小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆6.2の競馬

<<   作成日時 : 2013/06/02 00:37   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 3





























東京競馬場から帰宅後
ついつい横になってしまい
起きてみたら家族は既に
食事後の入浴や
寝る準備。


起こされても起きなかった
私に待っていたのは
ブログを含めた
たくさんの用事でした。

もう数時間後には起床。

もう一日
気合を入れて
良い日曜日にしたい。






◎東京4R ギンザマーシャル D2100m 松岡正海


過去に
好走したのは
先行できた時。


それが
勝利への大きな条件ということを
前走の2着で証明してくれた。


今までは
発馬機内での落ち着きの無さが
先行できない原因となっていたので
前走前から入念な駐立練習。

もちろん
今回も駐立だけは
悔いが残らないように
時間を見つけて練習を重ねた。


はたから見ていて
調子が良さそう。


前走の時計も良い。


ポンと
出てさえくれれば
安心して見ていられるはずだ。






◎東京6R ウイングオブライト 芝1800m 武 豊

肢元が弱く
入厩が遅れた。

今までの経験から
こういうケースの殆どは
調教を進めていくうちに
何か不安点が出る可能性が高いため
基本的には坂路中心の調整。


意外にも肢元は
我慢してくれているというか
入厩当初から変化なく
少しずつとはいえ
イメージ以上に
平地での調教も
課すことが出来た。

それでも調子に乗って
平地で追い切りをすることまでは
踏み込まないように…。



どちらかというと
前肢より後肢の弱さが気になり
調教を強くし始めた頃には
後肢の違和感を
実感することのほうが多かった。

後肢が
我慢できるようになれば
前肢にも良い影響が
出てくれるのではないか
そう思いながら調整を続けてきた。

想像以上に
順調な調整過程は
何よりも嬉しい誤算だ。


何らかの不安点が発生したら
ダートからエントリー…
と思っていたが
これまでの順調な経緯と
走法から考えて
芝から試してみて
良さそうな気配。


母系的には
芝も距離も対応できそうだ。

この時期の未勝利戦だから
一戦一戦悔いがないよう
積極的にチャレンジ。

勢いが戻ってきた
素晴らしい鞍上を
確保できたことも心強い。

経験馬が
相手となることなど
初出走の身分としては
キツイ競馬も覚悟。

想像以上にスムーズだった
これまでの経緯から
ここでも更に
踏ん張ってくれる
そんな姿を期待しながら
レースを迎えたい。









◎東京9R ディオベルタ ホンコンJCT 芝2000m 蛯名正義


1000万下で
好走が続きながら
勝ちあがれず
500万下に降級。

『状態は良い感じになっていたけど
            緩んだ馬場で踏ん張れなかった』

と前走後の蛯名J。

なかなか
骨っぽいメンバーに
当たってしまった印象だが

『牡馬相手でも
     十分通用する馬だから
              心配しないで』



『大事に使っていけば
       必ず走ってくるから』と

どこまでも強気の鞍上。

乗ってもらう以上は信用するしかない。


前走後は
当たり前の疲れは出たものの
回復も早く
大きな変化なく順調。


特別に
何か起きたというような話もない。


これからの期待度を考えれば
強いメンバーとはいえ
500万下あたりでは
あっさりと勝って欲しい。









◎東京10R グランマルシェ 由比ヶ浜特別 芝1400m ハンデ54kg 長岡禎仁


イメージ通りに
全てが上手く行って
久々の勝利。

それでも
パドックの腹回りは
まだスッキリできそうな
感じにも見えた。

レース後は
ハンデ戦のここを目標。


直線が長く
勝った新潟と同じ左回り。

ハンデ戦なので
過去の戦績から
あまり斤量は
背負わされないだろう。

距離を短くしたほうが
行き出してから
ブレーキを掛ける心配が
少ない気もする。


もう少し
スリムにできればと
短期放牧をすることで
輸送での馬体重減を期待。

帰厩してからは
プール調教を再開してみた。

以前
馬体が硬くなったいた頃に
プール調教をしていたことから
その関連性を心配する声もあったが
マズは踏み込んでみて
それで判断。

幸いなことに
プール調教を課しても
馬体が硬く変化することはなかった。

骨瘤は
やっぱり気になるので
プール調教をしている分
今回は坂路で最終追い切り。


平地調教については
普段できるだけ
走らせるようにして
補ってみた。

最終追い切り後に
美浦で計測した馬体重。

その数字が本当なら
また少し減らすことができそうだが
それでも見た目は今でも
ポヨンポヨンと見える腹回り。

マルシェ自身が
こういう体型だというのも
あるのだろうな。

距離が短くなるぶん
いつも以上に
追走は厳しいかもしれないが
前走で出していった成果だろうか
調教でも少しはダッシュする気が
垣間見えてきた。

積極的に出して
道中は少し行きたがるのを
抑えて怒らせて
4コーナーからは
ブレーキを掛けないように
スムーズに…。

鞍上の長岡Jには
続けて乗せてもらえるのだから
悔いの無い
納得いく競馬を。












































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
テスタメントですが、骨瘤が出ているって情報を聞いたのですが、どんな感じでしょうか?
デビューはいつ頃を目指しているんでしょうか?
洋食
2013/06/02 12:19
ウィングオブライトに出資している者です。
一時はデビューできるのかという状態からデビューまで持って来ていただき感謝しています。
綺麗にタテガミを編んでもらってピカピカの馬体で厩舎の方々の愛を感じ感動しました。
まだ幼いし脚元への不安もあるかと思いますが、引き続きよろしくお願いいたします。
ほっしー
2013/06/03 10:38
洋食さん、ほっしーさん、コメントへの返事遅くなって申し訳ありませんでした。


テスタメントの骨瘤は、いわゆる出始めたばかりで、無理をすれば大きく育つ恐れがあることから放牧となりました。
通常の回復ペースで行ければ、新潟競馬くらいでデビューできないかと今の時点では考えています。



ウィングオブライトの無事なデビュー。レース後に異常がないことを確認し、とりあえずホッとしました。
ジョッキーからも良い感触のコメントをもらえましたし、何とか次走以降も、良いテンポで進めて行きたいですね。
引き続きの応援宜しくお願いいたします。
調教師
2013/06/14 23:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆6.2の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる