小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆4.13〜14の競馬

<<   作成日時 : 2013/04/12 22:38   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 1




























先週は
一ヶ月振りの勝利。

それも
1日2勝。

加えて
所属騎手の長岡が
厩舎所属馬での初勝利。

騎乗していたワイルドジョイは
若馬の頃に2度
後肢を痛めて
地方からの出戻り。

肢元が弱く
ずっとダートを使ってきていた中で
やっと前走が初めての芝競馬。


後方からで
着順も悪かったけど
ジョッキーから

『芝が向かない感じはしなかった』

とのコメントもあり
もう一度芝にチャレンジしての勝利だ。


これまでに何度か
もう諦めようか…
という空気になったりしたが
根気よくやっていれば
良いことがある。


お付き合いいただいた
馬主さんに感謝。


あちこち痛めながらも
ここまで頑張ってくれた
ワイルドジョイにも
頭が下がります。


前走の小倉競馬のあと
硬い芝を走ったせいか
やっぱり肢元が嫌な感じになった。


正直いって
今回の結果と
レース後の肢元次第では
決断もしなければいけないか…
なんてことも考えつつの出走。

馬場が味方したり
枠が良かったりという
色々な条件を見方にしたとはいえ
本当に嬉しい勝利だった。

長いこと
厩舎にいる馬なので
おそらく全員が
何らかの形で係わって
ジョイくん
ジョイくん
と皆に可愛がられながら
小さな馬体で頑張っている。



そんな管理馬を
所属の長岡が騎乗して
勝利できたのは
とにかく嬉しいの一言。



レース後も
肢元は大丈夫。



コツコツと…
が実を結ぶと救われる。



今週もこの勢いで!!









13日(土)




◎阪神11R フリソ アンタレスS D1800m 松山弘平
 

栗東TCに滞在し
状態良かった前走は
結局外に出すことができず
脚質を生かすことなく
終わってしまった。

美浦TCに戻り
順調な調整を経て
臨む予定だったマーチSは
賞金順ギリギリで除外。

アンタレスSに切り替えて
調整を進めている最中
坂路登板中に
隣を走っていた馬に
お尻を蹴られてしまった。


蹴られた後は
気にすることも無く
その日の午後も
大丈夫だったのだが
翌日になって気にする素振り。


レース迄の
間隔もあったので
少し楽をさせた。


その後の
調整過程は一応順調だが
何となくピリッとしない感じも。


坂路での調教も
気にせずこなせているのだから
もう蹴られた後肢は大丈夫。


でも
少し楽した分だろうか
もともと調教は
全然動かないタイプだけど
最終追い切りの感触が
大人し過ぎるというのが
調教担当者の話。


かなり強いメンバー構成。

それでもフリソらしい
早め早めの仕掛けで
自分のスタイルに拘ろう。

そうすれば
自ずと結果がついてくるはずだ。













◎福島3R デンカノホウトウ 芝1800m 丸山元気


前走は散々。

小倉競馬場への移動後も
落ち着いていただけに
気にしていなかったのだが
レース前に気難しさを出してしまい
酷い着順だけでなく
発走再審査のおまけも。

発馬機への寄り付きは
美浦帰厩後ほどなく改善。

再び
落ち着きを取り戻し
目標に定めたのは新潟競馬。


でも
ちょっと間隔が空き過ぎ。


だから
中間は一回福島に出走させ
入着だけは外さない
控える乗り方を心掛け
もし勝利せずとも権利さえ取れれば
次の新潟で勝負できるというプラン。



距離については
血統的なものに加え
終いも止まるので
短くするか…という意見もあった。

しかし
デンカに跨ったことがある
大勢の意見を集約すると
やっぱり中距離くらいの流れが
向きそうなタイプ。


前々で
積極なレースを意識していた分
終いが甘くなる競馬に
なってしまっていたのかもしれない。

今回は控えるレースで
終いがちゃんと伸びるのかも
確認しておきたいところだ。


一見
硬そうに見える歩様だが
乗ると柔らか味が感じられる
今の状態。


『前走のゲートの失敗は
        自分の気の緩み』


『控える競馬で
    しっかりと結果を出したいから…』


引き続いての騎乗を志願した
丸山Jにもう一度託す。


先週の
アクシデントの影響が
心配だった鞍上。

今週の調教で
デンカノホウトウの発走試験に跨り
デンカの落ち着きある状態だけではなく
自身にも痛みがないことを確認できて
ホッとしていた様子。

色々な鬱憤を
晴らすつもりで乗って欲しい。










14日(日)





◎福島2R ジャングルハット 芝1200m 中舘英二


気持ちが高揚しやすいので
間隔を空けながらの出走。

慌てさせないように
気を付けていることもあって
少しずつではあるが
落ち着いてきている手応え。


前走は
勝ちに行ったぶん
前々での競馬。

じっくりと乗れれば
もう少し際どかった
のではないかとも思う。


でも今回は
あえて距離を短くして
芝1200m。

距離短縮のプランが出た時は
乗った印象や気性面に加え
その背中の感じから
ちょっとキツイのではないか
と思ったりしたが
母のシャルロットノアルは
芝1200mの新馬戦で
スタートで後手を踏みながら快勝。

2戦目も
芝1200mの函館2歳Sで
後手を踏みながら5着。

血統的に
母系にも短距離馬が多い。

前走も
スタート後の芝の部分で
マズマズのスピードは見せていた。


父の印象から
少し距離があるところで
という気持ちもあったが
ここは思い切って
距離短縮の意見に
賭けてみようという気になった。

芝1200mと決めたからには
調教でも距離短縮を
意識しつつ。


でもでもやっぱり
短い距離だと何となく
バラバラになりそうな…
という感じが続く調整過程。

ところが
坂路で行った
最終追い切りの感触では
もしかして芝1200mでも
好勝負できるのでは…?
という状態を確認。


出走直前になって
状態面でも楽しみが増す。


メンバー面でも
距離適性さえ当たれば
十分に勝利可能。


厩舎管理馬に
久々の騎乗となる
中舘Jの手腕にも期待だ。







◎福島7R モエレプレジデント D1150m ▲長岡禎仁


地方競馬からの
出戻り再挑戦。

良いものを持っていながら
咽喉の弱さがウィークポイントで
距離は短めが良さそう。

地方のレースでも
距離を短くしてから勝利。

まずは福島D1150mで
どういった面を見せてくれるか。

調整過程は良い感じも
追い切りの終いの部分で
少しモタつく。


今回は減量起用で
現時点での状態だと
どういう内容の競馬ができて
どの程度通用するか
今後に向けての確認込み。


未勝利で在厩していた
以前よりも大人になって
落ち着き十分。

血統が良く
このクラスに居て欲しくない
好馬体の持ち主だけに
良いところを見せて
今後の期待を広げたい。

































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶりにコメントさせていただきます。

先週のワイルドジョイと長岡Jおめでとうございます。機会を生かすことができるかどうかは本人の努力次第ですが、平等に若者にチャンスが与えられる。そんな世の中になってほしいと思っております。でも、私は別に長岡Jの関係者ではないですよ(´∀`)

ところで、明日のデンカノホウトウですが、馬券圏内もありじゃないかと思います。好走を期待しています。
馬券プロshrike
2013/04/13 00:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆4.13〜14の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる