小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ◎8.19の競馬

<<   作成日時 : 2018/08/18 21:53   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0


















































載せようか
どうしようか迷いましたが

やっぱり子供の成長は
太陽の陽を浴びてと思い
貼り付けることにしました




お日さまを守る会



https://m.facebook.com/%E3%81%8A%E6%97%A5%E3%81%95%E3%81%BE%E3%82%92%E5%AE%88%E3%82%8B%E4%BC%9A-1755045627922714/

これからも
健全な世の中を維持するために
子供達を大事にする社会を願います





実は
この幼稚園
私の妹弟が通っていました



小学校の時
父の仕事の関係で
2年だけ過ごしたこの街


たった2年でしたが
多くの思い出があり
私も鍛えられた土地


急な転勤で
幼稚園児となる妹と弟には
受け入れてくれるところが見つからず
そんな時に受け入れを決めてくれた
ありがたい幼稚園だったということを
両親から何度も聞かされています


元来
仏教の我が家ですが
妹と弟が幼稚園に通うことで
日曜日には私も礼拝に参加したり
子供たちが集まる行事に参加したり
違った世界を経験させてくれた場所


宗教的な
押し付けもなく
子供ながら本当に良い環境に
置いてもらったとを思い出します



先日
父が急逝したため
以前暮らしたことがある場所を
調べていてこのことを知りました



妹弟が
お世話になった幼稚園の
相手となっているのが
父の働いていた関連というのが複雑ですが
これは父からのメッセージでしょうか


丁寧な対応と
未来ある子供達にとって
最良の選択を望まずにはいられません















☆新潟4R バイオンディップス 障害2850m 五十嵐雄祐

昨年末のレース後
脚質的に障害レースが向きそうと
いよいよ障害練習を行うことが決まった


ところが
短期放牧の間に
蓄膿の症状が出て
放牧先から美浦TCの診療所に緊急入院



早急な処置で
大事には至らなかったが
飛越練習開始が大幅に遅れてしまった


本格的な
練習開始は春になって


順調に思われた練習も
2度の試験で不合格


雨でできた
水溜りを気にしたり
水濠障害を上手く飛べなかったり


またいつもの
不器用さが出てしまった

2度目に
不合格となった時
馬体を捻ってしまい再休養


2ヶ月後に
再度練習を開始した時には
水濠障害にトラウマが残っていたようだが
時間を掛けて慣らしたことで試験合格


このレースを目標に
時間を掛けて調整してきた



障害練習から
ずっと付き添ってくれた
五十嵐Jの評価は上々


そうは言っても
初障害



いきなり勝負できるには
ソコソコのセンスが必要だ

不器用なバイオンには
ハードルを下げて
まずは無事にゴール

そのうえで
どんな内容で
何着で入線してくれるか


今後は
長く障害で
頑張ってもらうつもり

良いスタートとなる
障害初戦にしてほしい








☆札幌11R アストラエンブレム 札幌記念(GU)芝2000m 藤岡康太

前走は
函館で滞在競馬


函館競馬場に移動後
ある程度は落ち着く時間を作ったつもりが
競馬ではないかと疑っていたようで
馬体重が増えず


それでも
2着にきてくれたのは
自力の部分か


中1週で
函館記念という考えも
無くはなかったが
無理をせず一旦放牧


こうなると
残された滞在競馬のチャンスは
札幌記念のみ

もちろん
あくまでも体調が
良くなるようならという
条件付きだ


放牧から
およそ1週間後


『まだ全然
馬体重が戻らない』


という話があり
改めて無理はせずという
意思を確認



この時点で
ほぼ札幌記念の可能性は消えていた



しかし程なく
馬体重が増え始めたという連絡


ここからは
目に見張るような
急激な良化を見せて
札幌記念出走もありではないかと
プランが再燃


馬体重増と
状態の急激な良化の話を受け
放牧先にアストラを確認しに行ったが
話を聞いた時がおよそ480Kg

それから数日後
馬を見せてもらった時は
500kgを優に超えて馬体もふっくら



疲労回復に専念しながら
当初は全く増えなかった馬体重だが
無理に調教を課さずじっくり待ったことで
増え始めてからの良化度が急激だったそうだ



これなら
馬体重を気にすることなく
ある程度調教を課しながら
出走させられるはずという意見


ただ
鞍上は誰にするのか

賞金的に
出走は可能なのか

などなど
不確定な課題があり


紆余曲折はありながら
鞍上は藤岡康太Jに


賞金的にも
ギリギリ出走可能という判断で
札幌記念へ向けての調整が始まった


放牧先から
札幌競馬場へ
入厩した時点で490キロ


それからは
週中と週末
1週間に2本ずつ
速い調教を出す度に
律儀に2キロずつ減る馬体重


しかし
大きく増えていた馬体重のおかげもあって
手加減せず調教を課してこれた


1週前には
藤岡康太Jが騎乗して
芝コースで併走追い切り


複数の重賞勝ちがある
実績ある併走馬相手に
どれだけ頑張れるかと思っていたのに
脚色は余裕で優勢


その時点での
仕上がり状態から
動きが優位だったのも事実だが
改めて状態の良さを実感させられた



正直
どうするか
ちょっと迷いがあった最終追い切り


前走
久々に発馬機内で
落ち着かず出遅れ

騎乗してくれた鞍上から
最終追い切りは
あまりやらないほうが良いタイプ
とアドバイスがあった

しかしこれまでも
比較的軽めを心掛けてきた
出走直前の追い切り


それならばと
中途半端にやらず
思い切って超軽めという
追い切りを選択した


もちろん
1週前に追い切りに
騎乗してくれた藤岡康太Jも
追い切りの動きを体感した上で
これに賛同


軽い追い切りにした分
一歩一歩をしっかり踏ませて
よりバランスを整えられるよう意識した



実績ある馬が多い中
今までとは違った調整で
果たしてどのような結果が
導き出せるのか


色々な意味でワクワクしたり
ドキドキしつつ好結果を願っています










































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
◎8.19の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる