小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆5.20〜21の競馬

<<   作成日時 : 2017/05/19 22:14  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 0



















































20日(土)







◎東京4R スパイラルダイブ 芝1600m 田辺裕信

前走は
新馬戦で悔しい2着

2戦目へ向けての調整中に
左前肢球節に熱感

検査の結果
骨折が見つかった


比較的
軽度ではあったが
慢性的な骨の弱さも判明したため
休養期間は長めに設定


今後のことを考えると
じっくりと回復に
時間を掛けたほうが良いとの診断も
思いのほか早く帰厩することができた




育成時代は
ストレスを受け易く
ちょっと入厩が遅れたクチ


デビューへ向けての調整も
いかにも華奢な馬体で
跨ると牝馬のような印象

飼葉食いを遠慮したり
非力な印象があったため
鍛える意識よりも
丁寧に整えることを重視


そんな調整で
あわやのハナ差2着

届かなかった
悔しさはあった一方で
能力を確認できた安心と嬉しさは
それ以上のものだった




馬体は
ちょっと大きくなって帰厩

だいぶ
逞しくなったとはいえ
今回も帰厩当初は
牝馬っぽい華奢な感じ


調教を進めると
やっぱりまだイマイチ
安定しないバランス



『今回もあまり無理はせず
     鍛える意識は持たないほうがいいかな…?』


と慎重にならざるを得ない
材料が複数
             


おまけに帰厩早々
前回とは逆の右前肢球節に
骨膜を確認


試練は
遠慮などせず
次々とやってくる




能力は
前走で十分に確認

いまは
早く1勝をあげ
永く現役を続けながら
能力を出し切れるステージに
持って行くことが最重要


まずは
復帰戦へ向けて
ちゃんと良い状態に
仕上げるしかない




ところが
調教を進めてみると
あれこれ考えている以上に
肉体的には成長しているようで
速い調教になると
まだおぼつかない走りながら楽に先着


帰厩後に新しく見つかった
右前肢球節の骨膜も落ち着いてきて
出走までに坂路だけではなく
Wコースでの調教に踏み込めたのは
かなりの好材料


出走が近くなり
飼い葉食いを
遠慮し始めた時期もあったが
色々と工夫しながら
踏ん張ってくれている


毛艶は
まだ一息も
馬体はフックラ見えてきて
これなら力を出し切れそう


ビシビシ鍛えるほど
攻めてはいないが
休養明けとしては
ほぼ万全

もちろん新馬戦前よりは
攻め込めている


さて
待ちに待った復帰戦


外枠が心配だが
あとは田辺Jにお任せ


良い勝ち方を
期待したい











◎東京11R アストラエンブレム メイS 芝1800m Mデムーロ

初めて右回りで
勝利してくれた前走


一つ一つ
課題を克服しながら
目先の目標である
重賞勝利に向けて成長中



今回は
得意とされる左回り


56.5Kgのハンデは
予想より重かったが
ある意味絶妙


このハンデを
克服してこそ価値がある


今回
もう一つの課題は
東京競馬への当日輸送

もうすでに
克服した条件だが
以前は鬼門と思われた輸送

今回も勝利して
安心させてほしい




帰厩当初は
いつも通り調教で
不安定な雰囲気


しかし
坂路の入り口で
苦しがったのは一度だけ


その後は
不思議なくらい我慢を続け
レース前になっても
気持ち悪いくらいの落ち着き


もちろん動きも
問題なし


とはいえ
まだ伸びしろは十分にありそうで
心身が安定してきた今
調教の中身に更に手を加え
もう一段上げて行けそうな
雰囲気もある


さて
そろそろ次のステップへ


強い競馬が見たい



















21日(日)





◎東京4R ミヤビエメライン 芝2400m 池添謙一

前走に続き
池添Jが騎乗


ある程度イメージを持って
騎乗してくれたが
乗って初めて理解できる
部分もある


レース後に

『もう一度乗せて欲しい』

との
リクエストがあり
再び手綱を託すことに


距離は
芝1800m以上あれば
だいたい大丈夫というジャッジ

今回は
思い切って芝2400mに


距離延長を
不安視する声もあるが
おそらく平坦コースなら大丈夫


長丁場の最後にある
東京の坂が
どの程度堪えるか

パワー不足な面があるので
唯一それが不安材料


折り合いについては
心配なし


鞍上には
本番に向けて
弾みをつける意味で
どうか勝利をつかんでほしい









◎東京12R バイオンディップス 丹沢S D2100m 田中勝春


休み明けだと
大人しいはずの発馬機内で
ちょっとガタガタやってしまった前走

行き脚がつかず
流れに乗れなかったのが全て

今回は
勿論いつも以上に
発馬機内の駐立練習を行い
久々にブリンカーも外してみる

元々ブリンカーは
まだやる気も体力も不足していた頃に
打開策として付けたもの

心身に成長が見られる今なら
一度外してみるのもあり

他の馬たちが
視界に入ることで
発馬機内も安心して
余計なことはしないはず


前走後は
短期放牧を挟んで
ここを目標


雰囲気は良さそうだが
時々感じる気を抜く
不真面目さ


バイオンらしい
と言えばそれまでだが
視界を広げたことが
吉となることを願う



ノビノビ走らせて
力を出し切ろう








◎新潟6R スプリングキャロル 牝 D1800m △井上敏樹

思い切って連闘

先週は
勝ちに行くつもりが
消極的な競馬


前々走で
キャロルのことを
理解したと思っていた鞍上だが
前を走る集団が
外に大きく広がったため
さらに外を走らせるのは…と考えすぎた


レース後に

『終わってみて
     今回の着順と
          強引に外へ行って
               勢いを削がなかった場合』



『想像では
    どっちが上の着順に来れた?』


と聞くと

『行っていたほうが
      良かった気がします』


という返答


降級前ということもあり
入着していれば連闘も考えていた

       

降級は
諦めざるを得ないかと思われたが
状態を確認しつつ出走態勢は維持


幸いなことに
新潟競馬に出走枠あり


ちょっと固くなっていた馬体に
入念なケアを行い出走確定


先週の競馬で
優先出走権を得ていれば
同じように連闘した可能性は大


脚を使い切れなかった
先週の競馬

もし
全力を出し切って
優先出走権を確保していたら
余力は少なかったかも

そういう意味では
かえって良かったともいえる


もちろん
今回勝てばの話だ


なかなか難しい脚質だが
井上Jも3度目の騎乗で
思い切り度はMAX


キャロルの
持久力を信じよう



















































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆5.20〜21の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる