◎8.17〜18の競馬













































☆小倉4R  バイオンディップス  障害2860m  五十嵐雄祐

前走は
長期休養明けで
関西馬相手の重賞

かなり離されてしまったが
暑い中よく頑張った

レース後は
小倉から再び栗東TCへ

施設の充実した
トレセンにUターンし
もう一度小倉競馬に
出走できる選択肢があることは
輸送の負担が最小限で済むことなど
バイオンにとっても大助かり


久々で
長距離重賞を走ったため
もしかしたらかなりのダメージが…と
覚悟していたのに
意外に早い回復

いつも通り
身も心も緩んだバイオンを
スタッフが叱咤激励しながらという
調教が続いた


変わり身が
大きいわけではないが
使っただけの前進は見込めそう


今週
ずっと気になっていたのが
大型台風の影響

通行止めの危機が
一番難しい課題となり
水曜日に追い切って
午後には小倉へ向けて出発


追い切り後の
体力低下

輸送によるストレス

栗東と小倉の
酷暑具合いなどなど

できる限りのケアを施して
あとはバイオン自身の耐性頼り


到着後は

さすがに疲れているようです
との報告が届いたが
直ぐに飼い葉食いも回復


直前には
元気にスクーリングを済ませた
と最新の報告が入った


関西の障害レースは
ビュンビュン軽快なペース

無理せずに
追走できれば
平地の脚で踏ん張れることも
十分考えられる




勝利を
意識できるような
内容と結果を期待します










☆札幌4R マイミッション  D1000m  横山和生

前走は
初めての入着

時計は
平凡でも
着差は詰めて
着実に進歩していることを実感

ところが前膝に
軽度の骨折が判明し
手術して休養

残された時間は
あと僅かとなってしまった


7月中旬に帰厩し
調整は順調に進んだが
相変わらずの気性

以前から
ずっと去勢をするか
悩んでいたほどの繊細さ

周りに状況に
影響されやすい気持ちが
新しい環境では
まだ不安定


ただ
だんだんと常識の範囲に
おさまってきていることもあり
もう去勢を考えるのはヤメた

相変わらず
まあまあ元気で若々しい


行き脚がつきそうに
見えながら行ききれず
時すでに遅しの頃に伸びてきた前走


もう
中途半端に
上手い競馬を求めるより
小細工なしのD1000mで
スピードの持続力勝負


色々な課題を
一つ一つクリアして
美浦→函館→札幌と移動


札幌競馬到着後
環境に慣れるまで
バタバタしていたのは想定内


レース当日は
酷暑対策のパドックのミストに
驚きそうな予感


試しに
調教後にパドックへ向かい
スクーリングに行ってみたところ
予想通り水滴の噴き出しに
ビビってしまう可愛さ


しばらくして
やっと落ち着き
徐々にミストの涼しさに
気付いたのだろうか


オドオドしながらも近寄って
水滴を頭から浴びていた姿は
可愛くて憎めない

入着が
絶対条件の
結果が求められる一戦

鞍上には
横山和Jを配した



過去のレースを
直ぐに見てくれたようで

『チャンスありそうで
              面白そうな馬ですね』

と一言


最終追い切りにも騎乗して
雰囲気はしっかりと
掴んでくれた


初めてのD1000m

行って行ってに
戸惑いながらも
自力を全て出し切ってほしい












☆札幌9R  ハイチーズ  D1700m  松岡正海

函館の
温泉を利用しながらの調整が
余程気分良くて合うのだろうか


出走を前に
いつもよりかなり
カタさが改善していて
馬体面の調子としては
とても良い感触だ


あまり
良いところがなく
終わったように見えた前走

このままでは
いつまで経っても
勝つことはできないな…と
今後前進するための策に
頭を悩ませていた厩舎サイド

しかし
松岡Jの見解は違ったようで
レース後わざわざ
電話までしてきてくれて
前走で見えたこと感じたこと

今後の
イメージまで教えてくれて
少し光が見えてきた

まだ少し
時間が掛かりそうな感じはあれど
ジョッキーの話からも
今回の目的と課題は
ハッキリしている

今回も
広い意味での
前進を期待

最終ギアに
課題を残す現状だが
脚が速いだけでは勝てないのが競馬だ

鞍上の導きで
レースの上達を目指そう













18日(日)





☆新潟4R  トーアピッコロ  D1200m  ☆菊沢一樹

少しずつ
良くなっているが
もう時間は僅か

前走後は
出走可能な節も必要で
疲労回復と最後の成長促進を兼ね
少し間隔を空けた

帰厩後
目立つほど
変わった感じはしないが
以前のように全休日明けに
スクむこともなし

限られた
チャンスを生かすべく
暑いなか調教に励んだ


以前は
チョロチョロと
残すことがあった飼い葉も
最近は食べる体力も付いてきたのか
残すことは滅多にない

願わくば
もう少し背中が強くなって
疲れが解消しやすくなれば良いのだが
いかんせん時間がない

現状でも
色々と噛み合いさえすれば
権利取りは可能ではないかという
手応えはある

内枠を生かして
権利でも得られるようなら
次走は上積みが見込めるはず

最低でも
次へと繋ぎたい一戦です









 ☆札幌2R  レイバーリフォーム  D2400m  Mデムーロ

D1700mの
福島で頑張ってみたが
鞍上が追い通しでも4着が限界


騎手の感触からも
長距離戦がBestとハッキリした

適鞍は
札幌競馬場にしかなく
直ぐに函館経由で札幌へ

さすがに
直ぐに輸送して
即レースという選択は危険

翌週にあった
D2400mは諦めて
残された長距離ダート戦は
とうとうこのレースだけとなった

繊細なレイバーらしく
輸送後は全身に発疹が浮き出て
抵抗力が落ちたサイン

腹まわりも
スキッと見えて
飼い葉食いも要注意

一つしかない
このレースが目標だから
失敗は許されず


慎重さと
思い切りの使い分けが
必要となった


体力が
回復するとともに
いつも以上に元気が出てきて
調整過程で放馬するアクシデントなど
ヒヤヒヤすることもあった

直前の
札幌移動後は
発疹も落ち着き
飼い葉食いも大丈夫

鞍上を
お願いしたのはMデムーロJ


馬も人も
わざわざ遠征してきた北海道

手ぶらで
帰るなんて許されず
悔いのない騎乗で
初勝利をつかんでほしい









☆札幌4R  ダークロード  D1700m  Mデムーロ

新潟競馬で2走して
どちらも追走一杯

全く良いところがなく
勝てるイメージが
湧かない内容

滑っているように見える
フットワークも気になり
砂の質が合わないとしか
思えなかった

こうなったら
行き場は札幌競馬だけ


迷うこともなく
経由地函館に移動し
あとは札幌競馬場のダートと
適性が合うことを願うだけ

調整は
ほぼ順調に進んだが
レース直前に外傷するなど
時間が限られている未勝利馬にとっては
ヒヤヒヤしながらの調整


札幌記念と同じ日で
前走騎乗してくれたMデムーロJが
続けて騎乗してくれることになったのも
味方にしたい

台風一過

走りやすい馬場だと
不向きの可能性があったため
馬場が回復してくれそうなのも歓迎だ


ただただ
馬場の適性頼み

過去の実績で見ても
力量上位は明らか

待望の初勝利を
ここでつかんでほしい
























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ロビン
2019年08月19日 19:04
レイバーちゃん、お疲れ様でした。
これで終わりか…と諦めていましたが、あと1走してくれるとG1レーシングのホームページでも更新されていました。
レイバーにとって滞在競馬は有利ですよネ。

私にとってレイバーはG1レーシングの初出資馬…
馬体に何もなければ、小島先生の手腕に賭けたいです。
のべっち
2019年08月19日 22:24
台風の影響や猛暑で調整がさぞかし大変だと思います。
3歳未勝利戦も佳境に入ってきましたが、各馬納得のいくレースが出来るよう、
今後も先生はじめスタッフの方々、よろしくお願いいたします!
1頭でも多く勝ち上がることを期待しております。
(全馬怪我なく無事にが第一です!)
調教師
2019年08月31日 10:20
のべっちさん
コメント有難うございました。
3歳未勝利戦なかなか上手くいかず、例年のことながら一つ勝つことの難しさを実感しています。
今週はいよいよ未勝利戦もラストウィーク。最後まで諦めず頑張ります。