小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆8.12〜13の競馬

<<   作成日時 : 2017/08/11 21:12   >>

ナイス ブログ気持玉 72 / トラックバック 0 / コメント 0











































































12日(土)








◎新潟1R ロードトレジャー 芝1800m Mデムーロ

マズマズの仕上がりで
楽しみだった前走の新馬戦

初戦からではなく
一度使ってから
良くなりそうなタイプ


でも
それなりに調教量を
消化できていたので
もちろん楽しみ十分


水準以上のスタートは
イメージしていて

新馬戦でお決まりとも言える
スローペースになるであろうことを
見越した鞍上からは


『行けるなら行くかも』

という心の内も聞いていた


ところが
半兄と同じように
スタートで後手


近くの枠の馬が
スタート直前に嘶いたのを気にして
横を向いてしまった時に
スタートが切られたため
全くタイミングが合わなかったらしい


それにしても
その後のレース振りは
半兄の新馬戦のリプレイを見ているよう

違ったのは
直線で思ったほど
伸びなかったことだけ


レース後に
次走新潟での勝利を目指し

『距離は
   芝1800mでも大丈夫』


『間違いなく
   使って変わるタイプ』


という
鞍上からのコメント


美浦に帰厩して以降は
それなりに疲労感もあったため
早めのケアで直ぐに回復


最終追い切りの
感触も良かったようで
調教担当者からは

『勝ちます』

と自信の発言


新潟競馬場の
馬場特性への適応など
色々と課題はあるが
初戦より良くなっているのは間違いなし



お兄さんのためにも
土曜の初っ端で勢いをつけたい












◎新潟6R ウルラーレ D1800m 内田博幸


前走は
内田Jの叱咤激励に応え
何とか4着を確保

しかし
あそこまで行きながら
3着馬を捉え切れなかったのが不満


調教の時から
意地でも相手を抜こうとか
勝負根性が足りない


自ら気持ちを
鼓舞してくれるようになれば
直ぐに勝利できるだけの
力量はあるはずなのに
近そうで遠い勝利への感触


レースを見て感じたのは
レース後の高揚感を維持するための連闘策や
ブリンカーやチークピーシーズの装着


ところが
レース翌週の馬体確認で
極度の筋肉痛を確認


ウルラーレ自身は
平気な顔をしているのだが
歩様はかなり悪く見える

連闘は諦めて
先ずは馬体面でのケア


中1週での出走も
キツいかと思われたが
意外にも回復が早く
今週の出走が叶った

ブリンカーを装着して
気が乗り過ぎるのもちょっと怖い

過敏に反応する可能性も考慮し
チークピーシーズに決めた

視野が狭くなることで
発馬機内でガタつかないよう
チークを付けた状態で
入念な発馬機内の駐立練習も行った


間隔を詰めての出走と
チークピーシーズ装着で
気持ちが走るほうに
向いてさえくれれば
前走以上は間違いなし


内田Jとの
二度目のコンビで
嬉しい初勝利を












◎新潟9R ユニゾンデライト 糸魚川特別 芝2000m 田中勝春

夏競馬のクラス編成で
降級がある前に2勝目を…
と目論んでの盛岡交流競走参戦


無事に2勝目をあげて
ちょっとホッとさせられた


まだまだ心身ともに
パンとしている感じではなく
間隔を空けさせていただいたが
少しずつではあるものの
確実に感じる成長


以前と比較しても落ち着きは増し
追い切りの動きでも進歩が感じられる

現時点では
キレ不足も感じられる為
新潟ならダートでも…という迷いはあったが
以前不安があった飛節の状態も良好

芝で
2勝をあげていることもあり
今回は素直に芝2000m


力はあるし
状態も良さそうなので
あとは新潟の適性だけ


流れ次第で
あっさりもある












◎札幌1R コパノステラート D1700m 池添謙一

素直で乗りやすく
手が掛からないので
扱う側としては最高


もちろん
2歳馬なりの課題や
心身に子供っぽい面はあるが
このまま育ってくれれば
楽しみな牝馬


スタートは悪くないと思っていたが
何となくボケッとしていたようで
鞍上に巧く促してもらうことで
何とか流れに乗った


3〜4コーナーでは
勝利を意識したシーンもあったが
勝った馬は強過ぎ


相手が
悪かったというやつだ

レース後も
馬体面でのダメージは少なく
心の面も良い意味で変化なし

無意味に休ませるよりも
早く勝たせておきたいケース


新馬戦の鞍上は
スポット参戦だったので
急いでドライバー探し


池添Jを確保して
今週の追い切りにも騎乗してもらった


もちろん追い切り後の
コメントも良し

輸送を挟んでの中1週なのに
2歳牝馬にしては手が掛からず
やけに落ち着いていて
ジョッキーも好印象


さて
あとは結果を


2戦目で
変わり身を見せる馬は
ステラートだけではないだろうが
そんなメンバーで勝つことに意義がある













13日(日)






◎新潟3R スパイラルダイブ 芝1800m 川田将雅

勝ちに行ったつもりの
前走

初戦の内容から
人気にもなっていたが
若さを見せてしまい
入着も叶わず



レース後のチェックでは
続けて出走できる余力を感じ
そのまま在厩で調整


調教を
再開した当初は
全く問題無かったのに
レース翌週の後半くらいから
一日の調教の間に
1〜2回の軽い咳

たいしたことないレベルだったが
念のため内視鏡で
咽喉の状態を確認

軽度の炎症が認められたため
吸入などの処置で様子をみた

その後
処置を続けながら
なぜか改善しない咳の回数


しまいには
咳の頻度が増えてきたため
再度検査


ストレスを
受けやすいタイプの馬が
よく発症する咽喉の炎症で
ちょっと環境を変えれば
簡単に改善するとの診断


一旦放牧に
出させていただくこととなった

思った以上に
間隔をあけることになったが
帰厩して以降は凄ぶる順調


ストレスを溜めないように
厩舎に新設したサンシャインパドックで
気分転換させる時間を取り入れたり
スパイラルダイブに合わせた工夫


追い切り開始当初から動きも良く
今まで以上に好感触

まだ
脚元が浮腫むことがあるので
当初は坂路中心の調整だったが
出走直前はWコースで追い切ることができた


相変わらず
牝馬のようなスッキリとした馬体だが
飼葉食いも安定


輸送さえクリアできれば
力は出し切れる



以前より
落ち着いてくれたことも好材料


ここで勝利を











◎新潟8R イエローマジック 芝1400m 池添謙一

まだまだ
動きが子供


新馬勝ちこそしてくれたが
今は慌てずじっくりと成長待ち

世知辛いご時世で
少し低迷すると
直ぐにペケの烙印を
押されてしまう傾向がある
最近の競馬業界


イエローマジックに跨ると
本当にゆっくりゆっくりと
成長している感触が伝わってくる

幸い
馬主さんも
厩舎の成長を待つやり方に
ご理解いただいているが
そうは言っても
もう少し良いところを
お見せしたい

イエローマジックの課題は
まだフットワークが
伸びそうで伸ばせないところ


でも
乗り手たちが共通して感じる
じっくり待って育てれば
良くなってくるという感触


成長を果たした時の適性は
もしかしたら違う条件かもしれないが
現時点では芝1400m


急がせると
良くないタイプ


初騎乗となる池添Jには
シンプルに出たなりで
乗ってもらうつもり



着実な前進を…












◎新潟11R ロードクエスト 関屋記念 芝1600m ロードクエスト

真夏の猛暑をイメージして
ガス抜きを兼ねた
前走の芝1400m


思っていたよりも
着順が悪かったのは
想定外だが
あくまで自分の競馬に
徹したための結果


暑い中
何本も追い切りを消化し続けるより
一回のレースと
その後数日の休養で
メリハリをつける意図は
上手くいった感じ



今年の夏は
美浦TCのプールやトレッドミルが
大幅な点検作業で
初夏から先週まで使えず


クエストにとっては
気分転換の場が無くなって
調教に飽き飽きしそうなタイミングで
迎えた前走


長期休養明けや
初めての距離で
やむを得ない部分もあったけれど
前走で期待を裏切った分
今回こそは勝たなければ


調整過程で
味方してくれたのが
先々週後半から先週までの
涼しい気候


前走後は
暑くなってきたこともあり
バテないように様子を見ながらの調整


このまま暑さが続いたら
攻め切れないで
レースを迎えるようになりかねない
と思ったときにやってきた
あの涼しさ


1週前までに1本だけでも
しっかり攻めておきたかったタイミングで
2本続けて強い負荷を掛けられたのは
これ以上ない幸運


直前の追い切りは
輸送もあって軽めを予定

ちょうど
追い日が酷暑


予定通りとはいえ
手控えたうえで
良い動きを確認することができた


追い切りの直線で
手前を換えずに走ったが
もともと右回りでは
手前を変えるのが下手


無理すれば
換えることもできたが
今回は調教とは逆の左回り


調教で
無理をする必要はなし


さて
理想通り…

いや
この時期としては
理想以上に負荷を掛けられたうえで
得意であろうはずの舞台で迎えるレース


久々に
強いクエストを見せて欲しい











◎札幌4R オーロラエンブレム 芝1500m Cルメール

前走後は
様々な意見がある中で
先ずは北海道開催目標が決定


帰厩前に
札幌の芝1500mへと
矛先が定まった


当初の予定より
少し間隔が空いたが
牧場での感触も良さそうで
帰厩してからも順調



飼葉食いが良いのに
馬体重が増えないのが悩みの種


函館競馬場で
調整に携わっている現地スタッフも
毎日の報告で馬体重だけが
どうしても気になるところ


未勝利も
後が無くなってきた
この時期


数字ばかり
気にしているわけもいかず
飼葉を食べているなら気にせずに
迷わず攻めようという方針


幸運なことに
中間の調整で
誰もが知っているオープン馬に
胸を貸してもらう機会

なんと
手応えは互角か
やや優勢という報告もあった


かなり
良い感じで出走できる手応えに
週末の雨予報が恨めしい


道悪は
歓迎すべき材料ではないが
やってみなければ
わからないのが勝負事


『道悪でも
    大丈夫だったね』


『能力で
   カバーしてくれた』


レース後に
そんなコメントが聞かれることを願い
オーロラの自力と
状態の良さに期待しよう











◎札幌8R オンリゲットベター 牝 芝1500m 古川吉洋

前走後は
成長を促しつつ
馬体回復を目的とした休養


帰厩当初は
前走より30キロほど
増えていた馬体重


以前よりも
飼い葉食いは安定していながら
着々と減り続ける馬体重が悩ましい



いつも通りに
強弱を意識しながらの調整


気性面の難しさは
乗り手がコツを掴んだこともあって
あまり表面に出さず
上々の感触


落ち着いていることから
今回は少し距離を延長してみる


繊細で
難しめのオンリゲットベターを
上手く乗りこなせそうな騎手ということで
今回は古川Jに依頼


最終追い切りに騎乗して
こちらの思っていたよりも
良い感触を掴んだ様子


レースで
走ってしまえば
難しい面も問題なし

返し馬までが上手くいけば
休み明けでも楽しみだ











































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 72
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆8.12〜13の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる