小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆8.16〜17の競馬

<<   作成日時 : 2013/08/16 22:57   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 0




























まだ
万全とは言えないが
体調はマズマズ。

管理馬達も
夏バテすることなく
上手く夏を乗り切れそう。



今週明けから
函館が凄く蒸していて
月曜日午後から滞在し
木曜日に美浦に戻ってきたら
美浦のほうが良いのでは
と思うくらい。


未勝利馬達の
残された時間も僅か。


馬房の都合に加え
優先出走や出走節に
頭を悩ませながら
一頭でも多くの勝利を。














16日(土)







◎新潟7R クリノグランデ D1800m ▲長岡禎仁


久々の前走は
スタートで後手。

道中の内容は
マズマズだったが
最後は息切れか。

一度使った分
今度は上昇を期待だが
少し後肢が疲れ易い。

当初は先週
出走予定だったが
抽選で除外。


後肢をもう少し
良化させたかったので
除外を味方にしたいところ。

最終追い切りは
Wコースで単走。

万全とか
満足には一息だが
先週よりは少し良化。

未勝利でのチャンスは
あと2回まで。

少しでも
チャンスを増やせるよう
何とか入着以内を。









◎新潟10R ラスヴェンチュラス 阿賀野川特別 芝2200m 蛯名正義


新潟内回りの
芝2200m。

脚質的に
なんで内回り…?

という意見もあるようだが
前走後に次走予定を検討した際

『一度試してみては…』

という感じで出てきた話。

ラスヴェンチュラスに
乗り慣れているジョッキーは勿論
関係者の意見は

『やってみる価値有り』

で一致。


芝2200mは内回りで
確かに直線は短いが
他場と比較して
著しく短いわけではない。

実力が
ハッキリと表れ易い競馬場
という評価もあり
あとは立ち回りが課題。


ジョッキーも色々と
考えてくれるはずだ。

何かと
心配していた前走は
結局杞憂に終わり

『次もこのままで良い』

『特別良くしなくても大丈夫』

という騎手のコメント。



先ずは馬体回復に努め
最近は肢元が浮腫み易いため
出走するかどうか最終的には
肢元の状態次第。


そんな課題を抱えていた
肢元の状態も
前走後から与え始めた
関節に良いというサプリメントが
効いたのかどうか…

ほとんど
不安が無い状態で
今週の競馬を迎えることができた。



今週の最終追い切りは
単走でサッと流した程度。


予定より
時計が速くなったのは
馬場の内めを通ったためで
いつも通る外めなら
1〜2秒は違う。


時計はさておき
手応えは持ったままで
良い感じ。


前回このクラスにいた時は
勝ちきれずに手間取ったが
ほとんどの競馬が
消化不良のもの。


苦手に見える
新潟競馬の内回りで
骨っぽいメンバーで勝利できれば
今後が益々楽しみだ。












17日(日)





新潟競馬場から
函館競馬場への移動が
JR北海道のトラブルもあって
大変な目にあった。


時間が無くて
少し急いだ感じの
内容になってしまいましたが
どうか御容赦下さい。







◎新潟10R グランマルシェ 豊栄特別 芝1600m 長岡禎仁

前走後は
このレースを目標に
放牧先でのリフレッシュを挟み
美浦TCに帰厩。

良い雰囲気で
戻してもらえたこともあり
調整では暑さにも負けず
結構ハードな調教を課しても
耐えてきてくれた。

ただ
本当に良い感じには
もう一歩。

特別気になるところが
あるわけではないが
もう少し良くできそうな
感じがする。


それを補う意味でも
展開を味方にし
久々に勝利した時のような
思い切った競馬が重要。

前走は
馬場が緩んだのが原因で
直線で伸びず。


今回は
良馬馬で行けそうだし
追い出したらブレーキを掛けず
しっかりと伸ばしてきて欲しい。









◎函館3R デンカノホウトウ 芝1200m 丸田恭介


距離短縮。

以前から
距離を短く
という話はあったが
馬体の緩さや
気性面を考えて
慌てさせないような
距離選択をしてきた。

しかしもう
差し迫った立場
前走までの競馬内容
馬体面での成長などを考慮すると
距離を短くすることに
賭けるしかなくなった。


前走は
走ることを嫌がってか
後方からの競馬。

向こう正面から
果敢に行こうとしてくれたのに
その扶助に驚いて走りがバラバラ。

砂も嫌がっていたみたいだし
走りに集中できていない。


ジョッキーもビックリして
レース後は色々と意見をくれたが
ほぼ全てが既に厩舎で
試してみていること。


もうこうなったら
逆の発想で
距離を短くし
ブリンカーを装着して
気持ちをカッとさせる方法で
能力を引き出すしかない。

最終追い切りは
丸田Jに騎乗してもらい
感触は決して悪くなく


『もう少し走っても
いいはずですね』


『走法から
短い距離だと工夫が必要』

と言ったコメントが聞かれ
予定通りブリンカーを装着して
一発に賭けることにした。


追い切り翌日から
精神的な脆さを
垣間見せたので
金曜日には再び
丸田Jに騎乗してもらい
ブリンカーを装着しての
発馬機の入りと
駐立練習。

それ以外は
落ち着かせることに集中。


何とか集中して
力を発揮して欲しい。










◎函館10R パッシフローラ 支笏湖特別 芝2600m ハンデ53Kg 戸崎圭太
  

鞍上の
好騎乗もあって
念願の2勝目。

それでも

『なかなか難しい…』
というコメント。


目一杯走って勝利する内容に

『毎回目一杯を求めると
         走るのが嫌になるかもしれないから
                      気を付けたほうが良い』


『飽きさせないように
       時々違う距離や
             違う戦法も必要な気が…』


といったアドバイスをくれた。



もう一度同じ鞍上でと
当たり前に希望したが
ギリギリまで待っても
都合がつきそうに無く
鞍上がなかなか決められずにいたが
幸いにも戸崎Jが空席に。


地方交流での騎乗などがあり
調教で乗ってもらうことは叶わなかったが
レースのビデオはしっかりと見てもらい
あとは当日に最終打ち合わせ。



馬房の関係もあって
入厩から日が浅いなかでの出走。


ほんの少しだけ
気持ちの面でも
バランス面でも
前走にはもう一歩。


持ち前の実力と
北海道の馬場との相性で
どこまでカバーしてくれるかが
カギとなる。


前走のように
スッとスタートを切れるか…。


もし行けなくても
外枠を生かす騎乗で・・・。


いずれにしても
やはり思い切った競馬で
力を出し切って欲しい。





















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆8.16〜17の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる