◎8.3〜4の競馬






































無敗で
三冠馬となり
英雄と呼ばれた馬の急逝


連日の報道に
改めてその偉大さを感じています


ウチの厩舎が
開業してすぐの頃で
当時の厩舎を支えてくれた馬が
クラシックで一緒に走ったのが思い出


回顧報道でも
その馬の姿と勝負服がチラッと映って
感慨深く思いました



そんな
悲しい知らせの中
競馬発祥の地から届いた
日本馬のG1勝利という知らせ


ここまでの戦績に
『もっとやれてもいいのにな…?』

と思っていたから
今回の走りも納得


例年になく
暑いと言われる彼の地で
陣営の苦労は計り知れないもの

人馬の頑張りと
この素晴らしい結果に脱帽です










3日(土)




☆札幌3R  レッドルーナ  芝1200m  柴山雄一

連闘で
臨んだ前走

パドックの
後半くらいから
少しずつ気持ちが強くなり
力んだ影響もあって
ちょっと大事に乗り過ぎたか

イメージよりは
後方の位置取り

ジリジリと
伸びたものの
あまり良いところなく
終わってしまった

それでも
一定以上の
感触は掴んでくれたようで
『次は…』というコメントを伝えてくれた


しかし
北海道開催で好調な鞍上

優先出走権を
得た先約馬もいて


一方
優先出走権を
得ていないルーナは
どのレースで出走可能なのか
当該週にならなければ判断も難しく
新たに鞍上探しをすることに


来週に組まれていた
牝馬限定戦が一応の目標

昨年までの傾向を確認すると
優先権を持たないルーナが
確実に出走できるかは微妙な節

状態については
今週の出走でも好勝負できそうな
感触になってきたという
滞在地函館からの報告があり

優先出走権を得たら
来週の牝馬限定戦で
再度連闘ということを念頭に
今週の出走を軸として調整を続けた

しかし
水曜日に発表となった想定では
なんということか除外対象

止むを得ず
来週の牝馬限定戦に
行くしかなくなさそうだが
果たして来週も除外になるようなら
かなり苦しい


ところが
蓋を開けてみれば
余裕で出走可能


投票するまで諦めず
今週出られないものかと
心切れずにいた甲斐があった


鞍上に
決まったのは柴山J


キャリア豊富で
煩い馬も乗り慣れたもの


もしもルーナが
前走のようにパドックで
気が乗り過ぎるような状態になっても
臆することなく対応してくれるだろう

初勝利目前という馬も
チラホラといるメンバー構成


それでも
優先出走権くらいは
確保できるはずだし
今回は何よりも積極的に

綺麗な
競馬ではなく
ガムシャラさも必要だ


母方から
受け継いだ
短距離の血を信じて
力を出し切ってきてほしい











4日(日)





☆新潟7R  ダークロード  D1800m  Mデムーロ

結構
自信があったつもりの
先週の競馬


新潟の
先行有利という
ダート競馬特有の
傾向だけが心配だったが
その心配が的中しただけでなく
何かもうひと工夫必要と思わせる内容


少なからず
意識していた連闘策


レース後の
状態を確認しながら
行くべきか否か


思ったほど
イレ込む感じは無く
まだボケっとした雰囲気も
垣間見せる


連闘するだけでなく
チークピーシーズ装着も有りでは…?

という話

早速
調教で装着

ガツンと来るほどの
手応えではなかったが
連闘+チークピーシーズ装着が決まった


デビューできないのでは…?

と長く
不安材料だった肢元は
浮腫みはあるものの常識の範囲


肢元はしっかりしてきて
あと必要なのは肉体面の鋭さと
気持ちの前向きさ


レース後から
張りが感じられた
両前躯の肩周辺の張りも

オーソドックスな
針治療やマッサージに加え
最近新たに導入した
物療でのケアを施して連闘に臨む



ずっと
騎乗してくれていた鞍上が
先約馬あり

今週
牡馬が出られる
D1800mは2鞍で
メンバー確認のうえ選択したレースが
その先約馬と
かち合ってしまった

新たな鞍上は
MデムーロJ


今まで
厩舎だけでなく
馬主さんとの相性も良く
少しモサモサしたダークの大きさを
ビッシリと動かしてきてくれないかという
期待値も込み


酷暑の中
チークピーシーズに連闘で
変な導火線に火が付かないように
それだけが注意点


前走前に頓挫して
一度使った変わり身の分
あっさりという姿を見てみたい










☆新潟7R  ベルフォルテ  D1800m  杉原誠人

またも出遅れて
追走がやっと


左斜め前の馬が
フラフラしている
というほどではないものの
ベルフォルテにとっては微妙に
前へ押して行き辛い位置にいたため
余計に置かれる展開

それでも
4コーナーでは
オッと思わせる手応えがあったらしく
でも伸びずに終わったのは
おそらく頓挫した久々のせい


レース後は
杉原Jと一緒に

『ん~』
と悩みながら
前進する術を協議


まずは次走での
チークピーシーズ装着を決めた


動きの重さから
バリバリ強い調教をしてきた前々走

予想以上にビリビリした
感じとなってしまったこともあり
それが過去の反省材料

それを踏まえた前走は
大人しく我慢

しかし
チークピーシーズ装着で
今回は再び煩くなることも
想像できるため要注意


ダイエットが
イメージほど上手くいかず
レース終了翌週も
マイナス1キロと雀の涙



輸送時間が
長い放牧先に短期放牧し
直ぐに帰厩させることで
馬体重を減らすことも思案


ところが今年は
優先出走権が無くても
連闘が可能な状況になりそうと
放牧予定も一旦待って
投票終了まで厩舎で待機


水曜日に発表となった想定は
ほぼほぼ連闘でも出走可能な頭数

放牧は中止となり
予定変更

連闘が決まった


もちろん
連闘のための
状態確認は念入りに

厩舎スタッフはもちろん
杉原Jにも騎乗して確認をしてもらい
これなら前進可能だろうと
出走に踏み切った


調教で装着してみた
チークピーシーズの効果は

『少しは違うかな…?』


という感じ


競馬に行くと
調教とは違う面も
出してくれることがあり
現地での割り増しにも期待しよう


せめて
入着だけでも

権利取りだけは
しておきたい


暑いけど
頑張ってくれ










☆小倉11R  アウトライアーズ  小倉記念 芝2000m  丸田 恭介

前走は
福島競馬で重賞挑戦

欲しかった位置取りを
勝馬と2着の馬に
キープされてしまったが
行き脚がつかないアウトだけにしょうがない

それでも
やりたい競馬はできて5着

今回は
春競馬で久々の勝利を挙げてくれた
小倉競馬場で重賞挑戦


実績がある
小倉競馬場での出走に期待も膨らむが
状態面も良い材料があり
結構前進の手応え


長らく
お世話になっていて
行き詰ったりした管理馬に
目から鱗が落ちるようなアドバイスを下さる
馬業界では有名な方が
先月美浦TCに来厩


アウトライアーズではなく
他の馬にアドバイスをいただいた



そのアドバイスが
アウトライアーズにも
効果的ではないかと閃いて
試してみたら秀逸な反応


その後
美浦TCから
栗東TCに移動したが
現地スタッフにも申し渡しをし
なるほど効果的という報告


しばらく
しっくりこなかった走りの課題が
かなり改善できての出走だ


あまりの
感触の良さに
栗東TC移動後
初めて坂路で気分良く走らせたら
サッと流しただけなのに時計が出過ぎて
スタッフからは驚きの声が聞かれた



まだ
100点満点の
完全回復とまではいかないが
後躯の動きが良くなり
背中からの推進性が増してきた


勝負に重要な
流れの部分でも良いニュース


先週から
復帰となった鞍上の丸田Jが
先週の新潟でさっそく2勝


『アウトライアーズも
     栗東で動きが良くなっているみたいだよ』


という近況に
いつも笑顔で応えてくれて
この日を楽しみに復帰したはず


唯一となる
関東馬の出走となるが
同じ栗東TCの施設を使わせていただき
何とか一矢報いたいところ


得意なはずの小回りで
いつものように捲るのか


ちょっとは
前につけられて
よりチャンスある競馬を
見ることができるのか


こういうのが
競馬の楽しみで良いところ


あとは
結果が欲しい

































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント