小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆9.30〜10.1の競馬

<<   作成日時 : 2017/09/29 22:01   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 0







































9.30(土)





◎中山1R コパノステラート D1800m ▲藤田菜七子

前走札幌から
1ヶ月ちょっとの間隔で
仕切り直しの一戦


期待した前走は
案外の競馬となってしまったが
鞍上の話ではスタートでぶつけられ
リズムを崩したのが全て

『砂を被っても大丈夫だったし
             調教で感じた通り
                    直ぐに勝てる馬です』

と言ってくれたが

なるほど
パトロールフィルムを確認すると
スタート直後だけでなく
向こう正面で馬群の外を
徐々に上がって行った時にも
外に張られていた


キャリアの浅い2歳牝馬には
ちょっとキツイ内容


デビュー戦の直後や
2戦目の後に突発的に出る
全身の発疹


大人しいわりに
本当はかなりのストレスを
受けていることがよくわかる


ストレスを感じているのに
一生懸命我慢しているのが
発疹や皮膚病などの症状として
現れるタイプ


まだ
内面的な弱さがある証拠だ


もちろんコマメに
ケアをしながらの出走態勢


今回の鞍上は
3キロ減の藤田菜七子J

馬主さんとの相性も良く
ウチの厩舎での勝利もあり


1週前の
追い切りに騎乗して感触はつかんだ


なかなか
揃った感じがする
メンバー構成だが
落ち着いて流れに乗れれば
チャンスは十分


前走のような道悪よりは
良馬場のほうが良いだろう


乗り易さと
減量の恩恵
相性の良さなどを味方に
朝一番から気分の良い勝利を











◎中山10R ユニゾンデライト 習志野特別 芝2000m 田中勝春

前走は
直線の長い新潟で
鞍上の好騎乗ともいえる逃げ切り


脚質を考えた騎乗を
お願いしていたが
作戦で逃げるという具体案はなかった


追い切りに騎乗し
力量を把握したうえで
ユニゾンを信じてくれた勝春Jに感謝


続けて出走と
イケイケで行きたいところだが
もともと弱いところがあったユニゾン

やっと良くなってきたのに
強い勝ち方をしたからと
調子に乗って失敗した馬は
何頭も知っている


せっかく
力量を再確認したのだからこそ
逆に慌てず急がず
暑い夏はまだ無理をさせない



もちろんまだ
ウィークポイントも残っていて
そこがしっかりとするまでは
はやる気持ちを抑えながら…


前走後は
競馬場からの輸送時間を考慮して
トレセンに帰厩せず直接の放牧


負担軽減を心掛け
秋競馬を目標に帰厩した



以前
長く休養する
原因となった飛節の状態


治るまで
じっくりと休ませていただけたお陰だろう

今では坂路を
毎日のぼっても安定していて
坂路での追い切りも
躊躇なくできるようになったきた



追い切りでは
まだ時々垣間見える
今後に向けての課題


それでも
ここは軽く通過点なんて結果が出せれば
ますます今後が楽しみになる


先々
まだまだ活躍を
期待していきたいユニゾンデライト

一歩ずつコツコツと
成長していってほしい















10.1(日)




◎中山3R ウルラーレ D1800m 田辺裕信

背中の感じは良いし
パワーはある

ただ
現時点で
ギアの数がちょっと不足

ギアが増やせるよう
色々と調教で工夫をしてきたが
とうとう未勝利最後のレース


勝利だけしか
求められていない今回は
思い切った騎乗をしてもらうしかない



追い切りで
他の馬のペースに合わせると
手応え十分で余裕があるはずなのに
いざ追い出すと想ったほど伸びない


過去のレースでも
デビュー戦の時から
手応えほど伸びずという感じが続く


普通は
使っていくうちにギアが増えたり
スピードに磨きがかかるものだが
典型的なワンペース

これまでのレースでは
メリハリが付けられずにいる


ギアは少ないが
体力はある

今回はスピードよりも
持久力を強化することに
意識を置くよう切り替えた





過去3度
騎乗経験がある田辺Jだが
万全を期すため
もう一度ウルラーレの脚質と
リズムをつかんでもらおうと
1週前の追い切りに騎乗してもらった


もちろん
言うほど簡単ではない乗り方

イチかバチかだ

稍重でも
良馬場でも
好走歴はあるが
今回は時計が掛かって力が要る
パサパサの良馬場となったほうが
良いような気がする

最後のチャンスを前に
更に調教を強化したことから
左半身を中心に発疹が出たり
ストレスを感じているサイン


ストレスを感じながらも
一生懸命頑張っているウルラーレ

何とか初勝利に導いて
永く成長を見守れるように

最高の結果を
期待したい














◎中山8R ラミアカーサ D1200m ▲藤田菜七子

およそ
4ヶ月振りの出走

左前躯に疲れが出易く
歩様が硬くなってきたことから
今後のことを考えて休養


左前躯の硬さも改善し
秋競馬を前に帰厩

適鞍が多い
東京競馬を前に
入着を外したことがない中山競馬で
休み明けの力試し


繊細な気性なためか
帰厩当初はいつも以上に
スクミの症状が出たが
出走が近くなるにつれ
スクミの頻度も減ってきた


今回も
もう主戦と言ってよい
藤田菜七子Jが騎乗


休み明けだけに
次走以降のことを考えて
丁寧な騎乗が希望


休ませて良くなった…
という内容は見せてほしい







◎中山12R メイスンウォー 内房S D1800m ハンデ53Kg 柴田善臣

3ヶ月振りの出走

着差は離れた前走だが
昇給後初となる
ひと桁着順

7歳馬とはいえ
良くない時には無理をせず

そのお陰もあって
まだまだ長いく続けられそうな競走生活

競走馬としては高齢だが
いまだ上積みが期待できそうな
手応えがある


ウィークポイントだった
右後肢の状態もほぼ固まり
その影響から気になることが多かった
左肩の張りもおさまってきた

春くらいから
調教メニューを強化しているが
休み明けに負荷を掛け過ぎると
いまだにスクムことがある

まだまだ注意は必要だ


ハンデは
前走から変わらず53Kg


初騎乗となる柴田善Jには
1週前追い切りに騎乗してもらい
ウォーエンブレム産駒にしては
穏やかでクセが無いことを確認してもらった

同じハンデで
休み明け

比較的
成績が安定している中山競馬


内目の枠が希望だったが
ほぼ真ん中の枠で
あとはベテラン柴田善Jの
手腕に期待


休養の効果を
引き出すことは勿論だが
年齢のわりにマダマダ頑張れることも
是非アピールしてほしい

































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆9.30〜10.1の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる