小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆12.9〜10の競馬

<<   作成日時 : 2017/12/08 22:10   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 0
















































9日(土)




◎中山8R スレッジハンマー D1200m 田辺裕信

長期休養明けだった前走は
スタートで後手

ちょっと
力んでしまって
伸び切れなかった


『内に行ったほうが
       良かったかな…』


というのが
レース後の
鞍上のコメント


伸びそうな感じがしたから
外に持ち出したのだろうが
そこはやっぱり休み明け


力んだのも
息切れしたのも
休養明けの影響が
多分にあったはず


『次は少し力みも
      解消されるでしょう』


という鞍上の期待


今度は
D1200mなので
乗り易くはなるはずだ


気負うと
特に頭頸が詰まりやすくなるので
調教でも全身を伸ばして
力まずノビノビ走ることをイメージ


前走後は
ちょっと疲れも感じられたが
ケアを続けることで
気になった点も回復


長期休養の理由となった
右前肢の状態が
ほとんど気にならなくなっていることは
何よりも好材料


ここは素直に
2戦目の上積みを期待しよう










◎中山9R テスタメント 霞ヶ浦特別 芝1800m 杉原誠人

もう3年ほど
勝利から遠ざかっているが
いち時期の大スランプからは
脱出した感じ


スランプの
原因がハッキリしていたこともあり
その要因に対処できているのが
成績が安定してきた一番の理由

それに加え
やっぱり小回りのほうが
走り易そう



前走後は
コースが広い東京開催をパスして
今開催の中山競馬まで温存


待ちに待った
中山開催だ


最近は
前膝の関節が
熱を持ちやすくなっているが
関節の動きをスムーズにする
サプリメントのお陰だろうか
前走くらいから良好な状態を維持


さて
鞍上は
もう主戦と言ってもいい杉原J


今週の
最終追い切りも志願して騎乗


3ヶ月振りの久々でも
良い動きができていると
ホッとした様子



そろそろ
勝っておきたい
頃あいです










◎中京10R ヌーナ 浜名湖特別 D1800m 木幡初也

前走は
あまりにも負け過ぎ


初めての
芝の道悪が
想った以上に堪えたか


もう一度
ダートで力試し


気持ちが
強くなり過ぎて
力む面があるため
調教は欲をかかず淡々と



それでも
ウチの厩舎の牝馬では
一番負荷が掛かる内容を
こなしているのだから
本当に頭が下がる


前走は
障害練習で筋肉が付いたのか
想いのほか馬体重が増えて???


以前から
レース直前で
急に馬体重が増えたり
たまに減ったり調整が難しい面がある


直前で
敷料を食べるなどして
予想外に馬体重が増えないよう
今回はレース前に口籠をして対応



初騎乗となる
木幡初J


せっかく
内枠があたったので
ロスなく運んで
枠順を生かしたいところ


力みすぎる恐れがあるので
返し馬も注意


最近は
人気薄を勝たせて
評判の木幡初J

鞍上の勢いにも
期待したい











10日(日)




◎中山5R レッドミスティ 新馬 芝1800m 田辺裕信

血統的に
期待すべき一頭




ただ
今年の年明けから
夏前までは
サイズが小さい印象で
ちょっと時間が掛かるかな…?


という感じ

状態次第で
入厩は越年覚悟
とさえ思っていた



ところが
夏の暖かさに
成長が促されたのか
残暑を感じる頃には
馬体重が大きく増加


おそらく育成でも
かなり手を掛けてもらったのだろう
想像以上に馬体が充実し
秋には入厩可能という話が出始めた

ちょっとした怪我で
当初の予定より遅くなったが
先ずは美浦TC近郊の牧場へ移動


移動直後に
その牧場さんから

『環境の変化もあって
      飼い葉食いが悪く
           馬体もシャープになっている』


『直ぐに調教を進められないかもしれない』


『少し様子を見て
     馬体が回復してから
          入厩させたほうが良いかも』


という提案


これから
環境に慣れるのに
どれだけ時間が掛かるかは不明


それなら
一日も早くトレセンに入厩させ
トレセンの環境に慣らしながら
飼葉食いを安定させるほうが
得策ではないかという結論になり
早急に美浦TCに移動させたのが11月上旬


入厩翌日に
計測した馬体重が448Kg


『結構減ったな〜』

と思ったが
環境に慣らしつつ
飼い葉食いも安定

次の計測では
馬体重も増えてきた



優秀な母系だが
兄姉を見ると
牝馬は比較的小さめの馬体で
牡馬も中型サイズが多め


成績は似てほしいが
やっぱり馬格は欲しい









発走試験は
入厩翌週に合格する優秀さ


その後の課題は
調教強度を上げつつ
どれだけ馬体重が維持できるか







入厩当初は
後躯の緩さからか
尻っ跳ねがひどかった



気持ちの部分も
影響しているだろうと
ハミを換えてみたところ
かなり安定した走りに変化

その後も
より良い状態に出来ないか模索し
出走直前に装着したゴム製の鼻革が
フィットしていると判断


この装具で
レースへ向かう





1週前の
追い切りには田辺Jが騎乗


半兄に
騎乗した経験があるらしく
もちろん他の兄姉たちも
レースで見ていることから
ある程度イメージを持っている感じ


ちょっと
兄姉たちと似た走法


というのが
追い切り後のコメント


少なからず
個性が強い血統だという
思いがあるようだ







調教が強くなるにつれ
一定量の飼葉を食べていながら
ジワジワと減っていく馬体重


出走へ向けて
調教を軽くし過ぎるわけにもいかず
かといって減り過ぎるのも歓迎できない



飼葉食いはもちろん

見た目のフックラ感

常歩やギャロップの印象

目つきなどを考慮しながら

調教強度に
緩急をつけつつ出走に備えた




1週前の追い切り後に
馬体重が激減


ある程度
飼葉は食べているのだが
減った後の数字の戻りが
以前より遅くなってきた






一方で
良い兆候もあり


田辺Jが
追い切りに騎乗してくれた後

『動きが良化してきた』

という
調教担当者のコメント



筋力がアップしたことで
基礎代謝が向上


エネルギーの
燃焼量が増加したため
馬体重が増え難くなった
という考え方もできなくはない

最終追い切りは
もう十分ということで
単走の軽め



初戦から
期待できそうな動きで
出走させられそう
というコメントも聞かれた


『雰囲気が良くなっているのなら
           兄姉たちの個性的な部分は
                    あまり頭に置かないようにして
                           できるだけ素の感覚で乗ってみます』

という田辺J


血統的に
良いモノを持っているのは
間違いないだろう


あとは
どう勝たせて
どう成長させるか


持っている
力を出せるようなら
楽しみな新馬戦です














































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆12.9〜10の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる