小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ◎4.14〜15の競馬

<<   作成日時 : 2018/04/13 21:50   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 0














































14日(土)






☆中山4R スズカノロッソ 芝2000m 田辺裕信

タイプ的に
中京競馬は合わないかも
という思いは持ちながら
初戦で騎乗してくれた田辺Jが
引き続き乗ってくれることもあって
何事もやってみなければわからないと
中京へ遠征


新馬戦
ほどではなかったが
スタートも相変わらず
ノンビリしていて4着


やっぱり
現時点では
中山競馬場がBetterというのが
鞍上と一致した結論


今回は
2着だった新馬戦と同じ条件で
初勝利を目指す


およそ
1週間の短期放牧を挟んだが
心身の若さを考慮して
帰厩後は微調整


走り出せば
問題ないのだが
調教中に周囲の影響を受けやすく
現時点ではできるだけ落ち着いて
平常心を保てるようにすることが最優先


気持ちが強いお陰で
整える程度の追い切りでも
十分状態は上がってくれる

しかし
最終追い切り前は
まだ何となく纏まりきらない
心身のバランス



併走馬に
先着や併入することをこだわらず
じっくりと踏みしめる走りを
確認して終えた追い切り


翌日には
良い感じに変化した
スズカノロッソ

いつも遅めのスタートは
当該週に行った練習で
やっと自ら出て行く気持ち


メンバーを見渡すと
同じお父さんの産駒も
チラホラ

得意と思われる舞台で
強い競馬をしてほしい












☆中山10R モンテネオ 下総S D1800m 柴田善臣

およそ
8ヶ月振りの出走だった前走

手応え的に
もう一息だったが
それでも8着


着差こそ開いたが
しぶとい内容で評価できる内容


一度走れば
変わってくると思っていた通り
前走よりは明らかに良化


このクラスに昇級して
早くも3年が経過


それから
7度の入着歴があり
今回と同じ条件では2度入着


中山競馬場が
走りやすいであろう事は
これまでの戦績からも間違いない


最終追い切りは
単走だったが
なかなかハード


特に
目立つように感じない時計だが
大外を回ってのこの時計

なかなか
出るものではない

さすがに
追い切り後は
馬体に一定の張りがでたものの
レースまでにはちゃんと回復できる見込み


これまで
無理をせずに使ってきたせいか
8歳馬になってもマダマダ若くて
元気一杯

内枠希望も
ちょっと外めとなってしまい
それだけが不満

ベテラン柴田善Jが
外枠をどう捌いて
ネオの良さを引き出してくれるか
鞍上の手腕にも注目です












☆福島4R マグナムオプス 芝1800m ☆木幡巧也

調教の動きから
不安を抱えながら迎えたデビュー戦

勝ち馬との
着差は大きく開き
一見するとどうしようもない
レースにみえるところだが
厩舎サイドとしては上々の内容


心配していた咽喉の状態は
レースでは不安に感じるレベルでなく
鞍上からも悲観的なコメントは皆無


『まだまだ物足りないところはあるが
         芝の中距離くらいを試してみたらどうだろう』


と背中を押してくれる
コメントが聞かれた


2週間程度の
短期放牧を挟んで帰厩

入厩後も順調に調整を進めていたが…

やはり詰まってこない時計と
ピリッとしない動き


緩いためか
調教中に後肢を落としたり
乗り手がドキッとするようなケースも

坂路や
ウッドコースをメインに
調教を続けていたが
地面をしっかりと掴んで走らせた方が
マグナスには有効ではないかと
ウチの厩舎ではあまり使わない
ポリトラックコースでの追い切りを
他の管理馬に付き合ってもらって
やってみたり…


そんな繰り返しの中
少しずつ反応を見せるマグナスの馬体


今までの調教では
まだ幼児のように力がなく
ポニョポニョとしていた筋肉が
適度に張りをみせたり
良い意味での疲労感を見せ始めた


負荷に対し
やっと反応を見せ始めた肉体


走る馬の
雰囲気を醸し出している
マグナスの肉体が
やっと目を覚ましてきたようだ


しかし一方で
モタモタした動きが
続いているのは否定できず
ここからが勝負


鞍上には
若手騎手の中でも
イキの良さが目立つ木幡巧J

ウチの厩舎の
管理馬には初騎乗となるが
重たいマグナスをどういう風に
促してきてくれるか楽しみ一杯


4分の1という
厳しい確率の抽選を
突破しての出走だから
その勢いで良い結果も❕❕













☆福島6R ルックスマート 若手限定 芝2000m ▲木幡育也

初勝利を
期待した前走だったが
直線は力尽きて着外

現状では
小回りのほうが
走り易そう

せっかくなので
小回り福島競馬を目標に
若手限定のこのレース


鞍上の木幡育Jは
本人反省中となっていた時期に
ウチの厩舎の調教を手伝ってくれたり
応援したくなる材料が多く
初めて依頼


当初本人は
中山競馬場で騎乗予定だったが
早くに依頼したこともあって
予定を変更して福島騎乗を受けてくれた


脚質的に
ちょっと工夫が必要なタイプ


もちろん
調教に騎乗して
どういう風に乗れば良いか
鞍上も確認済み

あとは
イメージ通りに
レース運びができるか

勝ちたい想いが
大勢集まる若手限定戦だけに
その想いに惑わされずに
どれだけ平常心で冷静に
チャンスを掴むことができるか


心身が特に幼く
まだ緩々な馬体のルックスマートだが
グッとハマりだすとパワーは倍増



勝利してくれれば最高だが
今まで以上に前進できれば
それはそれでGOOD


『若手ながら
      巧いね〜』



レース後に
そう言えれば最高です




















15日(日)






☆中山6R レオニーズ D1200m 岩田康誠

不可解な
負け方だった前走

左回りが苦手なのか
深いブリンカーが逆効果だったのか
原因として考えられることはいくつかあるが
実力が発揮できていないのは事実


ブリンカーは浅めに戻し
今回はD1200mで
3着の実績がある中山競馬場

ちょっと
ズルいところがあるレオニーズに
岩田Jが鞍上

きっと
タイプ的に合うはずと
過去に何度か依頼しながら
既に先約があったりして
意外にも一度も
乗ってもらったことが無かった


飽きっぽく
走るのをサボる感じがあるので
今回も調教は刺激を意識


普段から
併走で競走意識をあおったり
わざと我慢させる環境を作って
前進気勢を強くしてみたり
色んなことをやってきた


今まで以上に走りたくて
ウズウズした感じのレオニーズ


あとはレースで
気持ちが途切れませんように


雨予報で
馬場が速くなるのだけは
良くない材料

だいたいが
短距離馬ではないし
前が残る展開だけは勘弁だ



馬場状態が悪くなりすぎず
本気で走ってくれさえすれば
良い結果が出せるはずだ










☆中山12R ブライトエンブレム 春興S 芝1600m ハンデ57Kg 浜中 俊

脚元の不安から
長期休養明けとなった前走


菊花賞で痛めた頸に
まだ違和感が残っていたため
調教でもハミが触ると
極度に嫌がっていた

しかし
何とか我慢がきく程度


追い切りに
乗ってくれたジョッキーも

『大丈夫』


とやれそうな感じ


結果として
実際のレースに行くと
ブライトのパワーは半端なく全開に

必然的に
ハミが強く当たり
興奮するブライト

鞍上が
想像していた以上に
抑えるのに苦労し
見ているほうまで辛いほど

レース後
鞍上は一言も
コメントできないくらいだった


さて
久々を一度走って
いわゆる叩き2戦目


当初は
得意と思われる
もう少し長い距離を
目標に考えていたが
前走の内容から距離を短縮


少しずつ
状態を戻している
現在の状況においては
ちょっとでもハミ当たりを軽くすることで
ストレス軽減を最優先にしたかった

ところが
今回放牧から帰厩したブライトは
予想していたよりも頸の状態が良化



かなりの改善に
調教は楽になったが
まだ少し頸に辛いところは残っていたので
やっぱりレースは芝1600mがBetter


中間の調整では
頸へのストレスを軽減すべく
他の馬とは違ったメニューにしてみたり
考えられることは一通りやってみた


すると
レースが近付くにつれ
どんどん解消する頸の辛さ
最終追い切りでは
前後に馬を位置させた3頭併せ


最後は
真ん中に挟んでも
力まず気分良く走っていた



『これなら芝1800mとか
       芝2000mのほうが良かったかな…?』


というのが
出走を前にした本音


まあでも
肢元を含め
心身の状態を確認しながら
徐々に上げて行っている最中で
まだ調教量的には
7〜8分目


初騎乗となる浜中J

レース後に

『頸は気になりません
      乗り易くて全然大丈夫です』


『距離はもっとあったほうが良いですね』


そう言ってもらえれば
次はいよいよ
本来の状態へ向かって
進んで行けるだろう


勢いあった頃の
皐月賞を思い出しながら
確実に上げていきたい









☆福島4R ミヤビエメライン 牝 芝1800m ☆木幡初也

怪我などで長く休養し
年明けに復帰して2戦


いかにも平坦向きなので
ずっと福島競馬が始まるのを待っていた


とは言っても
福島開催まで
遊んでいるわけにもいかず
今年に入って中山と東京で2戦

少しずつ
調子を整えてきた


馬主さんには
良い結果が出ていなくても
平坦の福島や
昨年勝利した北海道開催ならば
好勝負になるとご理解いただいていたので
ここは結果が必要な一戦



相変わらず
牝馬にしては
ガリガリと走って行くタイプではなく
前回まではチークピーシーズだったものを
今回はブリンカーに変更


中間の調教で
少し深めのブリンカーを装着したら
さすがに挙動不審となったことから
今回は浅めのブリンカー


立ち回りは上手いほうなので
内枠さえ当たってくれれば…


という希望も
3枠5番で許容範囲



本来より
ちょっと短めの距離が心配だが
その辺は木幡初Jの工夫に期待



平坦コースなら
十分にやれそうという
内容や結果が待ち遠しい



































































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
◎4.14〜15の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる