小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 3.19〜20の競馬

<<   作成日時 : 2017/03/19 00:21   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 64 / トラックバック 0 / コメント 0




















































ちょっと前に
知人から

『この厩舎は
   調教師が最終追い切りに乗ると
                 走らないというウワサ…』


という話が
あるらしいことを聞いた


書かれていたのは
個人のブログらしく
ウチの厩舎の管理する
クラブ法人の一口会員さん


もちろんその時は


『あっそう…』

『自分が一口持っている馬で
         そんなことを思うなんてストレスだろうな…』


という感じで流した




『調教師が乗ったら
     走らないというウワサなので
                 今回は乗っていないから安心』



というような
内容だったらしい


もちろん
嬉しい話ではないが
根拠も何もないことであって
あくまでも個人のブログ

どんなことを書こうが
関知するところではない






それが
最近は競馬関連のサイトで
掲示板などに記載をする輩が
出てきたらしい


皆さん
好きなことを書き込むのは
個人の勝手


ただ
心配してくれた知人は

『調教助手時代からの実績や
      本当のことを知っている人たちは良いけれど
                    何も知らない一口の会員さん達の中には
                                 心配に感じる人もいる』
  
『実際に
  一口会員をやっている
           知り合いから聞かれたぞ』



と言う


そうなると
これって営業妨害…?


という気がして
怒りがこみあげてきた



どの馬だか
期待を裏切ったことがあって
その恨みなのだろうか…



いまだに
うるさい馬に跨ることもあり
大袈裟な表現ではなく
こちらも時には命を賭けている


責任の無い形で
営業妨害をしてくるのなら
場合によっては毅然とした
態度で対応することも必要だろう


相変わらず

『自分で乗って
    ちゃんとやってくれよ』


と言ってくださる馬主さんはいるし


最近こそ
無くなったが

『先生乗ったほうが
       いいんじゃないですか…?』


とジョッキーに
言われたこともある



現在ウチの厩舎では
2人の攻め馬専門の調教助手と
4人の持ち乗り調教助手が
騎乗スタッフとして所属

もちろん
技術もキャリアも
様々だ


2人いる
攻め馬専門調教助手は
未勝利からオープン馬まで
分け隔てなく熱心に乗り
任せられる馬が増えてきた

昨夏には

『先生の厩舎の攻め専は
        調教しっかりと乗れますよね』


ある騎手が言ってくれたくらい
丁寧にちゃんと乗ってくれている


グリーンチャンネルなどで
追い切りを見て

『丁寧な調教をしているね』

と評価して
新たに預託してくださる
馬主さんも度々いる



どんなに巧くても
キャリアを重ねなければ
会得できないことも多いのが
調教の難しさ


例えば
上のクラスの馬になると
競馬を重ねれば重ねるだけ
エンジンに磨きがかかり
パワーが付くだけでなく
意図する以上に
行きたがる時期がある



キャリアを積んだ
巧い乗り手なら
直ぐに対応できるが
そう簡単なことでもない


無駄に力が付く前に
対処することができず
台無しにしてしまうというケースも
結構見かける


我が厩舎でも
ここ数年だけで
最初の頃は問題無く乗れたのに
徐々にパワーが付いてきたため
乗り手を代えて対処したことが
何度かある


パワーがある馬ほど
手の内に入れるのに
力は最小限で済ませたほうが良い

バランスや
タイミングなどがメインで
場合によっては度胸や根性も
必要になってくる

真剣にキャリアを重ねれば
その感覚が理解できるようになるが
そこまでが苦しい

ウチの厩舎だと
乗り切れなくなった馬は
攻め馬専門の調教助手が
対処する場合もあり
調教師が対応する場合もある


もちろん
人を育てる為には
巧く乗れない者に
乗せ続けることも大事

しかし
少し様子を見て無理と判断した場合
手遅れにならないようにするのも
調教師の仕事だ


馬主さんや関係者にとっては
一頭一頭が大切な馬



馬主さんも

『今回は
  ウチのスタッフを育てる為に
               我慢してください』

と言われたら


『よし解った』


言ってくれるかもしれないが
心の中では嬉しくない



厩舎として
最善を尽くすのは
至極当然と言える


調教というのは
拘れば拘るほど
奥の深さが見えてくるもの

そういう
拘りの繰り返しで
現在のウチの厩舎は
成り立っている


クラシックを
賑わす馬というのは
上位の有力厩舎でも
年間に数頭出るかどうか



毎年のように
良い馬に巡り合っている幸運は
日頃から真剣勝負をしている
結果でもある


調教師も
あと何年調教に
騎乗できるかどうか

きっと
馬から降りる頃には
全てを任せられるスタッフが
そこにいるはず



調教師が乗っている間は
余計な書き込みは止めて
ウチの厩舎から目を逸らし
どうかいましばらく
お静かにお付き合いください












◎中山5R オーロラエンブレム 芝2000m Mデムーロ

前走後は
一旦放牧

ちょっと間隔を空けて
初勝利を狙う

帰厩して
変化が感じられたのは気合面

前2走は完全に
ボ〜ッという感じ

今回は
グッとハミを受けるシーンが
増えてきた


まだ物足りなさは残るが
2着だった初戦より
やる気については大きな進歩

こういうタイプの
ディープ産駒牝馬は
慌てず良くなるのを
待ったほうが良いと聞く


兄達と比較しても
際立って晩生の印象


ワンパンチ足りない印象は
潜在能力での補填に期待しよう

競馬を覚えた牝馬は
苦しがってカリカリすることが多く
かなり気を遣うことがほとんどだが
オーロラは相変わらず
落ち着き過ぎ


一番の課題だった
飼い葉食いについては
かなり改善


スローではあるが
進歩と成長を
実感している


前走は
何であんなに
止まってしまったのか
ちょっと不可解


思い出したのが
オーロラにとっては
叔母さんにあたるピースエンブレム

レース中
前に馬を置かず競馬をすると
終いはバタバタ

折り合っていても
なぜか伸びず不思議だった

その時
道中一度でも
前に馬を置いたほうが
脚が溜まる馬がいると聞いたのだが
ピースエンブレムはそういうタイプだった

もしかして
初戦のように
一度でも前に馬を置いたほうが
良いのかもしれない


今回
初騎乗となるMデムーロJには
一応その可能性も伝えておこう



こんな感じでも
あっさり勝利することを期待したい










◎中山11R アウトライアーズ スプリングS 芝1800m 田辺裕信

思い切って
芝1600mに
切り替えた前走

イメージ通り
力の違いで通過して
まずは春競馬で戦う
下地が完成


気持ちのコントロールに
課題があるので
放牧を挟むことで一旦OFF


放牧先では
じっくり手を掛けてもらい
帰厩時の状態は良好


安易に爆発せず
我慢するという心を
養って帰ってきてくれた

久々の
トレセンという環境の変化に
まだまだ心揺れることは多々あるが
レースを前に一定の辛抱は利いている


1週前の追い切りには
自ら志願して田辺Jが騎乗


前向きながらも
抑えが利く状態を確認し

『とりあえず
    休み明けとしては問題なし』

とジャッジしてくれた


体型的には
芝2000mくらいまで
距離が持ちそうな印象も
母系の血統を考えると微妙


目標とする本番も含めて
どれだけコントロール性が
維持できるかが最重要課題だ


パワーある
恵まれた筋肉


この
力溢れる筋肉を
上手に使ってくれますように…











20日(日)








◎中山1R シスターマリオン D1200m 吉原寛人

母は6勝

重賞を
3勝もしている半姉もいて
これからの成長を期待したい一頭


現時点ではまだ
こじんまりした馬体


走法もピッチなため
目立った動きはしていないが
やり方次第では面白いかも


入厩当初は
馬体が重めで
モサモサした感じ

集中力も持続しないため
パッとしない印象が続いた


飼い葉食いを
遠慮し始めた時期もあり
緩急つけた調教で対処


そろそろ
出走プランを…と
練り始めた頃から
ひと山超えてくれたかなという
手応えが感じられてきた


まだ
抜群の手応えという
感じではないものの
少しずつやる気も出てきて
ストライドも伸びつつある


今週の
追い切りもマズマズで
一度レースを経験したほうが
良くなりそうということになり
出走を決めた

気持ちの面でも
幼さが残り
初戦は丁寧な騎乗を期待


地方競馬の雄である
吉原Jに騎乗してもらい
良いところを引き出してもらおう










◎中山5R ゴールドステイト 芝1600m 北村宏司 

小柄な馬体で
動きもピリッとせず
入厩が遅れた

出走前の手応えは
予想に反して良い感じ


後肢に
微妙な違和感があり
入厩当初は苦労した

発走練習を
開始し始めた頃が
一番しんどかったようで
発馬は速いのに
尻っ跳ねの連続


これでは
発走試験合格など程遠く
さて…どうしたものかと
思案した時期もあり

結局は
尻っ跳ねをいかにさせないか
乗り手が工夫をすることで
何とか解決

もちろん
その後の調教で
後肢の違和感は減少

今では
ほとんど気にならなくなっている


父の産駒の印象は
ちょっと元気な仔が多め


いつ
そんな感じになってくるか
注意をしながら調整してきたが
基本的には大人しく
特に馬房内では猫のよう


最終追い切りに
騎乗してくれた北村宏Jからは


『なかなか
    良さそうですよ』


というコメント

ジワッと汗をかいてきたり
心拍が速くなったところを感じ取り

『馬の気持ちは
     できていますね』


と言ってくれた


第一印象から
芝1600mを選択したが
最近になって距離が持ちそうな
雰囲気も垣間見えてきている

経験馬相手だし
まずは今後に
楽しみが広がる競馬を期待しよう



























































































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 64
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3.19〜20の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる