◎8.30〜9.1の競馬
































31日(土)



☆小倉10R  ルックスマート  玄海特別 芝2000m  ハンデ 55kg 秋山真一郎

『少し早めに動いた分
             イメージより早く止まってしまいました』


というのが
前走後の鞍上のコメント

確かにそれが
影響した可能性はあるが
少なからず厩舎の調整ミスも
否定できず


前々走から
間隔が詰まっていたローテーション

栗東から
小倉への輸送もある中
イメージより速かった最終追い切り


その時は
調子が良いから
速い時計になったと判断されたが
減った馬体重と
凡走という結果


不合格と言われても
否定できない調整で
馬主さんにもルックにも
ただただ申し訳ない気持ち

次こそは
勝ちたいと思う気持ちが
つい気分よく走らせ過ぎて
馬体重を減らしたり
オーバーワークになったりするのは
意外にもよくあること


だから常々
特に休養明けの2走目は
足りないくらいが丁度良い
と言い続けているのだが
良い競馬がしたいと願うばかり
気持ちを込め過ぎてしまったようだ


勝てなかった場合は…と考えていた
このレースを目標に
栗東TCに戻って再調整

今度は
十分に間隔を取り
同じ轍を踏まないように


前走まで
騎乗してくれた鞍上は
今回は先約があり

秋山Jが初騎乗


夏の小倉では
重賞勝ちもしていて
勝負に重要な鞍上の勢いはあり


調整を任せた
現地スタッフからは
今度は一転してソフトな仕上げの報告

さて
どんな状態で
どんな競馬をしてくれるのか

春の小倉で
勝利経験があるルックだから
競馬場適性は間違いなくあるはず

騎乗してもらう機会が
どちらかというと少ない秋山J

意外にも昔から
厩舎との相性は良い


夏の小倉3走目

前走のことがあるだけに
ただただ良い結果が必要です



















☆札幌8R  ハイチーズ  芝2000m  岩田康誠

前走は
ペースが落ち着いたところで
機敏に対応した鞍上の判断

『オッ』

と思わせてくれたのは一瞬で
後ろの馬まで一緒に
動いてしまったのは想定外

それは
無いだろう…
という動きに息も入らず
可哀想な展開になってしまった

『後ろから動いた馬だけは
             絶対に抜いてやろうと思って追いました』

という
鞍上の心意気

着順は8着で残念も
リズムを崩された馬には先着

だいぶ
乗り易くなったという
コメントも

課題としてきた
返し馬も上手くいったらしく
レース後になかなか止まらないという
以前からの難しさも改善したようで
着々と進歩の手応え

引き続き
同じ鞍上で
札幌D 1700mを目標に
調整してきた


残念なことに
発表となった想定だと
札幌D 1700mは抽選対象

今回も
最終追い切りに
騎乗してくれた前走の鞍上


『また乗り易くなって
             良くなっていますね』

と楽しみなコメントが
聞かれていたはずなのに
何とも虚しい

抽選になる可能性は
予想できたこととはいえ
実際に突き付けられると
困ってしまう

早速
想定とにらめっこ

出走可能な
レースをピックアップし
騎乗可能な騎手探し


久々に
洋芝を走らせてみたい
気持ちがあったので
迷わず芝2000mを選んだ


個性的な
チーズなので
気を遣う初騎乗


ベテランの
岩田Jを確保できたのは
好材料となってくれるはず

追い切り後
前日の調教に跨り
また少し良くなっている
チーズの雰囲気を確認


レースで
更に前進した姿が
確認できますように










1日(日)




☆新潟2R  ソーシック  D 1700m  ☆野中悠太郎

先週からの
連闘

外国産であるがゆえに
限られたレースしか
出走することができず

最後のチャンスと
チャレンジした
先週の新潟芝1400mで4着

いつもなら
有難いはずである
次走優先出走の権利


しかし
今週のレースに
外国産馬が出走できる
芝の短距離戦は皆無

ソーシックにとって
未勝利戦は終了と突き付けられた
夏競馬最終週の番組


しかし
諦めてはいけない


馬主さんと
相談のうえで
新潟D1800mでの連闘が決定

他にも
新潟で芝2000m

札幌に芝2000mと
D1700mが組まれていたが
いずれも距離は長かったり
連闘で輸送という難題


どこかで
最後の悪あがき
という話になれば
新潟D1800mしかなかった



ただ
当然のことだが
ソーシックのコンディションが
問題なしと判断できることが必須条件


育成時期に
重篤な骨折をしたため
2戦しかできなかったわけで
むしろ2走できただけでも驚き


最後に無理して
何かあることだけは避けたい


レース翌週は
古傷に浮腫みが確認されたが
担当者のケアが功を奏したか
投票日までにはスッキリ


連闘については
異論無しという状態で
投票に踏み切った

恐らく
長いと思われる距離は

『何とか工夫してみます』


とポジティブな
コメントをしてくれた
野中Jに託す


輸送前
数日は軽めの調教に終始したが
意外にも落ち着いて力みは無し

レースでも落ち着いて
折合いが付くようなら
地力で何とかならないだろうか…


勝利できれば
最高

賞金次第で
地方競馬など
今後の行き先も左右される


安易な
連闘ではなく
ソーシックの今後にとっても
真剣なレースです














































































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

しろとら
2019年09月01日 22:02
ソーシックのご冥福をお祈りします。
よく頑張りましたよね。
調教師
2019年09月06日 23:06
しろとらさん
お気遣いありがとうございます。
細心のチェックとケアを行い、注意していたはずなのに残念な結果となってしまったことはショックです。今は、ただただ手を合わせるしかありません。