小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆8.31〜9.1の競馬

<<   作成日時 : 2013/08/31 08:22   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 3



































一般の
純粋な未勝利戦は
今週で最後。

何としても
限定未勝利に向かう
権利が欲しい馬。


一走でも多く走らせて
少しでもチャンスを
広げたい馬。


様々な思惑があった中で
今週は一頭だけ
節が足りずに除外。


出走回数が少なくて
もう一回出られるのが救いだが
どの馬たちも踏ん張りどころ。



生き残りに必死だ。














31日(土)





◎新潟6R ハナレイビーチ D1200m 北村宏司


競馬だと
調教のように
折り合いがつかず
とうとう距離短縮。

調教では
上手くいっていたこともあり
希望を持って臨んだ前走だったが
スタート直後に横の馬が
出鞭を入れながら
懸命なダッシュ。


ハナレイには
刺激が強すぎる出来事で
その時点で全てが
終わったとのこと。

もうこれ以上
無理に抑える努力はせず
距離短縮する方が賢明と判断。


中間の調整で
肢元に疲れを発症。

ちょっとヒヤッとさせられたが
一時期だけ調教を軽くして
その後は徐々にペースアップ。

ここ数週間は
通常の追い切りも消化し
十分な調教を積むことができた。


短距離出走とはいえ
必要以上に気を入れないよう
前回同様に
調教では折り合い重視。


仕掛けた時も
あえて抜かずに併入まで。


コンディションは良好。


スピードへの対応や
道中の気の入りなど
やって見なければわからないが
未勝利で上位争いはできる手応え。



何とか勝利をと
希望を持ちつつ
もう一回出られるはずの
限定未勝利戦へ向けて
最低でも権利を
掴まなければならない。











◎函館5R ギンザマーシャル D1700m 三浦皇成


得意なはずの長距離も
小回りの函館競馬場だと
立ち回りが難しいようで
しっくりとこない入着止まり。


速い脚が無いのだから
行き出したら緩めない方が良い。

早め先頭で
押し切らなければ
勝算は低くなる。


連闘で
函館D1700mか
中山まで待って
D1800mで勝負を賭けるか。

難しい選択。


函館の場合
入着しなければ
もう限定未勝利戦には
出られない。


中山まで待った時は
最後の一発勝負。


小回りの函館と
中山競馬場の比較だと
少しでも広いはずの
中山が良いだろうけど
新潟組と函館組が合流し
函館だけのメンバーよりは
間違いなく濃いはず。


最終的には
マーシャルの状態と
メンバーとを考慮して
チャンスを一回でも広げるという
意味もあっての函館連闘。


最低でも入着しなければ
全てが台無しになる。


勝利を掴むためには
大胆な騎乗が求められ
しかし入着を
外してはならない。

鞍上には
難しい注文を
することになるが
人馬一体となって
克服して欲しい。


どの出走馬も
同じ立場で
同じ気持ち。


いつもとは違った
流れになり易いはずの
終了間近の未勝利だから
間隙を縫うような騎乗を。
















1日(日)




◎新潟5R スズカヴァンガード 芝1800m 西田雄一郎


発走試験合格に
8回も(だったかな…?)
かかったらしい。

わざわざ数えて
教えてくれた人がいた。
(有難うございます)


すごく立派で
走りそうな馬体なのだが
まだ気持ちが乗って来ず。

全兄がウチの厩舎にいて
上手く育ててあげられず
今も心残りの終わり方。


血統的に
ノンビリ屋だからと
弟のヴァンガードは
意識的に早目に入厩させ
刺激してみようというプラン。

ところが
やっぱりノンビリ屋。

おまけに
指示を与える時の
扶助に対して
ちょっと逆らう傾向あり。


そんなこともあって
発走試験受験回数を
何度も受けることになった。


凄いところが
普通の2歳馬なら
これだけ受けると
苦しくなったり
馬体面でのガタがくる。

ヴァンガードも一時期は
少し苦しくなりそうな
気配を見せながら
それを簡単に乗り越えて


『まだ受かんないんですか〜』


と周りの厩舎から
冷やかされる有様。


入りも
駐立も
ほとんどが問題無し。


スタートが

『よっこいしょ』


ダッシュが

『バサ〜バサ〜』


と言った感じだろうか
発走委員の試験官の人達も
苦笑するしかない感じだ。


最終的には
西田Jの力を借りて
何とか合格。


へこたれない気持ちをいいことに
合格後は結構
しっかりとした調教を消化。

一週前には
併走で51秒台の好時計。


真剣に走るかどうか
やって見なければ判らないけど
とってもワクワクした気分で迎える
不思議な魅力を持った馬だ。


これまで入厩してきた
他の2歳馬達が
多かれ少なかれソエや骨瘤が
気になった中
ヴァンガードだけは
嘘のようにスッキリ。



まだ
筋肉もプニャプニャしていて
本物ではないが
とにかく早く
走る姿を見てみたい。








◎新潟8R パリソワール 芝1800m ▲長岡禎仁


左回りに良績。

特に新潟では
安定した成績。

左回りで…と
地方交流の盛岡へ
行ってみた前走は
渋った馬場のせいで
勝負どころで遅れて3着止まり。

その後は
ここを目標に
左回りを狙ってきたつもりだが
状態的にはもう一息。


どこか目立って
悪いわけではないが
本当に良い時と比較すると
何となくスッキリしない走り。

もっと良くできるのにな…と
ちょっと心残りだ。

来週からは
右回りの中山競馬。

どうしてもこの後は
右回りを避けて
左回りの東京まで
間隔を空けことになるだろうから
少々しっくりとこなくても
左回りの利点を生かして
好走を目指したいところ。

状態はそこそこでも
気分良く走ることさえできれば
頑張ってくれるタイプ。

いつものように
丁寧な返し馬と
スタート後のスムーズさ
道中の気分の持ち方さえ
上手くいけば大丈夫。


2度めの騎乗となる
長岡J。

前回は
不得手な左回りで
散々な競馬だった。


今回は
左回りに加えて
減量の恩恵。


最低でも入着を
目標にしたい。









◎新潟8R ポップアップハート 芝1800m 浜中 俊


2走前に
内ラチと馬の間に挟まれて
その時の結果は3着だったが
余程怖い思いをしたのだろうか
あの一戦で全てのリズムが
狂ってしまった。

何とか
調整して臨んだ
前走だったが
不安的中で散々な結果。


やむを得ず
時間を掛けて
心のリハビリを行い
立て直してきた。


調教では
ほとんど良かった頃の
イメージそのままに回復。


競馬でも素直に
能力を引き出せるのか
リハビリの結果を確認する
という意味が一番となる
この復帰戦。


新馬戦の時に
クビ差で先着を許したのは
後のG1馬。


2戦目の初勝利時に
アタマ差で勝利した相手は
その後重賞で好走。


ポップアップハート自身
500万下でウロウロと
している馬ではない。


本当は
先週の新潟競馬で復帰予定も
熱発で枠番確定前に取り消し。


帰厩して
調整を行っていたのは
函館競馬場。


想いの他
良い感じで調整が進み
その後のローテーションと
リハビリの結果をちゃんと生かす
ということを考えると
より馬場が広い新潟競馬場での
復帰が最良と判断しての
函館→新潟。

先週水曜日の函館で
追い切りを行い
木曜日には移動。


到着後の体温は
いつもと変わらなかったのに
朝になって少し上昇。

その後
運動前に計った時には
熱発レベルまで上昇。


直ぐ下がるようなら大丈夫
ということだったが
やや長引いたために
取り消した。


使おうと思えば
使えたというレベルだが
じっくりと時間を掛けてきて
気持ちが元に戻せたか
確認したい一戦なのに
不安を抱えた状態で
出走させたくは無い。


幸いなことに
新潟競馬場は滞在可。



そのまま
新潟競馬場で
一週間調整。


調教が終ってからは
ゆっくりと草を食べたり
砂浴びをしたり
いつもよりのんびりと。

滞在馬が少ないこともあり
気分がゆっくりできたのか
一週間の延期が
良い方に向けられた気さえする。


緩くなりそうな
馬場状態と天気が心配だが
血統的に馬場の悪化も
大丈夫ではないか…
と思わせるデーターもあるようで
気持ちの確認最優先とは言っても
ここはサラッと勝っておきたい。


ポップが
怖い目にあったあの一戦。

出走が確定した後で
浜中Jと話をしたら
記憶の中に残っていた様子。


これも何かの因縁だろうか
あとはジョッキーに託したい。









◎函館2R シナンジュ D1000m 古川吉洋


蹄骨骨折から
復活のきっかけが掴めず。

ダートに変わった前走も
向こう正面では抜群の手応えで
楽勝かと思ったらしい。

レース後は
息の戻りも早く
どうやら走っていない。

よく言われる
馬自身が蹄骨骨折の
痛みを覚えていて
自ら止めているというやつか…。

何度チェックをしても
蹄については異常なし。

ソエの痛みもすぐに解消した。



日曜の馬場状態…
硬い馬場を
我慢できるかどうか。

あとはシナンジュの
精神力に期待するだけ。


誰もが
乗り味の良さ
能力の高さを認め
未勝利で凡走することに
首を傾げる。

今回は距離を短くし
あれこれ考えずに
一気に駆け抜けることで
その能力が発揮できることを期待。


集中力を増すために
ブリンカーも装着してみた。


未勝利戦で
二着の時の鞍上だった古川J。


『黙って勝てる馬なのにね…』

と何度も
心配してくれていたように
シナンジュの本当の力を知っている。


何とかシナンジュらしさを
導き出して欲しい。





























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ハナレイビーチよかったですね。土、日と新潟に滞在してまして本日現地で見てました。ゲートがあまり速くないようですが、坂路でいいタイムが出てましたし、もしかしたらダート短距離向きかもしれませんね。

ギンザマーシャルは残念でしたが、明日のシナンジュも応援してます……と、思ったらまだ4走でしたか。いずれにせよ、シナンジュも短縮が成功することを祈っています。
シュライク
2013/08/31 20:19
この記事には直接関係ありませんが。。。
ウィングオブライトを預かってもらってありがとうございました。
体質が弱い中4戦もチャレンジしてもらってとても感謝しています。
本当に小島厩舎でよかったです。
ほっしー
2013/09/06 17:06
↑同じくキャロットでウィングオブライトの一口を持っていた者です。
関西在住で、関東入厩の馬に出資するのは少し戸惑いもありましたが、小島厩舎ということで出資させていただきました。
毎回毎回更新される近況を見て、ものすごくウィングオブライトの事を考えてくださっていると感じ、すごく感謝していました。これまでいろいろな厩舎の競走馬に出資させていただきましたが、小島茂之厩舎が一番です。
本当にありがとうございました。

本スレッドに関係ない話題を失礼いたしました。
Ambitionist
2013/09/06 21:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆8.31〜9.1の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる