小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ◎4.21〜22の競馬

<<   作成日時 : 2018/04/20 22:07   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0








































21日(土)







☆福島7R マイキャラット 芝2000m ☆木幡巧也

デビュー戦以来の
芝のレース

思い切って
距離も延ばし芝2000m


母は
ダートの短距離馬

母系は
比較的ダート馬が多め


しかし一方で
頭数は少ないが
芝で走った近親もいる

マイキャラット自身は
距離がモタなそうな走りで
いかにも短距離向き


これまでの3戦全てに
騎乗してもらっていた鞍上からも

『まだ頸の使い方が本当ではないけれど
      少しずつ良くなっているから慌てないほうが良い』


というコメント


前走後は
短期放牧を挟み
特に状態も悪くないということで
美浦TCに帰厩


ちょうど
新馬の除外が
多い時期に重なってしまい
その影響から帰厩が遅れてしまったが
帰厩当初は今までと同じように
距離は短めの印象


しかし
本格的な追い切りを
一本消化した後くらいから
徐々に持久力が感じられる走りに変化

『この感じなら
   距離を延ばしても大丈夫なのでは…?』


という声が
聞かれるようになってきた



時を同じくして
徐々に変化してきたのが
馬体のライン


以前は
母の父の産駒に多い
ボテッとしたイメージの
ガッチリ見える体型



調教を進めながら
一見すると細く見える
馬体へと移行

スッキリとした
牝馬らしいスタイルへと
変わりつつある


走りにも
軽さが感じられるようになり



帰厩当初は



『以前と変わりなく距離は短め』



と言われていたのが




『距離は持ちそうだけど
        やっぱりダートかな』



へと変化し





『走りが軽くなって
      ダートより芝が合いそう』

『距離も大丈夫』


という意見が
圧倒的になってきた



デビューしてから
芝1600m
D1200m
D1300m


と3戦してきたが
一番着差が少なかったのは
芝1600m


僅かながらでも
オッと思わせるシーンがあったのも
初戦の芝1600m


しかも
その時に勝利した馬は
誰もが知るトップレベル

2着以下の馬も
何頭かが勝利し
好走を続けている馬も多い


芝への再挑戦を決め
一番無難な今週の牝馬限定
芝1800mを照準に進めてきた


依頼したのは
木幡巧J


まずは1週前の
追い切りに騎乗してもらい
厩舎サイドの感じている印象と
騎乗した感触に差異はないかを味見し
芝も距離もOK



1週前の追い切りで見せた
マイキャラットの動きに
木幡巧Jも厩舎も揃って
欲が増してきた


予定していた
牝馬限定芝1800mは
頭数が多くてギリギリ入るか
ヘタをすると除外



メンバーも
そこそこ揃っていたので
芝2000mの出走予定馬を確認

木幡巧Jの

『芝2000mでも
     距離は大丈夫だと思う』


というコメントから
矛先を変えた


先週の追い切りで
既に良い感じだったため
最終追い切りは坂路で調整程度


初めての距離に
久々の芝


新味の条件に
ドキドキするが感触は良好



調教で感じた手応え通りなら
一皮剥けた走りを期待して良いはずだ










☆福島9R ミヤビエメライン 芝1800m ☆木幡初也

先週の競馬から
思い切って連闘策


期待された
先週

平坦の芝レースも
残念な9着


緩んだ馬場に
脚を取られたというのが
現時点での主な敗因

入着して
優先出走権を得たら
連闘することも考えていたので
権利が得られなくても
短期放牧に出さず厩舎で待機


連闘で目標にしていた
いくつかのレースは
除外対象だったり
入るかどうか微妙だったり


投票所に
ギリギリまで張り付いて
ほぼ間違いなく出走できそうな
このレースへの投票が決定


本来出たかったレースは
間違いなく除外か
ギリギリで除外になる可能性

今回は
出走できるということを優先した

もちろん
芝1800mも
適性条件内


良馬場なら
上位争いを期待する


連闘なので
中間の調整は軽め

状態維持を確認し
再度福島へと移動した


エメラインの
確実な先行力は
小回り競馬場では大きな武器

あとは良馬場が
背中を押してくれるよう
願っています


















22日(日)







☆阪神10R メイスンウォー 桃山S D1800m 小崎綾也

先週の中山競馬で
投票するも除外

やむなく
今週の京都競馬に
出走を延期したが
何と最悪の大外枠


内枠から
ロスなく立ち回ることで
持ち味を引き出すことが
好走の条件だっただけに
翼をもぎ取られた感じ


こうなったら
鞍上の小崎Jには
かなり工夫した騎乗で
無駄のない走りを期待



状態は
年齢的な衰えも感じさせず
なかなか良い雰囲気

上手く立ち回って
時計が掛かる馬場になってくれれば
まだまだやれる










☆福島2R レッドミスティ 牝 芝1800m ☆木幡初也

もう少し
良いところを
見せられるかと思っていた新馬戦


良いところが出せず
まだまだこれから

それでも
一度レースを経験し
次走は変化してくれるはず
と楽しみにしていたが
レース中に脚を痛めたようで
一旦休養となった


およそ4ヵ月振りの出走だが
変わらないのが前向きさに
欠けるところ


一般的に
若い牝馬のイメージは
飼い葉が細めで
カリカリして神経質

しかし
ミスティは
バタバタしたり
ピリピリした感じはほとんどなく
新馬戦前に気になっていた
調教時の尻っ跳ねもおさまってきた


小さな馬体だが
飼い葉食いが細いというほどではなく
ちょっと上品な女の子の食べ方


もっとたくさん食べて
少しでも大きくなってほしいが
イライラしたところもほとんどなく
今回はあえて攻めてみた


普段の調教や
追い切りをやってみても
何だか坦々とした走りのミスティ


気持ちを前に向けるため
チークピーシーズの装着が決まった



初勝利へ向けて
今後は距離を延長するか否かなど
ミスティの良い面を
どう引き出すかが課題

まずは
久々の復帰戦


以前
同じように
坦々とした走りで
オープン馬になった先輩が
ウチの厩舎にいた



その先輩と同じように
血統的にも底力はあるのは
間違いなし


ここから
どういう風に
絵を描いていくか
指標となる一戦です










☆福島8R オンリゲットベター 若手限定 芝1200m 長岡禎仁

前走は
初ダートで無残な結果


芝のレースに戻って
調教担当者や
騎乗経験があるジョッキーたちが推奨する
芝1200mにチャレンジ


若手限定のレースなら
ほぼ出走が可能ということで
鞍上は2戦振りの長岡J


気性的な難しさから
調教のバリエーションが少なく
様子を見ながら進めてきたが
少しずつ新たな試みが可能となってきて
成長もうかがえる


調教と
飼い葉食いのバランスも
良くなってきたのだろうか
馬体重も気にするほどは減っていない


落ち着いてきたとは言っても
気が向かなかったり
不機嫌になる材料があると
相変わらず大暴れ


調教担当者は
大変だ


レースでも
以前は腫れ物に触るような対応だったが
前走は明らかに進歩が感じられた


昇級してから
良いところなし


さてそろそろ
見どころあるレースを
しなければね






















































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
◎4.21〜22の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる