小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ◎3.3〜4の競馬

<<   作成日時 : 2018/03/02 22:13   >>

ナイス ブログ気持玉 64 / トラックバック 0 / コメント 0


































































3日(土)







☆中山3R プロミネンス 新馬 D1200m △武藤 雅

『競走馬は
   やってみなければわからない』

という
典型的な例


調教を進めながら
日々出走が
楽しみになっている

最初に
預託のお話をいただいた時
見るからに弱そうな脚元で

『下手をすると入厩まで
     たどり着けない可能性があるな…』


というのが第一印象


もちろん
馬主さんも
脚元の弱さを認識されていて
お互いに

『やれるところまで
    頑張ってみましょう』

という感じでの
スタートだった


弱そうな脚元でも
ある程度の時期になれば
進めていくしかない


過去
牧場で働いていた頃から

厩務員

調教助手

調教師

として馬に関わってきたが
普通に考えれば

『無理だろう…』
というケースで
何度か

サラブレッドの
意外な強さを経験してきた


本来は
脆いところが多い競走馬だが
いざ進めてみると
驚くような変化を見せることがある



今回のプロミネンスは
まさにそのケース


育成場で
良くも悪くも変化なく

『もうそろそろ
    進めていくタイムリミットですね』


と踏み込んでからは
予想に反してスムーズ


『入厩できるかどうか…』

と思っていた
一番の原因となる脚元も
変わらず落ち着いているということで
年明け早々に美浦TCへ入厩してきた


この時点で
かなり脚元は良くなっていたが
それでも装蹄師さんと獣医さんからは

『この脚
   大丈夫?』


という声



ここまでの
経緯を知っている調教師は
進めていけそうと判断していたが
念のため獣医さんにお願いして
脚元を綿密にチェック


『慎重に進めていく必要あり』

という注釈付きではあったが
GOサインが出た



調教は
坂路がメイン


しかし
その前に発走練習

先ずは
ゲート試験に
合格しなければならない


有難かったことに
スタートセンスがあって
入厩1週間で試験に合格


初期の段階で
脚元に余計な負担を
掛けずに済んだのは幸いだった


まだ加減をしながら
オーバーワークにならないよう
当初は注意しながらの追い切り


そろそろ踏み込んで
と本格的に始めた追い切りで
余裕を持って好時計



脚元に
余計な負担を掛けないよう
無事に出走へという意識が強かったが


『もしかして
   これは行けるかも』

この頃から
そう思わせる
動きを見せ初めた


出走へ向けて
一つのメドとしたのは
前の東京開催3週目


ちょうど新馬戦が
激混みとなり始めた頃

まだ
ひ弱な感じが残っていたプロミネンスには
減量騎手の方が良さそうとの判断で
当時3キロ減の恩恵があった武藤Jに
依頼することにした



しかし
その時点で
武藤Jの騎乗予定馬も数頭いて
その馬たちがスムーズにテンポよく
出走できるようになるのかどうか全く不明

除外続きで
予定馬が滞ってしまうようなことになれば
こちらにも影響してくる


気を揉みながら
待つ状態も何とか落ち着き
先週の中山1週目から
武藤Jで投票することが可能に

先週には
2度目の除外で権利を得て
今週の出走が決まった

なんとその間に
武藤Jは勝ちまくって
減量の恩恵は2キロに


1キロ損した
気がしないでもないが
あとはこのコンビに
頑張ってもらいましょう


心配していた脚元は
ウソのようにスッキリして
現時点ではほとんど心配なし


ただ
無事に出走させることを最優先に
坂路のみの調整を続けてきたこともあって
血統的に距離は長くても大丈夫なはずだが
初戦はD1200m

スタートは速いほうで
枠順も良し


1週前の
追い切りに騎乗してくれた武藤Jも

『D1200mでも
     やれそうです』

と手応えを
感じてくれている


入厩さえ疑問だった牝馬が
出走を前に目立った心配もなく
もしかして…という手応えさえ
感じながらの初めてのレース


やっぱり競走馬は
やってみなければわかりません

ここまできたら勢いに任せて
一気に初勝利を期待してみよう











☆中山7R リードザウインド D1200m 三浦皇成

前走
デビュー3走目で
待ちに待った初勝利

あちこち
疲れが蓄積していたこともあり
しばらく休みをいただいた

1月中旬に帰厩したが
相変わらず難しいところがあって
時間を掛けながらの調整

馬体面では
若馬らしい甘いところが残り
精神的には知る人ぞ知る個性派


関係者の皆さんが
リードの良さと難しさを
理解して下さっていることから
時間を掛けながら調整できることに
何よりも感謝


かといって
あまりダラダラ
調教を続けるわけもいかず
当初は2週前の東京競馬3週目が
目標レース


何とか
入着以上は望めるか
という感触で投票したが
幸か不幸か除外と

2週間の
再調整期間を経て
いよいよ久々となるレース

これまで同様
気持ちが乱れ過ぎぬよう
強弱織り交ぜた調整だが
当初のイメージ以上に整った


さて
目指すは勝利


少なくとも
このクラスで通用する
メドはたてたい









☆中山10R メイスンウォー 上総S D1800m ハンデ51Kg 杉原誠人

上手く行くときは
こういうもの

という感じで
前走はとても
気持ちが良いレース

外枠があたり

『最悪…』
と思っていたが
スタート後に見事なくらい
内へと導かれる道ができ
木幡初也Jの見事な騎乗


スキあらばと思って
準備していたからこその
好判断だった


『内枠だったら…』

と残念がる木幡初也J


初めて装着した
ブリンカーの効果も
大きかったと思うが
厩舎としては勝利したのと
同等なくらい有難い結果

まだまだ
やれることを確信できたのが
とにかく嬉しい


遠い小倉の
遠征も上手くいき
帰厩後も体調は良好


せっかくなので
ハンデ戦にこだわって
このレースに出走することを決めた

鞍上に決まった杉原Jは
およそ3年振りとなる
メイスンウォーの背中


当時は
500万下を勝利して
1000万下に昇級したばかりの
14番人気でコンマ7秒差の8着


目立つ
着順ではなかったが
相性は悪くないはずだ


コツコツと
キャリアを積んで
とうとう8歳となったウォーだが
久々に騎乗した杉原Jが
どう導いてくれるか


またまた試練の外枠で
そう何度も前走のように
上手くいくものではないけれど
そんな状況で魅せてくるのがプロの騎手


杉原Jが
どんな乗り方をしてくれるのか
今からワクワクしています










☆中山10R モンテネオ 上総S D1800m ハンデ53Kg 柴田善臣

長期休養明けで
前走からもう少しで8か月

夏競馬に適鞍がなく
秋競馬へ向けて休養したが
帰厩後の調整過程で
腰を痛めて頓挫


回復に時間を要し
ここまで延びた


再帰厩した後も
久し振りのせいか
あちこちに張りが出て
当初予定のレースには間に合わず


もともと
脚元に疲れが出易かったことから
今までは坂路中心の調整


腰の状態を考慮して
恐る恐る平地の調教に
切り替えてみたところ
意外にも脚元の状態は安定


徐々に良くなってきた
腰の状態を確認しつつ
坂路の調教も再開

結果として
平地と坂路を併用した
調教へと移行できたのは
怪我の功名


馬体重的にも
まだ甘めの仕上げだが
ハンデ戦の魅力と
これ以上調教を続けるより
一度使った方が良いという判断から
出走を決めた


休み明けの今回は
攻めのレースはせず
流れを見ながらロスなく運ぶ予定


あとは
乗り慣れた柴田善Jに
上手く導いてもらおう










☆中山11R ロードクエスト オーシャンS 芝1200m 三浦皇成

前走は
京都芝1200m

外枠不利
と言われるコースで
どうすれば上位争いに加われるか
過去のレースをひっくり返してみたが
いくら探しても勝利に参考となるレースがない

それでも
鞍上の三浦Jは
クエストに良いイメージを持っていたようで

『イメージはできているので
             大丈夫です』


と言う


それならと
唯一好走できる可能性として浮かんだ

『ダメでもいいから
       無理してでも前に行ってくれ』


という言葉をのみこみ
鞍上に一任してみた



やはり
過去のデーターには逆らえず
上位争いできたほとんどが
内枠でじっくり乗ったか
前に行けた馬


芝1200mでは
余程の脚がない限り
好位につけることが必須であると
改めて実感した


前走後は
暖かくなるまで休養する考えも
不完全燃焼のレースだったためか
状態が落ちた感じもなく
馬主さんと相談のうえ
もう1戦


3着となった
2走前と同じ中山で
今度こそは攻めのレース


調教も
普段から他馬を近くに置き
気持ちが前向きになり過ぎるくらいを
イメージし続けた


最終追い切りの感じから
もうワンパンチ気持ちが
高まってほしい気がするが
かなりやる気は高まっている



それにしても今度は
よりによって大外枠


競馬の神様は
これでもかと
試練を与えてくれるが
不利を克服してこそ次がある


迷いなく
可能な限り前へ


運が
無さそうな気がしても
それにぶち当たって
力を付けよう


オリンピックの
金メダリストたちにも
そんな時代があったように…












4日(日)




☆中山3R サンベンド 新馬 D1800m 松岡正海

東京競馬3週目の
D1600mに投票するも除外

直ぐに
適鞍があるのは阪神のみ

ちょうどソエの痛みが
目立つようになっていた時期


中山なら松岡Jが
乗ってくれることになっていたので
わざわざ阪神に行くことはせず
その後は2週間調教に専念


松岡Jは

『馬の状態
   最優先でいいですよ』


『気を遣わないで
        阪神に行ってください』

と言ってくれたが
少しでもソエの状態を良くしたかったし
一旦楽をさせるのもありだと
出走を延期して中山競馬を選択


ソエの痛みが治まるよう
調教を軽くしてみたところ
早々に緩んでダラッとしたのは
いかにも若馬らしい



幸い
調教強度を戻してからは
ほどなくバランスが戻り
こっちは良い意味での若さ


除外前の調教では
それほどソエを気にせず
Wコースでバリバリと
追い切りを消化

除外直後に
急に痛みが増してしまったので
あとは坂路だけにこだわって
追い切りを消化してきた


まだ
モコモコしている走りだが
調教過程で何度か見せた
良さげな雰囲気


それなりに
色気を持っての新馬戦だ


松岡Jは
除外1週前の追い切りで騎乗


まだ幼かった育成時期から
その背中を知っていた鞍上からは
着々と成長をしているとのコメントを
聞くことができた


緩さが原因で
物足りなく感じることもあるが
内心では初戦から
夢を見させてくれないかと
期待しながら迎える



ソエの状態次第ではあるが
そう遠くない時期に勝利できそうな乗り味を
どこで発揮してくれるのか

辛口の鞍上から
良いコメントが聞かれますように…






☆阪神11R アストラエンブレム 大阪城S 芝1800m ハンデ57Kg Mデムーロ

昨秋に
去勢手術


レースに行ってみせる
詰めの甘さなどを解消するべく
その効果を期待して出てきた
大事なものを取る話


何となく
可愛そうな気がしてしまうのは
こちらも男であるがゆえに
しょうがない


性別としては
男でなくなってしまうけれど

競走馬として
男になるためには
踏み込むしかなかった



大切なものを
取ってしまった以上は
それに見合うだけの活躍を
心から期待する



じっくりと
牧場で調整をしてもらって
美浦TCに帰厩


帰厩当初は
何となくやる気がない面を見せたかと思えば
以前と同じように尻尾を振ることもあり
若馬の頃のように突然興奮して
暴れることもあって
著しい変化は感じられなかった



何となくハミ受けが気になり
舌を越しているも確認されたことから
舌縛りで様子見


その後は
ひと追い毎に
ピントが合ってきた感じで
最終追い切りは余裕の手応え

軽く指示しただけで
スッと動く器用さも確認できた


果たして
去勢効果があったのかは
レースに行って結果をみなければ
わからない

直前の
調教通りに走ってくれれば
ひと皮むけたアストラが見られるはずだ



昨年の同じレースを勝利し
特別戦とはいえ2連覇がかかる


昨年は
イマイチしっくりとこない状態で
全てが上手くいって勝利

今年は
休み明けがどうかということ意外
良い感触を持って迎えられそう


57キロの
トップハンデは
今後の活躍を期待している以上
克服しなければならない課題


去勢後は
減ることが多いと言われる馬体重

以前と変わらぬ
飼い葉食いなのに
意外に馬体増で安定


跨った感触も
少なからずどっしりした気がして
これが去勢効果なのは間違いない

頭数が少なめで
競馬はしやすいはず

あとは
乗り慣れた鞍上に期待する


今年は
一段と飛躍するべく
新たな出発点にしよう







































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 64
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
◎3.3〜4の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる