小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆3.23〜24の競馬

<<   作成日時 : 2013/03/22 23:03   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 0

























凹んでしまいそうな
先週の成績。


思っていたように
上手く行かないのが競馬の常だが
それにしても…である。


アクシデントもあって
ちょっと休養させたほうが
良いかなという馬もいたけど
とりあえずは全馬無事だったので
今週に向けて気持ちを切り替え。


こういうときは
いつもと逆で
忙しいことが有難い。





暖かくなったかと思えば
少し寒い感じのここ数日。


皆さんも体調には気を付けて…
今週はバチッと決めたいですね。














23日(土)






◎中山2R メイスンウォー D1200m 三浦皇成


先週の
世代最後の新馬戦は
残念ながら除外。

先週の時点では
少し追い足りない感じもあったが
それでも坂路で50秒台。

経験馬相手よりも
新馬同士でのレースを
と願っての投票は
権利馬が多過ぎて
除外もしょうがないか。


一週伸びた分
今週の追い切りは
もう少し強めに。

結構しんどい内容を
我慢して乗り越えてきてくれている。

時計は水準以上も
まだモコモコとした動きで
初戦からバッチリ
という手応えではないが
ある程度は格好を
つけてくれるのではないか。


経験馬相手を覚悟していた
今週からの未勝利戦だったけど
意外にも初出走の馬が多い
メンバー構成だったので
それなら…と
ちょっと色気も出てきた。



メイスンウォーにとって
大外枠が良いほうに働けば
上位争いも夢ではない
そんな気もする。











24日(日)





◎中山3R アンバードリーム 牝 芝2000m 三浦皇成


前走後に
後肢に疲れが出て休養。


頑張って
お父さんにとっての
初勝利馬第一号を
目指していたこともあり
休養は残念だったけど
じっくりと時間をとって
立て直すことができた。


帰厩後は
後肢を気遣いつつ
坂路調教にも踏み込みながら
一応速いところはWコース中心。

当初は何となく
後肢を警戒していた感じも
だんだんとその
警戒心を解いてきてくれて
今では動きも改善。


中間の調整では
以前から気になっていた
咽喉の状態も確認してみて
現時点では特別に
気にしないでも良しという診断。


これによって
前2走のレースより
距離を延ばすことに
根拠を持って踏み込める。



1週前には
三浦Jが騎乗して
終い重点。

その時点でも
良い感触になっていたが
ジョッキーの希望もあって
今週の追い切りにも騎乗してもらい
万全を期しての出走だ。


まだまだこれから
良くなる仔なので
急いで無理をしたくは無い。


それでもあっさり勝つようなら
春の大舞台に夢を繋げて
行きたい気もする。



牝馬限定なりに
メンバーが揃っているが
実績と状態から
強く勝ちを
意識しておきたい一戦だ。












◎中山4R ブリージーデイズ 障害2880m 山本康志


勝てそうで勝てない
という平地のレースが続き
起爆剤にと障害転向。

気持ちにムラがあるので
何とか変化が出てくれば
という狙いもあったが
障害に行っても
やっぱりブリージーらしさ満載。


練習開始当初は
ジョッキーも首を傾げる
飛越のセンス。


一生懸命な面と
手を抜く面とが混在し
なかなかその中間が無い。

ジョッキーも
どう扱えば良いか
試行錯誤しながら
それでも徐々に良い面を
引き出せるようになってきた。


ほどなく

『これなら大丈夫』

と太鼓判を押してもらったが
それでも時々

『今日は良くなかったな…』

という時がある様子。


飛越が下手なのではない。

1個目は緊張して
ちゃんと見ながら飛ぶのに
上手に飛んだ次の障害では
余裕を出してかナメてしまい
手を抜くような飛越になったりする。


飛ぶことはできるのだが
ジョッキーからしたら
良く見て飛ばない時もあるので
気持ち悪い感じだろう。



一つ一つ丁寧に飛べば
ちゃんと完走はできる手応え。


500万下条件の馬とはいえ
能力はある仔なので
完走さえしてくれれば
きちんと使える脚もある。


念のため
一つ一つの障害を大切に。

そうすれば結果もついてくるはずだ。









◎阪神9R ラスヴェンチュラス 四国新聞杯 牝 芝1800m 秋山慎一郎


前走後は
ここだけを目標に調整。


他のレースで乗せてくれないか
という有難いお誘いもあったが
阪神外回りの芝1800mで
栗東での滞在調整も可能。

番組の関係から
場合によっては小頭数
ということも期待できたので
じっくりと構えて待った。


昨秋の
秋華賞以来の栗東滞在で
2度目のお陰もあってか
前回とは違う落ち着き具合。


飼い葉食いでも
大きく苦労することは無く
思ったような調教は消化して来れた。


前回の滞在と違い
今回は馬体重を気にしないでの調整。


390キロ台での
出走も覚悟しながら
十分な調教量を課し
もちろん並行しながら
考えられるケアを施し
やることはやってきたので
ここは勝ってくれないと。


予想通りの
捌き易い頭数。


脚質的に
じっくりと構えたいほうなので
ゴチャつかない手頃な頭数は
自信を後押ししてくれる。


最終追い切りには
秋山Jが騎乗。

前の週までの調整で
ある程度走れる状態には
なっていたため
折り合いと
使える脚の感触を
掴み取って欲しかった。

やり過ぎには気を付けて
全体は軽くなるように。


終いはやっても構わず
足りないと思えば追って良し。

もう十分と思えば
やらずに流して欲しいと伝えた。


『凄く反応が
    良い馬ですね』


とのコメントで
最後は流して終わったそうだ。


狙ってきた一戦だし
いつも以上に
勝ちに行くという
積極的な気持ちも必要だが
小頭数は大きな味方。


馬場さえ緩くならなければ大丈夫。


























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆3.23〜24の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる