

最終追い切りでは
併走馬相手に余裕の先着。

もう少しやっても良かったかな
という感じでもあったが
そのぶん前日の調教は
いつもより攻めの態勢で。


鞍上には
スタートだけは注意してもらい
あとはスピードに任せて
気分良く走れれれば大丈夫だ。










◎東京7R テルバイク D2100m 蛯名正義


着順は悪かったとはいえ
調整をしていくうえで
収穫はあった前走。

鞍上からも
芝向きではあるが
ダートでもいいから
やはり長距離が良いとの感触。

状態が
良くなりつつあることも
確認してくれて
今回は更に丁寧かつ
攻めの姿勢でこのレースが目標。

当初は
テルバイクの主戦とも言える
松岡Jが騎乗予定だったが
急遽京都行きが決定して乗れず。

それでも
蛯名Jが確保できたのだから
まだまだ運もある。


テルバイクを
とても大事にしてくれている松岡J。

2週前だけでなく
最終追い切りも
自ら志願してくれて騎乗。


2月の
東京D1600mのレース後は
松岡J騎乗で
過去最低の評価コメント。


そこからテルバイクの
状態と気持ちを確認しながら
少しずつ立て直しを図り
調教方法も変化を加えて
いよいよ勝負の段階。


2週前
今週と追い切りに騎乗した後は
過去最高のコメント。


厩舎としては
まだまだ手を加えられる部分を
残しての出走だが
500万下では
この状態で勝ってくれないと
という手応えで一致。


条件云々は問わず
とにかく勝って欲しい一戦である。











◎東京8R ブリージーデイズ 芝1600m 三浦皇成


なんだか
先の見えないトンネルに
入ってしまったような最近の競馬。

今回は
より時間を掛けながらも
いつも通りの気持ちを前に向ける
課題を持っての調整。

2週前くらいから
狙い通りに良い手応え。

今回はもう
良い競馬をしてくれなければ。

ここ2週続けて
レースでの騎乗が決まってから
追い切りに乗ってくれている三浦J。

私の記憶からは失せていたが
競馬は初めてでも
以前も何度か
調教の手伝いで
跨ったことはあるらしい。


2週前の追い切り後のコメントは

『追い切りは初めてだけど
        思った以上に良い馬ですね』



チークピーシーズ装着での
走りの感触も確かめて欲しかったので
今週の追い切り後は
薄めのチークを装着し
その追い切り後のコメントは

『とっても良いし
     チーク要らなくないですか?』

というくらい。


でも
今まで何度も
その手応えの良さに騙されているし
何よりもやる気の持続が一番の課題。

チークピーシーズ装着が
マイナスに働くことは無いだろう
という意見は一致したので
今回もしっかりと装着して臨む。



もうひとつの課題である
発馬機内での駐立は
練習できる機会を
可能な限り作って
頻繁に練習を繰り返し
あえて悪いことをする環境を
作ってそれをも我慢するよう仕向けた。


さあ
現時点で出来ることはしておいた。

久々にビリビリした感じが
伝わってくるように状態は良いし
距離実績もあり。


道悪で走ったり走らなかったり
良く解らないところが多いブリージーだが
もう

『良く解らん』

という競馬だけは勘弁だ。









◎東京9R ターフデライト カーネーションC 芝1800m 戸崎圭太


惜しい…という
結果と内容の競馬が続く。

レース運びはバッチリで
力もありながらまだ本物に
なりきれていないせいだろうか
勝利という結果につながらない。

前走前は
一杯一杯だったので
結果はどうであれ
レース後は
休養させるつもりだった。

ところが
レース後も
状態を維持。


これなら何とかなりそうと
もう一戦踏み込むことに決めた。


早くから出走を決めたことで
戸崎Jの騎乗が決定。

何とか状態だけは
平行線で行きたいというイメージ以上に
微妙に上昇させられている感触。

無理に坂路入りせず
平地でじっくり乗ってきたのが
功を奏したのかもしれない。

乗り易く
テン乗りでも
全然問題は無いタイプ。

2勝目を挙げ
秋に向けてリフレッシュ
というプラン通りになって欲しい。










20日(日)





◎東京7R リズモア 牝 D1400m 柴田大知


そこそこの競馬はしてくれているが
今ひとつ入着に届かない。

もういい加減
入着くらいは…ということで
条件が一番合いそうな
このレースを目標に
あえて間隔を空けて臨む。

レースは早く決めていたが
意外に鞍上が決まらない。

以前騎乗してくれて
リズモアに良いイメージを
持ってくれているであろう鞍上は
早々に騎乗馬が決まっていたり
返事が保留だったり。

そのクセのある走りから
リズモア独特の歩様を
理解してくれなければ
依頼するのも躊躇する。


騎乗馬が決まっている騎手が空くか
保留の騎手から
良い返事がもらえるのを待つため
あえて決めずに待つことにした。


調整は至って順調。

一週前には
余裕の動きで
仕上がりの良さを確認。


先週末には終い強目。

今週は追いかけて遅れたが
前を行く併走馬が
急にペースを上げた時に
付いて行けず
リズモアには
動き辛い流れに
なってしまっただけ。


結局
依頼していたジョッキーたちは
そのまま騎乗が確定したり
諸事情で乗れないという返事が来たため
新しくジョッキー選択。


厩舎のイメージ通りに
リズモアの持ち味を出してくれるであろうと
柴田大Jにお願いすることにした。

早速金曜日に
リズモアを知ってもらうための
調教騎乗。


我々が思っている以上に
良い感触を得たコメントが
引き出せたのは
とても心強い。


そろそろ上位争いに
加わって欲しい時期。

鞍上にもその意思を伝えて
やる気一杯でレースに向かう。







◎新潟8R セータミスタ 芝2200m 上村洋行


このところの
2桁着順続きで
そろそろ厳しいかという話も出たが
良く良く考えてみれば
その前走も着差は0.5秒。

今回は
ベテランの上村Jに依頼して
まだまだ頑張れるのか否か
判断してもらおうという一戦。

なかなか状態は良い感じ。

ストレスを掛け過ぎず
平地中心でサラッとやってきたのが
良い方向に向いているのか。

一時期は
ほぼ僅差で入線し
勝利も近いのでは
と思わせながら最近の不振。

新潟では
2戦して2着と5着。

相性も良さそうだし
是非とも良い面を
引き出してきて欲しい。






















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ターフデライトがフローラSで権利を取っても休ませるつもりだったとは…

そんなふうにトライアルを使うこともあるんですね!

競馬は奥が深いです。

今後はそういう馬もいるって頭に入れて予想させていただきます。
洋食
2012/05/20 19:51
すみません。ターフデライトのフローラSでの「権利が取れてたら」の件でもう一つだけお願いします。

権利が取れてても休ませようと思っていたのは先生の独断ですか?
オーナー様も同意の上ですか?

自分がオーナーだったら権利の取れたクラシックは多少無理してでも使いたいと思うのですが…

やはりその辺は先生とオーナー様の信頼関係とかですかね??

言える範囲でけっこうなので、教えていただけたら幸いです。
洋食
2012/05/20 20:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆5.19〜20の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる