小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆9.1〜2の競馬

<<   作成日時 : 2012/08/31 23:19   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 2


























いよいよ最終週となった夏競馬。



今週も
重要な用事が続き
移動だけでも今日まで
美浦→札幌→美浦→札幌。


来年の札幌開催は
スタンド改築のため休止。


今日で
今年の札幌も最後
ということもあって
牧場廻りをしながらも
合間に寮の部屋の片付けなど。

このあとも
所用で一旦美浦に帰って
また札幌に戻る予定。


ちょっと今週は
ハードでキツい。


でも
出走各馬の調子は良いので
人間の方も元気をもらえている感じ。

今週も良い競馬に
繋げられるよう頑張ります。















1日(土)







◎新潟10R ランパスインベガス 弥彦特別 芝1800m 松岡 正海

前走は快勝。

色々とあっただけに
スッキリできた勝利。

レース後は
ちょっと肢元に疲れが出たが
得意ともいえる新潟でと
このレースを予定。


幸い
肢元の疲れも
短期放牧の間に改善し
再入厩後の調整も順調。


函館と
札幌の在厩馬管理に加え
セリに行ったりして
ほとんどがスタッフ任せ
となった中間の調整。

もう少し良くできそう
と思って臨んだ前走よりも
良くなっているという
最終追い切り後の報告。


美浦へ戻って
木曜日の調教で確認したら
なるほど良い感じで
出走させられそうだ。


頭数が少ないのも
後ろで控えるタイプの
ランパスにとっては良い。

内枠に入ったのも
良い方に出るはず。


前走に続き
調教師不在の新潟で
2連勝を期待しよう。








◎札幌5R ジャングルハット 芝1500m 吉田隼人


一旦は
函館競馬場に入厩。

発走試験合格後に
出走へ向けて調教を強くしたところ
肢元に疲れが出た。

軽い疲れではあったが
まだ先が長いこの時期だけに
無理することはないと
牧場に戻って
再調整をしてもらうことに。

帰厩まで
もう少し時間が
掛かるかと思っていたが
その後の調教が
順調だったことに加え
函館競馬から
札幌競馬の最初に掛けて
新馬戦の頭数が少なかったこともあり
再入厩を決めた。


前回のような
肢元の疲れはほとんど出ず
函館から札幌への移動で
ウッドチップからダートに
調教コースが変化する過程でも
肢元は大丈夫。


一週前の週末は
レースに騎乗してくれる吉田隼Jが
最後の直線を伸ばす
終い強めの調教で状態確認。


その後の状態も良かったので
今週の最終追い切りは
芝コースで併走。


芝を経験した後も
思ったほどの硬さも出ず
良い感触でレースを迎えられそうだ。


母の
シャルロットノアルも
管理させていただいていたが
馬格があって力強さと
緩さがあった母と違い
サイズはコンパクト。

手先に
軽さと硬さがあるところは
母親とは違って
ウチの厩舎で頑張ってくれた
あのジャングルポケット産駒に
似た走り方。

まだまだ
心身に幼さが感じられ
これからという印象ではあるが
スピードに乗った時の良さは
大事にしていけば…という
先々の楽しみも感じる。


最初の函館入厩時は
他の馬を頼ってばかりで
不安そうだったけど
再入厩後は少し大人になって
自立したのかドッシリとした面も
見せ始めた。


そういえば
お母さんは調教では
大人しかったはずなのに
初出走の装鞍所へ向かう時から
急に気合が乗って大暴れし
担当者が驚いていたのを思い出した。


恐らく
感度が良いからだろうな
と思ったし段々と良くなったけど
ジャングルハットはどうだろう?

芝1500mで
大外枠となったのは
かわいそう。

でも
調教の動きも良いので
お母さんみたいに
暴れるような真似だけはしないで
新馬勝ちは真似してくれるよう
楽しみなデビュー戦だ。







◎札幌11R エデンロック 札幌2歳S(GV) 芝1800m 三浦 皇成


前走は
大変貴重な新馬勝ち。

相手も強かったので
最後まで凌いで
勝てたことは何よりも大きい。

一旦
短期放牧を挟んで
函館競馬場に再入厩。




全姉を知っているだけに
どうなりそうか予想がつくのは有難い。

悪い方向に
向かう前に対処できるし
エデンロック自身も
なかなか賢くて我慢強く
悪い方向に行きそうで行かない。


札幌へ移動してからは
ダートの調教となるため
硬さが出そうになる。

硬くなると狭い走りに
なってしまう全姉を参考に
今のうちからストライドが
狭くならないように注意。

最終追い切りを
芝コースでやったので
その後の硬さも覚悟したが
上手い追い切りができたのだろう
走りの柔軟さ
手足の伸びと
高いレベルでの合格点。




評価が高い馬が
結構多いようなので
ちょっと大人しくして
様子をみているが
何よりも良い感触で
重賞に臨めるのが一番。

この良い手応えで走って
どれぐらいの位置に来れるか…
興味津々でレースを迎えられる。










◎札幌12R アルファオリオン 道新スポーツ賞 芝2000m ハンデ53Kg 荻野 琢真


頑張っているんだけど…
前走はもう少し上手く乗れたかな。

欲目だと
言われるかもしれないが
内に切れ込まず
外に振られたのを利用し
勢いつけて伸ばしてあげていれば
期待通りの着順には来れたはずだ。

もう熟年だし
今回もハンデ戦を選択。

日曜日には
オープン芝2600mのハンデ戦があり
48Kgぐらいのハンデで
少頭数になれば…
と目論んでいたが
斤量は予想通りも
頭数が多くて断念。

ちょっと距離は短いけど
自己条件のハンデ戦を選んだ。


前走後は
短期放牧を挟んで
函館に帰厩。

年齢的なこともあり
レース後の硬さが
なかなか解消しないが
札幌競馬場へ移動したくらいから
少しずつ楽になってきた。

初騎乗となる荻野琢J。

先週末と
最終追い切りに騎乗し
手応えと感触を確認。

じっくり後ろから
という作戦は変わらないし
慌てさせないのが一番。


あとは
動くところを良く考えて
4コーナーから直線を
上手く立ち回れれば
良いところを見せられるはずだ。

最近は
後ろばかりを走っているが
そこまでダメなわけではない
というところをハッキリと見せて欲しい。










2日(日)



土曜日の最終レース
アルファオリオンの競走中止で
心配してくださっている皆さんへ。

オリオンは無事です。

硬くならないように
ずっと柔らかい馬場で
調整をしてきたオリオン。

久し振りに
ダートだけでの調整となり
何とか硬さを抑えながら
仕上げられたかな…
と思っていたが
芝を走ってみると
かなりの硬かった様子。

ジョッキーも
最終追い切りに騎乗して
違和感なくレースに臨んでくれたが
レースのスピードは
やはり違う。


意思表示が明確な
オリオンだけに
最後は

『嫌だ‼』

と態度で示したみたい。


早めに止めてもらったことで
大事に至らなかったのは何よりです。




昨日は
札幌競馬臨場から
どうしてという用事があったため
一度羽田へと移動し
夜遅くに美浦へ帰宅。

それなら朝一番
美浦で調教に乗って
再度札幌へ…
と張り切っていたが
厩舎スタッフも
役者が揃っていたので
朝のチェックだけを済ませて
改めて羽田へ移動。

こういう時に
任せることができるようになった
スタッフにも感謝。




追い込まれていた日曜日の出走分。


羽田での待ち時間と
飛行機の中の時間で
チャッチャッと書いています。

多分ちゃんと
書けていると思うけど
少しくらいの誤字脱字
もしあったとしても
優しく受け流してください。

その分
今日も競馬で頑張ります。










◎新潟3R アイアイエンデバー D1800m 吉田 豊


前走は
やっと本領を発揮。

『道中もっと
   上手く捌けていれば…』

とジョッキーも
悔やんでいたが
今まで騎乗してくれた騎手の話や
このところの調子から力量は上位。


今回も
骨っぽいメンバーになったが
何とか頑張って
勝ち上がって欲しい。

ダートも距離も問題ないが
最終追い切りで
いつもより左にモタれたのが
今のところの不安材料。


その後のチェックで
張りのある部位など
ケアをするべき場所は判ったので
レースまでにバランスを戻して
本番で真っ直ぐ走ってくれれば
上位争いは間違いない。

さあ
後が無くなってきた
今の立場。

快心の勝利を得て
今後の伸びしろを
楽しめるようにして欲しい。









◎札幌4R シャングリラ D1000m 荻野琢真


来週からの
いわゆるスーパー未勝利に
出走できるのは
@一定期間内のレースでの前走5着以内馬か
Aレース出走回数が5回以内の馬だけ。


現在のシャングリラは
どちらの条件も満たしておらず
今できることは
出走できるレースを探して
そのレースで勝利するか
5着以内に入って権利を得ることで
次のレースに望みを繋げること。


したがって今週は
どこかのレースに
出走させることが
何が何でもの最低条件。

たとえ自らの
競走条件に合わなくとも
出走することでチャンスを広げる以外は
来週からの未勝利戦に
出走する資格は無くなる。


とはいってもできるだけ
自分の得意の距離を選びたいし…
ということで新潟・小倉・札幌と
全ての競馬場で馬房を確保。

シャングリラの得意は
できればダートの短い距離。

もちろん
芝でも対応は可能。


3場で比較すると
小倉競馬場で
少し多めに組まれている
短い距離のレース。

でも
やはり輸送が不安だし
厩舎スタッフが居ないから
調教をしてくれる人を
探さなくてはいけない。

例年になく小倉での出走馬が
多い傾向の今年は
結局出走できなくなる
可能性もある。



新潟だと
地元で調整はし易いが
短い距離は混雑。



札幌は
門別競馬場で交流競走があり
それに投票して選ばれなければ
D1000mは少し短いが
芝1200mと両睨みで
除外対象ならD1700mで
ジョッキーに工夫してもらえば
次走優先の5着ぐらいはあるのでは…。

厩舎スタッフも滞在しているので
輸送後のケアや対応もし易い。


輸送さえ上手くいけば
滞在競馬となるのも良さそうだ。


ということで
急遽札幌へ移動。



門別競馬の交流競走には
選ばれなかったが
輸送後の馬体減りも無さそうだし
何とか調整は上手くいった。


いきなりの
D1000mに対応できるか
脚質的には後ろから行きたいが
行かせなければ
チャンス少なくなるD1000m。


もうあとは
荻野琢Jとシャングリラに
しっかりと頑張ってもらうだけ。

前走は着外も
ジョッキーは

『外に出せば
  勝つところまであったのでは…』


と悔やんでいたし
シャングリラの潜在能力を信じよう。








◎札幌10R アポロヌリー すずらん賞 芝1200m 勝浦正樹



新馬勝ちをしてくれた
とは言っても外へ膨らんで
行儀が悪かった前走。

少なからず
他馬にも迷惑をかけたので
調教で矯正しなければと覚悟。


あまり酷いようなら
場合によっては馬具での矯正もと
イメージしていたが
ちょっとした馬具の工夫をし
軽く手を加えただけで
かなりの改善がみられた。

もう
意外に感じるくらい乗り易い。

それでも外へ膨らみそうな
種が無いわけではないので
できるだけその原因を消せるように
気を遣った調整を続けた。

前走後は
ほんのちょっと数日だけ短期放牧。

一度レースを経験した分
ちょっと気負いの部分も出始め
大丈夫かな…と
不安を感じるようなことも
時々あったが
レースには
きっちりと間に合った。


まだデビュー2戦目の今回だけに
完全に信用して良いかどうかは
やってみなければわからない。


でも調教では我慢も覚え
最終追い切りで
状態を確認してくれた勝浦Jからも
不安を感じさせる
コメントは聞かれない。

まだまだ2歳馬らしい
後肢の甘いところもある。

もしかして
それが前走の行儀の悪さの要因に
なっているかもしれないが
少しずつ後肢の踏ん張りも
強化の手応え。


とにかくきちんと走って
良い結果。


それが一番の
何よりもの御褒美です。





























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 46
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先生、お疲れのご様子ですねァあまり無理しないで下さい。
伸介です
2012/09/01 07:54
先生、こんにちは。
紫苑S、3頭出しですね。以前ディオベルタの秋華賞
私もあきらめていませんというお返事いただきましたが
現実に一歩近づきましたね。蛯名騎手でなく残念でしたが
一方が2勝馬じゃ仕方ないですね。代役、吉田豊騎手との
こと、パッシの母が紫苑で2着に来た時の騎手。なにか
おもしろいですね。今回はトライアルですが、どうしても
4年前の秋華賞を思い出します。今回もその時の再現が
かなうチャンスをつかめますよう応援しております。そして
出走かなわなかったアレーの分もと力が入ります。(ちょっ
としつこいですかね)あと日曜のアルヴェロンも期待が高まります。各方面で評価高いですね。先生、ウィナーズサークルでお待ちしております。(笑)長文になり申し訳ありませ
でした。ほんとはもっと書きたいんですけど・・・。
とにかくよろしくお願いいたします。
まこ
2012/09/06 17:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆9.1〜2の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる