小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆7.27〜28の競馬

<<   作成日時 : 2013/07/27 00:16   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 1




























このところ
涼しいとは言えないまでも
いつもより過ごし易い。



管理馬たちも
本当にバテていそうな仔は無く
比較的調整に苦労せず
助かっているが…。


表情や
汗のかき方から
調教量が適正かどうか
判断するのが悩ましい毎日。


バテる前に
気付いてあげないと
全て台無しになるし
かといって未勝利馬などは
必要に応じての連戦に
耐える体力を残す術
上積みを取るか
維持を取るか
例年の事ながら難しい。




今週は
土日の中央開催に加え
月曜日と水曜日に
地方交流競走。


美浦→新潟→美浦

美浦→函館→馬産地

馬産地→盛岡→函館

函館→園田→美浦


もう
移動自慢だね。


『臨場頼めば
     いいじゃん』

よく言われるし
そう思うけど。

行ける手段があるのなら
行っておきたいし
行かなければと思う。


行けるのに行かずにいて
どこかで映像を見ていると
何となく落ち着かない。


それに
何故だか探してみると
行けるような
交通手段があるのだから
不思議だ。



良い結果が出てくれないと
最後の美浦帰りで
力尽きてしまうかも。


でもご心配なく。

どこでも眠れるし
楽しんでいる部分もあるので
大丈夫です。

変わらぬ応援だけは
宜しくお願いします。



最後になりますが
先週は勝ってくれて
何よりもホッとしました。

パッシよ
次も頑張ろう。












27日(土)





◎新潟9R モエレマリーア 閃光特別 芝1000m 戸崎圭太


一発を期待。

距離の融通が
利きそうなタイプと
落ち着くのを待ちながら
丁寧に調教をやってきた。

無理せず慌てずのお陰もあり
調教ではかなり大人しくなり
競馬でも以前ほど
気を遣わなくて良くなっている。

しかし
それに反比例して
競馬に行っての
レースでの好走パターンが
だんだん狭まってきている感じ。


この際だから
距離に対する拘りを捨て
ノビノビと走れそうな
芝1600mや
芝1400mをと
選択してみたが
まだマリーア自身の気持ちや
レースの流れに影響を受けてしまう。


直前までは
日曜日の芝1600mを予定も
どうせメンバーは濃いだろうし
場合によっては除外もあるか…と
ぼんやりとではあるが
芝1000mへの変更を
頭の中に置きながらの調整。

蓋を開けてみれば
芝1600mは
一応出走可。


ただ
意外に芝1000mも
相手関係は悪くなく
厩舎スタッフからも
シフトチェンジに前向きな声。


枠順に左右され易い
と言われる芝1000mだけど
今回は開幕週だから
枠がどこでも影響を受けず
適性がハッキリと判断できそう。


オーナーにも
ご理解いただいて
芝1000mに名前が無かった
戸崎Jを確保できたのは幸いだ。



開幕週なら
大丈夫な筈だけど…
それにしても…の
1枠1番。


開業まもない頃
夏の新潟競馬で
未勝利と500万下の
芝1000mに
それぞれ一頭ずつ出走させたら
二頭とも1枠1番だったのを
思い出した。


枠番を決めるシステムに
メンテナンスを
求めたくなる。


急がせ過ぎると
ピッチが速くなり
馬体の使い方に
無駄が出る走法。

急ぎたい気持ちを
丁寧にハミに乗せて
背中を徐々に伸ばしていけば
能力的には通用するはず。


やや急仕上げの印象も
適性有りという結果を
期待している。








◎新潟12R ラスヴェンチュラス 牝 芝1800m 蛯名正義


ここでは断然なはず。

前走は
そろそろ芝1600mでも
対応して欲しいと
距離を短くしてみたが
やっぱりまだ芝1600mだと
小忙しい。

レースを見ていても
ほとんどタメが利いていなかった。


さて
適性十分の
条件に戻って
ここは黙って昇級したい。

調整過程で気になったのは
中間の息遣いの悪さと
仕掛けての反応の悪さ。

息遣いについては
レースが近くなるにつれ
気にならなくなっているが
仕掛けてのモタつきだけは
ずっと変わらず。

ただ
反応が遅いだけで
行き脚がついてからは
余裕の手応え。


少し前に
坂路のウッドチップの
入れ替えがあり
馬場状態の変化が
原因だろうと思いながらも
厩舎サイドは小さなことが
気になるもの。

獣医さんに聞いても

『良い感じですね!!』


削装蹄をしに来てくれた
装蹄師さんに
脚を持った感触を訊ねても

『かなり良いんじゃないですか!!』


と言ってくれるのだが…。



まあ
レース後には
ホッとさせてくれるだろう。



開幕週の馬場状態で
先行有利になりそうな点。


坂路の馬場状態が
変化しただけでモタつくような
天候の変化による
馬場状態が気になる点。


色々と心配させた分
鮮やかに勝利して欲しい。








28日(日)







◎函館9R ブリージーデイズ 七重浜特別 芝1200m 三浦皇成


前走は
障害馬としての適性を見限って
久々となる平地競走。

さすがに
スタート直後は
ペースの違いに着いて行けず
戸惑っていたようだが
ジョッキーが最後まで
しっかりと競馬してくれた事もあり
今回は変わり身を
期待できるのでは。

短期放牧を挟んで
帰厩してからも順調。


相変わらず
ところどころで
ズルい面を見せているが
これも好調の証だろう。


ブリージーの狡さは
意外にも解り難く
乗り手の指示に従順なようで
知らず知らずのうちに
乗り手に対し
優位に立っている。


乗り手が気付かずにいると

『わかった
    わかった』

と指示に従っているふりをしながら
後ろを向いてベロを出しているタイプ。


この状態が続くと
肝心の競馬で

『走るのヤーメタ!』

となる。



だから調教では
走るのが終わって止める時も
あっさりと止めずに
止めるように見せかけて

『もう少し行け!!』

とやってみたり

止めた後で
馬場から出る際に
Uターンするのにも
右に回転するふりをしながら
左に回転させたりして…
更にもう一度右に回したり。


とにかく
脳を刺激するというか
常に乗り手に
集中している状態が必要。


レースでも
好走した時は
返し馬で乗り手より
優位に立とうとしながら

逆に
怒られて

『わかりました
     ゴメンなさい』


と緊張感を維持しながら
ゲートに入った時が多い。


前走は
悪いことをせずに
無難に返し馬が終了。


これだと
中途半端か…。


今回は
もう少し時間を掛けながら
ブリージーと対峙し
悪いことをしなければ良し。


悪いことをするならさせて
その後優位に立ってから
競馬に向かうつもりで…と
ちょっと面倒なリクエスト。


方法はどうであれ
緊張感を確認してから
レースに向かって欲しい。


それさえできれば
結果はついてくる。



























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 47
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
おめでとうございます!!
直線、応援に力が入りましたよぉ^^
はるぱぱ
2013/07/28 16:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆7.27〜28の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる