小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆4.20の競馬

<<   作成日時 : 2013/04/19 23:07   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0





























だいたいいつも
日曜日分の更新が後になるので
今週から分けてやってみます。



ということで
とりあえずは土曜日分。






入厩以来
右の後肢の保持を嫌い
その影響で削蹄や装蹄ができず
困っていた馬。

特別にお願いして
『ホースクリニシャン』の方に
見ていただきました。


以前にも
注射させない馬がいて
その馬を見てもらったことがある。


注射ができないと
美浦TCに入厩できない。

なぜなら入厩時には
伝染病の検査や予防注射など
注射をすることが必須だから。


その馬の時には
育成牧場の時点から
ケアしてもらっていたが
入厩する段階になっても
完全に馬自身が
注射を受け入れていなかった。

だから
わざわざ美浦TCに来てもらい
どうやって射てたか
その方法は割愛するが
無事に注射を受け入れ
入厩することができた。

もちろんその馬は
その後時間を掛けて
徐々に注射を
受け入れるところまでできた。









今回は
以前から装蹄を
嫌がる傾向があった馬。

後肢の弱い部分が原因で
装蹄の時に強く後肢を
保持されるのが辛い。


その辛さが増長し
脚を上げることに対し
拒否反応が強くなっている。


削蹄ができないと
馬の肢元にも影響が出るので
やむをえず鎮静剤などで
落ち着かせながらという
対処方法を選択せざるを得ない。

ところが
『ホースクリニシャン』
というレベルになると
ちょっと違う。



馬の
一つ一つの仕草や
特性を見抜いて
力と力のぶつかり合いを避け
馬自身がそうしたくなるように
そうせざるを得ないようにする。

…そんな感じかな?



もちろん私達も
馬を走らせるうえで
できるだけ強制させる方法は避け
馬自身のの意思が
我々の意図する方向に向かうよう
それを理想にやっている。

でも
なかなか言うほど
簡単ではないし
日々の積み重ねで
それを養って行くという毎日。




今日来ていただいた
『ホースクリニシャン』の方は

ゲート入りの悪い馬

発馬機内で暴れる馬

その他悪癖多数…


たぶん
そのほとんどのケースを
改善してきている。


もちろん時間を掛けて
直していくケースもあるが
今日は予想以上に早かった。

力のある馬だし
結構頑なになっているので
大暴れして怪我をしないよう…でも
そんな心配は杞憂に終わる。





この方と接する度に
目から鱗が落ちる思いを
何度も経験してきました。


我々も
考え方は理解しつつ
なかなか直すというケースに
巡り合うチャンスが
少ないこともあって
方法論で行き詰ることがある。


プロといわれる世界でさえ
いまだに必要以上に
あるいは強引に
力で押さえつけるような
現場を見たりもする。



立ち会って
現場に居た人たちは
神業のような

『クリニック』

に皆が驚いていた。



たぶん
『ホースクリニシャン』

ではなく

『レディークリニシャン』

だったとしたら

金の力も
体力も使わず
どんな女性でも虜にしてしまう
そんな例えが解り易いかな…?



終わってからは
厩舎スタッフの疑問質問にも
答えていただき感謝です。


あまりの素晴らしさに
やっかみもあるだろうし
色々と弊害も
生じてくるかもしれませんが
これだけの技術を持ちながら
まだまだ勉強を惜しまない姿勢。


これからも
様々な障害に負けず
頑張ってください。


遅れることなく付いて行けるよう
私達も頑張りたいと思います。


興味がある方は…

    


http://www.facebook.com/shigeyuki.kojima.39#!/tomonori.miyata.31

http://www.cowboy-up-ranch.jp/

http://www.equus.co.jp/topics001/546.html#01












◎東京9R ポップアップハート 新緑賞 芝2400m 三浦皇成


前走は
残念な3着。

ただ残念だっただけでなく
直線の入り口で内を突いた際に
前の馬が内に寄ってきて
ラチに突っ込みそうになって
ブレーキが掛かった。


それ以降
なぜか自信を
無くしてしまっているポップ。

余程嫌な思いをしたのだろう。


前走後も
栗東TCに滞在し
関西エリアのレースを予定していたが
音にまで敏感になってしまい
週末の競馬に行く他厩舎の
馬運車に乗せる荷物を
運んでいた音に驚いて尻餅。


その際に怪我をして
やむなく美浦に帰厩した。


一旦放牧という
選択肢もあったが
幸いなことに歩様は気にならず
ポップ自身も怪我そのものは
気にしていない感じだったので
美浦に在厩したまま調整。


精神的なトラウマが
一番の課題で
とにかく時間が掛かった。


過去の戦歴を見ると
ここは負けられない一戦。

調教も時間を掛けて
精神面でも回復が見られるが
レースに行ってどうなのかは
やってみなければわからない。


乗って感じる能力は
500万下では悠々上位。


怪我の回復を図ったロスと
間隔の空いた経緯もあって
最終追い切りは
やや重い感じの残る内容。


このレースでは
何よりも精神面の
復活を見せて欲しい。







◎福島9R パッシフローラ 牝 芝2000m 丸山元気


上手く行かない
レースが続く。

手応えと
過去のレース内容から
どうも終いで切れる
イメージがあるようで
脚を余して負けている感じ。


理想は
初勝利を挙げた時のような
能力を信じて押し切る内容。


前走後の放牧で
リフレッシュしたこともあってか
ずっと付き合ってきて
良くなる期間が短かった
毛艶もいい感じ。


体質的にも
強くなってきたのだろう。


まだ緩さは残る。

坂路での追い切りでは
最後にモタつくから
福島の平坦コースは良いはず。


前々走時に
着差の無い
惜しい競馬をしてくれている
丸山Jにも

『馬の力を信じて…』

と頼んでおいた。






















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆4.20の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる